詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人生最良の日がなかったかな

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    鯛子
    話題
    今年60歳の還暦を迎えた独身女性です。何かこの歳まであっと言うまでしたね。
    26歳過ぎから今でいう婚活を始めましたが、もう遅い、再婚の話でも子供のある話ですとはっきり言われましたね。

    35歳位で結婚も諦め、そのままこの年まで来ましたが、今振り返ると私の人生最良の日て、何だったかなあと思います。受験で失敗、結婚、出産もなし、年下のいとこたちの結婚式や新婚旅行の見送りには4,5回行きましたが、実際のところ行きたくなかったですよ。
    幸福の絶頂の満面の笑みを見て、妬みよりもうらやましかったです。
    皆からおめでとうと言われていいなと思いました。

    生きていけるだけでそれこそ感謝しないといけないんでしょうけど、一度だけでも人生最良の日を経験したかったです。

    トピ内ID:5124189372

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 20 びっくり
    • 28 涙ぽろり
    • 300 エール
    • 13 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    だれもが人生最良の日ではない

    しおりをつける
    🙂
    まんた
    50代です。
    トピ主様は結婚式のことをおっしゃっているのでしょうか?
    だれもがすっかり舞い上がって最良の日を迎えている訳ではないですよ。
    その後のことのほうが重要ですし、結婚したための不幸の連続だってあります。
    私の場合は不安の方が強かった。
    お姑さん主導での式に多少の疑問を持ちながらも、意見も言えずに終了。
    トピ主様は妬まずに羨ましいと言える性格のよさをお持ちです。
    人生は帳尻がありますので、生ききってみないと、結論はでませんよ。
    まだまだ未来があるので、お互いに楽しみに生きましょう。

    トピ内ID:7139482973

    閉じる× 閉じる×

    ま~た結婚規範ですか

    しおりをつける
    😀
    強い子
    そんな悲しい事言わないでください
    結婚だけが全てみたいな考え方……。

    結婚だけが人生じゃないのはもうお気付きかと
    もしも人生の目的が男ならば
    わたしは生まれてきたくありません

    綺麗な風景や素敵な音楽等、人生に潤いをもたらす物に今からでもひたって下さい

    あと出すぎた意見ですが最良の日が人生最悪の始まりだったという結婚生活をしている人が言ってないから、断片をみただけで安易に羨むのも考えものですよ

    トピ内ID:5041805467

    閉じる× 閉じる×

    比較級だよ

    しおりをつける
    🙂
    四角
    「人生最良の日」とは生きてきた人生の中で一番良かった日。ただそれだけのことです。
    つまり、ある日とある日を比べてどっちが良かったかを60年分比較していった結果に過ぎないので誰にでもあるのです。
    毎日毎日家では親の暴力、学校ではいじめという人であったとしても
    例えば就職が決まった日とかボーナスが出た日とかそんな日になるかもしれません。

    産まれたその日から親戚一同に愛され、学校生活も充実し、就職や恋愛も順風満帆であったとしても
    最悪の日と最良の日は存在します。比較の問題だから。

    そのために「人生最良の日」と感じながら過ごす一日は存在しません。
    幸せな日でもそれより幸せに感じる日があるかもしれないから。
    振替えればあの日が良かったなと明確に思えるかどうかはわかりません。

    私は貴方より年下ですが、多分結婚出産はありません。
    親戚の結婚式には何度か行ってます。お祝いももちろん包みました。
    受験は失敗していないけど入学した学校は失敗したかなと思いました。
    そして、自分の人生最良の日と考えたときに特に思いつく日もありません。
    でも、特に不満もなく生きています。

    人ができるのは、今日も最良の日だといいなと考えその日できる努力をするだけです。
    新聞のインタビューでミュージカル女優の新妻聖子さんは
    「努力が報われるとは限らない。でも努力をしないと見てももらえない」
    とおっしゃっていました。良い言葉だと思いました。

    トピ内ID:3429853894

    閉じる× 閉じる×

    おつかれさま

    しおりをつける
    blank
    オレンジ
    鯛子さん。私も産まれた日がもしかしたら最良の日だったのかもしれないと思いながら生きています。父は病院に来なかったそうですが、母や祖父母は喜んでくれたようです。祖父はステキな名前もつけてくれました。死ぬまでが、どうしても人生。心穏やかに生きていきたいと思っています。

    トピ内ID:6988953293

    閉じる× 閉じる×

    結婚出産だけが女の幸せなのか?

    しおりをつける
    🐷
    怠け主婦

    私の祖母は28で同じ歳の祖父と結婚、夫の母は30で結婚しました。
    祖母は生きていたら100歳近く、義母は70代後半です。
    お互い初婚同士です。
    今ならこのくらいの歳での結婚なんて普通ですが、当時はかなり晩婚だったでしょう。
    ちなみに祖母の娘二人(60代と70代)も30近くになっての結婚です。
    確かに当時の価値観ですと、女性は早くに結婚出産して初めて一人前として認められるなんて世の中でしたからかなりのプレッシャーだったようです。
    それでもお見合いの話はよくあったそうなので30で結婚を諦めなきゃいけないなんてどこの国の話かと…。
    これは東京の話ですが、トピ主さんは地方にお住みですか?
    私の祖母達はたまたま恵まれていたのかもしれませんが、さすがに26歳でもう結婚出来ないなんてちょっと信じられませんし、もしそうならお気の毒だと思います。
    こんなことを言っても元も子もないですが、結婚したらしたで婚家とのお付き合いも大変ですし、人生最良の日なんてなかなかないですよ。
    私は30代後半で結婚しましたが、今までそんな時期は一度もないです。
    女性=結婚とは思いませんがトピ主さんが結婚に憧れがあるのでしたら、出産は難しいですが結婚ならいくつになっても出来ますし、婚活されてはいかがでしょう?
    これからは未婚の方々はもっと増えていきますし、あまり気に病まないで過ごされて下さい。

    トピ内ID:2904207201

    閉じる× 閉じる×

    私は最良の日があるわ。

    しおりをつける
    🙂
    そうかな?
    なるほど、主さんは不満なのですね。

    私は生まれた時から結婚して家を出るまで
    そりゃあ父親に酷い目に会ってきました。
    就職してすぐさま家を出なければならん!と荷物を詰めていたら
    ガツンガツンに殴る蹴るで結局出られず。
    家を出れたのは結婚した、その日でした。

    あれから色々あって21年。
    今日が最良の日です。

    あのですね、独身でも既婚でも良いんです。
    今日、この時が危険なく平和に暮らせること、これが私にとって一番最良の日です。

    病気で入院しても病気で通院してても
    どんなに痛くても、やっぱり家で寝室のドアを開け放して寝られるって事が
    虐待されてた私にとっては凄く幸せな事なんです。

    主さんだってきっと何かあるはずだよ。
    多分だけどずーーっと親から酷い目に合ってきて
    今でも夜うなされてハッと目を覚ます・・・なんて事がないなら
    むしろ主さんの方が幸せだと思う。

    誰でも気づいてないだけで幸せはすぐそばにあるんだよ。
    主さんも早く気付くと良いですね。

    トピ内ID:8036589993

    閉じる× 閉じる×

    最良の日とは何だろう

    しおりをつける
    blank
    あるある
    トピ主さんにとっての最良の日って、受験とか結婚とか出産のことでしょうか。
    だとしたら私にもないと言えますが、
    それでも私には最良の日がありますよ。

    以前住んでいたところにある小さな坂道を
    晴れた秋の日、落ち葉が舞い散る中を自転車でくだっていった時、
    なんで素晴らしい日であり、光景だろうと、幸せすぎて怖いくらいでした。

    もうひとつは身内が亡くなる少し前に
    家族皆でスーパーのフードコートで話し込んだこと。
    あの日のことは忘れられません。

    まだほかにもあります。
    上を見れば桜、下を見れば菜の花…の中を散歩したこと。
    家族でホームセンターへ行って日用品の買い出しをしたこと。

    思い出せば涙が出るほど幸せな日でした。

    自分が死ぬ時に「最良の日だった」と思い出すのは
    たぶん桜の花びらや落ち葉の舞い散る中を自転車で走ったことかなと
    今は思っています。

    トピ主さんの言っていることと全然違うことを言っているのも承知ですが、
    心の底から本当に幸せのみを与えてくれるのは、
    そういう日々なんじゃないかと思ってます。

    トピ内ID:9034420510

    閉じる× 閉じる×

    この間

    しおりをつける
    🙂
    あらまあ
    結婚も出産も経験した56歳の友人が言っていました つまらない人生だったと 55歳のわたしもそうです きっとあなたも最良の時があったのでしょうが今の何となくな倦怠感に覆われているのではないですか いまからもうそんないいことはないでしょうね 年取るばかりで 今からでも夢中になれるものがあれば最良の日を迎えることができるかなあ お互いに

    トピ内ID:2990902091

    閉じる× 閉じる×

    そんなものは幻想に過ぎませんって

    しおりをつける
    blank
    Blueblue
    人生最良の日があったとして、それが迎えられたら満足できるんでしょうか。
    最良ってことはそこがピークってことで、後はまた大したことがないってことですけど。

    トピ主さんは美輪明宏さんの『正負の法則』でも読んだらいいと思います。
    受験合格も結婚も出産も、表側だけでなく裏側が必ずあるんです。
    あなたの人生にだって「良」の部分は必ず存在しているんです。
    ただ「良じゃない」部分ばかり見てるだけなんですよ、多分。

    自分に「最良の日」がなかったのを哀れむなんて自己憐憫じゃ不幸になるばかり。
    「良ばかり」なんて実存しない幻想を羨ましがっても意味ないです。
    あなたに必ずある「良」の部分に目を向けるのが、幸せへつながる確かなことなんですよ。

    トピ内ID:5001997467

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    鯛子
    レスありがとうございます。 強い子さんのレスまで読ませていただきました。

    結婚についてのことだけではありません。新婚旅行の見送りに行かされてその時にはいつも、これ(私のことです)の方が何歳上でと親に言われて惨めでしたね。親にしたらいとこの結婚相手の親戚の人などに、縁談を世話してもらえたらと思ってのことなんでしょうけど、そんなことは全くありませんでした。 私のことをそれ以後、一言も話してくれていないことがわかったり散々でしたね。

    20代半ば頃に、中学時代に私をすごく苛めていた人を病院の駐車場で見ましたが、出産しての退院のようで子供を抱いてこれも満面の笑みでした。へえ~あんないじめっ子でも結婚出来るんだ~ ご主人知らないのかな可哀そうに、それとも同じように根性悪なのかなと思いましたが。

    今までの人生、何か節目で失敗してしまっているというか、もう何十年前から誕生日におめでとうと言われなくなりました。別に言ってほしいという訳でもありませんが。

    トピ内ID:5124189372

    閉じる× 閉じる×

    貪欲に

    しおりをつける
    🙂
    鯛は茶漬けが好き
    結婚が気になるなら、今一度婚活してご結婚されてみては如何かですか?
    ご親戚の方にもトピ主様の新婚旅行の見送りをしていただきましょうよ。
    いたって本気でレスしております。
    心残りがあるものはとことんまで追求してみるのが、トピ主様のこれからの課題だと思います。

    還暦まで社会生活を送られ、ご親戚づきあいもされていたトピ主様なら十分に社会性も賢さもお持ちだと思います。
    ですので、今後は今一歩踏み出されて、ご自分の幸せに対し貪欲にお過ごしください。
    昔と違い、現代日本ではご自分の好きに生きた方が幸せを感じやすいはずです。
    そして、これぞ人生最良の日だと思われた暁には、ぜひここ小町でご発表ください。

    トピ内ID:2539339231

    閉じる× 閉じる×

    私もあまりピンと来ません

    しおりをつける
    🙂
    インドア派
    50代です。結婚、出産、子育てを経験しましたが、特に人生最良の日と思ったことはありません。結婚生活に幸せは感じませんでした。

    母親になれたことは良かったと思っていますが、それは子育てを通して色々と勉強になったからです。自分を成長させてくれたと思います。でも二人の子供のうち一人とは疎遠という残念な結果になっており、子育ても幸せなことよりは辛いことの方が多かった気がします。

    それでも子供が小さい頃一緒に散歩をしていて、道端に咲いている小さな花を手折り、私に笑顔で渡してくれたことなどはとても幸せな思い出です。私にはそういう何気無い瞬間が結婚式の様な一大イベントよりも幸せでした。

    他に幸せな光景として今でも時々思い出すのは、昔、冬の寒い時に公園のベンチに座り、当時のBFが私の為に暖かい缶コーヒーを買って来てくれるのを待っていた時、ふと「なんて幸せなんだろう。」と思ったんです。何故かは分かりませんが。

    トピ主さんが仰っていることとは主旨が違うかもしれませんが、この様な何気無い瞬間が私にとっての人生最良の日だったと思います。あるある様のレスにとても共感しました。

    私はいつも「今が一番幸せ」と感じます。過去は懐かしんでも戻りたくはないから。この傾向は歳を重ねるごとに顕著になっています。


    トピ主様も今とこれからをどうぞ楽しんでください。

    トピ内ID:8414249754

    閉じる× 閉じる×

    私の最良の日

    しおりをつける
    🐧
    冬也
    自分語りになりますが
    20才の時に婦人系の大病で緊急入院~即手術を体験しました。
    その前夜のことです。
    痛みが最大限になる、ほんの一歩手前に
    何も食べられず喉も通らず
    母が温めてくれた残り物のお鍋…当時、私は
    白菜が苦手で美味しくないと思っていたのですが
    命の危険を感じてか薄いお出汁の白菜のスープが
    やけに美味しく泣けるほどでした。
    「おいしいね」と少量いただいて
    心配をかけないように自室へ戻り
    そこから一晩痛みに耐え、明け方になって病院へ送って貰いました。
    医師から「こんなに痛みを我慢したらダメ!」と叱られました。

    食べものの有難さや手料理の有り難み、健康のありがたさを知り
    生死を彷徨ってからは
    日常のささやかなことに幸せを見出すことが得意になりました。

    主さんが書かれている
    >妬みよりも羨ましかった
    というのは、誰にでも起こる心理現象です。
    私も学生生活を楽しむ健康な子たちが羨ましかった。
    でも、病気になるまで気付かなかったこともあり
    痛い目に遭ったけど、方向転換のキッカケにもなりました。

    今時の60才ってまだまだ若いです!
    人生最良の日を、どうぞこれから迎えてくださいね。

    トピ内ID:7346312577

    閉じる× 閉じる×

    羨ましいです

    しおりをつける
    blank
    玲子
    つまり人生最悪の日というのが、姪の結婚見送り程度だと言うことてすよね。
    嫌な思い出がそんなレベルで済むとは、とても幸せなんだと思います。

    トピ内ID:8465098833

    閉じる× 閉じる×

    私の辞書に『ハレの日』は皆無

    しおりをつける
    blank
    都心でボッチ生活
    主様と同世代の独女で親戚縁戚を見回しても誰一人として恋愛結婚をしていない見合い一択主義のような家系で育ちました。
    小学校から高校までは女子だけの一貫校。
    身近な男性は家族、従兄弟で大学入学して隣りに男性が座ると緊張して落着きませんでした。

    卒業して数年以内に結婚しないと年齢をクリスマスケーキに例えられて女性は忙しかったです。
    今はセクハラやパアハラなどの言葉がありますが、当時は言われ放題のサンドバッグ状態でした。

    多くの縁談が持込まれても気が進まず、今日に至リます。
    二十代は両親やその生家も口煩かったのですが、若くして両親が次々と亡くなり、面と向かって批判をする人もいなくなりました。
    今は家族の墓守、両親から引継いだ檀家の総代を微力ながら務めています。

    強いて言えば、私の最良の日は重病の両親を看取った日になりますか。
    悲しみや寂しさよりも両親の苦しむ姿をこれからは見なくて済むと安堵したものです。

    介護保険がない時代に髪の毛を振り乱して頑張れたのは体力と気力があったからで、周囲の親御様がお元気でゴルフを楽しまれているのを見て何故、わが家ばかりがと辛かったこともありました。
    が、あの日から家族の尊い生命と引替えに受継いだ物で経済上の心配は一切なくなりました。

    私は家事が大の苦手でしたから仮に嫁いだところで追出されたかもしれませんし、婚家に迷惑をかけなかったことは幸いだと考えています。

    人生の早い時期に介護離職をして以降は長年無職になり、人様と比較することは卒業しました。
    偶に金銭目当てに私の生活を覗きに来る調査会社のような人達がいるにはいるのですが、相手にしません。
    利用されるばかりで散々な目に何度も遭いましたから。

    今更、生活を変えることは難しいですから受入れて自由気儘に生きてみませんか?

    トピ内ID:3469951567

    閉じる× 閉じる×

    あきらめないで

    しおりをつける
    🙂
    ろば
    私は後期高齢者の女性です。
    人生最良の日は自分自身の人生の中で比較するもので、
    他人と比較するものじゃないような気がします。
    結婚だけが幸せとは言えませんし、子供に泣かされてる人もいます。
    また色々な障害や難病を抱えてる人もいますね。

    その中で皆さん、幸せになりたいと努力されているのでは・・・。
    あなたもまだこれから、良き伴侶や生涯の友を
    持つことが可能です。
    また、趣味を極めるとか、ボランティアで人の役に立つとか・・・まだまだ最良の日が待ってるかもしれませんよ。
    頑張ってくださいね。

    トピ内ID:5169899813

    閉じる× 閉じる×

    結婚がいいとは限らない........

    しおりをつける
    💋
    RIE
    トピ主様、結婚って大変ですよ......
    それまで全く違う環境で育った二人が同じ屋根の下で
    生活するのですから。
    些細な事で喧嘩になることは日常茶飯事。
    交際期間のドキドキ・ワクワクという時めきなんてなくなる。

    今のご時世、生涯独身は珍しくない。

    結婚(生活)とは、何んの変化もない日々を継続するということで相手の悪いところが目立ってしまうもの

    考えようで、それを知らないトピ主様のほうがあるいは幸せかも。

    トピ内ID:9807773289

    閉じる× 閉じる×

    いいじゃない。

    しおりをつける
    😉
    このみ
    トピ主さんへの批判が多いのですが...
    別に「結婚って、最良の日があって、良いことづくめね。楽な人生ね。」って言ってるわけではないですよね。

    愛する人と生きる覚悟をする瞬間、結婚式で幸福すぎて涙したり、大事な子供に傷付けられたり、そういう人生の酸いも甘いも噛みしめたかったんじゃないかな。感情の高ぶる瞬間、死ぬときに思い出すような瞬間でしょうか。

    比較すればボーナス日が最良の日になるってことではなくて、たかがボーナス日が人生の最良の日だったら悲しいってことでしょう。
    80才になって寂しい気持ちの時に「ボーナス出て嬉しかったな」って幸福に浸れないもの。

    トピ主さんの気持ち、安易に否定するようなものじゃないと思いますけどね。

    トピ内ID:0499399794

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る