詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    算盤と公文併用する場合

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    そろくも
    子供
    トピを見てくださって有難うございます。

    子供3人(小4男子、小2男子、年長女子)の内、長男次男が2年間算盤に通っています。
    長男は3級、次男は5級です。

    2人とも算盤のお陰で単純な計算は得意なのですが、中学受験用にひっ算や分数の計算を教えるのに時間を費やしました。

    そこで、年長女子には 算盤と公文の両方をさせてみようかと思うのですが、お子さんに算盤と公文を同時に習わせてる方いらっしゃいますか?
    同時期に始めたらいいのか、それとも単純な計算を算盤で習得させた後に公文を併用すると効果的なのでしょうか?

    もし、経験者がいらっしゃったら どうぞアドバイスのほど宜しくお願いします。

    トピ内ID:2164427843

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 21 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 11 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    併用は向かないと聞いたが

    しおりをつける
    blank
    メメシス
    繰り上がりの考え方が、
    公文とソロバンじゃ違うから、
    併用はしないほうがいいと聞きましたが。

    トピ内ID:8150748997

    ...本文を表示

    中受には

    しおりをつける
    🐧
    KM
    一般論として中受には算盤も公文も直接的には役に立ちません。
    誤解のないように考えて欲しいんですが役に立たないのではなく直接的に役に立たないのです。
    計算力やそのスピード等基礎的な部分では効果はあるでしょう。
    ただ中堅以上の私立中学や公立一貫校はそこを求めてきません。
    発展的な思考や文章理解能力を求めてきます。
    また試験内容がそれぞれの学校の求める子を選ぶための内容となります。
    4年生のこの時期に算盤と公文を掛け持ちするのは正直時間とお金の使い方が有効とは思えません。
    それなら受験塾に入って効率よく対策した方がいいと思います。
    正直本格的な受験体制は6年生からだと思います。
    4,5年生は受験に向けての雰囲気づくりと模擬試験等での試験慣れ、合否判定、偏差値等の意識付けです。
    もちろんトップ高狙いであれば5年生から個別対策が必要になります。
    ということで算盤、公文の掛け持ちはお勧めしません。
    それだけでは普通の子は戦えません。

    トピ内ID:4936585371

    ...本文を表示

    一緒にしちゃダメ~!

    しおりをつける
    🙂
    ミニッツ
    心あるそろばんの先生なら、多分どっちかにした方がいいと言って、理由もきちんと説明してくれると思います。
    そろばんと公文は、数の取り扱い概念が違うんです。
    そろばんは数をかたまり=量として扱うけど、公文は数直線。
    数の移動の概念なんです。
    一緒にやったら混乱します~!

    ひっ算や分数の力を上げたい程度なら、どっちでも同じですから、本人が好きな方にしたらいいと思いますよ。
    ただ、どっちかにしてあげてください。
    きっと平行してやると伸びが悪くなると思います。
    それに、ちゃんとやるならどっちも週に2回は通うことになりますから、それで週4つぶれたら、他のことやる時間なくなっちゃう気がしますよ。

    トピ内ID:2134778831

    ...本文を表示

    どうかなー

    しおりをつける
    blank
    hajime
    併用はさせてないのですが公文で働いたことがあるので…
    公文は簡単なレベルから始めて徐々に難しくなっていき、
    自分の学年を超えたレベルまでどんどん出来るようになることが
    理想かなと思います。
    年長さんだとベビー公文になりますかね?
    まず数字を読んだり筆圧を見たり(線をなぞったり)するところからはじまるのでは。
    最初からバンバン計算問題をやったりするわけではないと思います。

    ソロバンは素早く計算できるようになるためにするものなので
    それだけでは中学受験用の勉強にはならないと思います。
    ただ、計算は算数の基本ですから素早く計算出来るに越したことはないですよね。
    どちらもやれるのが理想かもしれませんが…
    でもソロバンも公文も週二回が基本でしょう。
    曜日が重なったりすると通うのが大変では?重ならなくても平日4日習い事に
    なったらお子さんに負担掛かりそうですが…中学受験するような地域なら
    それは当然なのかな?
    我が子はソロバン3級になるまで通ってて、その後塾に通い始めたので
    辞めざるをえなかったのですが、
    3級くらいではたいして身につかないのでソロバンをやらせるなら
    早いうちからずっと通わせた方が良いと思います。

    個人的には、公文は小学校に入ってからでもいいのではと思います。
    あと、単純な繰り返し学習が苦手な子には向いてないので
    一度無料体験学習に行かせてみてはどうでしょう。

    トピ内ID:5684132487

    ...本文を表示

    計算の仕方がまったく違います

    しおりをつける
    blank
    S
    ご存じかとは思いますが、
    そろばんと公文では、計算の仕方が全然違いますので、その点で頭が混乱してしまうのではないかなと思います。

    どちらか一つだけにした方が良いのでは?

    トピ内ID:2827671555

    ...本文を表示

    公文で働いております。

    しおりをつける
    blank
    健闘を祈ります
    スタッフとしてかなり大きな公文で働いております。
    そしてわが子は中受験を経て、現在大学生です。

    >中学受験用にひっ算や分数の計算を教えるのに時間を費やしました。
    これがイマイチどういう事なのか解りませんが…時間が掛かったのですね。

    ソロバンと公文を同時に習わせる必要はないと思います。
    そして単純な計算をソロバンで習わせてから公文、というのも必要ないと思います。

    私は公文信者では全くありませんが、繰り上がり繰り下がりの計算、九九は公文プリントで出来ますので、
    それに関してだけ言えば、ソロバンはなくても大丈夫です。

    基本、中受験の算数にはソロバンも公文も関係ありませんから。
    多少役に立つのは国語かな。
    とにかくたくさんの物語や説明文を公文プリントではやりますので、結果、たくさん読む事になります。
    受験が本格的になる小4までに少しでもたくさんの国語プリントをやっておくのは、とても力になると思います。
    (でも基本、国語も多少役に立つ程度。中受験は中受験。受験塾と公文は別物です。)

    よく「公文は計算だけ早くなるけれど、文章が読めない子が多いよね~」とか、
    「(急いでやって計算間違いを連発する子を)公文の弊害が起きているよね」なんて言う人がいますが、
    そんなの公文じゃなくてもどこの塾だって、それぞれメリットもあればデメリットもありますからね。

    上手く利用すれば良いと思います。
    中受験を見据えているのでしたら、小3(4)まではがっつり先取り学習で公文、
    時期がきたらきっぱりと辞めて受験塾でみっちりやる、みたいに。

    ですので中受験を念頭に置いているのでしたら、ソロバンをやる時間を公文で国語をやった方が良いかな…と個人的には思います。
    ただその際、公文の教室選びだけは慎重に。
    実はこの教室(指導者)選びがカギです。
    ほんとに本当。ここ、とても大事ですよ!

    トピ内ID:3865885628

    ...本文を表示

    負担が大きすぎるかも

    しおりをつける
    🙂
    NAVI
    どちらも自宅での取り組みで時間を使いますよね。

    うちの場合は、算盤に集中しました。
    1級に合格するには、毎日1時間半練習して1年半かかります。
    うちの子供は年中の2月から毎日1時間、年長の4月から毎日2時間練習して
    入学前に1級に合格しています。
    まずは低学年のうちに1級を目指されては?
    算数は市販の問題集に毎日10分取り組むだけでも、充分先取りはできますよ。

    トピ内ID:7008516182

    ...本文を表示

    焦りすぎじゃないのかな?

    しおりをつける
    🙂
    元塾関係者
    珠算による計算能力を持つことは悪いことではない。
    更には算数・数学の問題を解く過程において、エア算盤を含めた暗算などで
    いわゆる論理思考の左脳ではなく映像系を司る右脳がメインで演算を消化できる。

    実際は自分が持っている特定の能力・技術をどう活かせるかじゃないですか?
    どんなに計算力があっても適切に使い分けられなきゃ宝の持ち腐れ。

    中学受験のために計算力や先取りに執着して、
    先取りが出来るようになるために更にその準備をしようと先取ろうとしている。
    一言で言えば『いき過ぎ』であって過剰にすれば弊害は必ず起こるんです。

    ある程度は成長速度に合わせようと思わないのか?
    スポンジのようになんでも先取りで吸収できる子もいます。でもそうでない子もいる。
    例えばですが筆算と算盤の手順には各々合理性があるのだが、
    その合理性を理解できない成長段階ではどちらも機械的なものになってしまう。
    そりゃ計算順序が逆になれば混乱する子がいても不思議じゃないさ。

    分数の計算で戸惑うのは、ロジックなどを含めて理解できるまで成長していないだけ。
    指導要領の配当学年とまで言わなくても、それに近づけば適切な指導を受ければ
    大半の子は理解できるのです。
    つまりは短期間で理解できるんだからそのほうがよっぽど学習効果は高いんです。

    ちなみに質問ですが、
    トピ主さんの言う単純な計算とは何を指すのですか?
    筆算や分数の計算だって単純計算には違いありませんよ。

    トピ内ID:2082134905

    ...本文を表示

    算盤が先ですが

    しおりをつける
    🙂
    Lico
    算盤と公文の併用経験はありませんが、
    身近に両方の経験者がいたのと、
    私自身は公文経験者なので、
    それを踏まえてコメントさせて下さい。

    まず算盤は算数の単純計算のみ、
    公文は高等数学まで含みますよね。

    ですのでもしやるのならまずは算盤を数年、
    その後公文に切り替えます。
    今年長なら小1の終わりまで算盤、
    それ以降公文という感じでしょうか。

    いずれもある程度の数字の感覚は身に付きますが、
    算盤は単純計算自体は早くなるものの、
    複雑な計算式が身につくわけではありません。

    中学受験の高度な算数、
    そして中学以上の方程式や因数分解など、
    高度な数学が得意なのは公文経験者です。
    ただし「とりあえず公文に通った」人ではなく、
    「幼少時代に数学レベルの問題を楽しめた人」限定ですが。

    数学をある程度楽しめる子なら、公文に2年も通えば
    中学レベルの数学まで進むと思います。
    逆にそこまで至らない子なら、無理をさせずに、
    じっくり小学校の算数を身につけるべきだと思います。

    無理してやらせる、そして嫌いにさせるのが一番よくありません。
    「学力の経済学」という本にも書いてありますが、
    習熟度別が一番効果的なのは平均以下のレベルの子、
    次が平均以上のレベルの子なので、
    あくまでも「その子のレベル」を重視しましょう。

    習熟度別学習という意味で、
    公文は多くの子に効果があるでしょうし、
    子供の数的能力を公文を通じて測れるのは、
    中学以降の数学教育において非常に価値がありますよね。

    数学に秀でているならSAPIXなどで数学をやらせてもいいし、
    苦手なら個別に家庭教師をつけて、じっくり基礎をやらせて
    遅れのないように着実に進ませると良いです。

    ちなみに併用はおすすめしません。
    使う脳の部分が違うので、併用すると負荷が大きく、
    脳の成長期に器を成長させないというデメリットがあります。

    トピ内ID:4917444844

    ...本文を表示

    トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    そろくも
    なぜ、算盤と公文の併用を考えたかというと、子供が 英語の併用でうまくいっているからです。
    幼少時には オンライン英会話のみで毎日外国人と英語で遊び(英語が嫌いにならないよう 英語でゲームやお絵描きなど楽しいことだけでいいとリクエストしていた)、小学校入学と同時に オンライン英会話を土日だけの二日間に変更。
    英語で簡単な文章はなんとなく理解できるようになっていたので、小2から公文の英語を併用し 単語の綴りと法を習得。その年に英検5級 ほぼ満点で受かりました。それからも特に苦労することなく 現在英検2級です。
    耳から英語を学び外国人と楽しく遊んでいたので、海外に行ったときも 外国人相手に英語を話すことに抵抗はないようです。

    そのような経験から、計算に強い算盤か 中学受験のテクニックに役立つ公文かと考えたとき、どちらも欲しいので併用してみようかと考えたのです。
    具体的には、先に算盤で四則計算の暗算力の基礎を作り、その後公文でひっ算や分数の計算のテクニックを確立しようかと考えてます。

    トピ内ID:2164427843

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    トピ主です。ありがとうございます。2

    しおりをつける
    🙂
    そろくも
    メメシス様、KM様、貴重なご意見を有難うございます。

    アドバイス頂いた内容に私も同意で、算盤の計算力は助けになるけど 算数の理解は別物だと思っています。
    それを長男に伝えたところ通塾を希望したので 今年からすでに大手進学塾に入塾しています。後出しになり、申し訳ありません。
    最初の3か月ほどは在塾生にかないませんでしたが、算盤の集中力のお陰か その後は追い付き 現在は偏差値70前後でトップグループに所属しています。

    話が変わって更に申し訳ありませんが、現在塾+算盤、その上 私が 公文の併用などトピを上げてるので 教育熱心かと想像されそうですが、実際の教育方針は緩いです。

    算盤教室は80代のおばあちゃん先生が経営しており、とにかく子供を可愛がってくれます。
    挨拶するだけで、今日も元気な良い声ですね!と褒めてくれるようなところです。
    塾に行くので算盤を辞めないの?と子供に聞いたら、週1で良いので算盤に行きたいと子供が希望するので 続けています。

    塾と算盤の日以外は 自由にしなさいと言ってるので、お友達と遊んだり、テレビ観たり、ゲームしたり のんびりしています。
    夕食後に主人と30分ほど勉強した後は 20:30に就寝するまで 家族みんなでゲームしたり トランプしたり 楽しんでいる 緩い家です。

    そのような緩い家ですので、低学年のうちに算盤で暗算力、その後公文で公式に慣れておき 小4から塾にしたら 更に効率が良く、 高学年になっても遊ぶ時間がたくさん取れるんじゃないかなあと期待したのも トピを立てた理由の一つです。

    トピ内ID:2164427843

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    計算に強い公文と計算に強い算盤

    しおりをつける
    blank
    メメシス
    あーそうそう、ミニッツさんの仰ってる形でよく聞くな。私言ってることいい加減だったかなー算盤やってないからゴメンなさい。
    とにかく根本が違うんだ考え方。

    で、トピ主レス見たけど、英語はそりゃ英会話と公文英語は相互補完できる形になるからいいけどさ、
    算数は「計算に強い公文と計算に強い算盤」だから、ダブりになるんだよ。

    公文は中受テクに役立つってのは一体何なんだろう?
    「中受勉強が始まる新四年以前か、まだそんなに時間取られない四年生夏休みまでくらいに、
    公文のF(分数小数四則演算混淆)を終わらせて『分数小数四則演算グッチョングッチョン』の計算を苦も無くできる状態にして退会して、
    さて中受塾で中受の算数をやりまっせー」
    ってのが「中受前の公文」の基本方針の筈なんだが。

    公文公氏が我が子の算数の教科書の鶴亀算等の特珠算を見て
    「こんな無駄なことせずにさっさと方程式教えてしまえばええじゃないか」
    と考えたところから公文式が始まるんだから、
    中受算数の大大大好きなニュートン算やらの特珠算は公文は教えてくれんぞな。「方程式で解けばいいよ」でおしまいだ(そしてそれはその通りなのだ)。
    で、方程式で解いたら普通怒られるぞな受験算数では(公文国際中なんかは違うんだろうけど)。

    「中受勉強開始前に公文(または算盤)やって四則演算グッチョングッチョンできるようにしてー、
    で、一方でアルゴクラブとかで論理やら図形やらやってそっちのセンス磨いてー、中受算数開始スタンバイオッケーにするー」
    とかいうのなら分かるけど(でも忙しそうだけどな、四泳法とか、他に四年までにやるこた色々あるし)、
    計算+計算でどうすんだろうと思う。しかも基本の考え方がぶつかる。

    どこから「中受テクの公文」が出てきたのか分からないけど、
    あくまで「中受勉強開始前の計算力のための公文」だ。なんか間違ってないか。

    トピ内ID:2076489783

    ...本文を表示

    う~ん、私の認識とはかけ離れている

    しおりをつける
    🙂
    元塾関係者
    英語というものは、スピーキングやリスニングが出来なくても文法は学べる。
    つまりいわゆる英語という科目においても技能項目を分けて学べる性質がある。

    でも算数・数学では意味合いが違うよね。
    ロジックが異なるものを並行で学ぶというのであれば、
    成功するのは2つのうちのいずれかとなる。

    1つは、ロジックを理解して論理的に正しいことを別々の方法で学んでいると自覚できる。
    もう1つは、そういった違いなどを全く考えることもなく、自分では何にも考えずに
    ただ機械的に疑問を抱かずに単純に教わった通りに従うだけの人。

    つまり、それ以外のごく普通の子供の場合は、疑問を抱いてそれを解消できない、
    それでは戸惑ってしまうだけの結果になりやすいということです。

    恐らくですが、言葉の選択ミスもあるし、
    どこまでを基礎と捉えるかの認識の差もあるのでしょうが、
    トピ主さんは親として算数の単元配列(特に数量関係)に関しては
    色々な単元の相互関係を意識してご自身で算数で学ぶことを見直してみては如何ですか?

    四則計算で珠算と筆算が似たロジックを求めるのは割り算の筆算のときです。
    筆算で最も上の桁から計算に取り掛かるのが割り算だけだからです。
    商を立てる際におよその数の概念が必要だが、そこで珠算の暗算力のようなものが役立つ。

    公文というのはテクニックを教える場だとは認識していません。
    公文にあるのはメソッドだと私は考えてます。

    トピ内ID:2082134905

    ...本文を表示

    トピ主です。ありがとうございます。3

    しおりをつける
    🙂
    そろくも
    トピ主です。皆様、ご意見有難うございます。
    色んな意見が聞けるので、小町に投稿して良かったです。

    ちなみに、先の トピ主です という投稿は、まだレスが全くついていない時に、
    トピ主です2は、メメシス様とKM様のレスだけ反映されていた時に 書いています。

    今回のトピ主です3はミニッツ様からLico様までのレスが反映された時点で記載しています。

    皆様のご意見を読んで、算盤と公文を同時期に併用するのはやめようと思いました。
    多くのご意見が同時期で無くても併用はお勧めしないとあり、また具体的にその根拠も
    教えてくださっているので 心に重く受け止めようと思います。
    オンライン英会話と公文英語を併用してうまくいったからと思い、安易に 算盤と公文と思いましたが並列には出来ない事例でした。
    皆様が親身にご意見を書いてくださってることもありますが、どれもこれも なるほどなあと納得しながら ゆっくり読ませて頂きました。有難うございます。

    元塾関係者様、こちらの説明不足で申し訳ありません。
    単純な計算とは、算盤で習得できる 四則計算です。

    トピ内ID:2164427843

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    結局くもんをやるなら、算盤はやる意味ありますか

    しおりをつける
    😨
    ゴボウとニンジン
    算盤でもくもんでも、最初は基礎の計算力を徹底してつけさせるのには、変わりはありません。しかし、計算の仕方(というか数に対するとらえ方)と、その後の展開が全く違います。

    この計算の仕方(数に対するとらえ方)の違いが重要です。算盤は数を目に見える珠に置き換えて塊で理解します。一方、くもんは数を概念で理解させようとします。この概念は、数学につながるものです。
    数を塊で考えるやり方では、中学以降の数学には繋がりません。今までの数に対するとらえ方を一度リセットしなければならなくなります。
    実は中学より前、分数が出てきた段階でなかなか理解できないのも、算盤の考え方が身についてしまっているからだと思います。

    分数や小数が出てきて、さらに文字式が出てくると、そこからは数を概念で考えることになるのです。ここで、算盤の考え方をリセットしなければならないのは、中学受験を控えた子どもには負担でしょう。
    途中からくもんに切り替えても、しばらく混乱したり、分数や小数になってから他の生徒より苦労するかもしれません。

    くもんでも、二桁の四則計算くらいなら、暗算できる力は普通につきます。中学受験でも中学以降の数学でも、暗算はそれくらい出来れば苦労はしません。むしろ、分数の計算や文字式などを早く正確に解く計算力が必要になります。さらに中学以降は、方程式、因数分解、ルートなどの計算を早く正確に解く力が必要です。

    高等数学につながる計算力とは、四則計算を何桁も暗算できる力ではなく、分数、文字式以降の計算力です。それをなるべく早くから訓練するのがくもんの良さです。自分も子どももやっていて、実感します。

    最終的には、トピ主さんがお子さんに何をさせたいかによって決めることですが、もし算盤から始めるなら、算盤からくもんに変えるタイミングは良く考えあげた方が良いと思います。

    トピ内ID:3788406480

    ...本文を表示

    入試で必要なのは3桁×3桁

    しおりをつける
    🙂
    NAVI
    東大卒の方が珠算塾を開校されて、入試で必要なのは3桁×3桁だから
    暗算で3桁×3桁を5秒以内にできること(日珠連暗算4~5段程度)が目標、
    とおっしゃっています。

    教科書レベルの小学算数で一番計算量が多そうなのは
    円柱の体積を求める問題ですかね?
    6×6×3.14×8 というのがありました。
    中学数学・高校数学でそこまでの暗算力は必要ではないと思いますが、
    高校化学では必要になると。
    大学入試を考えるとそのくらいの暗算力はあったほうがいいそうです。

    暗算で3桁×3桁を5秒以内にできると実際どうかというと
    式を書いている間に計算がほぼ終わるので即座に「=答え」を書いて終了。
    答えを書いている間に確かめ算も完了。
    こんな感じなので、毎日10分しか学習しなくても、
    小5・小6の算数は1年あれば終わってしまいます。

    頭の中にメモ帳ができているので、中学レベルの方程式くらいなら
    暗算でできますよ。

    そろばんをするなら、10級レベルになるまで毎日1時間、
    それ以降は2時間やって短期決戦で暗算高段位を目指す。
    全珠連の教室でも暗算は自宅で日珠連のテキストを使って練習。
    (通販サイトなどで売っています)
    このペースでやると、開始から半年で暗算1級レベルに到達します。
    私の地元では、低学年で暗算高段位は珍しくありません。

    トピ内ID:7008516182

    ...本文を表示

    トピ主です。ありがとうございます。4

    しおりをつける
    🙂
    そろくも
    トピ主です。メメシス様、元塾関係者様 再びレスを頂き有難うございます。ゴボウとニンジン様も 詳しくアドバイス下さって 有難うございます。

    皆様の意見を何度も読んで、私は無謀な方向に 勘違いして進むところだった、と反省しております。
    算盤と公文の算数の併用は、相互補完出来るのかと思いトピを立てましたが、併用どころか相殺してしまう行為だったと理解しました。

    長女も中学受験予定なので、習うとしたら 低学年の間は公文、4年生から塾にする方向に変更しました。

    トピを立てなかったら、このまま マイナス方向に行くところでした。
    皆様、本当に 有難うございました。お陰様で より良い未来に進めそうです。

    トピ内ID:2164427843

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    お子さんが楽しく通える方を選んでください

    しおりをつける
    🙂
    ミニッツ
    2回目です。
    主さん、まだ見てるかな?
    どちらかに絞られるようでよかったです。

    計算力を上げるという意図なら、私は本当にどちらでもよいと思います。
    ただほかの方も書いてますが、公文はわりと先生が大事です。
    良く選ばれますように。
    また、なんといっても小さな子が通うわけですから、本人が楽しくなる雰囲気も大事と思います。
    両方体験させてみてあげてください。

    ちなみに、我が家は親の私がそろばん育ちで、息子は3歳から幼児公文。
    なにか意図があって選んだというわけではなく、ただ仲良しの子に誘われて体験に行っちゃったら、なんかそのままやることになってしまって…のいわば成り行きです(笑
    ただそこでさらに、周囲に流されて中学受験方向に寄せられていき…
    結果的には、新4年の入塾までに方程式まで終わらせて中学受験、の典型家庭になりました。

    自分と息子の経験を比べてみて、これは非常に個人的な感想なのですが、公文はより数学のセンスのある子が向いていて、逆にそろばんはどちらかというと算数<国語の子が計算力をしっかり付けるのに適しているかな、という気がしています。
    ただ、歴史を見れば関孝和の例もあるので、そろばんが数学的でないという事でもないんでしょうね、きっと。
    そろばんは手先を動かすのが脳に良いという説もありますよね。

    トピ内ID:2134778831

    ...本文を表示

    トピ主です。ありがとうございます。5

    しおりをつける
    🙂
    そろくも
    NAVI様、ミニッツ様、具体的なアドバイスを頂き有難うございます。

    東大卒の方が珠算塾を開講されていらっしゃるのですね。
    暗算3桁×3桁を5秒以内に出来るなんて、もし我が子が出来たらすごい武器になるなあと憧れます。
    長男と次男は算盤に通っているので、もう少し真剣に練習するよう 伝えてみようと思います。


    ミニッツ様、2度もレスを頂いて有難うございます。
    算盤体験者のミニッツ様が、お子様を公文に行かせてるということで、すごく参考になりました。
    最初はなぜか計算力だけにこだわって 算盤と公文の併用などと暴走してた私ですが、皆様のお陰で 長女は 公文になりそうです。
    ミニッツ様の言う通り、公文の先生を慎重に選び、かつ 子供が楽しそうかも見極めながら 体験に行ってきますね。

    トピ内ID:2164427843

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0