詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    介護認定の疑問

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    家族
    ヘルス
    伺うところがないので一度ご意見をお聞きしたいと思いまして投稿しました。
    介護認定は4月の改正で認定基準が厳しくなったのでしょうか? それとも手心が加えられる事はあるのでしょうか?
    父は4月中旬迄介護施設に半身不随でいたのですがその頃以前申し込んでいた特別養護老人施設に順番が来たので引っ越しました。
    介護保険の認定結果が遅れて来て要介護3から要支援2の判定が来てこのままでは特養から出なくてはいけない状況です。
    父の状態は以前より少しは良くなっているのですが車椅子で何かにつかまって1,2歩、歩けるぐらいで左手はほとんど使えません。今の特養のケアマネジャーさんは「これで要支援2?変だな?」と言って見えます。

    私は一人っ子で癌末期なので3月の認定調査の時は以前の介護施設に一任し家族は出席出来ませんでした。
    以前の介護施設は保証人が二人必要で私と夫でしたが
    ケアマネージャーさんは私が危ないので息子か娘に保証人を変えて欲しいと何度も言われましたが父は私に暴力と罵声の人だったので子供まで巻き込む事は嫌なので断っていました。だから認定が曖昧になったのかなと思っています。宜しく御願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    この頃ヘンです

    しおりをつける
    blank
    えみちゃん
    ウチも母の介護保険の更新の時に要介護2から要介護1に下げられました。(体は元気でアタマが認知症)
    今まで行ってきた介護計画をそのまま続けるためには多額の費用がかかるようになってしまったので、介護保険課に抗議しました。痴呆って治らない病気なのに軽くなるのはヘンですよねえ。
    でも職員の説明では本当は要支援だったところ、検討して要介護1に引き上げたんだというような事でした。今回の改正では、認知症の人は軽く見られてしまうようです。
    市職員の面接調査といったって、初対面の人が数十分の面接で、しかも見ていると職員によって聞き取りの技量にかなりばらつきがあります。初対面の市の職員よりも、いつも派遣されてくる介護事業所のヘルパーさんたちの方が本質に迫った観察が出来ているのに、それは最初から問題外なのです。
    どうやら介護と縁のない人たちが頭の中だけで考えて改正したようで、大変迷惑しています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    判定は軽く出る

    しおりをつける
    blank
    ノンレム睡眠
    審査会の資料を見ると、今回の改正の新しいソフトでは、以前よりも軽く判定されていると感じます。

    いかにも、調査員の調査の仕方、審査員の審査判定に問題があるように報道されている場合もありますが、判定ソフト自体の傾向と思います。

    調査を受ける時の心構えとしては、本人のみで調査を受けるのではなく、家族が付き添い、調査項目以上に手間がかかるところ等は調査員に伝えるとよいと思います。その時だけでなく、日頃の状況を調査員に伝えるとよいと思います。

    トピ主さんの場合は、要支援2となっても、3年間は経過措置として、入所できることになっていると思いますので、施設の担当の方か、自治体の担当者に聞いてみるとよいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    要介護3からいきなり要支援2ですか

    しおりをつける
    blank
    ももぴ
    はじめての更新だったのでしょうか(とすると、最初の認定から6ヶ月後になりますよね)前回よりも格段に良くなっている状態というわけではないのでしょうか?
    介護認定というのは、いかに介護の手が必要かということで判断しますので、体に麻痺があっても自立した生活がおくれているのなら、非該当という判定がでることだってあるのです。

    病院の先生の意見書と調査員の調査内容によって、一次判定を行い、さらに、審査会というものにかけて慎重に審査するのです。

    ただ、せっかく入った施設を出なければならないというのは本当に大変なことだと思うので、ここはやっぱり、要支援からの介護認定を再度行うほうがいいでしょう。

    そうすれば、少なくとも次の判定がでるまでは施設にいられますし、調査員の判定の微妙な違いで要介護判定が出る可能性もあります。

    調査の際には必ず、家族かケアマネが立ち会って、本人の状態を正確に伝えることも大切だと思います。

    また、認定申請をする前に、意見書を頼む予定の主治医にも「また申請しますのでよろしくお願いします」と一言お願いしておいたほうがいいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    政府の意向でしょ

    しおりをつける
    blank
    結局
     なるべく家族に責任を持たせてお金も
     取るけど、庶民の為に使わない。
     どうせまた後からろくでもない使い方してるのが
     ばれるんじゃないでしょうかね。

     これからもっと老人が増えていくのに
     介護をする人は少ないし、介護度が高ければ
     お金もかかるから、当然軽く見積もりたいわけ
     ですよね。

     でもこういう政府を選んだ(もしくは選挙にも
     行かない)国民のつけがこれからドンドンまわって
     くると思うから覚悟してないと駄目ですね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もう一度、判定やり直しを・・・。

    しおりをつける
    blank
    みゆ
    介護度が不服だと再度、認定のやり直しが出来るはずです!確かに、家族の代わりに出られた方の言い方がやさしすぎたのではないでしょうか?うちも舅と姑の二人分の介護認定の手続きや更新時に認定する方が代わるとがらっと態度が変わります。家族側はオーバーなぐらいの症状を言っていい位だと思います。これからも、家族が同席できない時は手紙を書いて家族の方から見た症状を知らせた方が良いと思います。お体を大切にして下さいね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    問い合わせを

    しおりをつける
    blank
    タコス
    介護認定をしている機関(市の介護関係の課など)にまず問いあわせてみてください。
    認定調査員によって、判定が変わってくることが実際にあります。認定時に付き添いの方がいない場合、その施設の職員の説明具合も関係したりします。
    保証人については関係ないと思います。

    ・今回の調査内容が、実際のお父様の状態に合っているか確認する
    ・前回と今回の調査内容を比べてもらい、どの項目で前回より軽い判定をされたか確かめる
    ・判定に納得できなければ、再調査の申し立てができる。または、認定の変更申請をする

    まず電話で相談して窓口の確認後、窓口に実際に出向いて相談されるのが一番早いと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    変ですよね。

    しおりをつける
    blank
    ゆーん
    身障養護施設で働いていましたが、改正後は職員皆が
    頭を抱えちゃっているそうです。
    特に施設長、支援員、ケアマネ、家族・・・。

    何も良い方向になんて変わってない。
    不満だらけです。

    でも一番不安だったのは、利用者ですよね。
    「これからどうなるの?」
    「施設に居られなくなるの?」と。

    お偉いさん達はパッと見で「これくらいの障害なら地域で生活できるでしょう」って?

    どこかの企業が雇ってくれるの?

    家族だって加齢で子供の介護が出来ないから施設に居るのに。

    便乗で愚痴ってごめんなさい!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出せる口なら出してあげた方がいいと思います

    しおりをつける
    blank
    お大事に
    予算の問題から、認定や利用できるサービスの範囲が厳しくなってきているのは事実のようです。
    お年寄りだけで面接させると、障害の程度やサービスの必要性をうまく主張できずに、軽く認定されたり、ケアマネにサービス内容を減らされたりする危険があると思います。
    うちの親も介護保険のお世話になっていますが、親からサービスを減らされそうだと聞いて、面接の際に私も同席して、私が仕事で介護ができないこと、親の健康上問題が大きいことをご説明し、担当者にもわかって頂いて、制度改正の被害を最小限に食い止めました。
    本当に支援や介護が必要な人のための介護保険なのですが、私のような口うるさい子供もいないお年寄りほど、窮状を訴えられなくて大変な思いをしているのではないかな、と気の毒に思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ポイントの高い表現

    しおりをつける
    blank
    のすっこ
    介護認定には医師の意見書と調査員の調査書をもとに行うことになっています。
    調査員の聞き取り調査の時に出来ないことははっきり出来ないと答え、不自由なところを忌憚無く訴えたほうがいいです。
    調査員という他人に対して遠慮して控えめに発言したら認定も控えめになります。
    今回要介護1相当の予防給付になってしまったのですが、審査会も何とか要介護の判定をしたかったと思います。判定を上げるよりどころが調査員の調査書になります。
    そのとき「出来るが大変な思いをしている」とか「時々失敗して人の助けを借りる」などの表現があれば要介護になったのかな?と思います。
    (この技は悪用しないでください。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うろ覚えで申し訳ないのですが

    しおりをつける
    blank
    nagi
    介護認定ですが、昨年10月から施行された、改定により、認定が厳しくなっているようです。
    これまであいまいな位置づけだった、家庭での自立支援について、『予防給付』や『在宅サービス』等のケアプランが打ち出されるようになり、認定ランクが全体に下がったそうです。
    格下げの背景には、高齢者数が激増しているのに、最初っから経済破綻を前提として作られた介護保険制度が、市町村の財政(要するに税収入)が低迷化しているため、『切っちゃえ!』が出されているから。とんでもない話です。(そんなことより、知事の退職金削れ!と思います)。

    ただ、あまりにもこのことに関する苦情・異議申し立て申請が多すぎるためか、都道府県によっては独自で異議申し立ての審査制度を設けるところも出てきました。
    確か東京都は最近作られたばかりだと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    関係者

    しおりをつける
    blank
    まー
    介護保険認定審査委員をしています。介護申請をした方のデータ(訪問調査の記録と主治医の意見書)を元に介護のレベルを決める仕事です。

    4月からシステムが変わったのはご存知の通りです。
    軽くなる,重くなるは個人差があります。
    審査委員側にも未だ戸惑いというか不慣れな点があるのも事実です。

    トピ主さんの場合,対策として

    1 不服申し立てをする。(市にもう一度やり直してもらうイメージです。
    それで駄目だとさらに都道府県に不服申し立てができます。

    2 現在要支援という事ですから「介護申請」をする。
    これは有効期間に関係なく,いつでも出すことができます。

    一般的には2が多いです。

    そして皆さんが書いていらっしゃいますが,訪問調査員が来たときは,詳しく,家族や施設職員が状態を説明してください。
    介護するのにどの程度苦労しているのか,こんな所が大変なんです。等です。
    訪問調査員はそれを記載します。その記載が少ないと我々は申請者の状態をイメージできませんから,PCが出した一次判定を採用するしか方法がないのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0