詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    夫婦間の常識差異

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    トピ主
    ひと
    夫婦間の常識感に差異を感じる事がありまして、私自身もどちらの考えがより一般的な常識に近いのかが解らなくなっています。
    広く皆様のご意見をお伺いさせて頂けないでしょうか?

    よりフラットに事実関係をお伝えするために、どちらが夫、どちらが妻、という明記は避けて書かせて頂きます。

    登場人物
    A(夫か妻かは伏せます)
    B(Aの配偶者)
    ※ABは共働き夫婦、子あり

    A母(Aの母親、難病指定の病気を患う)
    A幼馴染(Aの幼馴染、Aが小学生の時に他県へ引っ越して以来、頻繁に交流はしていない)
    A幼馴染母(幼馴染の母親、A母とは親友で引っ越し後も交流は継続)

    A幼馴染の母親であり、A母の親友でもある方が突然亡くなられました。A母は難病指定の病気を患っており葬儀や通夜には出席できません。そこでA母は「葬儀には行けないけどお別れだけはしたい」とAに頼み、Aは通夜前日に仕事を休んで車でA母を葬儀屋に連れて行きました。そこでAはA幼馴染と再会し、お悔やみを申し上げて故人とお別れを済まします。

    そしてAはA母から「申し訳無いけど明日のお通夜に参列してもらえないかしら」との要望を受け、翌日に仕事を早退して改めて通夜に参列します。

    これに対してBは、一度お別れしているのに改めて通夜に行くのはおかしい、と思っています。ただし、BはAを責めているのではなく単純に理解できないだけです。

    Aの言い分は以下の通りで、おかしな事は何もないと思っています。

    ・幼馴染は3人姉弟おり、前日に会えたのは1人のみだったので他の2人にお悔やみを伝えられていない
    ・近い将来にA母が亡くなった時に幼馴染姉弟3人全員で葬儀に参列頂いたら会わせる顔がない
    ・仕事を早退して参列してるのだから家族には迷惑はかけていない

    皆様はどちらに同調されますでしょうか?
    お聞かせ頂けると幸いです。

    トピ内ID:3139347364

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 106 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 9 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  19
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    人それぞれの価値観。

    しおりをつける
    🐤
    ボーダー
    では、Bさんはお通夜と葬儀両方に参列するのも可笑しいと考えるんでしょうね。
    私は親しい間柄なら、両方に参列します。
    また、私の親が亡くなったとき、親しい友人達はお通夜にも葬儀にも来てくれました。
    だから、Aさんの行動に何も違和感を感じないです。
    ただBさんのような感覚の人が居るのも知ってます。
    Bさんとはそういう人。それだけのことです。
    どちらが間違ってるわけでもないし、正しいわけでもない。

    トピ内ID:6918313401

    ...本文を表示

    お通夜に行く

    しおりをつける
    🙂
    木枯らし
    A幼馴染はA母のイレギュラーなお別れを受け入れてくれています。
    精神的に気落ちし、色々とやらなくてはいけない事が多くて大変な時に、A母の為に行動してくれました。
    そこをAは感謝するべきで、それを伝えるためにもお通夜には行った方が良いと思います。

    トピ内ID:6332080192

    ...本文を表示

    A派

    しおりをつける
    😀
    山が好き
    故人との親しさの度合いによりますが、複数回葬儀の場に足を運ぶことは珍しくないと思います。

    私自身、公私ともに非常にお世話になった上司の葬儀の時は、お通夜と告別式の両方に列席しました。
    父が亡くなった時、両親双方と親しくしていたご夫婦は、お通夜前日の弔問とお通夜においでくださいました。

    トピの場合、初めの弔問はお母さまの付き添いという色彩が強かったようですから、A個人としてのお通夜列席という考え方もできると思います。

    いずれにしても、こういうことは本人の気のすむようになさるのが一番です。
    仕事や家庭に大きな迷惑をかける事情があればある程度の配慮も必要でしょうが、そうでないのであれば好きになさればいいと思いますが。

    トピ内ID:0240607468

    ...本文を表示

    どちらにも違和感はない

    しおりをつける
    💢
    ハムラビ法典
    亡くなった方への思いは、他人であるBには計り知れないのではないでしょうか。
    ですから、AやA母の弔意の表し方についてBは意見すべきではないと思います。

    私の考えは、お通夜に行けないからと前日に伺ったのは母親なので、A本人がお通夜に行くのはアリだと思いますし、多忙なら「前日伺ったから」と当日は失礼するのもアリだと思います。

    トピ内ID:0283242364

    ...本文を表示

    Aに同意

    しおりをつける
    🙂
    さくら
    Bがなぜそんな事を言うのかが分からないです。
    通夜と葬儀両方行くこともあるし。AとA母、幼馴染さえ納得してたらいいのでは?

    トピ内ID:7480630711

    ...本文を表示

    それは

    しおりをつける
    🙂
    なおみ
    常識、非常識の問題ではありません。それに、BがAを責めておらず、単純に理解できないだけなら、何が問題なのですか? わたしはBに近い立場ですが、Aのような人がいても何とも思いません。そのような関係の人間関係もあると思うからです。でも、Bのように、友人の親の通夜に行かないのも普通によくあることだと思っています。どちらもおかしいとは思いません。だから、どちらが常識的で、どちらが非常識なのかという展開は、非常に違和感があります。とはいえ、多数決で決めたいということなら、Bのほうが圧倒的に多数だと思います。お悔みに行くのはめずらしくありませんが、通夜に行くのは聞いたことがありません。

    トピ内ID:6517268313

    ...本文を表示

    どちらが常識とかはわからないけど

    しおりをつける
    🎶
    ばんび
    これ、常識問題なのかな?
    こんなの、その人、その家、その地域によって感覚が全然違って当たり前だと思うけど。。。理解できなくても、反対する権利はないかと。

    私はAの方に同調です。

    私も年齢なので、何度も身内を亡くしましたが、まず、亡くなったと知らせると、身近な人はとるものもとりあえず駆けつけてくれます。
    親戚とは限りません、親しければ友人関係でも来てくれました。
    この時点では、普段着の人もいます。
    そして、まず家族にお悔やみを言って労わってくださいます。

    そしたらその方達は通夜葬儀には来なくていいか?
    全く別ですよね、、通夜葬儀は故人との本当に最期のお別れですから。
    改めて、きちんと参列してくださいました。
    今時は葬儀場や火葬場の都合で、亡くなってすぐ弔えるとも限りませんから、まず駆けつけるというのは普通に感じます。

    この場合、Aさん自身に今現在幼馴染母とのつながりがなくても、旧知の仲であり親の友人でもあるわけで、改めてきちんと通夜に参列、は、至極当然といえるかなと。
    私の感覚では、もう一回会ったんだからいいじゃん、ていうのは非情というか、、、他人事すぎるというか、、、自分の身うちを亡くしたことがないんだろうか?と思うレベルです。

    トピ内ID:1131045826

    ...本文を表示

    どちらの考えもしっくりこないです。

    しおりをつける
    🙂
    MAI
    間違っているという意味ではなく、私の感覚とはちょっと違うということです。

    通夜前日の訪問がイレギュラーなのですが、お母様の体調によるもので、先方が受け入れてくれたのだから良いと思います。
    本来なら、通夜と葬儀の両方に列席する方もいるので、「2回お別れをするのはおかしい」というのは理解できません。
    よって、Bには同意できません。

    Aは考え過ぎです。
    母の意向で母を連れて行ってあげた。
    母に頼まれ、母の代理で通夜に参列した。
    Aはあくまでも、随行者、代理です。
    3人兄弟全員にお悔やみを言っていないとか、合わせる顔が無いとか、そこまで心配する必要はありません。
    配偶者に責められてもいないのに、「家族に迷惑をかけていない。」などというのも的が外れています。

    Aが「母が、母が」というからおかしくなるのではないでしょうか?
    「最近は親交がなかったけれど、自分にも良い思い出のある方だから、自分の気持ちとして参列してお別れしたい。 幼馴染全員に会ってお悔やみを言いたい。」と言えばいいのに。

    素直じゃないから、Bが「そこまでする必要あるの!?」的な考えを持つのだと思います。

    トピ内ID:5118361083

    ...本文を表示

    どちらかと言うとA

    しおりをつける
    今日はカレー
    というより、パートナーがそうすると言い、特別反対する理由もないならAの意思を尊重するだけです。

    おかしいとかおかしくないとかそういう問題ではない。

    好きにさせてあげたらいいじゃん。

    トピ内ID:0445580696

    ...本文を表示

    『一度お別れをしているという認識』が違う

    しおりをつける
    🐱
    neko
    仮通夜に行って、お通夜にも行ったという事ですよね?
    そういう事は全然不思議ではありません。
    特に親族や親しい関係ならはよくある事です。

    私の父が亡くなった時にも親戚は勿論のこと
    私の友人も亡くなった当日に駆け付けてくれて
    お通夜にも参列してくれました。

    『一度お別れしているのに改めて通夜に行くのはおかしい』
    多分一度お別れをしているという認識だからおかしいと思うのでは?

    それならお通夜に参列したら葬儀に参列するのはおかしい事になります。
    それこそおかしいのでは??

    トピ内ID:0919358997

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  19
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0