詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    映画・冒険者たち

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    こぶちん
    話題
    こんにちは。
    43歳のオヤジ映画ファンです。
    忘れられない映画「冒険者たち」で使われた海に浮かぶ要塞に行ってみたいと思うのですが、場所や方法を知っている方がいたら教えてください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    リノ・バンチュラええのう。

    しおりをつける
    blank
    佐久間
    宝捜し、ジョアンナ・シムカスの水着姿、要塞で見つけたルガーP08等、ガキの時オタク心をくすぐられた映画でした。

    そこはラ・ロシェル沖合いの城塞ですな。
    パリからTGVで約3時間の大西洋岸の港町です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    補足します。(トピ主家族より)

    しおりをつける
    blank
    こぶちんプラス
    こぶちんの家族です。
    補足させてください。
    映画「冒険者たち」はアランドロン主演の40年程前の映画です。
    トピ主にとっては「感動的な」「感銘を受けた」映画なのだそうですが、私(30代女)から見ると(申し訳ないけど)「どこが良いの?」といった感じです。(ファンの方ごめんなさい)
    ただ、トピ主が皆さんにお聞きした「要塞のある島」の映像がとても美しいのは、私も同感しています。
    そこで、家族からの補足としてこの映画をご存知の方に伺いたいと思います。
    (冒険者たちファンの方に)
    「この映画のどこに魅力を感じますか?」
    「おいくつの時に初めてご覧になりましたか?(私が感動できなかったのは年のせいかな、と思うので)」
    皆様よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ラ・ロシェル

    しおりをつける
    blank
    さかな子
    冒険者たち、素敵ですよね。
    主人の思い出の映画だそうで。
    若かりし頃男2人女1人で外国に旅行した思い出があるそうです。
    主人はバンチュラ似ですが、振られたそうです。
    今でもそのドロンとシムカスのご夫婦とは家族ぐるみでお付き合いしています。

    要塞はフランスのラ・ロシェルという町にあるそうです。
    港から観光船も出ているそうですが、今は個人の所有なので上陸はできないらしいです。
    ここを所有している人がここを舞台にしたゲームソフトを作ったとか・・・
    http://mamileon.free.fr/kinko/larochelle.html

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ラロシェル

    しおりをつける
    blank
    Pippa
    『冒険者たち』は大好きな映画です。映画の舞台になった要塞はフランス南西部の小都市、ラロシェルにあります。

    実は10年ほど前、イギリス人の友人がラロシェルで働いていたのでロンドンから遊びにいったのですが、要塞は4月から9月末までしかオープンしていないため、入れませんでした。ラロシェルまではパリから電車か飛行機で行けます。フランス観光関連サイトを検索してみてはいかがでしょうか。

    この映画、意外なことに日本以外では東欧と南アメリカでカルト的な人気があるようです。来年はリノ・ヴァンチュラ没後20周年、最近亡くなったロベール・アンリコ監督、セルジュ・レジアニ、ジョゼ・ジョバンニ、フランソワ・ド・ルーベらのお墓参りを計画しています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    fort byard

    しおりをつける
    blank
    これです
    この映画後半の舞台である要塞島は,フランス・シャラント地方のラ・ロシェル La Rochelle という港町の沖合にあるフォール・ボワヤール Fort Boyard です.

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    フランス

    しおりをつける
    blank
    のん
    海に沈んでいく姿が印象的でした。
    「ライアンの娘」も荒涼としていてよいです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    うわ~懐かしい!!

    しおりをつける
    blank
    ぐぐる
    この映画、大学1年のとき授業で(仏文科だったので)見ました。
    当時、青い私にはリノ・バンチュラの良さがわかりませんでしたが、40歳近くなったいま、よくわかるようになってしまいました。
    エンディングの泣ける結末にあの青い海と要塞の映像、それにかぶさる哀愁たっぷりのアラン・ドロンの歌・・また映画を観たくなりました。

    前置きが長くて、すみません。私も行ったことがあるわけでもないのですが興味があって検索しました。

    フランスのラ・ロシェル(la rochelle)という小さな漁港町の沖にあるボヤール城島(Fort Boyard)が、それです。日本の軍艦島に似てますが、残念ながら軍艦島と同様、一般人は上陸できないそうです。
    キーワードで検索すれば、いくつか情報を得られますよ。

    フランス・ツーリズム観光情報局 ラ・ロシェル(日本語)
    http://france-tourisme.net/s-PoitouCharentes-Rochelle.htm
    FORT BOYARD(英語)
    http://www.bordeaux-doc.com/ville_de_rochefort/Roch/LR/Boya-uk.htm
    ラ・ロシェル 町の公式サイト(英・仏語)
    http://www.ville-larochelle.fr/

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こぶちんさんの奥さまへ

    しおりをつける
    blank
    さくら
    私は35歳、女性ですが、「冒険者たち」はグッとくる忘れられない映画の一つです。初めて観たのは中学生ぐらいの時かな。アメリカ映画のようにくどくど多くを説明せず、淡々とほどよい距離をおいて主人公たちを描いている手法はフランス映画ならではだなぁと今観ても思います。

    何が感動したって、やっぱり最後の場面でしょうか。死んでいくアラン・ドロンに向かって、リノ・バンチェラが、「彼女(シムカス)は君を愛してるって言ってたぞ」と言いますが、ドロンは「嘘言うな」と言って微笑みながら死にますね。男同士のなんとも言えない切ない友情に涙が出ました。音楽と映像とこのラストシーンは今でも忘れられません。この映画が好きだという男の人は、なかなかのものだと思います。(笑)だんな様と一緒に感動してあげて下さいね。(ウチのだんなはこの映画の存在すら知らない。今度観せてあげよう。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    2度目の投稿です

    しおりをつける
    blank
    ぐぐる
    投稿後にこぶちんプラスさんの補足を見たので、回答をつけたしますね。

    >この映画のどこに魅力を感じますか?

    正直、私も映画の中盤はたるくて寝そうになったし、過去2回しか見てないので、大ファンってわけではありません。
    私が一番好きなのは、エンディングテーマのleticiaの哀愁漂うメロディです。それからエンディングの空撮その他数々の印象的な美しい映像。
    あのメロディと映像がなければ、ここまで記憶が鮮明ではないでしょう。

    ストーリーで言えば「主人公達は皆何かに挫折していて、寄り添って暮らすうちにまた希望を感じるようになった。しかし結末は・・」というほろ苦さや、互いを想い合う不器用な三角関係が心に響きました。
    それからやっぱり、終盤の「嘘つきめ!」と言うシーンは外せません。男の友情に2度とも泣きました。(注:私は女です)

    > おいくつの時に初めてご覧になりましたか?

    年やタイミングは重要かも。
    私は初めて見たのは18歳か19歳(ジョアンナの水着姿が自分とあまりに違いすぎてショックを受けました・・)、2度目はその10年ぐらい後でした。
    今見たらまたちょっと感想が変わるでしょうが、やっぱり泣きそうです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    女性ですが私も好きです

    しおりをつける
    blank
    chie
    30代女性ですが、私もこの映画好きです。男二人がかっこいい。
    なぜがあの映画の中では顔の良くないリノ・バンチェロのほうが魅力的に見えますね。
    少年の心をもったままの大人になった二人。
    それに最後の海とあの要塞もロマンが感じられていいですね。
    口笛のメロディーと一緒に記憶によみがえってきました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私もお気に入り・・・

    しおりをつける
    blank
    ロマンスグレー好き
    初めて「冒険者」をみたのは20代です。その時から私の洋画ベスト10に入りっぱなしです。ビデオも持っていました。でも先日、地元の単館上映の映画館でレイトショーをしていたので、またまた見に行ってしまいました。

    どこがいいかって?リノ・バンチュラがいいのですよ。学生時代「太陽がいっぱい」などのドロン特集の名画座で見て、リノ・バンチュラにほれました。こわもてのおじちゃんですが、小さな老眼鏡をかけ、カーディガンを羽織ってロッキングチェアーで新聞よむ姿に男のやさしさが伝わってきました(勝手に思い込んでいます)そしてアランドロンよりリノバンチュラを選んだジョアンナ・シムカス、「えらい!あんたは男を見る目あるよ!!」ってほめてあげました。男は顔じゃないよ。

    死んだ彼女の宝の取り分をちゃんと親族に渡しにいく・・・・友情?愛情?早く言えば三角関係なのに、恋のさや当てらしいものもない。私にとってはすがすがしい青春映画。リノ・バンチュラの控えめな想いと碧い碧い2つの海(コンゴの海と要塞島の海。)
    この映画はのちに香港映画でチョウ・ユンファ主演の「狼たちの絆」のモデルになりました。(←この映画も好き)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    二度目です

    しおりをつける
    blank
    Pippa
    『冒険者たち』を初めて観たのは12歳のときです。首都圏で水曜午後9時に放映された映画を、地元のテレビ局は日曜午後に数週間遅れで放映していました。一部カットされていたとはいえ、レティシアが流れ弾に当たって死んでしまう場面から涙が止まりませんでした。上手く言えませんが、ローランとマヌーが子供みたいに夢を追いかける姿がいいんですよ。そしてあのラスト!今思い出しただけで涙腺が緩んできました...。最後に映画館で観てから早13年。日本にいないと観る機会がない外国映画はこの映画ぐらいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ぐぐるさんへ

    しおりをつける
    blank
    Pippa
    横ですが、ジョアナ・シムカス扮するヒロインの名前、Laetitiaです。勘でLeticiaとお書きになられたようなので...。フランス語のスペリングは難しいですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    こぶちん
    佐久間さんをはじめ皆様方ありがとうございました。
    20年来の気がかりが晴れました。いままでいろんな人に聞いたのですが誰も知りませんでした。
    ちなみに私が忘れられないもう一本の映画は「ディア・ハンター」です。
    「冒険者たち」と「ディア・ハンター」は、映画館で何度も見ましたし、今もたまにDVDで見ます。
    思った以上に反響をいただいて嬉しかったです。
    ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0