詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    一年間練習した、マラソン大会

    お気に入り追加
    レス28
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    パンダ
    子供
    一年前から小学生 高学年女子
    マラソン大会に向けて練習してきました。
    距離は2キロ… 毎朝、起こして寒い日も暑い日も本人も大変だったと思います。
    本人の半分もありませんが母親の私も大変でした…
    結果、全然ダメでした。去年とタイムはほぼ同じ、順位は下がりました。
    約200人中 136位
    何が悪かったのか?私としては一年、毎日コツコツと走れば少なからず、
    良い結果が出ると思っていました。指導方法が悪いのか、
    もともと素質がないのか…短距離はいつもリレー選手で早いのです。

    上位の子達はそほど練習してる感じではありません。
    (密かにしているかもしれませんが…)
    一応、一年間朝、タイム測って2キロ走っていました。
    徐々にタイムは早くなると思いましたが、一年間さほどタイムは変わりませんでした、
    もっと、ペース配分を考えたり、徐々にでもタイムを縮める練習の方が良かったのでしょうか?
    夫曰くもともとの心肺機能に左右されるのでは?と言います。
    お詳しい方、ご教示お願い致します。
    当日、仕事で応援に行けなかった事も、悔やまれます。
    なさけない母ですが、子どもより立ち直れないです。
    先ずは褒めてあげないといけないのに…

    トピ内ID:3744129144

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 125 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 43 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数28

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    そら短距離得意なら長距離は苦手でしょう

    しおりをつける
    blank
    サリー
    筋肉には速筋と遅筋ってもんがあって、
    それぞれの多い少ないの配分は個々で最初から決まってるんでしょ?
    速筋が多けりゃ遅筋が少ない、
    逆もまた然り、とな。
    だから短距離が先天的に得意なら長距離は苦手なのは当然じゃないか?
    そんなに不思議がることでもないような。

    今回も頑張って真ん中くらいにいられたんだから、
    褒めたげればいいのでは。

    トピ内ID:0172791735

    ...本文を表示

    素敵なお母さんです

    しおりをつける
    blank
    ドサンコ
    勝ちたいという【欲】が娘さんにはないのかもしれないですね。
    でも、一年間頑張ってきたことは立派です。
    完走できたことも褒めてあげたい
    来年もあるのなら、ぜひ休暇を取って見に行ってあげてください。
    そうしたら、残念な気持ちより頑張った娘さんを褒めたい気持ちが勝るかも・・・

    タイムとったとのこと、お母さんも一緒に練習で走ったのですね
    その母と娘の時間が凄く良いです。
    素敵なお母さんです。
    順位は上がらなくても、そのことが娘さんの宝になると思いますよ。

    また一年頑張れ~~

    トピ内ID:0670087420

    ...本文を表示

    結果が全て?

    しおりをつける
    🙂
    はなこ
    私は経過の方が大事だと思います。
    1年間、継続してやる事、すごく大変だっただろうし、止めたくなることもあったと思います。でも、続けてきたんですよね。その頑張りに拍手です。
    今回は結果に繋がらなかったけど、それなら来年はタイムを意識した練習をしていくとか考えていけばいいんじゃないですか?
    まずは、1年間練習を続けてきたこと、頑張ったねって労ってあげましょうよ。
    トピ主さんが走ったわけじゃないんですよね?トピ主さんが立ち直れないって...理解に苦しみます。

    トピ内ID:1222518256

    ...本文を表示

    マラソンにそこまでの思い入れが?

    しおりをつける
    🙂
    そら
    1年も自主練していたって
    マラソン大会にそこまで情熱かけるほどのものがあったんでしょうか?

    短距離は筋力瞬発力
    長距離は持久力体力
    と聞いたことがありますが・・・

    私はマラソン大会では
    小学校の高学年の頃はいつも学年(5クラス)で1位でした
    中学に上がってクラスが増え
    本格的に陸上部で練習している人達にはかなわなくなりましたけど。
    それでも30位ぐらいだったかな
    別に練習なんて一度もしたことがありません
    ちなみに短距離もクラス対抗リレーの選手にはいつも選ばれていました

    今思えばプールの授業で小学校低学年の時に
    どれだけ顔を水につけていられるかというゲームがあったんですが
    その時も1位でしたね
    肺活量はある方だったんだろうと思います
    あと根性はあったと思います
    決して運動神経は良い方ではありませんでしたが
    幼い頃から鉄棒や縄跳びなど出来ないことがあれば出来るようになるまで
    放課後に練習しているような子供でした

    小学生の間までは球技や技が必要な種目以外は
    努力よりは身体能力な気がしますね
    でも1年も毎日練習する時間があったのなら
    タイムを計りながら最初の500メートルの時点で何秒縮めよう
    みたいな目標を設けて練習しなかったんですか?
    誰かがペースメーカーとなりその人について走る
    という方法もありますし
    ただ同じタイムで毎日走っているだけじゃ
    それは有酸素運動になるだけだと思います
    若干の体力もつくかもしれませんが子供って普段からよく動くので
    大差はないかも

    成長期でもありますし
    あまり過度な練習はやめておいた方がいいかもしれませんね
    私は高学年ぐらいのころ膝が痛くなったりしました
    そういう時期に無理して走っても成果は出ないと思います
    メリハリつけるためにも週に1度とかにして
    長距離にあったシューズを選び中間地点で小刻みにタイムを記録して
    少しずつタイムをあげては?

    トピ内ID:2739344942

    ...本文を表示

    向き不向きはあると思う

    しおりをつける
    blank
    レンのん
    小学生くらいならば
    元から持っている身体能力がものをいうんだと思います

    だからさして練習しなくても
    2キロくらいならぱぱっと走っちゃう

    単純に長距離と短距離の向き不向きじゃないかと思っています

    短距離早くて、毎日練習ができる根性もあるなら十分

    どのスポーツでもそこそこの成績になるでしょう

    トピ内ID:9065804176

    ...本文を表示

    短距離走者が長距離もできるとは限りません

    しおりをつける
    🙂
    なす
    短距離が得意な人が必ずしも長距離が得意だとは限らないようです。

    恐らくもっと詳しい方からのレスも付くとは思いますが、夫がフルマラソンを趣味でしていて3時間15分のタイムがあった人です。

    あくまでも素人趣味での参加ですが、夫は日本の短距離短距離走 オリンピック代表選手と一緒に練習をしていました。短距離のプロだからフルマラソンも早いかといえば、実はそうでもないようですよ。

    長距離マラソンをベストタイムを維持しながら完走するには、靴があっているか、マラソン前のストレッチ、食事管理、呼吸法、それから 最初にスピード出さすぎず、(短距離が得意だとこれをしてしまっているかもしれません)後半 スピードを上げていくような走り方をするほうがいいように思います。

    あと小学高学年でしたら2キロではなく4キロか5キロマラソンから挑戦するほうがいいように思います。できる子になると10キロもできると思いますから。

    トピ内ID:4559806562

    ...本文を表示

    毎日は多すぎです

    しおりをつける
    🙂
    コーチ
    子供にとっての一番の報酬は褒められることですから、努力を継続し最後まで走りきれたことは大いに褒めてあげて下さい。
    短距離が早い人は速筋が、長距離が早い人は遅筋が発達しており、その割合は人によって異なり、またその筋肉の割合は生涯あまり変わらないと言われています。なので、人によって向き不向きはあります。しかし筋肉の質の違いがあってもトレーニング効果は出ますので、適度な練習をすれば速く走れるようにはなります。
    ただ、小学生は身体の発育途上なので、長距離走を本格的に行うには少し早いかもしれませんし、毎日の練習は明らかに多すぎです。
    まず大事なことは、休息も練習だということです。毎日走り込みをしても、疲れからの回復が遅れますし、故障のリスクが増えたりしますので、小学生であれば練習は週3回程度で良いと思います。
    また、運動をすることは楽しむことでもあるので、義務ではなく走るのが楽しくなるように、いくつかのメニューを一緒に考え、組み合わせて行えば良いと思います。
    走るだけでも、例えば、ゆっくりと20分ぐらい走る、ちょっと速くペースで10分ぐらい走る、かなり速くペースで5分ぐらい走る、50mほどのダッシュを10本繰り返すなど、体調、天候、気温などに合わせて柔軟にやれば良いと思います。また、鬼ごっこや追いかけっこをするのも良いと思います。
    トレーニング効果を出すためには、少しだけ追い込みをかける必要があります。ジョグの際に、最後の30秒~1分はペースを上げてみたりといったことです。
    走ること以外にも、準備運動やストレッチはとても大事なので、必ず行って下さい。
    ただ、やはり重要なことは、無理をしすぎないことです。速く走ることを目的とせず、以前よりも気持ちよく風を切って走れるようになる、といった楽しさでしょうか。そうすると結果は自然についてきます。

    トピ内ID:1467254222

    ...本文を表示

    練習お疲れさまでした。

    しおりをつける
    🙂
    らる
    トピ主様も一緒に練習に付き添い、一年間継続して練習してこられたこと、本当にすごいですね。
    お疲れ様です。
    これは、なかなかできないことだと思います。
    まずはそこを褒めてあげて下さいね。

    練習してその順位は、確かに落ち込みますよね・・・。
    娘さんご本人はどう感じているのでしょうか。

    スポーツは精神面でもかなり結果が左右しますから、プレッシャーもあったかもしれませんね。

    マラソンの練習は、本番と同じ距離をただ走っているだけだと、確かにあまり成果は上がらないかもしれません。
    でも、無駄だとは思いませんよ。

    もし今後も伸ばしたいのであれば、同じレベル~少し早い速さの人と練習するのが効果的だとは思います。
    でも、自主練で伸ばしたいのであれば、短い距離のインターバル練習なども行わないと、強くはなれないかもしれません。
    あとはもっと長い距離を走って心肺機能を高める。
    水泳など、他のスポーツも効果的。
    でも、やっぱりインターバルトレーニングでの走り込みが効果的かなあと思います。


    娘さんご本人にやる気があるようでしたら、調べてあげて、ぜひ実践してみてくださいね。


    私は同じように年頃に、陸上競技大会の長距離選手に選ばれて、その時の練習でマスクを着用して走らされました。
    これはきつかったけれど、かなり強くなりました。
    おすすめはしませんが、そんな練習方法もありました。

    でも何より、結果よりも毎日継続して練習できたことは、今後色々な面で大いに自信になりますから、とにかくたくさんそのことを褒めてあげて下さいね。

    トピ内ID:8307636005

    ...本文を表示

    心肺機能かも

    しおりをつける
    🎶
    持久走苦手
    うちの息子は一応運動部ですが、ランニングはしない部活だったのです。持久力より瞬間的なスピードが大事な運動らしくて。

    でも学校の持久走ではなぜか常に上位で、自治体の大会に人数足りないから出ないかと体育の先生にお声がけいただいたりしてました。

    そういえば生まれた時の産院で「胸の厚みがしっかりしている、きっと肺活量が大きくなるわね」と言われたのを思い出しました。
    なので、持って生まれたものは影響あるかもと思います。

    あとはフォーム?ですかね。うちの近所が東京マラソンのコースなのですが、トップグループの選手って、走っていくとき全然足音がしないんですね。私なんかが走るとバタバタするので初めて見たときはびっくりしました。かかとを地面につけないで走るのかしら。そのあたり、研究されてみては?

    >子どもより立ち直れないです。
    お気持ちはよくわかります。でもここは演技でいいから、言葉は無くてもいいから「にっこり」してあげないと。がんばりどころですよ。

    トピ内ID:2879066950

    ...本文を表示

    5キロにしましょう!

    しおりをつける
    blank
    ぴょ
    どのマラソン大会も3キロまでは速い子がダッシュで走ります。
    これには敵いません。
    地道な努力が実るのは5キロからだと思います。
    それから筋肉は使った翌日から2日位の間に修復しながらついていきます。
    毎日より一日、二日空けた方がいいかも。
    嫌いにならないためにも、天気が悪ければ、ストレッチや筋トレに切り替えて、楽しんで続けられるようにしてあげて下さい。

    トピ内ID:3071502446

    ...本文を表示

    マラソンの練習なら10キロは走らなくちゃ

    しおりをつける
    😭
    ダッシュ
    >マラソン大会に向けて練習してきました。
    >距離は2キロ… 

    小学校高学年くらいでマラソンの練習なんてやらない方がいいですよ。体がもっとしっかりしてからでないと、マラソンは過酷すぎます。

    >一応、一年間朝、タイム測って2キロ走っていました。

    2キロじゃマラソンの練習にはなりません。
    少なくとも10キロ。
    なので、毎日はムリでしょう。2~3日に1回くらいですね。

    私なら、絶対に小学校の子供にはさせません。
    ハーフマラソンでもさせません。
    限度が5000mですね。

    トピ内ID:0337877620

    ...本文を表示

    努力を褒めてあげましょう

    しおりをつける
    🐱
    白猫
    中学時代は、オールラウンダーと言われた息子をもつ母です。
    息子は陸上部でした。
    オール・・とは言っても それほど有能というわけではなかったです。
    100m・200m走は校内選抜で選ばれるレベル(学年250名のマンモス校)
    それでも、1位ではなくかろうじて最後の一人。
    リレーの方が得意でしたので地方大会メンバー。
    とは言っても やはり最後の一人。
    走り幅飛びも県大会出場レベル。

    先生からは短~長距離のオールと言われてました。
    でも、本人としては1つの競技だけで良かったのです。
    1つの競技だけ せめて校内1位。

    小学校時代もそれなりに短距離もマラソンも3位には入ってました。
    小学校時代から朝は走ってましたし中学からは部活を終えてからも帰宅後 トレーニングしてました。
    それでも、大会当日は本来の力すら出しきれない。
    高校受験も誰よりも努力して学年250人中130番位だった成績を一桁まで伸ばし安定させた。
    それでも、大人しい息子は内申点が足りず県のトップ高に不合格。
    (当日点は合格点を上回っていました)
    息子は言いました。
    「努力しても報われるとは限らない。それでも、努力しなければ報われることはない。だから これからも努力は続けるよ」
    本当に力強い言葉でした。
    そんな息子は大学受験に合格し自宅を離れ関東の国立大理系に進学しました。

    幼い頃から不器用な子で母親として励ますことしかできませんでした。
    励まして美味しいご飯を作ることだけ。

    実は、ここまでは次男の話でしたが
    長男は次男と違ってとても器用な子でした。
    過度な期待を私を含め先生方もしてしまい可能性を潰してしまいました。
    過度な期待に私が気づいたのは次男の言葉です。
    「大人は勝手に期待して勝手に落胆する。子供の気持ちを考えていない」

    トピ内ID:8429796112

    ...本文を表示

    毎日走れるなんて凄い。

    しおりをつける
    🙂
    ネコムスメ
    継続する力のあるお子さんなんですね。
    素晴らしいですよ。
    勿論それをサポート出来る親御さんも尊敬します。

    ただ、短距離が速くても長距離は苦手な人って居ますよね。
    筋肉の質が違うんじゃなかったかな。

    全てにおいて出来なくても良いじゃないですか。
    長距離が速くなくても、毎日走り込み出来るその継続力の方が、何よりも素晴らしい宝だと思いますよ。

    トピ内ID:4458785748

    ...本文を表示

    タイムを縮める練習が足りなかった

    しおりをつける
    🙂
    現実マン
    おそらくですが、「毎日走ること」が目的になってしまっていて
    「タイムを縮めて走る練習」が足りなかったのでしょう。

    練習は目的を明確に!

    トピ内ID:6300434298

    ...本文を表示

    同じペースで走ったの?

    しおりをつける
    🙂
    泣き虫娘のママ
    毎朝タイムを計って、ほとんど同じってつまりは去年と全く同じペースで当日も走ったわけですよね?
    そりゃ、変わるわけないじゃないですか…。
    体力をつけるって意味では継続するのは良いことですが、記録を出すという意味ではある程度の負荷は必要です。
    自分が苦しくてもペースをあげる、目標タイムを決めるなどの方法が有効かと思われます。

    我が子はバスケットをしていますが、順位が真ん中くらいです…が鼻歌交じりで走っています。
    他の子がぜーはー言っている中そんな走りをするので褒めるべきところがありません。
    が、ひとたび順位を決めると言ったときは上位へ食い込みます。
    その時はさすがに息が切れてます。
    10分以上は継続して走れるので相当な負担なんでしょう。

    まず今までのペースで走ってどの程度疲れているのか確認して、ケロリとしているようならどんどん目標タイムを短くしていけばだいぶ早くなると思いますよ。

    トピ内ID:5357355021

    ...本文を表示

    情報収集やプロの助言は?

    しおりをつける
    🙂
    NAVI
    >タイムを縮める練習の方が良かったのでしょうか?
    スピード競技をやるなら、当然そうでしょうね。
    5分間走をご存じですか?
    持久走の場合は決まった時間を走って距離をのばしていくのが良いそうです。
    大会入賞者のタイムを参考に距離を算出してトレーニング。
    それから、親が長距離の選手でないなら、
    スポーツクラブ・体育館でしている陸上の教室や
    体育の家庭教師を利用して、プロの助言を得るのが良いですよ。

    1年間という期間、練習を続けるのはなかなかできないことです。
    根性あると思いますよ。

    トピ内ID:9859192987

    ...本文を表示

    結果が出たうちの子の場合

    しおりをつける
    blank
    えっと
     うちの子、1年生のころはビリに近かったですが、最後の持久走大会で入賞しました。

     うちがやったことですが…

     2ヶ月間ほど、1.5キロを5分程度(陸上をやっている子でもちょっと早めの子たち)で走れるように練習しました。

     うちの子は水泳をずっとやっていて、週2で1度の練習につき1キロ程度泳いでいます(4泳法はマスターしているのでタイムです)

     また、学校(学区)が遠く、片道1.2キロの道を毎日徒歩(?)で5分、長くても10分程度で登下校しています。うちと近所の子はだいたい持久走大会で入賞しています(苦笑)

     2次性徴がはじまり、体も大人顔負けに大きくなりました(うちの子は4月生まれで体も元々大きかったのですが…)。食事に関しては、本人も体の調子を整えるもの、体を動かす力を出すもの、体の材料になるものが何かをきちんと考えていていました。わたしも主食に1汁2菜を考え、バランスよく考えていましたが、少し高たんぱくだったと思います。リーチもあるので、小さいお子さんに比べて圧倒的に有利だったと思います。

     戦略としては、性格的に逃げ切り先行があっていたようです。序盤は途中で走れなくなるかもと親は肝が冷えましたが。水泳では特にそうなのですが、泳ぎも走りも周囲の状況の影響を全く受けることがなく、練習では気がそれることはあっても本番ではいつも抜群の集中力で、泳ぎなり走りなりに没頭している様子です。


     小学生は身体面での成長具合の個人差が大きく、実際に小3まではトップだったのにここ最近は不調で伸び悩んでいる…という子もいました。うちの子の結果が出たのはたまたま運に恵まれたからにすぎませんし、今後どのように身体の成長が推移するかはわかりません。
     毎日練習したことは継続できる力があり、それを将来の職業選択に活かせます。そこをよく褒めるべきです。

    トピ内ID:0495249621

    ...本文を表示

    コツコツは能力向上にならないもの。

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    毎日コツコツというものは『健康維持』なんですよ。

    心肺機能というのは産まれつきの差はあれどもどこまで鍛えたかでも変わります。
    小学生ですから、骨の成長などに影響が出るほどのハードワークは避けなきゃいけない。
    でも適度な筋力や心肺機能の向上は可能なんですよ。

    それにはどうしたって適当な負荷が必要なんですよ。

    正直な話として小学生ですから2kmは結構な距離ですが、
    その反面で小学生のサッカーやバスケなどの試合中の走行距離はその程度はあるでしょう。

    つまり、長距離とあまり意識をする必要はなかったんですよ。
    どちらかと言えば、インターバルでダッシュとジョグを繰り返すほうが効果的。

    何本も繰り返すときにどこまで腕を触れるか、どこまで脚があがるか、
    どこまでストライドが伸びるか…これが他競技でも走る距離の場合には効果的なんです。

    トピ内ID:8521955984

    ...本文を表示

    ありがとうございます。トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    パンダ
    結果よりも、頑張った事を褒めて下さり感謝です。
    私自身が結果が出なかった事がショックで、口では褒めていても、
    心の中では「なぜなぜなぜ」が消えなく、娘にも申し訳ない気持ちと自分のふがい無さに落ち込み、
    そこに、皆様にお母さんも「がんばった」と言ってもらえて涙がでました。

    私も「がんばったって言ってもらいたかったんだと」、娘は私の何十倍も思っていますよね。
    何度も「がんばったね」と言っているものの何か、心から言ってもらっていないのは娘も感じ取っている気がしましたが、こんな私を褒めて頂いた事で、私も全力で娘に結果ではなく一年間頑張った事を褒めようと思います。
    それに気づかせて頂き、感謝です。経過の方が大切。まさにそうですね。

    後出しで恐縮ですが、娘は低出生体重児で生まれ、気管支が弱いです。
    それも、あって鍛えたいと言いつつ、心のどこかでは良い成績を収めて欲しいという気持ちがあったのだと、皆様からご意見頂き自分の黒い部分があらわになった気がします。
    娘のトレーニング方法をお聞きしたのに、実は私の問題だと気付かせて頂きました。

    心肺機能の部分が…と書いて下さる方がいて、やはりと今回感じました。
    一緒に走っている者の、気管支の事もあり、「無理しないで、しんどかったら止まって」と声かけしていました。
    やっていることと言っている事がめちゃくちゃですね。

    「努力しても報われるとは限らない。それでも、努力しなければ報われることはない。だから これからも努力は続けるよ」
    ステキな息子様のお言葉ですね。

    何か自分が出来なかった努力を娘を通してさせているのか、とも思ってきました。
    テレビやドラマでこんな母親最低と思っていた人になっていたのかもしれません。
    自分は子どもの頃、親に愛されていましたが、
    口出しは全くと言って良いほどありませんでしたから、幸せだったのかもしれません。

    トピ内ID:3744129144

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    ありがとうございます。トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    パンダ
    これから、皆さまのご意見、
    熟読させて頂き、考えたいと思います。
    ありがとうございます。
    また引き続き、どんなご意見頂ければ嬉しいです。

    トピ内ID:3744129144

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    努力を褒めてあげましょう  再度

    しおりをつける
    🐶
    通りすがりたい
    こんな子がいましたよ。
    長男とは幼稚園時代からの幼馴染の女の子。
    ぽっちゃりで運動神経も???
    小学校に入学してもマラソン大会は最下位。
    短距離走も最下位。
    沿道で近所のおばあちゃん達が応援してました。
    「もう少しだから頑張れ~」

    その子がスポ少に入りました。
    何とバスケです。もう驚きしかありません。
    学年が上がるごとにマラソン大会の順位を伸ばし
    小学校6年の時には首位争いです。
    本当に驚きでした。

    マラソン大会で上位を狙いたいなら心肺を鍛える。
    持久力をつける。
    マラソン大会と同じ距離を1日1回走っても それほど伸びないと思います。
    ペースを崩さずに2キロから距離を伸ばしていく。
    長距離走はペース配分も重要です。
    でも、その前に持久力を付けることが大事かなと思います。
    ただ、息子の別の同級生の女の子は小学校時代は長・短距離が早く期待されていました。
    中学で陸上部に入りましたが負傷が多く思うようにタイムを縮めることができませんでした。
    3年間 通院して高校入学と同時に陸上を辞めました。
    中学時代は結果を残すこともできなかったです。
    成長期に無理をすると このような結果になりかねません。

    トピ内ID:8429796112

    ...本文を表示

    長距離していました。

    しおりをつける
    🙂
    うさぎさん
    私は小学生の頃からマラソン大会では絶対3位までには入っており、中学、高校は陸上部で長距離をしていました。近畿大会や近畿駅伝にも何度も出ています。
    結論から言うと、長距離は練習すればするだけ伸びます。が、伸びないって事はもう向いていないのだと…。しかも娘さんは短距離が速いみたいなので、長距離より短距離が向いているのだと思います。私は短距離はめちゃくちゃ遅かったです。50メートル走も8秒後半だったので、陸上をやっている中では最後の方でした。
    私の娘は長女は短距離は駄目で、マラソンは学年の女子では毎回1位でした。なので中学からは陸上の長距離をしています。
    次女は小学2年です。短距離は速いです。スポーツテストの50メートルでは9秒でした。
    1年のマラソン大会は最後から3番目?か4番目?でした。それが悔しくて2年生のマラソン大会の1ヶ月前から一緒に練習しました。今年はそのおかげか女子で3位までになりました。
    1ヶ月前からの練習だけで、こんだけ伸びるのだから多分向いているのであれば、1年も練習していれば優勝も出来たかも知れないですね。
    でも、結果よりも毎日毎日練習した事その物が娘さんの力になりますし、今年は無理だったかもしれませんが、継続は力なりの言葉通り来年は良いとこまで行くかも知れませんよ。結果よりも頑張った事を褒めてあげて下さいね。

    トピ内ID:1637198603

    ...本文を表示

    1年間練習したのはお嬢さんの意思ですか?

    しおりをつける
    🙂
    クリスマス
    それ、楽しかったんですかね、お嬢さんにとって。

    1年間も毎朝走るなんて、苦行じゃないです?

    小学生のうちくらい、楽しいことをさせてあげてください。
    いま小学生なら、平均寿命はきっと100歳を超えるでしょう。
    いま我慢ばかりして、いつ楽しく人生を謳歌するんですか?

    トピ内ID:3858432461

    ...本文を表示

    本当に娘さんがやりたかったことなのか

    しおりをつける
    🙂
    みるく
    1年間の練習大変だったと思います。親も子も良く頑張りましたね。

    でも何かどこかで読んだ逆上がりの女の子の話を思い出してしまいました。
    逆上がりのできない女の子。毎日毎日お母さんと公園で練習。
    長い間練習してようやくできた時の女の子の一言に、お母さんは最初は不満と驚きとそして最後は反省、のような話だったと思うのですが。
    せっかく逆上がりができたのに、女の子はそこまで嬉しそうでもなく「お母さんが喜んでくれて良かった」と。
    そう、女の子はお母さんのために頑張ってただけだったんですね。

    トピ主の娘さんはどうかな。
    真面目な子であればあるほど、お母さん思いの子であればあるほど、一生懸命親の期待に応えようとします。
    どこかで親の望みが自分の望みとすり替えられていることに気づかずに。
    そうこうしているうちに自分が本当は何がしたいのか、が分からなくなる。

    親は皆「だってあなたがやる!って自分で言ったじゃない」って言います。
    でも子供は親の望みが分かるのです。分かるからやる、って言うんです。お母さんがそうして欲しいって分かってるから。

    トピ主さんはどうしてそんなに娘さんのマラソンの順位を上げて欲しかったのだろう。
    私も3人の子の親ですが、そこが良く分からないです。

    トピ内ID:4163367270

    ...本文を表示

    ありがとうございます。トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    パンダ
    沢山のアドバイス感謝致します。

    陸上の専門的なご意見も沢山頂けてありがたいです。
    練習方法も間違っていたなと考え改める事ができました。
    毎日、走る事が目的になっていて、タイムをもっと意識しなければならなかったと思いました。
    今は、少し休んで新年からでも相談して。
    週に3回ほど、インターバルに挑戦してみたいと思います。
    マラソン大会だけでなく、気管支を鍛える事につながると思います。
    毎朝の走りでは極限までの「ハァハァ」となるまでは走って無かったと思います。
    そら様のおっしゃる様にただの有酸素運動であったかと。
    肺活量、心肺機能を意識した方が良いのかと思いました。

    また、上手く説明できませんが、
    上位の子は自分の極限を知って出しきれる力があると思いました。
    娘はどこか、頑張ってはいるが出しきれてないイメージです。
    なので、練習で適当な負荷をかけ「はぁはぁ」と心肺を鍛える様にしたいです。

    えっと様のおっしゃる
    学校までの距離がある子は確かに強いです。
    家は通学距離、約2分…

    白猫様の
    「大人は勝手に期待して勝手に落胆する。子供の気持ちを考えていない」
    胸が締め付けられる思いです。
    こうならない様、努めたいと思います。

    トピ内ID:3744129144

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    お嬢さんはどう思っているの?

    しおりをつける
    🐶
    ひろこ
    悔しがっているトピ主様の気持ちが伝わってきます。でも、当のお嬢さんはどう思っているのかしら?トピ主様と同じような気持ちでいますか?どうしてあんなに練習したのに、順位が下がっちゃったの!って落ち込んでますか?
    もし、そうなら、十分頑張ったよって言って慰め、その上で日々の練習のどこが悪かったんだろうって振り返り反省して来年の大会に備えてください。でも、本人がそれほど気にしていないのなら、いや~、あんなに頑張ったのにねえ、みんな早いねえ、くらいで明るく笑い飛ばしましょう。親が子ども以上に落ち込んでいたら、かえってお嬢さんのプレッシャーになってしまいますよ。

    毎日練習して頑張ったことは今後必ず励みになります。でも、他の方もおっしゃっているように、短距離が早くても長距離が早いとは限らないんですよ。ボルトにマラソンは無理でしょ。

    親の方が冷静さを失ってはだめ。「親」て字のとおり、木の上から見守ってあげてください。

    トピ内ID:3193140872

    ...本文を表示

    1位でした。

    しおりをつける
    😀
    うーたん
    一人息子小6がいます。
    学校の持久走大会で一年の時は男子100人中60位くらいでした。
    2年生でスイミングに通い、3年からサッカーをはじめました。
    学年があがるごとに大会への練習なしで順位が上がっていき、
    小学校最後の6年で1位になりました。

    親の私がびっくり。それはうちの子は低身長に引っかかるか引っかからないかのギリギリラインのおチビさんだから。
    他の上位者はほぼ全員体が大きくて足も長いから一歩の大きさも違う!
    どんなにがんばってもさすがに1位は無理だろうと思っていました。

    息子は毎年大会の前日まで走るの嫌だ~と言っているような子で持久走のためになにか頑張る子ではなかったのですが、6年の時、当日もし1位ならゲーム機買ってと言ってきて有言実行となりました。目標が大事なのか?

    実は私も小学生の時にスイミングをしていて、学校の持久走は得意でした。
    普通に走ったらみんなが遅くてびっくりしました。

    息子はそれプラスサッカーで前後半合わせて40分走り続けているのだから、特に練習も必要ないのでしょう。

    2キロの大会ということでしょうか?同じ距離を走っていてはだめです。
    2キロなら5キロは走れるようになった方がいいです。
    無理のないところからはじめて徐々にペースアップ。
    ただ毎日はダメです。体を壊しますよ。

    お嬢さんは毎日その距離を走ることを目標として満足してしまっているかも。
    小学生の2キロなんて上位は短距離並みのダッシュですよ。
    当日、血の味もしたり、お腹も痛くなったり。
    そこまで苦しい思いをした子しか上位にはならないんです。

    ただ、5キロくらい少しペースアップして続けていけば30位~50位くらいはいけます。そしてそれプラス当日苦しくてもその先頭集団に付いていく根性があればもう少し順位をあげられます。

    トピ内ID:2646779516

    ...本文を表示

    目標と体力と当日数分のがんばり。

    しおりをつける
    🙂
    mimiko
    我が2人息子の話です。

    長男、中肉中背。学校の持久走大会は小2から。スポーツも何もしていない状態で1学年男子150人中いきなり3位をとりました。
    周りに毎年期待され、ライバル視されたりで本人には相当なプレッシャーだったと後で話してくれました。運動を特にすることなく、順位は小3で3位、小4で4位、小5も4位、小6で12位でした。最後までよくがんばったと思います。

    次男、背がとにかく低くひょろい。
    小2の大会は130位くらいだっかな。友達に兄と比べて馬鹿にされていました。
    水泳をはじめてから持久走にも結果が出ました。
    小3で46位、小4で23位、小5で3位、小6で1位。
    小4あたりで友達の彼を見る目がかわってきました。
    最後の年は大きい子と直接競っては勝てない、逃げ切りでがベストだと考え、決して振り向くことなく走りきり、タイムはずば抜けて良かったです。
    本人はつらくて死ぬかと思ったと言っていました。

    先天的?な体力等と負けず嫌いで結果を出した子、
    普段の努力と作戦で結果を出した子の二人をみてきましたが、当日上位者は短距離?と勘違いしそうなスピードでみんな苦しそうでした。

    ちなみに低学年だと親がランニングしている家庭の子ははやい子が多いです。
    親の走る姿を普段からみていて走ることに抵抗ないのでしょうかね。
    高学年からは本人の根性、性格、普段の運動量で結果がかわってきます。

    適度な体力があれば後は明確な目標と当日限界までの苦しみに打ち勝つ勇気を持てば結果はでてきます。

    トピ内ID:1170087037

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0