詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 通りすがりの見知らぬ人から受けたご恩。(続編)
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    通りすがりの見知らぬ人から受けたご恩。(続編)

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    話題
    私は現在、術後の回復が思わしくなく、3か月で完治と言われていたところ、もう半年経つというのに痛みや不快感がずっと続いており、心が折れそうな毎日を過ごしています。

    でも、そんな中、2012年の「通りすがりの見知らぬ人から受けたご恩。」
    http://okm.yomiuri.co.jp/t/2012/0707/522160.htm

    というトピに救われています。トピ主ではないのですが、このトピックで再度、トピを立ち上げたいと思います。たくさんレスが付き、私のように体調が悪い方や辛い思いをしている方たちが、少しでも元気をもらえますように。ゴーンさん、続編を立ち上げることをお許しください。

    では、まず、私から。御恩というほどでもないのですが、朝からとても幸せな気持ちにさせてもらえました。

    スーパーに行きカートを取ろうとすると他の方も取ろうとしていたので、順番を待ちました。その女性は洗い髪で、服装なども一見だらしないように見えました。(海外在住ですが服装にあまり頓着しない人が多いです)そんな印象を持ちつつ待っていると、その女性、一番手前のカートを取るなり振り返って、とても素敵な笑顔で当然のごとく、私に譲ってくれたのです。「見かけで判断してごめんなさい!」と心の中でお詫びしました。

    トピ内ID:3749011432

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 11 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 126 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    特急の中で

    しおりをつける
    blank
    micha
    世の中はお盆の帰省時期。実家に帰る予定がなく家でのんびりとしていたところ、母から、父が事故に遭い危篤との連絡が。
    夫は海外赴任中のため3歳と6ヶ月の2人の子を連れて、急遽実家に帰ることに。

    この時期特急電車の指定席など取れるはずもなく、自由席に乗ったのですが、座席もなく、通路に人が立っていて身動きも取れません。そんな中、電車が事故で立ち往生。皆苛立っているところに、下の子が愚図って泣きはじめました。ただ周囲の人に謝るしかありませんでした。私まで涙が出そうになっていたところ、少し先の席のご婦人が上の子に、僕、こっちまでおいでと声をかけてくれました。

    上の子がその方のところに行くと、お隣の旦那様との間の肘掛をあげて、上の子を座らせてくれました。そうしたらすぐに、旦那様が私に、お子さんが不安になるから近くにどうぞと言ってくれ、通路に立っている人に、すみませんが通してあげて下さいと言ってくださったので近くまで行くと、なんと旦那様の席を私に譲ってくれました。

    子供を座らせていただいただけで大丈夫ですと辞退したのですが、それでもとおっしゃっていただき、お言葉に甘えさせていただきました。

    その時に旦那様が、自分たちも子育てしている時には見ず知らずの人達にお世話になったから、その恩返しのつもりなので、遠慮しなくていいんだよと言ってくれました。

    私の様子を見ていたご婦人も、小さなお子さん連れで大変ねと声をかけてくれ、つい私も急遽実家に行かなくてはならなくなり、指定席が取れなかったけど、電車に飛び乗ったことを話しました。話しているうちに電車が動きはじめ、下の子も泣き止み、ご夫婦が降りる駅に。お名前をお聞きしたのですが、気にしないでと言って下さいました。

    なんとか父の最後に間に合いました。もう20年近く前のことですが、ご恩は忘れてません。世の中の温かさを実感した出来事でした。

    トピ内ID:7759234433

    閉じる× 閉じる×

    コンタクトレンズが、、、

    しおりをつける
    🙂
    アメ
    中学生の頃です。
    まだコンタクトレンズ初心者でした。

    ある雨の日、傘をさして歩いていたら、自分の傘から落ちてきたしずくが目に当り、しずくと共に目の中のレンズが流れて地面に落ちた気がしたのです。
    もう、慌てて地面を見たけど良く見えないので、しゃがみこんで見回してたら、通りすがりの見知らぬ人が、
    「どうしたの、どうした?」と声掛けてきたので、私、恥ずかしくて、小さな声で「あっ、いえ、コンタクトが、、、」と消え入りそうな声で答えたら、一緒にしゃがんで探してくれました。

    しかも次から次と数人が。皆たぶん、全員知らない同志のようだったけど、
    「何探してるの?」
    「この子のコンタクトレンズだって!」
    「あら大変、、」

    雨がしとしと降ってるのに、皆大人で忙しいだろうに、頼んでもないのに一緒に探してくれるなんてと、、驚きました。

    でも、なんか恥ずかしいし、申し訳ないし、この雨じゃ絶対見つかるはずない、とも思ったので、「すみません、もういいです、いいです。」と謝って、探すのをやめていただきました。

    とぼとぼと現場を去り、家に帰って、鏡でよくよく目を見ると、レンズ入ったままでした。
    実は私の勘違いで、あれ、落ちた?と確認しようとしたところで声かけられたので、思い切り緊張して探すことになったのでした。

    思えばあれが、初めて、見知らぬ大人の人から受けた親切でしたね。
    自分も大人になったら、困っている人には声かけようと心に決めましたが。
    今、できているのだろうか。

    トピ内ID:1035093172

    閉じる× 閉じる×

    見かけで判断してゴメンなさい

    しおりをつける
    🐧
    ほくと
    私の実母も見かけで判断してゴメンなさい…という事があったそうです。

    私の住む地域は結構な田舎で、電車も休日のよるなら1時間に1本あるかないかの所です。
    そこから自宅に帰る時に、不慣れな駅で時刻表も解らず、ウロウロしてた所、数人の学生
    が(いかにもやんちゃ系の不たぽい子達に見えたらしいです)寄って来て…
    逃げるわけにもいかず、その場でじっとその子達が通り過ぎるのを待っていたら、いきなり
    声を掛けられ…びっくりしたらしいのです。
    でも、その子達は親切にも行先を訪ね、時間を確認し、最後は電車に乗るまで見送ってくれ

    「気ぃ付けて帰りや~」

    と手を振ってくれたそうです。

    本当に、見かけで人を判断してはいけないな…
    と有難く思ったそうです。

    当時、とても辛い出来事もあった後だったので余計に心温まる思いをしたらしいです。

    トピ内ID:0177135317

    閉じる× 閉じる×

    Get well soon !!

    しおりをつける
    ピコ
    小さな親切を深く感謝されているあなたは心が弱くなられているのが文章から伝わってきました。ご回復お祈りします。
        文面から北米在住の方だとおもいますが、カートの件は私もそうされた経験も、私がそうした経験も過去、何回もありました。私は其の行為をあなたほど深く感謝したり、お礼を言ってもらうほどの事ではないと今まで思っていました。
    私の間違いでした。あなたの様に感じられる人もあることを初めて知りました。
    そうですね、他人を思いやる気持ちを何時までも持ちつ受けるように心がけます。

    トピ内ID:9275448837

    閉じる× 閉じる×

    バッグや財布を忘れました

    しおりをつける
    🐱
    愛子 
    数えてみると3回…

    どれにも免許証・キャッシュカード・クレジットカード・保険証など大切な物が入っていました。

    どれもお客様サービスの所で出て来ました。

    お店の人だったりお客さんだったりと助けてくれた人は色々でした。
    出て来なかったら再発行の数が多く大変でした。

    届けてくれた人、ありがとうございます。
    感謝しています。

    トピ内ID:7759749988

    閉じる× 閉じる×

    子育て初心者。転勤先で。

    しおりをつける
    🙂
    もも
    まだ見慣れない街を、小さい子供を抱えて電車で移動していた時のことです。

    私の乗った電車には、午後という時間からか眠そうな女子大生、不機嫌そうなサラリーマン、思春期真っただ中と思われる男子高校生、下を向いて独り言をつぶやく男性など、7~8人がまばらに乗っていました。

    しばらくすると突然、向き合って抱いていた子供が吐きました。身動きが取れず、頭が真っ白になりながらも慌ててタオルを探しました。すると次々にその車両の全員が立ち上がって、こちらに歩いてくるのが見えました。
    申し訳なさで頭を下げ、泣きそうな気持で顔を上げました。

    よく見るとそれぞれ手にコンビニのレジ袋や、タオル、ポケットティッシュを持っていました。
    女子大生は座り込んで、大丈夫よ、と泣いている子供に優しく声をかけてくれました。
    男子高校生は黙ってティッシュを差し出してくれ、サラリーマン風の男性は少し汚れた床を拭いてくれました。大丈夫ですか、僕も小さい子供がいるので、と言いながら。

    何度も何度もお礼を言って電車を降りました。
    いつ思い出しても、あの瞬間、あの場所に、神様が勢ぞろいしたのではないかと、
    そう思いたくなるような光景でした。

    いまも引っ越す先々で、困っている方を見るとつい体が動きます。
    あの時もらったご恩を少しでも返せているといいなと思っています。

    トピ内ID:8007628646

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    皆さま、レスをありがとうございました。心温まるお話の数々、人って良いなって思いました。それから、ピコさまの「小さな親切を深く感謝されているあなたは心が弱くなられているのが文章から伝わってきました」に、思わず嗚咽しました。。

    ネット上なので告白しますと、痛みや不快感の毎日の辛い状況がもう13か月も続き、この世から消えたいと毎日、考えています。でも、例えそうであっても、残った日々はできるだけ周りの人に親切にしたいなと。。

    もう一つ、思い出しました。数年前、これもスーパーでですが、急に足が酷く攣り、しばらくうずくまっていたのですが全く改善せず途方に暮れていました。そこへ40代くらいの女性が通りかかり、「大丈夫?」「ええ、大丈夫です」と答え、彼女はいったん立ち去ったのですが、私が全く動けないのを見て、戻って来られ、「靴下脱いでもらっていい?」と。そして素手で私の足を一所懸命マッサージし始めたのです。。びっくりするやら、申し訳ないやら、嬉しいやら。すると店員や店長もやってきて、売り物の枕のビニール袋を引っ剥がし、私の頭に当てて横たわるように言い、救急車に連絡して救急隊員に様子を伝え、結局救急車が出動する必要はないだろうという判断になり、店員の方が家まで車で送ってくれました。私の心は嬉しさで何十倍にも膨れ上がった、そんな日でした。。

    毎日のようにスーパーに通う私は(家にこもると鬱が酷くなるので、犬の散歩で太陽に当たることと、買い物に出て人に接することは日課にしてます)先日、買い物を終えてジャケットを着ようと奮闘している高齢の男性を見かけました。お手伝いしようと近づいたら、ジャケットを逆さに来ていることが判明し、直して差し上げ「良い一日を」と声をかけてお別れしました。

    人に親切にさせていただく機会は実は、自分の心を温かくしてくれるのですね。

    トピ内ID:3749011432

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    Get well soon -2

    しおりをつける
    ピコ
    みさん
    病状は推し量るすべもございませんが、13か月もの痛み、その苦痛はさぞかし、さぞかし、
    辛い、過酷な毎日でお辛いでしょうね。
    医者も処方薬、そして精神的面もきちんと対応されているみたいで、(文章からそう感じました)わたしからのサジェスチョンなど何もないのですが、毎日スーパーに行くのはグッドアイデアですね。

    私は一人住まいで一日中誰とも話す機会がありません、まして日本語は年に数えるくらいです。私もあなたの真似をして毎日スーパーへ行くことにします。
    いいアイデアです。世の中、悪い人より、良い人の方が何倍も、何倍も多いと思います。

    トピ内ID:9275448837

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    ピコさん、見ず知らずの私の心にしっかり寄り添ってくださってありがとうございます。またしても、目がうるうるです。今日は痛みがいつもよりあるので、涙腺も緩んでいるのかもしれません。(笑)

    「日本語は年に数えるくらい」とおっしゃるピコさんも海外在住で、その上、おひとり住まいなのですね。「世の中、悪い人より、良い人の方が何倍も、何倍も多いと思います」というピコさんこそが、その良い人の一人です!

    海外に住むということは、言葉や文化や気候が違う中で毎日、生活しているわけですから、それだけでかなりなストレスだと思うんです。。でも、こうして小町を通してピコさんやほかの方々と繋がることができて、幸せなことだと思いました。

    皆さん、レスをありがとうございます。

    トピ内ID:3749011432

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    ご恩のお返し

    しおりをつける
    🙂
    柿の種
    先日、88歳の父が介護関係の書類手続きに出かけたのですが、慣れないお役所対応に困惑、窓口をたらい回しにされて疲労困憊していたら、近くにいたご婦人が「おじいちゃん、大変ですよね。次の窓口でまでご一緒しましょう。」とお手伝いしてくださったとのこと。父が恐縮していると、なんでも父と同じ世代のお父様が遠方で住んでいらっしゃるのでつい声をかけてしまったそうです。
    当方、海外在住です。施設に入所している母を毎日見舞う父。今までお茶すら入れたことのないのに母におにぎりを作っていく父。何もできない自分の不甲斐なさに悶々としている時に、電話でその話を父から聞き、涙が溢れ出てしまいました。それ以来、私もご恩のお返しをさせていただくよう心掛けています。

    トピ内ID:3591200421

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0