詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    離婚したくない

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ジュン
    恋愛
    今年、鬱が再発し仕事を8ヶ月休みました。同時に10年支えてくれた妻と別居。離婚したいことを言い渡されました。
    やり直したい気持ちで、仕事を復帰し生活を見直してきましたが、妻の気持ちは硬く復縁は望めません。
    今まで支えてくれた妻の幸せのために、離婚を同意するつもりです。だけど、まだ気持ちの整理ができません。
    試練から逃げたい、死にたいという気持ちが沸いてきてしまいます。
    こんな私は、甘い人間だと思います。

    トピ内ID:5587589808

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 15 面白い
    • 51 びっくり
    • 14 涙ぽろり
    • 274 エール
    • 26 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    鬱は誰でもなる可能性のあるもの

    しおりをつける
    🎂
    う~む
    ただ
    なりやすい仕事や職場が
    あるのは事実なので
    強いストレスのかかるとこは
    やめたほうがいいかもですね

    だいたい給料が高いところほど
    労働時間は長いし休暇少ないし
    仕事は当然大変だしストレスも凄い傾向なので
    低賃金の軽労働なる職場で
    働けば鬱の再発は防げそうですね

    ただ結婚してると
    低賃金の仕事は難しいので
    今回のようになってしまうのだ
    独身なら自分のやりたことをすればいいのである

    トピ内ID:3853338727

    ...本文を表示

    離婚したいなら、仕方ない。

    しおりをつける
    😢
    けい
    奥様もギリギリの所にいます。
    『離婚したい。』
    と伝えるのも相当な勇気を振り絞っての行動です。

    貴方はなぜ離婚したくないの?
    理由を考えてみましょう。

    愛しているから?
    頼れる人が居なくなると困るから?
    働いてほしい、一人ではお金が無くなる不安?
    家事もしてほしいから?

    病気を盾にして、身勝手な理由です。
    もし、愛しているなら、奥様の幸せを考えて、
    離婚してあげて下さい。

    貴方と一緒にいたら、奥様は幸せにはなれません。

    うつで働かない夫。
    夫は仕事も家事もしない。
    妻が働かなくてはいけない。
    妻が家事もしなくてはいけない。
    夫の薬や、今後の経済的不安から、子供も作れない。
    (子供が居るなら、子供にかけるお金も時間も無くなり、子供が可哀想。)

    奥様本当に可哀想です。

    うつや精神疾患、引きこもり…。
    世の中にはたくさん居ますよね。
    そんな息子を持つ親を仕事柄たくさん見てきました。
    親が高齢になり、体が不自由になり、外出もままならなくなっても、
    親は『息子は出来ないから』と、息子の病院へ行き、息子の薬を薬局で貰い、息子の買い物をして、家事をします。
    親が見るに絶えない姿になっても、『息子は何も出来ないから』と、親は息子を心配します。

    その親が亡くなると。

    ほとんどの場合、息子が外に出てきます。
    自分で病院に行き、薬局で薬を貰い、食べ物を買いにも行きます。
    生活保護の手続きをとり、一人で生きていきます。
    真っ白で太ってぷよぷよだった体が、
    普通に日焼けして、引き締まった体になっていきます。
    受け答えも出来て、親いわく『粉薬は飲めない』はずだったのに、粉薬ものめるようになります。
    60近くになっていても、食べるために働き始めたりもします。辞めたり、また再開したり。

    貴方も、一人で生きていけます。
    どっぷりと妻に頼るのはもうやめましょう。
    頼るなら親を頼るべき。

    トピ内ID:8344786150

    ...本文を表示

    治療方法あってましたか?

    しおりをつける
    blank
    絶対に言えない
    自分が鬱になってわかった事があります。

    私も鬱は甘えと思っていました。

    違うんですね。
    本当に「病気」なので、適切な処置をしないと再発します。

    鬱にも自然治癒力はあるのです。
    風邪だって中にはおくすりですぐに治るものもあるけれど、安静にしないとこじれて悪化し別の器官まで影響が出ます。

    トピ主さまが頑張らないといけないところはそこなんです。
    頑張らなくともよい部分と頑張らなければならないいけない部分がズレたまま来てしまっているのではないですか?

    まず、心の糸のもつれをとく(親子関係が大多数と言われている)。
    心理療法等カウンセリングを受けること。

    停滞していまっている脳の働きを再稼働させる準備をすること。
    具体的には、血流をよくしたり、陽に当たったり、食事に気を付けたり。
    特に口に入れるものにより体が軽くなるので、次へのステップに進めます。緩やかにですが。それでいいんです。
    とにかく脳を休憩させるのです。
    仕事は脳を使わない単純作業のみです。

    おくすりは補助でありメインではありません。
    鬱であっても最終的には自分の治癒力です。

    勝手に憶測して申し訳けないのですが。
    私は鬱の人の世話で鬱になりました。
    妻さんも危機感をお持ちになったのでは。
    そして、いつまでも最大の原因、トピ主さまの親子関係に向き合わない姿勢に嫌気がさしたのでは。

    育成環境とストレスの発生のメカニズムは重要なのですよ…

    トピ内ID:9272189843

    ...本文を表示

    もう少し、病気が快復するときまで待ってもらう

    しおりをつける
    🐧
    絹子
    離婚したいという、奥さまの気持ちの中に、好きな人とかいませんか?

    もし、奥様が恋の病にかかっているなら、非人間的というか、やさしさのない要求になってきます。

    今すぐというのでなく、それぞれが、もっと、頭の中が元気で、良く整理できている状況になってからでないと、離婚とかは、ダメージが大きすぎます。

    間にだれか入ってもらってでも、もう少し話を伸ばしましょう。

    トピ内ID:9106773631

    ...本文を表示

    離婚の条件を確認しましたか?

    しおりをつける
    😑
    コールドブラッド
    お二人は、いわゆる「協議離婚」(民法第763条)をしようとしているのでしょうけど、慰謝料とか財産分与とか、離婚の条件はどうなっているのでしょうか?

    仮に彼女が専業主婦なら慰謝料はともかく、財産分与の条件をきっちり詰めないと、彼女は離婚後、路頭に迷うのではありませんか?その場合実家に帰るのですかね?

    まあね、離婚が成立したなら彼女とは赤の他人ですから、そこまであなたが心配してやる義理はありませんね。

    トピ内ID:0986332377

    ...本文を表示

    実家に帰れませんか?

    しおりをつける
    blank
    けるん
    まだ仕事復帰できる状態ではないように思います。

    まずは体が大事なので、実家でゆっくり休養するとか考えたらどうでしょうか?

    ここでトピ様が死んだら、妻はどれだけ罪悪感に苦しめられることでしょう。今まで10年も支えてきたのに、死んで更に苦しめるのは気の毒です。

    実家に帰って休養して、もう少し病気が回復するのを待ったらどうでしょうか?最悪のときに決断しないで、少し回復してから考えてもいいと思います。

    トピ内ID:2952622295

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0