詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    死にたかったあの頃が嘘みたいに

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    七緒
    話題
    3年ほど前まで、毎日死を考えていました。
    夫と義実家のモラハラ、育児の悩み、仕事の悩み、お金の悩み、いろんなことを抱えて、いっぱいいっぱいになっていました。
    私が死んでも誰も悲しまないと本気で思っていましたし、子供たちにすら私以外の人が育てた方が幸せなはずと思っていました。

    色々あって離婚し、子どもたちと暮らし始めて、半年ほど前に長年良い友人だった方から交際を申し込まれ、子供たちも懐いていたので少しずつ一緒にいる時間を作り始めました。

    驚いたことに、以前の結婚生活でなら否定され、ため息をつかれ、罵倒された、私の容姿や要領の悪い性格や不器用なところを、彼は笑顔でフォローし、認め、愛してくれました。
    『困ったことはなんでも相談すること。自分一人で悩まないこと。起こってしまったミスを俺は怒らないけど、相談してくれなかったら、相談しなかったことを怒るよ。』と言われて、悩みはなんでも打ち明けました。
    その度に、一緒に考え、悩み、時には笑い飛ばしてくれて、私の心を軽くしてくれました。

    そして最近、私の身近な人が亡くなり、葬儀に参列しました。
    そのとき、唐突に私は『まだ死にたくない』『死ぬのが怖い』と思いました。
    死んだらきっと彼は心底悲しむ。もちろん、子供たちも。子供たちのことも、彼と一緒にこれからずっと見守っていきたい。そう感じました。

    数年前まで、死んだような気持ちで生きてました。いつ死んでもいいやと、自暴自棄でした。
    こんな気持ちになる日が来るなんて思ってもいませんでした。
    どうか今、昔の私のように悩んでる人がいたら、きっと死ななくてよかった、まだ死ねないと思える日が来るよと言ってあげたくて書き込みました。

    年の瀬に失礼しました。皆さん、良いお年を。

    トピ内ID:9934791481

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 50 びっくり
    • 124 涙ぽろり
    • 1231 エール
    • 22 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    あえて苦言を

    しおりをつける
    雪子
    頑張ってよかったですね。
    幸せになっていただきたいです。

    ただ、お付き合いされている彼のことで頭がいっぱいに見えます。
    お付き合いして半年で、もう子供を巻き込んでいるし再婚をお考えのようで。
    お付き合いして半年なら彼が優しいのは当然です。
    苦労して離婚したのだから、もうちょっと慎重に事を進めてほしいです。

    どんなに優しい方でも慎重にお付き合いして、何より子供の親としてどうなのか時間をかけて見極めてください。
    女を優先しませんように。

    トピ内ID:5605681667

    閉じる× 閉じる×

    これからも気を引き締めて

    しおりをつける
    🙂
    ビスケット
    私も数年前は今死のう、すぐ死のう、というくらいの状態で今は復活を果たしています。
    トピ主さんも復活を果たしたようで、よかった。

    だから「雪子」さんと同じように私もちょっと苦言を。

    トピ主さんにとって一番はお子さんであってほしいです。
    夫(今は彼)という存在は他人です。ましてお子さんにとっては血のつながりすらない。
    身近な方の葬儀の時に「彼が悲しむだろう」と一番に思ったようですが、その一番はお子さんであってほしかったな。
    もちろんそう言われれば「いや、子供のことが一番ですよ!?」と仰るかもしれないが、私も今のあなたは「彼のことで頭いっぱい」に見えます。

    幸せを妨害する意図はないですが、舞い上がると幸せはいつのまにか崩れることがあります。
    幸せだからこそ気を引き締めて。
    彼を疑えと言っているわけではなく、周りへの依存は良くないということです。
    認めてもらえたなら自信が持てましたよね?
    ご自身をしっかり律して、お子さんが大人になるまで頑張って下さい。

    トピ内ID:3655504170

    閉じる× 閉じる×

    お母さんの笑顔

    しおりをつける
    🙂
    デブではない
    素敵な人と巡り会えてよかったですね。
    ご自身が前向きに生きる気持ちになっただけでなく、今苦しんでる人にも目線が向けられているところが素敵だなと思いました。

    偉そうに聞こえたらごめんなさい、でもお母さんの笑顔と心身の健康は、子供にとってとても大切なことだと思います!(それが無ければ不幸なわけではないし、それが全てではないですが)。

    これからもあまり自分を追い詰めずに、子育てとご自身の人生を楽しんでくださいね。

    トピ内ID:2539700403

    閉じる× 閉じる×

    私もちょっと早いかなと思う

    しおりをつける
    🐱
    ねこ
    雪子さんに同意です。

    モラハラの人って付き合っている時はそうじゃないでしょう?少なくとも。
    結婚したら変わるんです。
    掲示板でも、付き合っていてわからなかったんですか?なんてレスよく見ます。

    水をさす様ですが、半年はちょっと早いかな。
    辛かったから特に人に頼りたい気持ちは分かりますが
    自分と子供の生活をしっかりやっていくのが先じゃないですか?
    何かあっても子供を守るのはトピ主さんだけですから。
    それは子供の立場でも同じこと。
    トピ主さんに何かあったら、子供がトピ主さんを守ることになる。
    そこに他人は必要ですか?

    少し冷静に考えた方がいいかなと思いますよ。

    トピ内ID:0518013058

    閉じる× 閉じる×

    あえて苦言を呈されている方に同意します

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    つきあって半年、優しくて良い人に決まってます。
    しかも「死にたい」と連日考えていた人間なわけですから。
    少し優しければいい人に感じますよ。

    長年知っている友人だから裏の裏まで知っていると思うのかもしれませんが、友人である場合と男と女である場合は全く違った顔を見せる人の方が多いです。
    そして一緒に暮らすと更に想像もできないような一面を見せたりします。

    あなたには子供がいる。
    女を優先せずに子供のことを最優先に考えることをお勧めします。
    子供のために幸せになるなと言っているのではありません。

    トピ主さんと同じようなことを言って再婚して、「一度目で懲りていたはずなのにね」と言って二度目の離婚に踏み切ろうとする人を大勢知っています。
    子供が一番傷つきますし、何と言ってもあなた本人のダメージもはかり知れません。

    自分のダメージ回避のために、「子供のせい」に今してでも踏みとどまることが、将来の(子供のためではなく)自分のためになる、ということを理解してほしいです。

    トピ内ID:0657789024

    閉じる× 閉じる×

    他人の不幸は自分を安堵させる。

    しおりをつける
    🙂
    コーラル
    辛いとき、
    町のひとはみんな幸せにみえて、
    悲しくて不安でまた悲しくて。

    そんな時、
    ネットで他人の不幸を見たとき、
    ふと安堵する自分に軽くショック。

    また、
    身近で似たような人見たら、
    思わず嬉しくて安心して。
    つい寄り添ってしまう自分にまた軽くショック。

    トピ主さんのトピを読んで、
    本当に嬉しく思いました。

    不幸と幸せ。
    その本心を具体的に書いてくれる人は、
    正直でいい人だなあと思うのです。

    幸せばかりを言う人は嫌いなんですよ。
    具体的な不幸せをちゃんと言ってくれる人の、
    そのあとの幸せは喜ばしい。

    本当に喜ばしい。

    死を意識した人間には。

    トピ内ID:5506875003

    閉じる× 閉じる×

    心配だなぁ

    しおりをつける
    🙂
    maimai
    子どもがいるのに「死」を考えていたのですか?あまりに無責任です。まあ、今はそうではないというので・・。
    離婚したご主人とも付き合っているときは楽しかったのではないですか?今はその時と同じですよ。むしろその時と違うのはお子さんがいることです。慎重に行動してください。
    お子さんがいるのに死を考えるって、トピ主さんは自分>子どもとなりやすい精神の持ち主という気がします。
    今付き合っている方が結婚後変わってしまったらまた同じような精神状態になりませんか?

    トピ内ID:0184950309

    閉じる× 閉じる×

    他力本願

    しおりをつける
    😀
    >子供たちにすら私以外の人が育てた方が幸せなはず
    >子供たちのことも、彼と一緒

    最初から最後まで
    他力本願のような気がします。

    自分の子供なのに
    とても無責任だなと感じました。

    彼と別れたら
    まだ自暴自棄の状態になるのでしょうか。

    彼の子供が生まれても
    今の子供達を幸せにできますか。

    お母さんなんだから何があっても
    自分の力で子供達を守るという意識を身に着けましょう。

    良いお年を。

    トピ内ID:3616354399

    閉じる× 閉じる×

    息子も死んでもイイと思っていた時期があったらしい

    しおりをつける
    🐱
    匿名
    不登校している時にどうなってもイイと思っていたようです。
    あの時はおかしくなっていたと話してくれました。

    今は学校を卒業し正社員です。
    新車のローンも終っています。

    明日の大みそかは友達と一緒に新年を迎えるらしい。
    遅くなると言うから大人だから心配してないというと大人になったと言われた事にビックリしたみたいでした。
    今を楽しんでくれたらと思っています。

    トピさんも良いお年をお迎えください。

    トピ内ID:4085900383

    閉じる× 閉じる×

    色んな自分がいて良い

    しおりをつける
    🙂
    まる
    人って色々な面がありますよね。
    だから、恋愛に心を奪われてウキウキしたり、逆に落ち込んだり。
    そういったことも人生の1ページで良いと思います。

    でも、それと子育ては別です。
    パートナーがいようがいまいが、うまくいってようがいまいが、子供を背負うのは自分です。
    子供を見つめる目は、どんな時もブレないで欲しい。

    パートナーと安定しているから子供を穏やかに見つめられる、では不安定だと思います。
    それは依存です。

    もともとモラハラ男性を選ぶ女性は自尊心が低く、依存傾向にある人が多い。

    そして多くのモラハラ男性は最初は非常に優しいです。

    トピ主さんの幸せを祈りますが、どうか心理的な自立、強さを身につけて子育てしてください。

    お子さんはあなたの顔色を見て育っています。
    心理的に安定した環境を与えてあげてください。

    トピ内ID:3911698773

    閉じる× 閉じる×

    ありがとう

    しおりをつける
    😢
    ありがとう
    苦言レスが多いですが、私はこのトピに励まされました。

    私も頑張ろうと思いました。

    トピ主さん、ありがとうございます。

    トピ内ID:8019037719

    閉じる× 閉じる×

    良かったですね

    しおりをつける
    陽光
    トピ主さんはこれからきっとどんどん幸せになると私は思います。
    ひとの幸せを素直に喜べない人達祝福できない人達はいます。
    どうか気になさいませんように。

    私も妬まれました。
    お金のことで苦労して苦労して苦労の果てに光が見えてついに復活。再び幸せを取り戻しました。
    それをネットでレスとして書いて以来固定HNを使っていたため私の発言にいちいちケチをつけられる現象が起こりました。いつもごく普通の発言だったのですが。
    不幸真っ最中な人に対しては優しくなれるのに不幸を乗り越えると何かしらケチをつけたくなる類の人達がいることをその時の経験で知りました。

    優しい彼とお子さん達と穏やかで幸せな新年を迎えていることでしょう。
    そしてトピ主さんの投稿で希望をもらった人達が沢山いると思います。
    不幸、苦労を乗り越えた者は強い。
    私も強くなりました。強い者には幸せが寄ってきます。
    もちろんトピ主さんにもです。

    トピ内ID:2439056430

    閉じる× 閉じる×

    追加

    しおりをつける
    🙂
    ティシュ
    >彼の子供が生まれても
    >今の子供達を幸せにできますか。

    と書かれている方に、追加させて頂きます。

    彼との子供ができた後に彼と別れても子供(連れ後、彼の子、両方)を愛せますか。

    私も他の方々と同じく、一事が万事トピ主さんは男によって幸せが左右されるんだなと感じます。
    異性を愛するのは別に悪いことではないんですが、お子さんもまだ小さいようだし、母親があまりに「女」だと不安定な成長の仕方をしそうで怖い。

    彼が悲しむから、とかではなくて、今トピ主さんが死んだらお子さん施設行きかもしれませんよ。
    まずはそこでしょう。心配するのは。

    今の彼氏さんとの子供はできれば…作らないほうがいいんじゃないでしょうか。
    元からそのつもりだったらダメ押しになってしまって申し訳ないです。

    やっぱり女性は、子供がいるといないとでは気持ちの持ち方はしっかり考えないと…不幸な子が増えますから。

    トピ内ID:9129471288

    閉じる× 閉じる×

    妬みと取る人がいるなんて

    しおりをつける
    🐱
    ねこ
    苦言を妬みと取る人がいるなんて驚きです。

    トピ主さん一人なら良かったね、だけですよ。
    大人ですもの。

    辛口レスはお子さんを心配してのことでは無いのですか?

    私の友人は二度離婚しています。
    子供は三回姓が変わっています。
    その子のことが頭をよぎりました。

    顔の見えない知らない人に妬んでも意味がないですよ。

    トピ内ID:0518013058

    閉じる× 閉じる×

    トピ主に苦言やきついレスを付けるのもわかるけどね

    しおりをつける
    🙂
    コーラル
    でも「陽光」さんに同意です。
    固定ハンネは勇気が要るし、
    でもコテハンは望んでそうしていますよね。
    このハンネではこう言いたい、のキャラ設定です。

    私も、
    「なりすまし」もされましたが、
    ネットの世界ではしょうがないんです。

    人の心はそんなにいいものじゃないんです。
    だから「カッコつけんなよ」もアリだし、
    「幸せぶるなよ」もアリだし、

    「陽光」さんも気がついたはずです。
    人の不幸はひとを安堵させるということは。

    ネガティブな自分を認めた時に、人の本心も知る、

    「私はあなたであり、あなたは私である」と。
    愛とはこういうものだと思う。
    だからこういうトピは応援したくなるんです、正直な吐露だもの。

    死ぬことを意識して、
    生き直しのきっかけ掴んだトピ主さんは本当に強いと思います、
    神さまがいるなら喜ぶよ。

    「死にたくない」と思うことはまず大事なことで。

    またくじける夜があったとしても、
    今度は違う悩み方をすると思うけどな。

    今年はトピ主さんに益々倖せありますように、
    皆さんにもいいことありますように。

    トピ内ID:3771014000

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      いいと思います

      しおりをつける
      🐷
      snazzy
      新年に希望を与えてくれるようなトピですね。

      つらいことがあったか「いいこと」を大切に感謝できるようになったのだと思います。

      私の場合は、どうしようもなくなった時ふと立ち寄った書店で見つけた一冊の本でした。
      何もかもあきらめていた自分に「がつーん」と一発喝を入れてくれました。
      何故か不思議ですがその本だけ目についてしまったのです。
      なんかつきものが落ちたようにすっきりしました。
      それからは、行動範囲がどんどん広がりくらやみから抜け出した気分でしたね。

      その後、その本の作者の方にお会いでき今でも電話のやり取りがあります。
      人生って不思議で捨てたもんじゃない。

      トピ内ID:0383215402

      閉じる× 閉じる×

      DVで離婚、優しい男性と再婚した者です。

      しおりをつける
      🙂
      ロンド
      トピ主さんの気持ちが明るくなったのは良かったと思います。

      でも、相手男性が心の全てになってしまうと、いつの日かトピ主さんの思い通りではない出来事に遭遇した時にまた絶望感を感じてしまうのではないか?と、気になります。

      私は、前夫のDVが原因で離婚、その後、7年の婚活を経て再婚しました。

      婚活中は、新しい男性と出会う度に優しい言葉をかけられて、今度こそ幸せの絶頂に辿り着いた!と思ったら、予想外の展開(まさかのオチや裏切り)があり、別れを経験…そんなことを何度も何度も繰り返し、7年かかってやっと今の主人と結婚しました。

      主人は、一度も私に怒ったことがありません。困った時は助けてくれるし、休日は家事をしてくれるし、ギャンブルも浮気もなく、経済力があり堅実で優しいです。

      ただ、そんな男性とでも結婚生活というものは容易いものではなく、時折、夫婦間の意見の相違などから離婚が脳裏をよぎり、絶望感に苛まれる日々もありました。

      一度目の結婚も含め、このようにジェットコースターのような感情のアップダウンが何年も続き、やっと落ち着いてきたのは、お互いの程よい距離感が掴めるようになった再婚10年目のつい最近です。

      今、幸せに暮らせている私の経験から言えるのは、彼が全てになってしまわないようにセーブすることが大切だということです。

      これは、妬みでもなんでもなく、老婆心のようなものです。苦言…と書いている方も私と同じことを危惧しているのだろうと思います。

      特に死にたくなるほど辛い経験をした後は、自分が思うよりずっと心がすり減り、疲れて、デリケートな状態になっています。

      幸せと絶望感を行ったり来たり、その振り幅が大きかった人ほど、小さなことにもセンシティブになりがちなので、相手に寄りかかり過ぎず、自分を大切にして、バランスをうまく取りながら彼とお付き合いしてください。

      お幸せにね。

      トピ内ID:6803113620

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0