詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    PhD終了後のレクチャーの仕事

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    モモカ
    仕事
    結婚2年目、主人と英国に住んでいます。主人は英国でMasterまで終了しており、その後英国内大学にリサーチ兼プログラムアシスタントとして就職したのですが、PhDがないという理由で昇給や仕事の増え方で、他の人と差がついてきたそうです。
    そして今の仕事を辞めてPhDを終わらせレクチャーとして将来働きたいと言い出しました。私は今でも生活はできますし、今後PhDの3年間とその後の就職について不安があります。

    主人の勉強してきた分野は、国際政治・国際安全・アジアの政治などです。
    レクチャーになるかリサーチをする以外に、普通の就職先に有利な分野ではありません。この分野でPhDを終わらせても本当に仕事があるのか不安です。

    現在、レクチャーとしての仕事は厳しいのでしょうか。英国だけでなく他の国でもいいです。最近は少子化ですし、大学やレクチャーの価値はどうなっていくのでしょうか。何かアドバイス等ありましたら宜しくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    英国大学Lecturerに関して

    しおりをつける
    blank
    sky
    まず最初に、英国大学の教員のことなら「レクチャー」ではなく「レクチャラー」です。講義のlectureに講義をする人という意味で-erという接尾辞をつけてlecturerとなるわけです。

    このレベルの大学教員は、日本の大学システムに当てはめると、講師といったところでしょうか。米国大学だとAssistant Professorにあたると私は解釈しています。運良く専任としてLecturerを5年から8年くらい勤めて業績を上げると、ようやくReaderというポジションにつけます。そしてさらに業績をあげないとProfessorにはなれません。

    Lecturerになる最低条件としてPhDは必要でしょう。しかし、現在万国共通でいえるのは大学教員の職を得るのは至難の業ということです。それでも皆さん何とか食べて生きています。たった3年で済むのなら、PhDを取得することは悪くないと思いますよ。

    英国で仕事がなければ、日本の大学で英語を教えるという手もあります。英語とはいっても最近は国際関係や文学等、英語母語話者という以外に専門を持ってその分野でPhDを持っていることが求められたりしますので、日本で英語の大学教員になるのにもPhDは必須でしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    むずかしいかも・・・

    しおりをつける
    blank
    コアラ
    「英国内大学にリサーチ兼プログラムアシスタントとして就職したのですが、PhDがないという理由で昇給や仕事の増え方で、他の人と差がついてきたそうです。」
    それでもポジションがあるだけ感謝した方が良いのではないでしょうか?

    主人はオーストラリア人ですが、オーストラリアの大学では経費削減のためどんどんレクチャーの数を減らしてます。家の主人もオーストラリアの某有名大学でPhDを終えましたが未だカジュアルレクチャーです。仕事のポジションもすべてタイミングだと思います。

    イギリスではどうか分りませんが、やはり主人と同じ大学を出てオーストラリア国内では有名な大学でPhDを終えてもイギリスケンブリッジ大学で得たPhD取得者とは扱いが違います。どれくらい論文を書いたかにもよると思いますがね。

    レクチャーのポジションも取るのは大変なようですよ。いかに生徒に教えるかよりもいかに論文を書くかの方が大学に取っては大切なようです。家の主人は悩んでますよ、大学さって僕になにが出来るかって・・・。家の主人数学者です。もっともっと箸にも棒にもふれません。(涙)でもいつか陽が当たる日を信じて私頑張って働いてますよ~!!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あるかな

    しおりをつける
    blank
    su
    アメリカです。一応博士課程です。周りの人は結構いろいろな所でレクチャーしてますよ。でも安定はしてないみたい。もちろん、ちゃんと定職につく人も多いですよ。

    ご主人のやりたいようにさせてあげたらどうですか。せっかく結婚したんだから、相手が真面目に考えて将来のために決断したことなので。博士課程にいる間にいろいろな可能性やチャンスもきますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    part-timeでPhDを取っては?

    しおりをつける
    blank
    りんべる
    私も英国の大学院でPhDを取得し、大学教員の口を求めている研究者の卵です。旦那様は英国に住む英国人あるいは市民権のある方ですよね?既に働いておられることからそうであると推察しますが、その場合でしたら、part-timeの学生として博士課程を始めたら働きながら学位取得が可能です。しかも学費は安いです(留学生に比べたら4分の1程度!)ただし、5年はかかると思ってください。既に研究関係の仕事についているのでしたら、周囲の理解もあることでしょう。研究職を目指すならPhDはお免状だと思ってください。残念ながら、学位あくまでも免状であって、就職を保証するものではありません。お互いにがんばりましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    Right Place at Right Time

    しおりをつける
    blank
    桜ご飯
    どんな仕事でもそうですけど、特にPh.Dを持っていて、大学で教えるとなるとかなり専門性が分かれます。ご主人の興味がある分野にぴったりの募集がある可能性は無い事はないけれど、ない事が多いと思います。ご主人に、この面である程度柔軟性があるほうが見つかりやすいでしょう。

    私達はアメリカ在住です。主人はアメリカの大学でPh.Dをとってからここ何年か大学で教えています。最初の何年かは安定しませんでした。アメリカではchronicle of higher educationという出版物で募集が出てますよ。アメリカでは今、第二次ベービーブーム世代が大学生になる時期なので時期的には良いんじゃないですか。イギリスだとどうだか知りませんが。後は、ご主人の出身大学の格(その分野での)と、Journalへの執筆などの成果次第で有利になるかもしれません。何はともあれ、ご主人にあっているお仕事をしていただくのが一番です。うまく行くと良いですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    アドバイスありがとうございました

    しおりをつける
    blank
    モモカ
    レスをいただいた皆様、大変貴重なアドバイスをいただきありがとうございました。レクチャラーですね。知りませんでした。ありがとうございます。

    自分のトピックを読み返して主人の国籍を記載していなかったことに気づきました。すみません。
    主人は英国に住む英国人です。

    彼は家庭の事情で高卒で7年働いた後にその資金で大学・Masterを終えました。その為結婚が遅く現在既に34歳なのです。
    年齢的にも心配があるのですが、大学講師というような仕事を得るには、この年齢はハンデとなるのでしょうか。PhD後は38歳くらいになります。

    日本でも大学講師の道があると知り、とても参考になりました。私もできるならばパートタイムでやってもらいたかったのですが、今の自分の仕事もリサーチがあって、両方いっぺんにはとても時間がなくてできないと言われてしまいました。

    応援してあげたいのは山々ですが、ちゃんと職に就けるのかとても不安です。
    でもみなさん頑張ってらっしゃるのを知ってとても嬉しく思いました。ありがとうございました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0