詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供の体力低下

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    銃病原菌鉄
    話題
    子供の体力低下

    息子(小3)と話をしていたのですが、季節柄学校はマラソン大会だなと言ったら、そんなのはないという返事。なので学校の事を色々聞きだしました。

    自分の小学校時代(昭和)と比較したら、今は学校も家庭もユルユルであることが分かります。

    1体育の服装
    私(仙台):半袖短パンしかも裸足(多分私の学校だけ)
    息子(横浜):半袖ハーパンだが、冬は各自で防寒着を着てもいいそうです

    2体育授業以外の運動
    私:始業前に裸足でマラソン、中間休みは乾布摩擦
    息子:なし

    3プール
    私:週4回+臨海学校、先生はちゃんと教えてくれる。できない子は放課後補習
    息子:週2回で1学期のみ 適当に水遊び

    以下2点は学校ではなく親の責任なのですが...
    4放課後
    私:暗くなるまで外で遊ぶ
    息子:外で遊ぶが、半分は携帯ゲーム

    5普段着
    私:冬も太もも丸出し短い半ズボン
    息子:夏だけ膝丈ズボン(常々軟弱と思ってはいました)

    …これでは子供の体力が低下するのは当然です。確かに私の小学校は特別厳しかったですが。

    小学校はまだ勉強もゆるいのですから、身体づくりを厳しめにしてほしいのですが、他の親がうるさいんでしょうか。
    皆さんはどう思いますか?お子さんの学校はどうですか。また、皆さんの子供時代の学校はどうでしたか?

    トピ内ID:8892613472

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 33 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 9 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それは

    しおりをつける
    🙂
    まつこ
    主さんの仕事ですよ。

    お気持ちはわからないでもないです。
    でも、全体へ一律の指導を期待することはできません。
    選択肢はあります。スポ少とか習い事とか。

    小学校は公立ですか?
    いろんな子供がいるのです。身体能力の劣る子には
    拷問のように感じるかもしれないのです。
    それに人手不足でいろいろやらせても、安全管理が追いつきません。
    薄着を強制するのも、ちょっと違う感じがします。
    何を着るか考えることも含め、自分で健康管理できることの方が大事です。

    私はやはり、幼児期が大事だと思うので、各家庭の仕事だと思います。
    小さい頃から、歩かせる、走らせる、ボール遊びにつきあう。
    泳ぎを教え、自然の中に連れ出し、朝、マラソンに誘う。
    男の子ですから、本能的にお父さんについて行きますよ。
    そういうことの楽しさを教えてやれば、自然と自分で体を動かします。

    私は女ですが、夫が多忙だったので、活発な男の子たちに合わせて
    外遊びも泳ぎも球技も、基本を教えてきましたよ。
    それこそ歩き始めてからずっとです。
    夏はほぼ毎日プールや海に、冬はスケートやスキー。
    幼稚園も運動面に力を入れているところを選び
    丁寧に教えてもらいました。

    そういう子達ですから、女の子も含め
    ゲームが流行ってもそればかりにはなりませんでした。
    高校文化部の娘ですが、今も友達と
    ボルダリングやトランポリンのできる施設に遊びに行っています。
    男子たちは中高ずっと部活男子で、父親より10cm以上も背が高くなりました。

    体力が気になるなら、ぜひ早起きして一緒に走ってあげて下さい。
    ランイベントや子供向けの山登りに一緒に参加して下さい。
    お子さんにとって、いい思い出になります。

    トピ内ID:9761181617

    閉じる× 閉じる×

    芸術系の行事が増えた

    しおりをつける
    blank
    みつるぎ
    確かに、私(40代です)の子供の時よりも
    体育系の行事はなくなってきています。
    代わりに、芸術関係の行事が増えた印象です。
    (絵画展やら合唱祭やら…)

    うちの子の所もマラソン大会は無いみたい。
    水泳の授業も少ないですが、その代わり(になるんだろうね)
    に夏休みに2週間あり、検定やってます。

    まあね、色々と「時代の流れ」ですよ。
    先生の働く形態も変わってきているし、
    親の考え方も、子どもに必要とされることも
    変わってきています。

    体を動かすことに不満があるなら、
    習い事をすればいいんだし…
    うちは水泳を週2で習っていました。

    学校で足りないところは、お家で補う。
    それが今どきの考え方かも知れませんね。

    トピ主さんのお子さんも、
    体力低下が心配だったら、
    ぜひ、スポーツ関係の習い事をさせてください。

    今どきは、子どもの能力も格差が広がっています。
    家や習い事できちんとやっている子は
    それなりに高く、何もしない子は低いまま。

    上の方に行きたかったら、
    自力で頑張るしかないのかもしれません。

    トピ内ID:7182850828

    閉じる× 閉じる×

    いいと思うけど。

    しおりをつける
    🙂
    まみぃ
    べつに、じぶんの時代の常識を踏襲しなくていいし。
    だからってゆるゆるとも思わないし。

    娘のところは小学校でも勉強ゆるゆるじゃないし
    マラソンや各種運動に熱心です。
    ただ、半袖短パンが美徳などと言い出しませんし
    学校の定めるアイテム内で充分、思うように防寒していいですしそもそも教室各所は床暖房と空調完備です。
    緩いとは思いません。

    トピ内ID:3975436909

    閉じる× 閉じる×

    「体力」って?

    しおりをつける
    🙂
    もっさん
    トピ主さんの言う「体力」って何ですか?身体能力?病気への抵抗力?
    定義も曖昧なら、それを上げる方法も根拠の無いただの精神論ですよね。

    トピ主さんの個人的満足度のために、科学的に無意味と判断された虐待に等しい悪習や、
    防犯・事故防止のために変えられたものをわざわざ元に戻す必要性は感じられません。

    今のご時勢、そこまで高い身体能力は必要ありません。
    必要と感じたなら個人で鍛えればいい。
    病気への抵抗力は日々の生活を見直してください。
    過酷な環境に身を置いたからって鍛えられるものではありません。
    我慢ができるようになったって、人間の体の強度は変わらないんですよ。

    子供の体力以上に、トピ主さんの視野の狭さの方が問題と感じます。

    トピ内ID:3438649116

    閉じる× 閉じる×

    昭和生まれですが

    しおりをつける
    🙂
    るる
    学校行事に関しては主さんのお子さんに近い感じでした。
    裸足になったり乾布摩擦なし。林間は行きましたが臨海はなし。
    私の経験では、体力は家庭環境で変わると思います。
    私は毎日魚を食べ、自転車で往復10kmでもガンガンこいで行くような子供でした。
    小学生の時車にはね飛ばされコンクリートの地面に頭から落ちましたが切り傷のみ。
    同級生のインドアの子は体育館で帽子を踏んで転んだだけで足が折れました。
    ちなみに私30代で骨密度を計ったら10代並みでした。
    学校ではやはり安全に考慮してしまうので、個人でやられるのが良いと思いますよ。

    トピ内ID:6548983170

    閉じる× 閉じる×

    普段の生活

    しおりをつける
    🎶
    はまこ
    横浜で40年近く前に小学生でした。「体育の服装」と「授業以外の運動」は私の頃もお子さんと同じでした。中学に入ったら真冬でも半袖ブルマーが強制で、いかにもっともらしい理由をつけてジャージを着るかって工夫してましたね。プールの授業は夏休み中も含めもっとありましたが、体育の授業コマ数が違うんじゃないかな。まだ週休二日じゃなかったし、今みたいにいろんな授業科目もなかったし。

    体力低下の原因というなら、私たちは今の子とは比較にならないくらい外遊びしていましたから、基礎体力が全然違うと思います。横浜も北部のうちの辺りは当時はほんとに田舎で、公園や学校の校庭でのドロケーとか野球、ドッジボール、ロクムシ、ゴム跳びなどだけでなく、雑木林などで基地ごっことか小さな丘ひとつ使って鬼ごっことかしてました。今は公園はボール禁止だし、不審者情報も多く、怖くてそんな遊びはさせられないですよね。

    それと、子供の学校のPTA役員を数年していたのですが、私たちのような「ザ・昭和の子供」世代と、家庭用ゲーム機が普及した後くらいの世代の親とでは子供の遊びやケガについてずいぶん認識が違うように感じました。ちょっとのケガでも学校にクレーム的な申し出があると学校も無理はさせなくなりますよね。

    私も子供の体力には不安を感じたので、区の体育館で開催されていた子供向け体操教室に通わせていました。自然の中で遊ぶのとは違いますが、やらないよりマシかなと思いまして。そうやって親が関わるしかないのかなと思います。

    トピ内ID:5754047989

    閉じる× 閉じる×

    いろいろなレスありがとうございます。

    しおりをつける
    😀
    銃病原菌鉄

    自分の考えが結構古いようです。私も完全に自分の学校みたいにしてほしいわけではないです。冷水浴まで推奨してましたから…

    スポーツクラブに入ることを勧められていますが、私が心配しているのは「基礎的な体力」でして、もっさんの言われる通り、運動能力だけはなく、病気のなりにくさ、姿勢の良さや、寒さに耐える力全般です。これはスポーツクラブよりかは学校で実践した方が理想的と考えます。今日の学校は、みつるぎさんの言われる通り、先生の数が減って管理しきれないのでしょう。

    実は私は入学時は心身の弱い子で、裸足マラソンやプールが、まつこさんの言われる通り拷問でした。しかし先生から励まされ泣きながらも続け、2年生になるころには、大分たくましくなったのでどうしても否定できないんです。

    トピ内ID:8892613472

    閉じる× 閉じる×

    それはご家庭で

    しおりをつける
    🐷
    ひろこ
    トピ主様は昭和時代に小学生であったと推察します。

    平成ももう終わりですが、やはり時代が違います。あとは地域性でしょうか。

    まず、学校で言えば、授業数が少なくなったことに加え、科目数が増えています。また、一科目の中でも学ぶべき事が増えています。必然的に体育の授業数は減り、水泳に費やせるコマ数も減っています。

    だたし、我が子も横浜市立の小学校ですが、雨などで、決められたコマ数が消化できない場合は9月にも行うことがありました。また、マラソン大会もあります。低学年・中学年・高学年で走る距離は変わりますが、1.5キロくらいは走るようです。なので、その前何週間かは休み時間に走ることが奨励されています(マラソンカードのようなもの)

    子どもによっては、というか仲良しグループによっては暗くなるまで公園で遊んでいたりします。なので、夏は帰宅が遅くなります。携帯ゲームやカード類は何年か前に紛失事件があったので、我が子には外への持ち出しは禁止にしています。

    確かにあの頃の半ズボンは短いですね。サッカーやバレーもあの時代のは短い。これは、単に時代の流行のようなものでしょうか?あまりに短いと下着も見えてしまいますし。でも、今でも冬でも半袖半ズボンの児童はいますよ。女子でも半袖とかね。本人が「暑いから」って言っているみたいですね。なので、これは個人差ってことでしょうか。

    「基礎的な体力」は本当に個人差がありますよ。なので、学校にそれを押しつけるのはちょっと先生が可哀想かな。
    免疫をつける、とか、寒さに耐える、とか言っても、家で徹底除菌だのエアコンで快適温度だのやっていたら。あと、どこでも車で移動だとかね。小さい頃から色んな菌にさらされている子の方がアレルギーがないっていうでしょ。
    ちなみに、学校の教室ってエアコンとか入れなくても案外子ども達の熱気で暖かいんですよ。

    トピ内ID:2090551309

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0