詳細検索

    • ホーム
    • 仕事
    • 会社を辞めるか専業作家になるか悩んでいます
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    会社を辞めるか専業作家になるか悩んでいます

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    みんと
    仕事
    40代女性会社員(年収400万)、会社員の夫(年収450万)と高校生、中学生の子がいます。

    数年前からライトノベル作家と兼業しています。
    状況的に会社員か作家かの選択を迫られています。
    先日親に病気が見つかり、今後は介護も視野に入れていかねばならず、
    執筆ペースを落として作家業を続けるというのも、会社員をしながらでは状況的に難しいです。

    現在でも正社員にプラスしての執筆で休日はもちろんほぼ執筆に費やし、
    平日も睡眠時間を削っており、今後の体力面でも二足のわらじは不安です。
    家事も疎かになっていて、家族にも協力してもらっていますが、そろそろ限界です。

    子どもたちの進学費用を考えると、会社員としての安定した収入は大変魅力的ですが、
    幼い頃からの夢が叶った作家業も捨てがたいです。
    本年度の作家業での見込み収入は200万ほど。
    専業になればもっと執筆時間が取れるので、年収はもう少し上がる(250~300万ほど)と思います。
    しかし業界は回転が速く、今後もずっと仕事が続けられる保証はありません。
    (数年は大丈夫だと思いますが)
    一旦会社を離れれば、際立った資格もない私には、数年後には年齢的にまた正社員になるのは難しいでしょう。
    夫の年収も高くはなく、子の進学費用と自分たちの老後を考えると、夢を追うべきか諦めるべきか悩んでいます。

    いちばん不安に思うのは金銭的な部分です。
    20年働いた会社を辞めるか、せっかく叶った夢を捨てるか、悩みに悩んでいます。

    厚生年金の加入期間は20年ほどです。
    今後国保に切り替えると年金額は厳しいものになるでしょうか。

    またフリーランスで仕事をされている主婦の方、お話を聞かせていただきたいです。
    ノベル業界の先輩もいらっしゃったら、ご意見をいただけるとありがたいです。

    トピ内ID:1224688790

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 6 面白い
    • 31 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 49 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    みんと
    ちゃんとトピ主表示されているかわかりませんが……。

    字数の関係で書けませんでしたが、夫は「君の好きにすれば」というスタンスです。
    家計や金銭的なことはすべて私に丸投げなので、私が大丈夫と思うなら反対はしないそうです。
    ちなみに夫は勤務地が遠く、朝は7時すぎ、夜は23時頃帰宅で家事はほぼできません。
    残業手当は給与に含み、昇給も望めません。

    一度夫が転職をするときに半年ほど休職した間は家事をやってもらいましたが、
    「仕事を持っていない」という状態自体にストレスを感じるらしく、
    夫の専業主夫は選択肢にありません。

    他の人のことなら冷静な目で判断ができるのかもしれませんが、
    悩み過ぎてしまったためか、自分ではなかなか冷静に状況を判断できません……。

    トピ内ID:1224688790

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    そんな先のトラタヌ話より

    しおりをつける
    😣
    黒猫
    目先貯蓄はいくらありますか?
    持ち家ですか?ローンは?その他資産状況は?

    貴方の年収が200万円になってどういう財務状況になるかFPさんにでも頼んで試算して頂いては?
    またその200万円が入らなくなった時に何年もちますか?

    「何もかも擲って、家族に迷惑かけてでも作家になりたい」ならいざ知らず「体の良い時短業務」くらいのパッションで続くなら良いですね。

    トピ内ID:8144138111

    ...本文を表示

    うーん・・・

    しおりをつける
    🙂
    みかん2
    二足のわらじ状態で200万円を作家として稼いでいるなら、トピ主さんは力のある方なのでしょう。

    辞めたほうがいいかどうか・・・うーん、わかりません。
    私はフリーですが、時事っぽいんですよね。だからある程度、経験とか年輪、それに伴って広がるネットワークが強みになるジャンルです。専門性が深くなれば、新たな仕事の展開も考えられます。

    でもトピ主さん、フィクションなんですよね? 私にはわからない世界です。

    一般論として言えるのは、働いているからこそ着想が得られるとか、そういうことはないですか。家にこもって大丈夫ですか。

    収入に関していれば、ジャンルはともかく、フリーで長年問題なく食べていくのは至難の技です。だから、たいがいはみなさん二足のわらじを履いていますよね。あるいは女性が多い。夫が会社員などで、経済的に支えてくれるからです(フリーじゃ家を借りるのも一苦労。ローンも組めない)。男性は独身か、若い時に結婚した人が多い。もっとも妻が支えているケースもありますけどね。

    あとは、今までの夫婦の力関係が崩れますよ。どうしても夫に従属的にならざるを得ません。

    今のトピ主さんの年収は400+200で600万という意味ですか(夫より上?)。両方で400万?

    どっちにせよ、フリーの仕事に理解のある人は本当に少ないです。「家で自由に好きにしている」と思われるんですよね。。。

    収入が不安なら、週に2,3回コンビニ等でバイトするのでもいいと思います。精神衛生にも良いし。

    お子さんの教育費で悩むのはわかりますが、なんだかお書きになっていることの発想そのものが会社員で、全然フリーっぽくない。違う世界に来ることになる覚悟はいるとは思いますよ。でも夫がいるなら、路頭に迷うことはないから、別にいいんじゃないという考えもあると思います。

    フリーは心もフリーじゃないと続かないかも。

    トピ内ID:3404403262

    ...本文を表示

    ふつうに考えたら会社はやめないと思うのですが

    しおりをつける
    blank
    ひろひろ
    しかしタイトルを見ると
    「会社を辞めるか」
    「専業作家になるか」
    これ同じ意味ですよね。こっちの選択肢しか考えていないのでしょうか。
    (というかこの矛盾の意味を知りたくてクリックした)

    そもそも、今作家活動を休止したとしても、「ラノベ作家」が「今ちょっと活動休止中のラノベ作家」になるだけで、世間的な肩書はほぼ変わりません。
    書くだけならネットでもできますし、ネットにあげたものがおもしろければ書籍化もあるでしょう。
    在野の絵師さんとのタッグで以外な作品世界が開ける可能性すらあります。

    というか、会社員をやめて時間ができたからといって、執筆量が増えるという保証はありません。
    作業可能時間と実質作業時間がイコールでないところがクリエイター稼業のおそろしさです。

    とりあえず安定した収入が維持できる会社員の肩書、これは手放したら本当に消えてしまいます。手放してはなりません。


    今定期的に書くことで維持している出版社とのつながりが切れてしまうのが不安なのかもしれませんが、
    バーコードの付いた本が定期的に刊行されなくなっても、あなたの「ラノベ作家」の肩書がなくなるわけではありません。

    自信持って!!

    トピ内ID:5341320344

    ...本文を表示

    難しいけど…専業作家かな

    しおりをつける
    blank
    けい
    正論を言います。

    この状況で、会社を辞めるという選択はありえません。
    親としての責任は?
    下のお子さんはまだ中学生だし、収入が二百万も減ったらやっていけないでしょう。
    家族の協力があってこの状況なのに、これ以上負担をかけるのですか?
    そんなに夢を追いたければ、頑張って仕事を両立させなさいよ。

    そのうえで、私は専業作家になることをお勧めします。

    人は、夢や霞を食べては生きていけません。
    でも、ある程度豊かな国に生まれたなら、パンと水だけでは生きられないと思います。
    もしも作家を辞めることになったら、トピ主さんは残りの人生をずっと悔やみ続けるでしょう。

    ただ、「将来、いかなる苦難に陥っても子供には頼らない」という覚悟はしてください。
    夢を捨てられず、追いかけ続けた挙句、「年金では暮らせないから助けてね」なんて親兄弟はいらないです。
    誰だって夢を追いかけたいんです。
    今からのお金は、お子さんたちではなく、ご自身の老後の貯蓄に回してください。

    トピ内ID:8948509129

    ...本文を表示

    私の場合ですが…

    しおりをつける
    🙂
    経験者
    60代後半・既婚・子無・女、ジャンルは違いますが、同業です。
    トピを拝見し、20数年前の自分の状況に少し似ているかなと思い、レスさせていただきました。

    私は、30代に入るころから少しずつ原稿が売れるようになり、フルタイム勤務をしながら、原稿締め切りに追われる2重生活を15年ぐらいやっていました。
    家事は「時短」の工夫でなんとかこなしましたが、当時の平均睡眠時間は4時間程度でした。
    それでも「過労死」しなかったのは、会社の人間関係などのストレスは、一人集中して原稿を書くことで発散され、原稿に行き詰ったときは、料理や掃除が気分転換になり、なんとかうまくバランスが取れていたからだったように思います。

    そのバランスが崩れたのは、介護問題に直面したのがきっかけでした。悩んだ末、20年ちょっと勤めた会社を辞め、フリーランスに転向しました。

    当然ながら私の収入は半減しましたが、夫に普通の収入があり、子どもがいないので教育費の心配もなく、暮らしに困ることはありませんでした。

    ただ、公的年金は厚生年金プラス国民年金の組み合わせになり、定年まで同じ会社に勤務した友人に比べると、かなり少なかったです。
    夫の年金と合わせれば二人何とか暮らしていけますが、一人になったら、取り崩せる預貯金がないとかなり厳しい額だと思います。

    幸い私は会社を辞める時、ふと思いついて、僅かな退職金と貯金をはたき一括払いで、生涯受け取れる個人年金保険に加入していました。それがつくづくよかったと、今は思います。


    主さんには全然参考にならないレスかもしれなくてすみません。

    ただ、会社を辞める、辞めないの選択はともかく、いずれの場合にも直面するであろう様々なことを何とかしのぎながら、これからもぜひ書き続けて下さいと、ささやかなエールを送りたかったのです。

    トピ内ID:7544786698

    ...本文を表示

    追記

    しおりをつける
    🙂
    経験者
    肝心なことを書き忘れましたので追記します。

    退職し、介護にかける時間は確保できましたが、原稿のはかどり具合は、不思議なことに睡眠時間4時間で焦りながら書いていたころと、質量ともにあまり変わりませんでした。人は、書きたいことがあればどんな状況でも書く、作家生活と時間のある無しはあまり関係ないと(自分の場合ですが)思い知りました。

    けれども、フリーランスになったおかげで様々な出会いに恵まれ、よい経験もたくさんでき、親の終末にもしっかり向き合うことができたと思います。

    これでよかったのかどうかは、何とも言えません。けれど、退職後の20年を、安定した収入や高額の退職金(定年まで勤め上げた元同僚が受け取った)と取り替えたいとは全く思わないので、自分にとっては良かったんじゃないかと思います。

    ありきたりの結論ですが、何を選んでも間違いではなく、自分が選択した方向でベストを尽くすしかないと思います。

    トピ内ID:7544786698

    ...本文を表示

    現状維持かな

    しおりをつける
    🙂
    へれな
    追加レスも読みました。
    ご主人は、転職時に支えてくれたトピ主さんだから、好きにして良いと言ってくれたのでしょう。
    ご主人も、お子さん達も、トピ主さんの夢を理解して応援してくれているのだと思います。

    しかし、これで仕事を辞めると、多分、お子さん達はもう家事の協力とかしないと思います。
    今までは、家事がおろそかでも「ママは仕事も有るし、時間ないから仕方ないよね」と思ってくれているのに、辞めたら「仕事を辞めて時間が有るママがやるよね」という気持ちになりがちです。

    親御さんの病気の介護(看病?)は、「子供二人の教育費の目途が付くまで、仕事は辞められない」と伝えて、介護認定を受け、介護サービスなりを利用するのが現実的です。

    つまり、トピ主さんは家庭と夢を守れば良いのです。親の事は心配でしょうが、親世代は「娘は嫁に出した」と思ってますから、トピ主さんが思うほど、深刻には考えてないように思いますが、どうでしょうか。

    年金については、私達が受け取る頃には機能していると思えないので、個人年金や、貯金を頑張る方が良いです。
    子供に迷惑かけられませんから。

    トピ内ID:9854012137

    ...本文を表示

    現状維持

    しおりをつける
    blank
    里芋
    50代女性、大手出版社でシナリオライターをしております。

    20代前半で大手出版社のティーンズ文庫の賞を獲り、会社員と二足の草鞋で頑張りました。
    今と違って文庫ではなく、月刊誌の連載でしたので、締め切りに追われて死にそうでしたね。。。
    しかも、当時のライトノベルは認知度が低く原稿料も安いため、専業作家は一握りしかいませんでしたので、会社を辞めるということは考えませんでした。

    30代でヒット作が出たのきっかけに、漫画原作やゲームシナリオなど小説以外の仕事依頼がくるようになり、収入も安定してきたので会社員を辞め専業へ転向しました。
    ちょうどアニメ、ゲームが世間に認知された趣味になり、需要が爆発的に増えた時期でしたので、仕事は途切れることはありませんでした。
    ただ、ここ数年は供給過多でシリーズ1作を書き上げて消えていく作家が多いのが現実です。
    私は30半ばでフリーのシナリオライターへ転向し、現在は出版社に所属して某人気ゲームの原作に携わっています。

    トピ主の年収見込みの額面からいえば、どこにでもラノベ作家です。
    失礼なようですが、メディアミックス化もなく代表作もない状態で専業作家転向は考えが甘すぎます。
    家事が大変なら家事代行サービスを使ったり、出来合いの惣菜を購入したりと、いくらでも方法はあります。
    あと、旦那様はに協力してもらうことはできないのでしょうか?
    年収も高くはないので、その分家事で貢献してもらい、トピ主がラノベで稼ぐのが現実的だと思います。

    トピ内ID:0924294455

    ...本文を表示

    私だったら作家のほうを休業する

    しおりをつける
    blank
    nana
    なぜなら「作家」はあとから戻れるからです。

    兼業で年収200万くらい、あと数年は仕事がもらえそうだということはそこそこ実績があるんだと思います。

    メディアミックスとか言ってる人いるけど、そんなレベルでなくても大丈夫ですよ。
    私が知ってるだけで数年のブランクで普通に戻ってる作家さん3人いるし、PN変えて再デビューした人もいます。
    みんな「そこそこ」で、メディアミックスもしてないしシリーズ累計○○万とかじゃないです。

    私は年収500万クラスの専業で、下の子が幼稚園のときにデビューしてそのまま成り行きで専業になりました。
    エンタメ文芸は量産しないと話にならないので、時間ないと厳しいですよね。
    同時期デビューで仲良くしてた作家さん、兼業家庭もちの人はみんな病気で会社辞めました。
    身体壊すから、落ち着くまで会社員でいいんじゃないかな。
    無理のないようにプロット書き溜めてシリーズ練って、まずは生活の安定を優先すべきときだと思う(年齢的にも無理しないほうがいいよ、ほんと)

    トピ内ID:6421893225

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    みんと
    お忙しい中、レスをくださった皆様に感謝いたします。
    ご経験をお書きくださった方、本当にありがとうございます。

    いくつかレス補足を。
    年収は会社員が400万、執筆で200万です。200万は平均してそれくらいで、年によって100万ちょっと~300万を超える感じです。

    持ち家でローン残額は1500万ほど。貯蓄は子の進学費用を含め1300万ほどです。
    60歳から10年間、年額70万を受け取れる個人年金を20歳の頃からかけています。

    現状では頑張っても1年に2~3作しか書けないので、せっかく打診をいただいてもお断りしている状況です。
    仕事を辞めたらお断りしている分も引き受けられるかと思いましたが、代わりに介護が入るので、ひろひろ様、経験者様のおっしゃる通り、執筆量は変わらないかもしれません。

    ひろひろ様のおっしゃる通り、エンタメ文芸は間を開けてしまうと(特に知名度も人気作もない作家は)出版社との繋がりが切れてしまうかもと思うのが怖いです。
    会社員を続けるならば、現在いただいている数作の予定もすべて白紙に戻すことになりますし……。
    nana様のお言葉、心強いです。数年ブランクがあっても戻れることもあるのですね。再デビューというのも、話には聞いたことがあります。新人賞に別のPNで投稿し直すのでしょうか。
    本当に今、体を壊しそうで、〆切のたびに眠気防止ドリンクで数晩徹夜をして倒れそうです。
    現在来月の〆切に向けて時間が厳しくなってまいりましたので、この〆切が過ぎてから、あらためて皆様のレスを読み返して考えたいと思います。

    本当にありがとうございました。

    トピ内ID:1224688790

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    会社はあなたを絶対捨てない?

    しおりをつける
    🐶
    ミケ
    アラフィフ主婦です。
    大学生の娘がいます。
    私の主人は10年以上前にリストラされました。
    今は自営業です。

    会社はあなたを絶対捨てませんか?

    会社員の代わりはいても、作家はあなた自身がブランドなんじゃないですか?
    私には安定や収入より名前の重さや責任にプレッシャーを感じているようにお見受けしました。
    会社を信じて作家を休業して2年もしないうちに会社からリストラされたら、作家に戻れますか?

    私ならその歳で、会社を信じない。
    本当に会社しかない人なら、作家になれない。

    必要とされているうちに作家に専念なさったほうがいいかなと。

    お金の計算は、もう一度よくよく計算してみて下さい。
    私大は奨学金もあります。

    トピ内ID:5255953406

    ...本文を表示

    50代で突然死

    しおりをつける
    blank
    nana
    >本当に今、体を壊しそうで、〆切のたびに眠気防止ドリンクで数晩徹夜をして倒れそうです。

    いやもう、これ本当に止めた方がいいです。

    私の兼業の家庭もちの友人、ことごとく一生治らない持病を持つことになってます。
    同人作家(ほとんどが兼業)さんが50代で突然死することもすごい多い。
    少なくとも更年期がきたときにぜったいに後悔することになると思うよ。

    あなたが独身で、太く短く生きるんだ、っていうのならそれでいいと思うけど、お子さんがいるんでしょ?

    どうしても今作家の仕事をやめたくないっていうのなら会社辞めたほうがまだまし。
    兼業作家してた人たち、どっちにしても病気で会社辞めるはめになってるから。

    とにかく現状維持だけはもう無理だと諦めたほうがいいです。
    その上で私は作家をお休みすることを重ねておすすめします。
    二年くらいのブランクだったら問題ないはず。担当編集さんに相談してますか?

    今の仕事が終わったら、まず編集さんに腹割って相談してみることです。

    トピ内ID:6421893225

    ...本文を表示

    近接業界の者です

    しおりをつける
    🛳
    エル
    ラノベではないのですが、さる事情で文芸業界と深いかかわりを持つ者です。

    ラノベは絶対会社を辞めてはいけません。特に40代は。何故なら、もうそろそろ「若者受けしないかな」と出版社側が勝手に考えて、ちょっとでも部数が落ちたら捨てられてしまうからです。

    ラノベの人たちが頻繁にペンネームを変えて再デビューを試みるのは、その「部数が落ちてお払い箱になった」過去を消去するためです。もっとも、バレるっちゃバレますし、ペンネーム変えた側も過去の栄光は捨てられないので、過去を消し去ることはできませんけどね。

    仕事はやめてはダメです。絶対に。怖いのは、出版の間隔があくことより、勤め先がない状態で出版社からも捨てられることです。

    トピ内ID:7227444218

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0