詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    凡才だったんだなと気づいたことありますか?

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐷
    ヘルス
    皆様は自分が何かの才能に恵まれていると思っていたら、実は案外凡才だった・・・と気づいて絶望したというご経験はありませんでしょうか?

    恥ずかしながら、30年余り生きてきて、何かにつけて「才能がある」「センスがある」と言われて生きてきました。仕事もデザイナーと、クリエイティブな仕事なため、自分には天職だと思っていました。

    それが、母親となり育児をしながら仕事をこなすようになってから、毎日を無事に終わらせることばかり考えてしまい、自分のアイディアも作ったデザインも平凡。シンプルで新しいものが出てこないのです。面白いと思っていたものも、形にしてみるとどこかつまらない。いつしかアイディアを形にするたびにがっかりしてしまい、途中で終わってしまう。ということが続いています。

    勉強に本を読んだり、個展を見たり、常にアンテナは張っているように心がけているのですが、他の才能ある人たちのアイディアを目にするのが辛くて、悔しくて・・・。
    自分がただただ凡才だということを思い知らされています。

    悩んでいても仕方のないことだと思っています。もっと努力すべきということも重々承知しています。
    子育てしながら、クリエイティブなお仕事している方たちは、どれほどの才能と努力をされているのだろうと自分の非力さに情けなく、恥ずかしくなってしまうのです。

    30代後半にして、進むべき道を見失っている私にどのようなアドバイスでも結構です。
    経験談でも、凡才だと気づいてからどうなされたかというお話を聞かせていただけないでしょうか?

    トピ内ID:3723373061

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 15 面白い
    • 17 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 74 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  14
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    引き出しが尽きたのよ

    しおりをつける
    🙂
    クラン
    よく、ミュージシャンとかでも充電期間とかありますよね?
    クリエイティブの人はみな多かれ少なかれ経験すると思いますよ。

    なにかを作るのって、身を削る作業です。
    自分の中にあったなにものかを引っ張り出してきて形にする作業の繰り返し。
    20代から30代前半くらいまでは、センスや勢いや情熱、親から与えられた環境の延長線上にあるそれまでの生活や文化の蓄積でやっていけます。
    でもアウトプットばっかりしてたら中身が尽きてなくなるんです。
    美術展見たり本読んだりなんていう付け焼刃では補てんされない、人間の”中身”がね。

    こればっかりは時間かけてまた貯めるしかないですよ。
    少し仕事から離れるか、別のことするか、とにかくインターバルが必要なのは明らかでしょう。
    思い切って休むといいですよ。

    これを乗り越えて、また仕事に戻れるのかどうかもまた才能の有無の一つです。
    アイデアが枯渇したと思いながらも、もがきながら続けていくのか、さっさと逃げて器用さを活かせる別の道に行くのか。
    どちらが正解という事もありません。
    ただ、もがきながら続けていく力がある人が、結局才能のある人なのだと個人的には思います。

    人は皆、自分自身を語ることで1冊は自分の物語を書くことができると言います。
    問題は2冊目です。
    2冊目以降の物語が本人の中にあるかないかが、作家と素人を分けます。

    私はクリエイティブで今45歳ですが、人生2度目の充電期間に入ろうと仕事をまとめてるところです。
    1度目は子供産んだ前後。
    カムバックするかは五分五分と思ってます。

    トピ内ID:6133499735

    ...本文を表示

    ある。絵です

    しおりをつける
    blank
    サプリ
    小さな頃から絵を書くことが大好きで、
    小中高と大人になるまで、ずっと絵が上手で通ってきました。
    自分でも結構上手いと思っていた。

    でも、ある日気づいたわけです。
    別に上手くないじゃん自分。って。

    結局、気づく前から関係のない職業に就いたこともあり
    ただの趣味だと思うことにしました。

    トピ主さんはお仕事されているんでしょ?
    センスというものは、
    確かに持って生まれているものも大きいでしょうけど、

    色々なものを見たり聞いたり体験したりして、
    磨かれることもあるかと思います。

    30代後半なら、現状それなりの立場で
    お仕事されているんでしょうから、
    日々勉強しながら、仕事をこなしていくのが
    いいんじゃないかな。

    センスは無くても、経験やテクニックは
    付いているでしょう。
    私(40半ば)ももう、それだけで
    仕事しているようなものです。
    家庭もありますし、安定一番に思ってます。
    若い頃とは立場も違う。

    その年令で、確固とした目的もないのに
    うじうじ悩んでいても仕方がないよ。
    余計に悪い方向に行っちゃうような気がします。

    トピ内ID:4512384820

    ...本文を表示

    なんせ続けること

    しおりをつける
    🙂
    がんばって
    私はもともと凡才なので参考にはならないかもしれませんが、私の周囲でデザインやアートに関わる仕事をされている方々は、とにかく続けています。
    そして情熱があります。人の作品を見て「これはありえない」と一蹴するのも見ましたが、そう言い切れるというのも才能かもしれないと思います。
    仲間と展覧会や発表会を休まず行っている方もいます。天才とは言えなくても、その人の作品として味わいや良さを感じます。

    私もデザイン力の必要な仕事をしていますが、発想といい、仕上りといい、周囲の人には全くかないません。かと言ってダメだと諦めるでなく、もうかれこれ20年以上仕事を続けています。
    実は私のところに来るお客様が「それほど凝ったデザインを求めてない」というのがあります。高いデザインを求める人はお金を出してもっと専門のところに発注します。

    私は自分はその人が求める色や形を忠実に追う、職人だと思っています。「あなたのデザインは素敵だ」と言われたことはないですが、「よく考えられてる。いいアドバイスをくれたおかげだ、有難う」「心地いい。なんの不満もない」などと褒められることが多いです。

    天職ではないですが、生活の糧を得るための仕事としてはいいのではないかと思います。
    一方で、私も母親として子育てと仕事を両立して来ましたが、それぞれ目の前のことをこなすので精いっぱいで、仕事についてはもっと勉強するべきだったという思いもあります。

    トピ主さんは私よりまだ若く、その仕事がお好きなら、とにかく続け、必死に勉強して行くことをお勧めします。

    あと、クリエイティブな仕事は何でも「一生に一度、自分が納得出来、人にも褒められる素晴らしい作品が作れれば、それだけでよい」と感じています。
    私は数年前にこれかなと思う仕事が出来たので満足です。子供もいうなれば作品ですしね。

    トピ内ID:4127272493

    ...本文を表示

    まあまあ

    しおりをつける
    🐱
    ナン
    人生 色々波がありますよ

    デザイナーとしてプロとして収入を得ているのですから 大したものではないですか?
    今は子育てを頑張ってください

    人と比べてしまうご性格なんですね
    そういう方はお辛いでしょうね これからいっぱい大変ですよ

    人と比較して悩んでしまう癖について、なにか対処法を考えた方がいいですよ

    トピ内ID:8219705095

    ...本文を表示

    気持ちわかります。

    しおりをつける
    🐤
    ひよこ
    私は独身で40歳です。幼稚園の頃から
    ファッションデザイナーが夢で、高校生
    の頃には自作するようになり、自然と
    服飾専門学校に通い、専攻科まで進み、
    某コンテストでも大賞を取り、大手アパレル
    でデザイナーとして入社しました。30歳
    まで幾つかの大手アパレルメーカーで働き
    その後、独立しました。友人に手伝って
    もらいながらも、1人でほぼ全て行って
    いました。表参道、代官山、名古屋の店舗で
    委託販売するようになり、自分でも
    ネットショップで販売して、なんとか
    生活できる位の利益でした。夢は叶ったのです。でも35歳過ぎたあたりで1人では
    時間が足りず、寝る間も惜しんで追われる
    日々でした。当然、時間がないと心に余裕が
    ないので、デザインも焼き直ししたような
    ものばかりになりつつありました。それでも
    スタイリストやモデル、タレントから少し
    知られるようになり、Tvでも利用されるようにはなりました。人を雇えばいいのでしょうが
    そんな勇気も当時はありませんでした。
    40歳以降こんな生活は無理だと思い、
    別の道へ転職しました。毎月決まった給料が
    あることは本当にありがたかったです。

    独立後は、あまりにも追い詰めらた日々で
    楽しかったのは一瞬で、それに伴いデザイン
    することが辛く、嫌になりました。20代まで
    は自分がファッション業界を変えたいと思って
    やっていましたが、35歳位の頃には限界を
    感じて私にはそんな才能がないことに気がつき
    ました。
    ただ、よかったことは一切デザインに触れない
    時期が4~5年続いたので、今目先を変えて
    趣味程度でアクセサリーや刺繍、人形製作等
    始めています。久しぶりに学生の時のように
    無目的に楽しみながらデザインし、コンテスト
    に出してみようと思っています。

    トピ内ID:1762403416

    ...本文を表示

    続き

    しおりをつける
    🐤
    ひよこ
    仕事から離れて生活を楽しむことも必要な時期なんではないですかね?全ては必然っていいますし、別の経験をすることで、また別の視点もできますし、離れてみて大切なものがわかることもありますよ。次のステージというでしょうかその為の準備期間と思って、人生を楽しむのもいいことですよ。飛ぶ前にはしゃがむから大きく飛べるといいますし。育児や家事で困っている人の役に立つデザインも生まれるのでは?

    シャネルも後から若手が出てくる度に、嫉妬し、スキャパレリという当時人気のデザイナーがいたのですが、本当かどうかはわかりませんが、パーティーでテーブルにあったキャンドルでスキャパレリのドレスに火をつけたとか。あまりにもスキャパレリが台頭し、シャネルは追い詰められ、大戦をいいことに、14年ファッション業界から去ったそうです。あの天才でも嫉妬し、枯渇しファッション業界から離れた時期があるんですもん。凡人なら尚更、嫉妬しますよ。

    今は凡人かもしれませんが、人生どうなるかわかりませんよ。辛くても諦めず続けることができる人が天才かもしれません。私は自分なりに楽しみながらもの作りを続けていこうと思います。まぁ、デザイナーとしての天才は諦めてますが、楽しく生きることには、老人になって天才的になろうと思います。

    トピ内ID:1762403416

    ...本文を表示

    才能の枯渇でなく、感性の変化

    しおりをつける
    🐴
    虹ママ
    私は子供を産んでから感性も人生に対する考え方も子供を守るために保守的になりました。昔の友人知人は外見も中身も別人だと驚きます。邪推かもしれませんが、母になったことで変化した感性と、プロのデザイナーさんとしてのご自分のカラーであったり、要求であったりをうまく噛みあわせる作業がうまくいっていないだけではないでしょうか。ご自分の今の感性と純粋に向き合って見られたら、共鳴する客層が存在するんじゃないかなという気がします。

    トピ内ID:5690626982

    ...本文を表示

    あなただけではありません

    しおりをつける
    🐱
    ELENA
    もしかすると、いわゆる「スランプ状態」なのかもしれないとお見受けしました。
    子育ては、大変なお仕事です。
    クリエイティブな(「才能」が必要な)お仕事なら、なおのこと、子育てと仕事の両立をしていくことは、さぞかし大変なことでしょう。
    特に、現状、母親のみに過大な負担を強いられる、我が国の社会状況においては。

    今まで、ずっとクリエイティブなお仕事で成果を出されて(対価をもらえるほど評価されていて)いて、「実は才能がなかった」とは、考えにくいです。
    ひとまず、落ち着いて、気を楽に持たれてはいかがでしょうか。

    いわゆる「天才」と言われる人々ですら、「実は自分は『凡才』なんじゃないか」と悩むことがあった、と自伝などで述べている人も少なくありません。

    個人差として、特定の分野に対する「得手・不得手」は確かに存在します。
    中でも生まれつき「天才」と認められるほどの人はごく希で、「才能を認められて成功した」人のほとんどが「生まれ持った得意分野+それを伸ばすことが可能な環境+本人の努力(それと、運)」によるものであることは、あなたにならお判り頂けていると思います。

    おそらく、あなたの現状としては、いま現在「これ以上の努力を積み上げていく事」が難しいと感じていらっしゃるのではないでしょうか?
    子育ては大変な仕事ですが、数年経てば負担は軽くなり、やがて終わる時が来ます。
    現在は難しいかもしれませんが、長いスパンで考えれば、今すぐ結論を出してしまうのは、惜しいと思うのです。

    もしも環境さえ整えば、努力を重ねていける希望は、おありでしょうか?
    ただ、本当に「自分は凡才で、もう伸び代はない」とお思いであり、それが将来にわたって変わらないとお感じなら、ここが「潮時」かもしれません。

    どちらにせよ、ご自分に悔いの残らない選択をお祈りします。

    トピ内ID:7632613514

    ...本文を表示

    才能があるほうでは?

    しおりをつける
    🙂
    おばさん
    30過ぎるまで自分が凡人だと思わなかったのなら
    才能があるほうだと思います

    ほとんどの人はもっと若いうちに(ほぼ10代のうちに)
    自分が凡人であることに気が付きます

    30過ぎまで自分が凡人であると感じなかった
    それだけでもあなたは凡人じゃないです

    トピ内ID:6320131668

    ...本文を表示

    子供がいるからこそのものを吹き込める

    しおりをつける
    😉
    そう
    穏やかな生活に慣れ親しみ過ぎたのかもしれない…だけですよ。

    生活がお仕事モードになったら、育児経験もあるし、世の中に身近なものが作れるのかもしれませんね。

    ある意味子供も主さんの作品みたいな部分もあるので、やっぱりそちらも頑張りましょう。


    私は子供のものとかハンドメイドして、自画自賛したりしてますよ。
    ハロウィンの衣装とか、夏休みの工作や絵の手伝い。

    トピ内ID:2680377985

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  14
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0