詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    やむなく保護した猫が病気だらけ

    お気に入り追加
    レス51
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💔
    冷たいおんな
    ひと
    去年の8月頃、家の庭先に、ガリガリに痩せ細った猫が来ました。
    ボロボロの布の切れ端のような首輪?が、あまりにも痩せすぎたせいか、たすき掛けになるくらいの痩せっぷりで、5歳の子供にせがまれるまま、家にあった竹輪やカマボコなどを与えました。以来、リビングの吐き出し窓にずっと張り付いてガラスをカリカリ引っ掻いたり、玄関の扉の前に座り込み、家人の出入りの隙をついて中に入ったり、どうにかして家の中に上がりこもうと必死の様子。
    近所の人の話では、近くの家が引越しをした時に置いていかれた猫だそうです。
    「猫が居つくと困る」という近所の人の苦情と、同情した夫と子供にせがまれたことが原因で、結局、家で保護することになりました。
    ただ、私は子供が大きくなるまではペットを飼うつもりはなく、保護するにあたり、以下の条件を付けました。

    ・飼い主を探す。
    ・メスなので避妊手術をさせる。
    ・虫下し、ノミ取り、ダニ駆除、ワクチン接種、シャンプーがすまないと家には入れない。
    ・もしも飼い主が見つからず、やむなく家で飼い続けることになった場合、単発の手術で助かるような怪我や病気以外の医療行為(延命や慢性的な病気の治療)に家計からお金を出すことはできない。
    ・ペットにかかる費用のうち、金額の大きなものに関しては夫のお小遣いから捻出する。(消耗品、餌などは家計から出す)

    実は、私の実家で飼っていた元・捨て猫が体が弱く、結局は短命で亡くなったものの、闘病生活2年で200万ほどの金額がかかりました。
    実家はともかくとして、今の私たちの生活では家計に余裕はありません。
    子供にかかる教育費などを考えれば、私も働きに出ないと、と考えていた矢先です。
    結果「それでいい」という約束の上で猫を保護することになりました。

    (長いので続きます)

    トピ内ID:5666115703

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 89 びっくり
    • 24 涙ぽろり
    • 178 エール
    • 23 なるほど

    レス

    レス数51

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  51
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    病気だから置いて行った可能性も

    しおりをつける
    blank
    三毛猫
    哀れな猫ちゃんですね。

    此方も去年の3月9日に、息子が片足が不自由な野良子猫を保護しました。名古屋に単身赴任なので、日帰りで東京に連れて帰り、離乳食とミルクで育てました。折を見て、手術と思いましたが…走るは、高い所も平気なので、無理に手術せず様子見にすることに。今10ヶ月ですが、先住猫と遊んだりして元気に過ごしています。

    野良の場合によっては、医療費が安くなる場合があります。自治体に聞いてみて下さい。あるいは、獣医師(そういう考え方の獣医師がいらっしゃいます)でも安くして下さる場合もありますよ。

    トピ内ID:8197072541

    閉じる× 閉じる×

    教育費ね

    しおりをつける
    🙂
    ささ
    教育費ね、幼い頃のペット生育は立派な教育になり得ることでもあるけどね。
    父親との共同作業でもあり、まあ主さん子供の時は自分が望んだ訳じゃないので少し違うと思いますが。

    今時重要かもよ。

    トピ内ID:3278574136

    閉じる× 閉じる×

    却って猫ちゃんが可哀想。

    しおりをつける
    blank
    ホラー大好き
    タイトルのようになるのは目に見えてます。
    ご主人だって、お小遣いが減ればお付き合いにも差し障るので、いずれかは「家計から出して」というに違いありません。
    生き物を飼うのは並大抵なことではないときちんと言い含めましょう。
    娘さんもそのうち可愛い服が欲しいだの、友達が持っているからっていろんな物を欲しがるようになりますよ。その時「それは猫ちゃんのお金なの」とびしっと言えばいいとは思いますが。
    感情に流されて結局お金が無いから手厚い医療を受けさせてやれないために助かるものも助けられないとなれば却って猫がかわいそうです。
    きちんと猫に向き合えるご家庭に飼っていただくのが一番です。

    トピ内ID:4741878491

    閉じる× 閉じる×

    綺麗ごとじゃ済まないですね

    しおりをつける
    blank
    チーフパーサー

     ご主人とお子様に、面倒をすべて任せてはいかがですか
     ルールを決めて、特に家に連れ込んでいい範囲

     情操教育とか、綺麗ごとじゃ済まない部分もありますよね
     ご主人に、もっと家計について説明されてはいかがですか
     お子様は5歳、生き物を飼う大変さ過酷さを知ることも大事だと思います

     せめて、ご主人と貴女の間では、安楽死の決断について決めた方がいいと思います
     仮に安楽死を選択した時、お子様をどちらかが連れ出している間に保健所に持ち込むとか、お子様には出て行ったとか、気の利いた方便も合わせて考えておいてはいかがですか

    トピ内ID:8720214379

    閉じる× 閉じる×

    働くことで解決するなら

    しおりをつける
    🙂
    あっごりら
    >子供にかかる教育費などを考えれば、私も働きに出ないと、と考えていた矢先です。

    私の家は小さい頃からずっと猫を飼っていましたが、両親はずっとフルで共働きでした。
    子供が飼いたい猫くらい飼ってあげられるように夫婦で働いたらいいと思いますよ。
    専業主婦でカツカツの節約生活しているよりいいと思います。
    私も働いてるけど、働くのってそんなに悪くないですよ。

    トピ内ID:7258275519

    閉じる× 閉じる×

    避妊手術が終わったら飼い主を募集してはどうですか?

    しおりをつける
    blank
    リコリス
    避妊手術に耐えられる程度に回復しそうなら、避妊手術が終わったら飼い主募集をかけてはどうですか?
    痩せているけど現時点で大病を患っているわけではないんでしょう?

    元気になった状態でもらわれていくのならお子さんも納得しやすいと思います。
    ご主人は仕事があるでしょうし、5歳の子供に猫にとって適切な世話や扱いを求めるのはそもそも無理ですから飼うとなれば全面的にトピ主さんが面倒を見ることになると思います。
    ですからトピ主さん自身が「飼うのに反対」なら飼い主探しを真剣に考えたほうがいいです。
    飼うかどうかは飼い主が見つからなかった時で十分です。

    それに飼い猫の治療に200万円かけられる家ばかりじゃありません。
    慢性的な病気になってもお金をかけてあげられないなんて世の中にはざらにある話だと思います。
    トピ主さんは命に対して責任感が強い人なんだなと思いました。

    どうしても飼い主が見つからず、行く当てがないのなら置いてあげるだけでも十分幸せだと思います。
    我が家にも老犬がいますから、ペットの医療費問題がキレイごとで済まないということは痛いほどわかりますよ。
    たとえ病気になったとしても最期まで温かい食事と寝床があるだけでもその猫ちゃんは幸せだと思います。

    トピ内ID:4841847604

    閉じる× 閉じる×

    続きです(1)

    しおりをつける
    💔
    冷たいおんな
    避妊出術の際、子宮蓄膿症が確認され、同時に手術。
    予想外の出来事でしたが、まだこれは許容範囲内でした。
    その3ヵ月後、今度は尿道結石と腎不全が発覚。
    獣医師に連れて行ったら、瞬く間に入院の手続きが取られ、一週間であれこれ10万ほど飛んでいきました。
    「手術をすると50万ほどかかるが、結石が取れるだけで腎臓は治らない。以後、生きている限りは点滴が必要。」と言われ、断ることができないまま、毎日点滴に通いました。
    2ヶ月たった今はほとんど元通りくらいに元気を取り戻し、内服薬と週一の点滴で済んでいますが、問題はこれからです。
    生きている限り治療は必要と言われていますが、私には猫にかけるお金も時間もありません。
    そんな余裕があれば、すべて子供に注ぎたいのです。

    夫は「生きているんだから出来るだけのことはやってあげたい。治療費が必要なら私物を売って用意する」と頑張っています。

    けれども・・・
    私は「約束が違う!」と思うのです。
    夫には貯金がなく婚約指輪ですら手作り(夫は坊ちゃん育ちなので少し普通とは間隔がずれています)だったのに、猫のためならお金を捻出することはできるんだ・・・と考えると、頭の芯がすっと冷えていくような気すらします。

    もらった指輪は、庭で金槌で叩き壊してしまいました。
    「猫が心配だから」という理由で、遠方に出かけることもできません。
    子供のために2泊3日の旅行も却下されました。帰省も1泊だけ。
    お金の面も、主人の小遣いだけでは賄えず結局は家計から捻出しています。
    フラストレーションが溜まります。
    正直、夫に対する愛情もなくなってきました。
    夜の生活も拒否しています。
    酔っ払って帰ってきても介抱はしなくなりましたし、夜中に布団を蹴飛ばしていても掛け直すこともしません。
    体を心配しての「早く寝な」「食べ過ぎたら体に悪いよ」「お酒はほどほどに」
    全部、もう口にはしません。

    トピ内ID:5666115703

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    続きです(2)

    しおりをつける
    💔
    冷たいおんな
    どちらかと言えば猫は好きなほうですし、愛情は持てなくても可愛いとは思います。
    猫も何故か私に一番懐いています。

    先週、抵抗する夫を説き伏せ、点滴の間隔を一週間伸ばしてみました。
    医者には「脱水症状を緩和するために点滴が必要。尿が少ない場合は注意するように」と言われています。
    でも食欲は十分にあり、お水もよく飲み、尿も多く、元気が余ってイタズラばかりしています。
    それでも万が一に備え、一週間間隔の点滴は死守したい、という夫。
    ある程度は回復したのだから、あとは自然のままに任せた方がいい、という考えの私。
    喧嘩がたえません。

    どうすればいいのでしょうか。

    私としては、最初の約束を破られたことだけは何があっても絶対に忘れられません。

    トピ内ID:5666115703

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    愛着がわく前に

    しおりをつける
    🐴
    老爺心
    続きの前ですが、本文からだけでも深刻さが伝わってきます。

    ご実家の捨て猫ちゃんは、2年の闘病生活で済んで幸いでした。もし10年以上頑張られたら、ご両親の老後生活にも多大な影響を与えたことでした。

    今手元にいる痩せ猫ちゃん、トピ主さんの想定をこえた悪い健康状態のようですね。
    このまま手元に置いて育てていたら、いくらご主人やお子さんと費用分担の取り決めをしておいても、結局はトピ主さん一家の家計を蝕んで行きます。

    痩せ猫ちゃんが多病息災で長生きしたら、マイホームは夢のまた夢。お子さんの進学先すら猫ちゃん次第。情操教育などとのんびりしたことは言っていられません。
    猫ちゃんの自宅看病や病院通いに時間を取られ、トピ主さんが働いて収入を増やすこともままならない。

    ひととおりの手当や治療を終えたら、できるだけ早く保護団体に託しましょう。
    時間を置くと愛着がわき、「病弱だからこそ自分たちで面倒をみなければ」といった、妙な自己犠牲の心が芽生え、猫ちゃんのために家庭をボロボロにするのが当たり前になるのが怖いです。

    この時、親戚や知人・友人に飼い主になってもらうのは、絶対に避けてください。
    不幸のたらい回しにほかならず、人間関係をも傷つけます。

    トピ内ID:6291927695

    閉じる× 閉じる×

    それは猫のせいじゃないと思うなー

    しおりをつける
    🙂
    うちのネコはみいたん
    >私は「約束が違う!」と思うのです。
    >猫のためならお金を捻出することはできるんだ

    これ、猫を口実にしているだけで色々と溜まっているものがあるだけではありませんか?
    いいじゃないですか。
    ”あ゛だ  じ に は な に も し て く れ な い の にぃ~”
    って泣いちゃえばいいじゃないですか。

    聞いた話なんですけど、あるおうちで、猫ちゃんがいきなり飼い主さんに飛びかかって、飼い主さんが病院に(大事をとって)行くことになったんですって。
    ところが検査してびっくり!ある病気の初期症状が見つかったんですって。
    初期だからよかったけれどこれがある程度進行していたら……っていう話があったんです。

    猫ちゃんって、そういう「何か悪いもの」を出してくれる力があるみたいなんです。
    トピ主さんはそれが猫ちゃんの医療費だと思っているかもしれませんけど、本当は違うんでは?
    本気の本気でご主人と喧嘩したほうがいい時期なのでは?

    先に出したお話も、最初は「とんでもない猫だ!×××行きだ!」ってことになっていたみたいですが(確かにほんとのところはわかんないですけども)、意外と問題はそこにはないものですよ。

    トピ内ID:3360407633

    閉じる× 閉じる×

    半年で家庭崩壊ですか

    しおりをつける
    🐴
    老爺心
    続き(2)まで読みました。

    事態は想像していた以上に深刻化していたのですね。
    こうなると、トピ主さん一家が破産に追い込まれるか、猫ちゃんの寿命が尽きるかの競争みたいだが、治療さえ続けていれば、猫ちゃんはしぶとそう。

    もし獣医師さんが流行っていて、そこそこ信頼できそうなら、トピ主さん1人で行って、家計の状況を説明して診療方針を考えなおしてもらうのも一案です。自由診療の歯科だって、治療方針は患者の財布と相談です。
    でも流行ってなければ、トピ主さんの財布が続くかぎり、大事な大事な患者さんです。

    ペットの病気や介護が、飼い主の生活を破壊する。恐ろしい時代です。

    トピ内ID:6291927695

    閉じる× 閉じる×

    案外簡単に、腎臓が改善されたのですね

    しおりをつける
    blank
    三毛猫
    再レスします。本当に大変なのは分かります。経済も大変です。
    点滴は自宅でしましょう。首の後ろの皮膚が伸びる部分に刺すだけです。

    猫を救う→最大の教育ですよ。多分、お子さんはリスペクトしています。救いたい気持ちのお父さんは、更にリスペクトされています。パートでもして、救って上げて下さい。週一の点滴程度は手が掛かるとは言えません。

    私は毎日、自宅でしてあげてました。アルコール綿は1週間分のセットにして点滴液と貰いに行くだけでしたよ。

    そんなに長くは、生きられません。1~2年程度です。それでも、猫本人は生きたいと思っています。

    もしかしたら、劇的に改善して腎臓も正常になる可能性も。

    お子さんはの心からの願いを叶えて上げて下さい。
    「諦めない」と言うスタンスを理解出来ます。

    どうか、お願いします。

    トピ内ID:8197072541

    閉じる× 閉じる×

    自宅で輸液

    しおりをつける
    blank
    草餅
    指導を受け慣れると問題なくできます。
    獣医師に相談してください。
    動画もあるので見てください。

    トピ内ID:2533376675

    閉じる× 閉じる×

    皮下補液なら自宅でもできる

    しおりをつける
    🐶
    動物のお医者さん
    肩甲骨あたりに入れる皮下補液であれば、在宅での処置が可能です。
    今は週1回の間隔ですが、腎不全の進行に合わせて、点滴の回数は増えていきます。
    (最終的には毎日)

    費用面・通院の手間を考え、点滴は在宅で行うことを獣医師に相談してみてはいかがですか。
    「猫ちゃんの皮膚に針を刺すなんて!」と思われるかもしれませんが、猫は高齢になるとほぼ腎臓を悪くするため、多くの飼い主さんが自宅で点滴を行います。

    腎不全の進行具合の確認するため、定期的に血液検査や尿検査を行う必要がありますし、リンの含有量を制限した専用のフードを与えた方が予後が良いです。
    猫ちゃんに使える毎月の予算を獣医師に伝え、「自宅でできること」「病院ですること」に上手く配分してもらってください。

    どちらのご家庭も、湯水のようにお金が湧いてくるわけではないですし、動物病院は自由診療かつ公的健康保険制度がないので、費用面の相談は「普通」のことです。
    「獣医師に言うとおりに治療を受けて、費用を払え」というスタンスの病院であれば、そこはハズレです。もっと親身になってくれる病院はいくらでもありますから転院しましょう。

    核家族化が進み、病院で最期を迎えるのが一般的になった現在、人が老い、そして死んでいく姿を見守り続ける機会は少なくなりました。
    その代わりといっては何ですが、犬や猫、ハムスター、うさぎなど、人より寿命の短い生き物の世話をし、最期まで面倒をみるということは、子供さんにとってとても貴重な経験になると個人的には考えます。

    ご主人の言動に色々思うところはあるのは、同性として理解しています。
    ただ、猫の保護・飼育を通じて、子供さんが感じること・考えること・学ぶことの中には父親・母親の考え・価値観なども含まれると思います。
    結婚指輪のことは、一旦棚上げにして、子供さんの教育の観点から考えてはどうでしょう。

    トピ内ID:8351796127

    閉じる× 閉じる×

    家で点滴をしましょう

    しおりをつける
    🐱
    あまなつ
    まずは、猫を保護して下さりありがとうございました。
    問題は金銭面ではなく、ご主人との関係のようにも思えますが、金銭的な負担なら少しはどうにかできると思います。

    うちの19歳のおばあちゃんにゃんこも、歳のせいで慢性腎不全です。
    昨年の秋から、2日に1度の点滴(輸液)が必要になりました。

    通っている病院でやってもらうと、1回約3000円かかります。
    点滴だけで月に4万5千円…。流石に厳しいです。
    しかし、自宅ですれば、約500円で出来ます。
    先生が、ずっと病院に通うのは金銭的にも時間的にも負担だろうから、家で出来るようになった方いいと練習させて下さり、今は自宅で一人で点滴をしております。

    ご主人が週に1回の点滴を死守したいと仰るなら、自宅で(ご主人が)する方向に話を持っていけないでしょうか?
    治療を最小限にする方向に話を持って行くよりは、聞き入れてもらえるのではないかと思います。

    あと、慢性の病気がある猫ちゃんの飼い主を探す事は、かなり難しいと思います。
    飼いきれないと判断されたのなら、保護団体などに相談してみて下さい。

    トピ内ID:5640323217

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      再々レスです

      しおりをつける
      blank
      三毛猫
      うちの猫はみぃたんさんに、一票です。
      何かしら、大変な事を猫が救うと言う話は多いですよ。話は、結局の処皆結果論なんですが。
      それだけ、生き物を飼うと、その子は「家族」なんです。
      悲しいにつけ、苦しいにつけ、楽しいにつけ、何時も一緒です。

      主さんが、目一杯背負ってくれる「最強スーパーママ」なら、家族は皆ハッピーなんです。是非、ファミリーのヒロインになって下さい。家族の悲しい顔は、見たくないですよね?がっかりする姿も見たくないですよね?

      「結局、飼って上げて良かったね。」と思い出話になる様にお願いします。

      トピ内ID:8197072541

      閉じる× 閉じる×

      トピ主様悪くないよ。

      しおりをつける
      🙂
      かえで
      二回目です。まず、気軽に保護団体だの飼い主だの言ってる方々おられますが、保護団体はどこも無責任な飼い主の為に満杯状態です。(トピ主様のこと言ってませんよ)病気持ちの猫はまず飼い主見つからないので、引き取ってもらえないか、引き取ってもそこの団体が終生面倒みて疲弊するだけです。気軽に言うものではありません。ペットの医療費はとても高額です。家計を預かるトピ主様が悩む気持ちわかります。旦那様が、猫の為にいくらでも、と思う気持ちもわかりますが、そこは、家族としてどうするか、話し合われた方がいいですよ、たまりにたまった不満も伝えたら如何ですか。そりゃ腹立ちますよね。
      猫にしたら、飼い猫がいきなり捨てられて恐怖と飢えで苦しんでた時救ってくれたトピ主様に懐きますよ、命の恩人ですから。
      医療費については、獣医師さんとどこまで治療するか相談されたら如何ですか、考えがあわないなら、転院だってしていいんです。
      たとえ積極的な治療せず、短命だったとしても、お腹いっぱいにご飯があって、安心して過ごせる居場所があって、猫は幸せだと思います。だから、トピ主様は冷たくないです。

      トピ内ID:4320260112

      閉じる× 閉じる×

      我が家の猫も、ある日‥突然

      しおりをつける
      🐱
      reko-Lime
      腎不全の猫が居ます。

      思い返すと、ペットショップから我が家に来た頃から、尿の回数が多かった気がします。

      獣医師の大丈夫の言葉を信じていました。
      様子が変で別の病院へ
      と、「今すぐに手術の必要が!」の、診断‥…1歳。

      望んで飼った猫。
      私の一存ですが…
      幸い子供たちは成人で『老後の楽しみ』な感じ。
      愛嬌があり、同居の人間関係、『猫』の存在は、雰囲気を和ませてくれます。

      MRIで、腎不全、結石。
      尿管も詰まり、緊急手術‥入院10日、50万。
      その1年後も尿管が詰まり、点滴入院5日、10万。
      以後…サプリメント、服薬、蚤・ダニ除け、処方料、療法食、その他で月に3万円。
      フードの好み気儘で、高額な缶詰になったり‥3歳。

      覚悟!です。もう、飼ってしまったのですよ。
      今更?
      腹をくくりましょう。
      『腎臓』は、イキナリ‥…突然。
      昨日はとっても元気に階段を突っ走っていたのに、
      ヨロ~っと、1段づつしか登れないのに息子達のところに挨拶に行くつもりで
      小さな「にゃぁ~‥」ひと鳴きし、部屋の前でじっとしてました。
      片方の腎臓が機能していなかったのに…
      じんわりじんわり、悪化したのでしょうね。

      定年後の夫「猫の為の働いている。あ~ぁ、少しのボーナスが、消えていく…ステーキ何回か食べたつもり‥消えていく」と、呟きつつも継続し勤めて貰い、感謝です。

      よそ様は「うちの孫が~」
      我が家は「猫と一緒に棺桶に入れれば幸せ」
      超!悪戯っ子で、夜中も気儘に遊び、目覚まし時計を揺さぶり起こされ…
      人間並みの可愛さ(医療費はそれ以上)

      トピ内ID:9327350448

      閉じる× 閉じる×

      それは運命

      しおりをつける
      🙂
      りー
      これは運命です。
      トピ主さんのご家族が良いように転ぶ。

      私はご主人もお子さんも、ほんとにトピ主さんが自慢して良い素晴らしご家族だと思います。あなたはご主人のこと優しい人って評価にすべきです。お子さんのことも優しい子に育ったと喜ぶべきです。

      犬猫に対する扱いはその人の人間に対する扱いに等しいといわれてます。
      病気の猫→捨ててこい!そんなこと言う旦那さんなら病気の妻→離婚となりかねない人です。癌になって捨てられてる妻、ネットでも沢山見かけます。

      ここは一致団結して子猫守りましょう。
      命の尊さを子に教えることは、親孝行の子を育てることにもなります。

      素晴らしい家族になれますよ。

      トピ内ID:3863595603

      閉じる× 閉じる×

      ありがとう

      しおりをつける
      🙂
      ふーん
      猫を保護してくれてありがとうございます。
      元気で過ごしているとのこと、想像するだけで気持ちが安らぎます。

      猫の医療費ですが、確かに上を見ればきりがありません。
      ですがいくつかやり方はあるかと思います。

      まずはセカンド・オピニオン。
      動物病院は自由診療のため病院によって治療内容、費用が様々です。
      うちも骨肉腫を患っていくつか病院を回りました。
      設備が整っているけど治療費が高額なところ。
      QOLを重要視し、サプリや薬を多く出すところ。
      最後に行き着いたのは大学病院並みの治療ですが、適度な対応のところ。
      最後の病院は人気で2時間待ちでしたが選んで後悔はありません。

      そういう病院なら点滴を家でやる方法も教えてくれるでしょう。
      費用と労力が全く違います。

      そして最後はご主人との関係。
      これは猫は無関係だと思います。
      ただ反発するのではなく、きちんと話し合うべきでは?
      余談ですが手作り指輪、悪くないと思いますけどね。

      トピ内ID:2688923029

      閉じる× 閉じる×

      なぜ本人達にさせない?

      しおりをつける
      🐶
      みかん
      お子さんは猫の世話をどの程度やっていますか?5歳なら(お金の調達はできなくても)世話は親(トピ主さん)の下である程度できるはず。自分で拾ってきたのですから、責任を持たせるべきです。トピ主さん主体で世話をしてしまっては、お子さんに対する教育効果が全くありません。

      同じように、旦那さんは猫の世話をどうしているのですか?
      >>一週間間隔の点滴は死守したい、という夫。
      と口を出すだけなのでしょうか?

      トピ主さんが甘い顔をせず、私物を売るというのなら実行してもらいましょう。

      ここで旦那さんを甘やかすのは、結果的にお子さんのためになりませんよ。

      トピ内ID:5364394780

      閉じる× 閉じる×

      難しいですね

      しおりをつける
      🙂
      のの
      トピ主様のご不満は最もだし、私でも怒ってしまうかも。
      でも、慢性の病気をかかえた猫ちゃん、きっともう飼い主は見つからないでしょうね。
      トピ主様の思い通りにする=猫ちゃんを見殺しにすることになるので、厳しい選択です。

      この際、「猫にはお金を使うのに、私には使ってくれない」という思いは封印しましょう。
      そして、ご主人の私物を売るなり、副業させるなりして、できるだけお金を作らせましょう。ご主人にもお子さんにも、たとえ動物の命がかかっているとはいえ、最初の約束を違えた責任はとらなくてはならないこと、ちゃんと話して聞かせましょう。
      その上で、できる範囲で協力してあげてください。

      治療に関しては、トピ主様から獣医師さんに事情を話して、「延命治療はしない、緩和ケアだけする」という方針にしてはどうでしょうか。
      獣医師さんによっては、怒ったりする人もいるかもしれません。
      その場合は、事情を汲んで、最低限の治療だけ受けさせてくれる病院に転院です。
      他の方が言っているような、在宅での点滴を提案してくれる先生もいるでしょう。それも、薬と合わせたらそんなに安くないですけどね……。

      でも「何も治療しない」のは、ご家族とトピ主様の関係に決定的な亀裂を生んでしまうと思う。ここはぐっとこらえて、ご主人が工面したお金の範囲内での最低限の治療はさせてあげたらどうでしょうか。

      ここで「約束が違う、治療はしない!」と突っぱねてしまっては、家族が壊れしまうと思います。
      今家族の心に寄り添えば、ご主人やお子さんも、いつかトピ主様に寄り添ってくれるのではないかな。

      蛇足ですが、うちも何年、何百万とかけて腎不全の猫を看取りました。でも猫が亡くなったあと急に持っていた株が上がって、出費した治療費以上の利益が出ました。

      猫ってやっぱり、なにか持ってるんですかね…

      トピ内ID:1632544163

      閉じる× 閉じる×

      トピ主です(1)

      しおりをつける
      💔
      冷たいおんな
      こんにちは。
      「我が家の猫も、ある日‥突然」まで読ませていただきました。

      皆様、アドバイスや励ましのお言葉、ご提案、どうもありがとうございました。
      自分だけで抱え込んでいると、どうしても視野が狭くなりがちなようです。
      皆様のご意見を読ませていただき、多少ですが気持ちの切り替えができたような気がします。


      まず「猫を引き取ってもらう」というアドバイスに対してですが、まだ健康な状態の時に保護団体も含め、すべて断られているので、今の状態ではますます無理だと思われます。
      「お金が無いから手厚い医療を受けさせてやれないために助かるものも助けられないとなれば却って猫がかわいそう。きちんと猫に向き合えるご家庭に飼っていただくのが一番」との意見には私も賛成。
      ただし、そんなご家庭はありませんでした。
      近所の人はもちろん、家の前は老人や幼児が親子で通う施設への通り道になっているため、通りすがる人たち一人ひとりに声をかけ、引き取ってもらえる人を探しました。
      友人知人にも声をかけましたが、誰一人、良い返事はもらえませんでした。
      今となってはそれで良かったと思います。
      私が感じている葛藤を、他人に押し付ける羽目にならずにすんでよかった。


      あと、「子供が飼いたい猫くらい飼ってあげられるように夫婦で働いたら」「専業主婦でカツカツの節約生活しているよりいい」
      こちらも、ごもっともです。
      夫婦で働くのはもちろん構いません。
      私は独身時代、10年ほど自分で小さな会社を経営してきて、結婚のために上京後はベンチャー企業で数年ほど部長職をしておりました。
      働くことの楽しさは知っています。
      けれども、今は家族、特に子供のために時間を使いたいのです。
      働くのはその合間、そして得たお金はやはり子供のために使いたい。
      (続きます)

      トピ内ID:5666115703

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(5件)全て見る

      トピ主です(2)

      しおりをつける
      💔
      冷たいおんな
      (続きです)
      独身時代の貯金も、もちろん猫のために使う気はありません。
      ですのでハンドルネームを「冷たいおんな」にしました。
      猫好きの皆様には申し訳ないのですが、私は動物に対しては決して温かい人間ではありません。
      はっきり人間と動物を区別しています。

      うちのネコはみいたんさんの
      「”あ゛だ  じ に は な に も し て く れ な い の にぃ~”
      って泣いちゃえばいいじゃないですか。」
      には、少し笑ってしまいました。
      でも実は薄々感じていたことでもあるな、と妙に納得もしました。
      他にも何人かの方が「問題の本質は猫ではなく、夫婦関係」とご指摘してくださっていますが、確かに私の不安と憤りの矛先は猫ではありませんね。自分の思ったとおりに動いてくれない夫に対して向けられているものです。
      夫は自分の仕事以外の生活能力がほとんどなく、モノは捨てられず、汚い環境でも平気。食事も食べられれば何でもよく、私がどれだけ家庭環境を整えても、「無理はしなくていいよ。もっとサボってもいいからね~。」と鷹揚に構えているような人です。何でも言う事を聞いてくれました。
      だから、いつの間にか少し侮ってしまっていたのかもしれません。
      私の言うことよりも猫を優先している夫の態度に、私は今、パニックを起こしているのでしょうか・・・。よく分かりませんが・・・。
      (続きます)

      トピ内ID:5666115703

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(5件)全て見る

      トピ主です(3)

      しおりをつける
      💔
      冷たいおんな
      (続きです)
      リンの含有量を制限した専用のフード、与えています。普通よりも高い餌を山盛りいっぱいモリモリ貪り食べている猫を見て、本当に週一で点滴が必要なの? 栄養は十分に取れているじゃない? と、こちらは疑問の思いでいっぱいになります。
      あと、獣医さんには私から最初のほうに事情をすべてお話ししてあります。
      ただし主人は猫のためになら出来るだけのことはしたい!というスタンスなので、いまいち伝わりきっていないのかもしれません。
      在宅での皮下注射が可能か、聞いてみたいと思います。
      でも私は基本的に延命治療そのものに反対なので、すべては夫次第になりますけれど・・・。


      引き続き、もう少し、皆さんのご意見を伺えれば・・・と思います。
      よろしくお願いします。

      トピ内ID:5666115703

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(5件)全て見る

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        猫の話で

        しおりをつける
        🙂
        ささ
        猫の話で問題が顕著になったのは事実ですが、主さんと旦那の価値観の違い、すれ違いは別にその子のせいでずれたわけでは無いと思うのだけど。

        家族として人生歩むかという別の大きな問題を考えないと。

        トピ内ID:3278574136

        閉じる× 閉じる×

        安易に保護団体を勧めないで

        しおりをつける
        blank
        秋刀魚
        かえでさんのご意見に賛成です。 無理だったら保護団体に、という考えには反対です。 保護団体で活動している人達は無償のボランティアなんです。 手に負えないから、医療費がかかるからと言って丸投げする場所じゃありません。 

        トピ主さんの場合ですが、ご家族、特にご主人とどこまでの治療が可能かよく話し合ってください。 ペットを飼っている誰もがみな、ペットに何十万、何百万とかけられる人達ばかりではありません。 それぞれの家庭で「できる範囲で」「できること」をすればいいと思うんです。 

        猫ちゃんの治療を断念しなければならなくなったとしても、これまで世話をしてくれて、懐くくらいまで愛情を感じられて、野垂れ死にせずに済んだだけでも、トピ主さんご家族は充分手を尽くしたと思いますよ。

        トピ内ID:4725890814

        閉じる× 閉じる×

        二度目です。

        しおりをつける
        🐱
        まゆ
        本筋と外れてしまいますが、引っかかったので。

        >普通よりも高い餌を山盛りいっぱいモリモリ貪り食べている猫を見て、本当に週一で点滴が必要なの? 栄養は十分に取れているじゃない?

        これを読み獣医師さんとの話し合いが足りないのではないかと感じました。
        腎不全の子が行う皮下輸液は栄養補給の意味合いはないと思います。

        もちろんどんな治療を受けてるか目の前で見たわけではないのでわかりませんが定期的に通う皮下輸液は水分補給の為なはずです。

        腎臓が弱ってくると濃縮された尿が作れなくなります。
        すると水をよく飲み、沢山の薄い尿を出すようになります。
        猫は水をあまり飲まない動物という事もあり放っておくと体内の水分が減り、結果尿の量が減る。
        そうすると濃縮された尿を出せない腎不全の子は体内に毒素が溜まってしまいさらに腎臓その他の臓器が悪くなって行きます。

        この状況を緩和するための皮下輸液です。
        食事量もバロメーターではありますが沢山食べて栄養取っているから栄養面は問題なし、だから点滴だっていらないだろうとはならないのです。

        栄養補給の為の点滴だとトピ主さんが考えられていたところを見ると治療内容に関して獣医師の方の説明が足りないのか意思疎通がうまくいってないのか。
        心配になってしまいました。

        話をトピに戻しますが。
        私物を売ってでもお小遣いの範囲内で行わせたら良いと思います。
        お小遣いは月にいくらですか?
        3万くらいは最低でも貰っているのでは?
        なら月2回の点滴代は出せるでしょう。
        お昼はカップ麺、服や趣味のものは買わなければ良いのです。

        トピ主さんが甘いのもイライラの原因になっていると思います。
        通院も治療費もご主人に出させ無理なら諦めさせる。
        それを徹底すれば良い事だと思います。

        トピ内ID:1963043148

        閉じる× 閉じる×

        お互いに頑張りましょう。

        しおりをつける
        🐱
        オバちゃん
        「独身時代の貯金も、もちろん猫のために使う気はありません。ですのでハンドルネームを「冷たいおんな」にしました。
        猫好きの皆様には申し訳ないのですが、私は動物に対しては決して温かい人間ではありません。
        はっきり人間と動物を区別しています」

        ごめんなさい。本当に冷たいですね…。

        私も保護猫がいますが、下痢や膀胱炎、アレルギーで苦しんでいた時は、一か月分の給料が吹き飛んだけど、苦しんでいる状況であれば止む終えないと思いました。
        私自身が貴金属が苦手、服なんかめったに買わない、食事も野菜だけでも生きられるのでどちらかと言えば、旦那さんよりの人間かもしれません。

        猫の為にご自身の貯金は使いたくない!とありますが、ご主人やお子さんは猫が健康になって欲しいと望んでおられる様子。飢えに病気で苦しんでいた猫に優しくできないのでしょうかね?冷たい考えに、ご主人が嫌気がしてこないといいですね。

        家の猫も膀胱炎や便秘予防の為に、獣医師処方の高い食事ですが、主人曰く「これで膀胱炎の再発がなければ安いよ。」と話してました。
        男の人は女性のような細かな気遣いに疎いです。これからの事について、もっと話しましょう。

        現在、保護猫2匹目で体が弱いので大変ではありますが、子供達は社会人と大学生で、二人とも被災した動物のボランティア活動と地域猫の保護活動をしています。
        自分で言うのもなんですが、二人とも優しい人間に育ったと思います。
        確かに、動物にかかるお金は大変ですが…
        ・思いやりの気持ちが育つ・心の支えになる・責任感を持てるようになる・命の大切さが分かる
        きっと、お子さんの情操教育になると思いますよ。

        「延命治療はしない、緩和ケアだけする」という方針には賛成です。
        「私の言うことよりも猫を優先している夫」これは猫が不健康なのですからしょうがないと思います。

        トピ内ID:0538134341

        閉じる× 閉じる×

        点滴の目的=脱水症状を抑える事

        しおりをつける
        🐱
        あまなつ
        少し落ち着かれたようで何よりです。
        在宅での点滴も、指導を受ければ思っているよりも簡単に出来ます。(少なくとも私はそうでした)

        ただですね、点滴に対する認識が間違っています。
        腎不全の猫への点滴(輸液)は、栄養補給を目的としてません。
        先生曰く「点滴で栄養はほとんど取れませんから、ご飯はいつも通りに上げて下さい」との事。

        点滴は水分補給です。
        補給した水分で、腎機能の低下で出し切れなかった老廃物を排出させるんです。
        これによって脱水症状を抑えて、尿毒症を予防するのが目的です。
        腎臓への負担も多少は軽くなるので延命効果もあるようですが、私の認識では、どちらかと言うと緩和ケアに近いと思います。

        病院で在宅での点滴の相談をされるなら、その辺りも聞かれてはいかがかと思います。

        トピ内ID:5640323217

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  51
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (5)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0