詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    旦那が死にたいという

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ヘルス
    旦那は昨年脳幹出血で倒れ、今は施設にいます。
    顔は麻痺して歪み、上手く喋れません。熱を出すとすぐに「誤嚥性肺炎の疑い」と、言われ胃瘻です。オムツで立つ練習も今はせず寝たきりです。
    リハビリ病院では介助付きで7分も立てるまでになったのに。
    飲み込みの機能も精密検査して、お昼ご飯は看護師さんに美味しそうに食べさせてもらっていたのに。
    私達家族はあと2ヶ月したら施設から出して自宅介護する予定です。
    旦那はこんな体でみんなに迷惑かけられない、死にたい、と言います。
    彼の楽しみを見つけてあげたい。
    彼が生き残ってよかったと思えるようにしてあげたい。
    娘息子3人が(成人しています)「父ちゃんが短命でも良い人生にしたい」と明るく接してくれます。
    私も難病で障害者です。私を支えてくれた旦那に笑顔の毎日を送って欲しい。
    どうか彼に生きる気力を与えてください。
    死にたいという家族にどう接すれば良いのかご教示ください。
    全く同じ病気で、近所の店の店長が40代で同じ病院で3時間でなくなりました。
    ほとんどが1年以内に亡くなる脳幹出血。
    旦那は生きています。それだけで奇跡なのはわかっているのですが、、
    来年の銀婚式、笑顔でお祝いしたいのです。

    トピ内ID:0117456853

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 5 びっくり
    • 19 涙ぽろり
    • 190 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    お察しいたします。

    しおりをつける
    🐧
    瑞風
    失礼ながら、こういう時にその人の本性が出ると思います。
    私は数年の間に、家族三人の入院の付き添い、介護を続けざまに行いました。
    トピ主様のご苦労が身に染みて判ります。

    私の父は心臓の病気で、「死にたくない」「家に帰りたい」と言いながら、たった数日間の入院で
    あっという間に亡くなってしまいました。さぞや無念だったと思います。

    祖母は入院中も退院後も我が儘放題で、介護をしている私たちに怒鳴りまくりで、共倒れになりました。
    (これが下記の母の脳梗塞の原因です。)

    私の母は脳梗塞を起こし、右半身の麻痺が出ました。
    リハビリ専門の病院に転院が決まったとき、「かなり過酷なスケジュールです」と言われていましたが、
    本当に頑張って、リハビリをやり遂げました。
    発病後、初めて一人で立ち上がるとき、上着の裾をギュッと握りしめていた姿に涙が出ました。
    「本当に立てるんだろうか」と、さぞや不安だったんだろうと思います。

    病に倒れることは本人にとっても家族にとっても青天の霹靂で、とてもショックが大きいですね。
    そんな中、家族を困らせるのはプライドが高い人、そして当たり所のある人(家族に甘えてる人)の方が
    多いように感じます。

    私の父のように「死にたくない」と言いながら亡くなるしかない人間もいるのです。
    生かされたことに「意味」を見つけること、
    努力(リハビリ)は自分にしかできない。その努力を信じること、
    人に甘えないこと。
    ご主人さまにお伝えください。お大事に。

    トピ内ID:7370983693

    閉じる× 閉じる×

    ご本人の辛さは計り知れず

    しおりをつける
    blank
    ふみこ
    父は8年前梗塞で、下半身の機能がほぼなくなり、ほぼ寝たきり。トイレに行く機能は働くものの、行きたいという認識力を失い、よっておむつでした。

    それまで本人は専門職の現役、自由自適に生活して、海外旅行も大いに楽しんでいました。その病気によって、今までのことが全てできなくなる辛さ。

    父の場合、リハビリ病院の時は週に2ー3回歩く練習してました。つたい歩きはできてました。わたしが訪問すると必ず車椅子に乗せて外に出たりして“散歩”もしてました。しかし施設に移ってから、リハビリなし、外の散歩もなし。完全な、籠の鳥状態。それから父はどんどん生きる望みを失い、梗塞発症から3年後になくなりました。

    ご主人様、その施設での”病人扱い“で、治ることより、介護がしやすいように扱われる。そのようなことから、どんどん生きる意欲を失い、また自分の能力が低下することに憤りを感じるのではないでしょうか?

    まず、ご主人様に、全然迷惑じゃないよ、とはっきりと何度も何度も伝えましょう。夫、お父さんあっての家族だよ、って何度も何度も伝えましょう。トピ主さんも、ご主人があっての自分の人生と何度も伝えましょう。

    その施設にあと2ヶ月もいないといけないのですか?なんか、生きる意欲をかきたてられない施設です。

    父が施設にいたときは、わたしと姉は、施設のいうことを聞かないこともありました。例えば、胃ろう。胃ろうは絶対にしないと、拒否しました。その施設では、車椅子で散歩出来るようなところはありますか?ベッドで寝たきりでない状態にしてあげてください。リハビリができるならリハビリをやってください。

    トピ内ID:8205410224

    閉じる× 閉じる×

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    瑞風さま
    ありがとうございます。
    経験者でこそ分かる苦しみだなと思います。
    貴重な体験、ありがとうございます。
    おとうさま、おかあさま、お辛かったですね。
    うちも回復期リハビリテーション病棟に引っ張りあげてくださったおかげでここまで来れたと思っています。療養型病院に転院予定でしたから。
    今は毎日会いに行って話を沢山するようにしています。
    脳幹出血で生き残ったことが、彼の使命がまだあるんだと信じて、無理せず、彼の命の尽きるまで楽しく生きていたいです。

    トピ内ID:0117456853

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    レスありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    ふみこさま
    体験談ありがとうございます。
    回復期リハビリテーション病棟は毎日理学療法8単位、言語療法2単位でした。
    老健は理学療法士さんがまいにちこられて拘縮予防、介護士さんがギャッジアップとリクライニング車椅子でデイルームに20分ほど連れて行ってくれていますが外には行きません。
    2ヶ月後、退所して自宅に戻ってからが本当のリハビリだと、お向いの介護士の友達に言われました。
    ご近所がみんな仲良しで協力してくださる、介護の経験者なので、明るく、近所のデイやレスパイト、訪問看護、訪問通所リハビリなども組み合わせ、旦那の命の尽きるまで、明るく接して聞けたらと思います。
    本当にありがとうございました。

    トピ内ID:0117456853

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0