詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    主人亡き後、どうしたらいいのでしょうか

    お気に入り追加
    レス54
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    nono
    ひと
    今年のお正月に主人が亡くなりました。
    体調が悪いと病院に行った時には既に手遅れで、あっという間に41歳で旅立ってしまいました。

    私たちは7年前に再婚しています。
    私は息子がおり主人と養子縁組をしています。
    主人には2人子供がおり、前妻が養育しています。
    (現在息子は19歳。前妻の子は10歳と13歳。下の子が生まれてすぐに離婚したようです)

    今となってはとても後悔していますが、葬儀全てに前妻とその子供が参列しました。
    私が了承しましたが、その時はいくら子供が小さいとはいえ、前妻が全てに参列するとは思わず、あんなに気遣いもなく親族と談笑するとは思ってもいなかったので。

    葬儀が終わり、一息ついた後に義父から
    「生命保険の受取りは全て前妻となっている」と言われました。生命保険2つに入っていましたが両方とも。

    悲しいですね、悔しいですね、主人は私に何も残してくれませんでした。
    名義変更を忘れていたわけではないです。
    毎日楽しく暮らしてたのに。

    今、私の中で黒い感情があふれています。
    この話を聞くまでは、分骨して彼と共にいたいと思っていましたが、今は楽しい思い出すら全く思い出せません。
    お金が全てだとは思いませんが、形としてわかるのは、主人は自分が亡き後、私の心配は全くしていなかった。心配していたのは、前の家族ということ。

    そこで思ったのです。
    四十九日法要は主人をきちんと見送り、その後は前妻との子供たちに託したほうがいいのではないかと。
    新盆に主人は私の元に返ってこない気がするのです。
    彼が気にしていたのは、前妻と子供たちの生活。無事に暮らしているかきっと見に行くんだと思います。
    妻である喪主でなくとも、彼が一番気にしてるところ(居たいところ)で供養してあげた方がいいのではないかと。
    どうするのが最善だと思いますか?

    トピ内ID:6218684299

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 50 面白い
    • 197 びっくり
    • 373 涙ぽろり
    • 2225 エール
    • 82 なるほど

    レス

    レス数54

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  54
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    それでいいと思う

    しおりをつける
    🙂
    ゆに
    やっぱり実の子供って特別なんだと思いますよ。養子縁組してても、血縁関係ないですから…多分生命保険も、前妻さんあてというより、実のお子さんのためだったんだと思います。

    色々思うところあると思いますが、前妻さんたちにお任せしてもバチは当たらないですよ。

    トピ内ID:2658490892

    ...本文を表示

    たぶん

    しおりをつける
    🙂
    なおみ
    さぞおつらいだろうと思います。本当に何も考えられないことでしょう。でも、いますぐ決めなくてもいいのではありませんか?

    ご主人が心配だったのは、前妻さんとそのお子さん二人だとありますが、それは少し違うのではないでしょうか。たしかに前妻さんが受取人になっているので、そう思いたくなる気持ちもよくわかりますが、前妻さんではなく、お子さん二人が心配なのです。なぜなら、二人とも父親との縁が薄くなってしまい、成長にかかわれなかったうえに、まだ義務教育のお子さんだからです。だから、その二人をきちんと育て上げてほしいという意味で、前妻さんになっているのだと思います。一方、トピ主さんとお子さんは、経済的に自立しており、再婚前のことを知っているので、二人は大丈夫だと判断したのでしょう。ご主人は、生前にそのことを告げるべきでした。でも、言えなかったのでしょう。それは理解できるように思います。

    もちろん、トピ主さんの感じている絶望感がそれでなくなりはしないでしょうし、それが薄れるにしても時間はかかるでしょう。ただ、いますぐ結論を出す必要はないと思うのです。一周忌のころでもいいのではありませんか?

    トピ内ID:5648050381

    ...本文を表示

    お悔やみ申し上げます

    しおりをつける
    😨
    theory
    突然のお別れ。
    言葉では表せませんね。

    慰めにならないかもしれませんが
    保険金は、お子さんに残しただけと考えられてはいかがですか

    小さな時に離婚して負い目もあるでしょうし
    主様のお子さんとは、ご主人は一緒に暮らせていて
    責任を持って育まれていたのですよね?
    お金よりも、ご主人が直接息子さんと過ごせた時間の方が
    大きな財産だと思います。

    まだお別れ直後は
    色々なことを周りから言われたり
    急に先立った恨みも出てくると思いますが
    しばらく経つと
    いい思い出しか浮かばなくなります。

    いや、私が大波の後、穏やかな気持ちが訪れたので
    主様にもそんな風に、ご主人の全てを包み込める
    穏やかな日が来ますように。

    再婚したということは
    残された人生は主様と共に歩もうと思ったからこそ。

    一番愛していたのは主様。
    次に心配していたのは、幼い子達。

    決して前の奥様を考えていたわけではないと思います。

    あと、ご主人の親御さんが口を出す気持ちも
    わからなくもないというか

    やはり自分よりも先に
    息子を失ったわけですから
    今は感情的になっている時かと思います。

    それぞれの立場は違えども
    みなさんそれぞれに傷みがあるのですから
    傷つけあうなら距離を置いて。

    エールしか送れませんが、
    ご主人が残した思いを大切に。

    トピ内ID:3599807397

    ...本文を表示

    人生これから!

    しおりをつける
    💰
    にゃんこ
    前の結婚がどうして破たんしたのかはわかりませんが、前妻のお子さんが、ご主人の子どもであったことは確か。

    まだ幼いお子さんにとって、ご主人の財産はある程度、お子さんに渡してあげたほうが筋のような気もします。

    あなたのお子さんは、もうほぼ成人に近いのもありますし。

    ご主人の両親にとっても、やはり血を分けた前妻の子の方が気にかかるのも仕方ないと思います。

    あなたは、再婚して、ご主人と仲良く暮らしてこられたのであれば、魅力のある女性なんだと思います。

    もしかしてまたいい出会いがあるかもしれない。

    お子さんもいる。

    ご主人とのお別れから立ち直って、新しい人生をまた歩まれてもいいと思います。

    トピ内ID:9125670914

    ...本文を表示

    血は水よりも濃い

    しおりをつける
    blank
    べる
    >その後は前妻との子供たちに託したほうがいいのではないかと。

    トピ主さんが、それで後悔しないのなら
    前妻さんは兎も角、実子である前妻さんのお子さんたちに委ねたら良いのではないですか?

    >妻である喪主でなくとも、彼が一番気にしてるところ(居たいところ)で供養してあげた方がいいのではないかと。
    >どうするのが最善だと思いますか?

    仰る通りかもしれませんね。

    トピ内ID:7114446270

    ...本文を表示

    義両親様のお世話を引受けることを避けることが先決です

    しおりをつける
    blank
    墓守担当者
    先妻のお子様が未成年ですから割切って考えましょう。

    死後、配偶者の気持ちがわかってやりきれない感情も理解できますが、
    今更どうにもなりません。

    私は家族を看取り、墓守を務めて居りますが、まさか若くして私が務めるとは
    想定外でした。
    年2回のお彼岸の墓参、お盆の棚経でご住職を迎えるだけではなく、菩提寺と
    檀家の関りもあります。

    人を招かなくても年忌法要など、故人を偲ぶ仏事は存命中はずっと続きますから
    この機会に義両親様にお役目を託しても構わないかと存じます。

    直接、お伝えが難しければ、菩提寺のご住職からお願いしてみては如何でしょうか。

    いただくだけいただいて後の責務は無しというのとは違いますから我慢せずに
    動きましょう。
    見栄を張って良い人の振りをする必要は一切ないのです。
    ビジネスライクに割切り、婚姻届け終了の手続きを済ませ、義両親様の介護などを
    引受けないことです。
    先妻のお子様方と義両親様とは血縁で血は水よりも濃しですから。
    何も残してくださらなかったことを考えたところで結果は変わりません。
    貧乏クジを引続けることが無きよう、お子様まで負担が及ばないように直ぐに手続きを
    することをお勧め致します。

    トピ内ID:7625060710

    ...本文を表示

    当然

    しおりをつける
    blank
    男です
    19歳の子と10歳13歳の子を比べるとお金が必要なのは10歳、13歳の子の方です。
    ただ、生命保険の受取人はせめて実子にしてもらいたかったですね。子供たちを養育しなければならない父にとっては当然のことです。結婚前に入った生命保険ならその目的は自分に何かあったとき、実子二人が金銭に困らないようにする目的であり、あなたに名義変更するのは意味がわかりません。

    遺産も半分はあなたが、残りの3分の1はあなたの子が相続するのだから。
    多分、あなたの子は義父の財産の代襲相続もできます。「養子は、縁組の日から、養親の嫡出子の身分を取得する(民法809条)」とあるので、すでに養子縁組されているので亡夫さんの嫡出子の身分を獲得していることになります。


    もしもの時、あなたが変わって養育費を払う約束をしていたのなら事情は別ですが。
    あなたが生命保険を残してもらいたかったのであれば新たにもう一つ入るべきでした。

    また、10歳の実子が実父の葬儀すべてに参加するのは当たり前だし、10歳ならその母も来なければならないのも当然です。
    また、亡夫にとってはあなたの子も自分の子だけれども、義父にとって孫は10歳と13歳の子の方なのも至極当然。

    あなたには、生きている間楽しく暮らすことを与えあっていたのだと思います。

    つまり、前妻の変なところは葬儀の場で「談笑」していたことぐらいです。

    なにも残していないと言われますが、妻としての権利と嫡出子としての権利がちゃんと残されています。

    最善は義父に対して、成人した後の子供の判断になるが、あなたの財産の相続をするつもりはないと宣言しておくことです。

    トピ内ID:5194490493

    ...本文を表示

    前妻さんに、と言うより

    しおりをつける
    blank
    すずらん
    やはりお子さんたちのことが気がかりだったのではないでしょうか。
    ましてやまだまだ教育費等もかかりますし、下のお子さんが
    生まれてすぐ、だったのなら自責の念や後悔もあったと思うのです。

    大変申し上げにくいですが、ご主人のご両親にとっても
    血を分けたお孫さんを産んでくれた前妻さんの方が
    親しみがあるかもしれません。

    こういったことに詳しくはないですが、
    亡くなったときの配偶者が法事などの取りまとめをされるのが
    一般的かもしれませんが、心情的に難しいなら
    相談されてみてはいかがでしょうか?
    (お金云々はお話しされない方がいいかと思いますが)

    トピ主さんのお気持ちも分かりますよ。
    7年もご一緒にいらっしゃって、これ?というような気持ち。

    ですがやはり血を分けた、というのは大きいと思います。
    我が子であり、しかも手放していますからね。
    お子さんに対し詫びる気持ちもあったのではないでしょうか。

    トピ内ID:3970246673

    ...本文を表示

    前夫の供養なんてひきうけるかしら?

    しおりをつける
    🐱
    neko
    彼が一番気にしてるところで供養してあげた方がいいのではないかとのこと。

    私が前妻さんならば、前夫の供養はひきうけませんけどね(笑)
    死別ならともかく離婚した夫の菩提は弔いません、絶対に。
    勿論生命保険は有難く頂きますよ。それとこれとは別です。
    それは前妻というよりも子供たちへと思うから。

    それを踏まえて私が後妻さんだったとしたらですが
    義父さんがまだご存命なのでそちらにお任せしますね。
    四十九日からの法要全て、です。
    婚姻関係終了届を出してさようなら、です。

    何か言われたら生命保険を受け取った方とお話を…といいます。

    どうしてもこちらでと言われたら、永代供養の手続きはします。
    でもそれ以外の法要は一切しないですね。

    トピ内ID:9001898865

    ...本文を表示

    生命保険の受取人を変更しなかったのは

    しおりをつける
    🐱
    猫空
    変更しなかったのは、子供達の年齢のせいではないかな?

    養子縁組したあなたの息子は19歳。あと1年で成人です。

    でも元妻の養育している子供達はまだ13歳と10歳。あと10年もある。だから養育費として残したんじゃないかな? それを悪く取らないであげなよ。

    でも あなたには遺族年金があるよね? 社会的に遺族と遇されるのはあなただよ。

    遺産相続だって妻であるあなたが一番多く遺されるし、あなたの息子さんも養子縁組してちゃんと考えてくれたじゃないの。

    わずか41歳で人生終えるなんて本人だって思ってなかったと思う。

    5年後には保険の受取人だって変更を始めたんじゃないかな?

    楽しく仲良い7年間だったんでしょう? それが彼の本心だと思う。

    元妻は所詮はあなたの夫と夫婦でいられなかった女性だよ。子供達に愛情はあっても彼女に愛情は無かったと思う。単なる我が子達の親権者なだけ。

    あなたが彼の供養を放棄したら彼女は勝ったと思うのでは?

    自分と別れた元夫は再婚後も幸せにはなれなかった。だから生命保険も私のままだったのよねって。

    それじゃあ あまりにも彼が可哀想過ぎるよ。

    多分、保険の件は義父の意向もあったかもよ。義父にとっては血を分けた孫は前妻の子供達だけだから。

    あまり感情的にはならない方がいい。

    トピ内ID:4436750332

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  54
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0