詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    専業農家の方、お話を聞かせてください。

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    稲子
    仕事
    交際中の彼との結婚が決まりました。双方、30歳です。
    彼は農家(米)の次男なのですが、今はお兄さんに農業を継ぐ意志がないため
    彼がやりたいといっています。
    現在、ご両親が兼業でされていますが、彼は規模を拡大して専業となり
    いずれはお兄さんと一緒にやるのが希望です。
    私は、SEとして激務を続けてきましたので、結婚後は転職をするつもりでした。
    最初は驚きましたが、農業という選択肢も良いのではないかと思っています。
    ただやはり収入面は心配です。
    サラリーマンのように毎月の固定収入があるわけではないし、
    また彼自身これまでお手伝い程度しかやっていないようで、これから
    ご両親から教わりたいと言っています。(私は農業経験がありません)
    就農関係の本を読んでいるのですが、年収何千万!と謳っています。
    なんだか現実味がなくて・・・

    専業農家の諸先輩方!農業の苦労話、良い話、またアドバイスなど
    生の声をお聞かせください。よろしくお願いします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    良い事も悪い事も。

    しおりをつける
    blank
    農家
    米農家ってとにかく機械にお金がかかりますよね。
    一通りご両親が持っていらっしゃるならいいでしょうが、大規模にやるなら、やっぱり機械を買わなきゃならないでしょうし。
    農家は、手をかけて丹精すればちゃんとそれが実を結びますし、やりがいのある仕事だと思います。付加価値の付いた米の需要もあるでしょう。一千万の収入なんて滅多に無いことですが。

    気になったのは将来お兄さんと、というところ。お金がからみますし、仕事の分担の問題もあります。また将来遺産相続など、若い頃には考えなかったこともトラブルになって、農家を止めざるを得なくなった話もあります。出荷部会にはいったり婦人部の付き合いなどもあります。冷静にプラスとマイナスを考えてください。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    稲作農家の経営は楽ではない

    しおりをつける
    blank
    天狼
     私は農業に従事していませんが…。

     米の生産者価格は、産地や銘柄によって上下しますが1俵(60kg)16,000円程度です。収穫は10a当たり10俵程度ですから、水田1haで100俵、売上げは160万円です。10haでも1,600万円です。

     ここから、肥料・農薬・燃料などの経費、農業機械の減価償却費、農業用水の利用料(水はただではありません)、農協への販売手数料などのコストを差し引くことになります。

     日本の稲作農家の平均的な経営規模は2haにも満たないはずですから、平均の5倍以上の規模でも上に書いたような売上げにしかなりません。経営は楽ではないと思います。

     稲作をやっているのであれば、転作もしているでしょうから、麦や大豆、野菜なども一緒に栽培していると思います。これらの売上げを合算したものが全体の売上げになりますが、それでも専業経営となれば厳しいものがあるのではないでしょうか。

     出過ぎたことを言うようですが、まずは現在の経営状況と将来の計画についてよく相談されてはいかがでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    兼業農家で生まれ育った者です

    しおりをつける
    blank
    ぱンだ
    専業農家と言っても結局は従業員を雇っていない個人商店と同様のものと考えて良いと思います。
    嫁ぎ先のご両親が健在で彼らと協力して農業を行うと仮定した場合ですが、多分、結婚後、以下の点を不満に思われるのではないでしょうか。
    ・経営上の決定権がご両親にあり、自由に新規事業を行えない
    ・収入が給料制でなく、生活費の形でしか支給されない(大きな買い物は義父母にお伺いを立てる必要がある)
    ・働いても評価されない、もし、農業を手伝わない場合、周囲から糾弾される(身内なので働いて当然という態度を取られる)

    全ては義両親次第、非道い義両親だと「渡る世間は・・・」を地で行く世界が待ち受ける可能性さえあります。

    逆に義両親がいないのであれば自営業の夫を持つ妻と実情は変わりないでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ブログとかでも探してみれば?

    しおりをつける
    blank
    アルケン
    「都会出身で農業経験の無い女性が農家に嫁いで」というケースはあります。前向きに頑張っている人もいるようですよ。
    そういう方のブログで大人気を得ているものもあるようですし、そういうのを読んでみれば?そういう人達の交流のサイトとかもあるようだし、探して様子を読んだり相談してみれば?

    うまく作物を工夫したりして割とよい収入を得ているケースもあるようです。やはり「自営」の経営ですから、高く売れるものを工夫して作る人はそうでない人よりも収入が多くなるという面もあるのでしょう。貴女のSE経験の才覚が思わぬ形で役立つこともあるかもしれません。

    額面の収入はよくても種代や肥料代などの経費がたくさん掛かるとの話も聞いたことがありますが、うまく行くことを祈ってます!農業でも漁業でも都会から嫁いでイキイキしてる女性もいるようですよ♪

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私は果樹農家なので畑違いですが。

    しおりをつける
    blank
    林檎
    女性にしか分からない農業事情をアドバイス。

    ・容姿が衰えるのが早くなるのを覚悟。
    外仕事だから、シミ・そばかす・シワが出来やすい。
    爪は折れるから伸ばしにくい。
    肉体労働なので小さな傷や痣が頻繁に出来るので、薄着の季節がつらい。

    ・筋力を鍛えないと駄目。
    女性でも20キロは普通に持ち運べる筋力が必要。
    農業は腰を痛めやすいので、腰回りの筋肉を重点的に鍛える必要あり。

    ・苦手な生き物いますか? 
    虫、両生類、爬虫類、ネズミには耐えないと駄目。

    ・家庭と職場に境が無いのが農業。
    義父・義母も一緒に仕事するなら、嫁はなにかと気を遣います。
    田植えや稲刈りで忙しい時期は人を頼むとお茶やご飯をご馳走するので、嫁はさらに仕事が増えて大変。
    家族同士で喧嘩しても、次の日一緒に仕事しないといけないのが農家。
    会社で個人的な理由で仕事を放棄するのが非常識なように、家族と喧嘩したからといって畑仕事を放棄するのは良くない。
    怒鳴り合いながらでも仕事する根性と、冷戦状態でも仕事に必要なやり取りをできる心の広さが必要。
    そういう覚悟ができないなら、最初から家族や夫婦で農業はしない方が良いですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    農業はビックビジネス

    しおりをつける
    blank
    snark
     ワインバーグの「コンサルタントの秘密」という本の最後の章を読んでください。コンピューター業界では割と有名な本です。

     人間以上に言う事を聞かず、自分勝手な自然を相手に広い土地、高い機械、五月蝿い政府、農協、田舎特有の濃い人間関係を相手に戦っていると SE家業が懐かしくなるかもしれませんよ(笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    甘いのかな…?

    しおりをつける
    blank
    果物子
    タイトル、自分についてです。

    私もこの秋に専業農家の彼(長男)と結婚が決まっている30歳です。

    彼のご両親は兼業でしたが、彼が継ぐのをきっかけに専業になるようです(お母様は外で働いています)。それに伴い、自前の畑の他に畑を借り入れたようです。

    彼は農業を仕事と割り切っているので、私にはむしろ手伝って欲しくないと言います。彼のご両親もそれを承知していますし、現に私は会社員として働いていて辞めるつもりはありません。ただ…近所の農家の人など、周りが何と言うかは不安ですね。農業って近所と協力して行ったりするものですよね?

    天候に左右されるものだし、不安はありますが、何とかなるだろーって思っています。甘いのかなぁ?

    アドバイスにはなりませんが、お互いに生涯共にすると決めた人が選んだ道を応援しましょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    5年間、専業農家の嫁やってました

    しおりをつける
    blank
    しろねこ
    農業ねぇ。私の5年間は、はっきり言って大変でした。結構大きな専業農家で、稲作だけでも10ha以上はあったかな。

    一緒に仕事をすると、義父母との仲も複雑になったりしますよ…。私は5年目には、義父母相手に大ゲンカしてましたね。ははは。

    儲かっているうちは、みんな機嫌いいんですよ。収入が落ち込んでくると…、けんかになります。

    仕事で疲れると、みんな自分が一番苦労している気になるんです。「○○が働いてない」と、犯人探しみたいになったりして。

    収入が1千万とか2千万とかいっても、4・5人で朝から晩まで働いて、の金額です。それぞれが外で働くことを考えれば、経費(機械・肥料・農繁期の人件費とか)も考えると、どうなんでしょうって思います。

    農家の嫁は大変ですよ。農業以外にも早朝から家事もしなくちゃいけないし、3食みんなの分をつくるとかね。

    旦那様が農業をされることに、トピ主さんは関わらないことを、私はお勧めしますね。(「大変そう」などと情に流されて手伝わないことです。)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どんな分野も経営は難しいです

    しおりをつける
    blank
    マジシャン
    昔、農薬会社に勤めていたので、農家のことは少しは知っているつもりです。

    農家は個人事業主ですから、上手く経営すれば儲かるし、ダメな経営なら
    破産することもあります。兼業なら、農業で赤を出しても補填できますが、
    専業だと逃げ道がありません。ベンチャーを起業するのと同様、収支を計算し、
    将来規模拡大できるだけの利益が出るのか、きちんとした計画を立てることを
    お勧めします。

    農家は農協に口座を持っていて、農薬や肥料を注文すると、口座から引かれます。
    農作物が売れれば、口座に振り込まれます。赤字になれば、田畑を担保に農協が
    貸してくれます。こんな状況なので、農家の大部分はドンブリ勘定です。
    農協も商売なので、農家の経営より売上げや貸付高を優先します。農業機械を
    バンバン売付け、口座にお金がなければ貸し付けて利子を稼ぐ。

    彼氏を通じて、義実家の経営状況(借金の有無)を確認されることを
    お勧めします。数百万の借金なんてザラですから。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の実家あたりは・・・

    しおりをつける
    blank
    農家の娘
    北陸の兼業農家の娘です! 
    私の実家の方は 親が農業 息子夫婦が勤めに出て 現金収入を 休日手伝うというのが 一般的です。
    いまの農業はある程度の設備投資が必要ですし 農業収入は不安定なので 安定収入を確保したいということもあります。
    あと不安なのは 嫁=無料労働提供者という古い考えが まだ残っていることです。

    悲観的なことばかり並べましたが 私自身は農作業好きですし 経営によっては 将来性のある産業だと思います。

    激務を続けるのは大変かもしれませんが きちんとした農業設計を立て 検討してから(ご両親を含め) それから退職なり 転職なりされてはどうですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんへ

    しおりをつける
    blank
    ダーツ
    トピ主さん、一応その後の様子などお知らせください。皆さん親身に書きこんでいらっしゃるので。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0