詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    最近出会ったいい話

    お気に入り追加
    レス22
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    すきっぷ
    話題
     人間、どうしても相手の短所が見えてしまって不満や愚痴が多くなりがちですね。そこで、身の回りのいい話を聞かせていただき、元気をもらいたいと思います。まずは私から。

     先日重い荷物を持って歩道をえっちらおっちら歩いていたら、反対側から来た男子中学生2人が「手伝います!」と言って私の手から荷物を取ってくれました。彼らからすればわざわざ来た方向へ引き返すことになるのに・・・。お礼を言い、名前を聞きましたが「いえいえ」とにっこり笑って去っていきました。自分の中学時代でもそんなことはできないと思い、とても感心しました。

     もうひとつ。信号のない横断歩道で子ども2人を連れて渡るタイミングをはかっていたら、すぐに両車線の車が止まってくれました。渡り終えて子ども2人とお辞儀したら、ドライバーさんもにっこり笑ってくれました。ちょっとしたことですが、これからもずっと信号のいらない横断歩道だったらいいなぁとうれしくなりました。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数22

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    参加したいけど思い浮かばない

    しおりをつける
    blank
    のど飴
    こういうトピには、是非参加したいのに、すぐ出てきません。娘が風邪をひいていて、全然食欲がなくって心配だったけど、今日は残さず食べてくれたし、いっぱいおしゃべりしたり相談したりしてくれているのです。嬉しい。・・・とこういうのでもいいですか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    電車の中で

    しおりをつける
    blank
    電車女
    先日、私の隣に座った若いお母さん&乳児のこと。突然赤ちゃんが大声で泣き出し、周りのサラリーマン風の人達や年配の方達は迷惑顔。私はハラハラしていたのですが、二人のヤマンバ風?の女子高生が乗ってきて
    『あ~赤ちゃん泣いてる!やべぇ、うちらのせいじゃん?』
    と一人が言うと、もう一人が
    『怖くないでちゅよ~』
    と持っていた花のブレスレットを目の前で振ってなだめていました。赤ちゃんは泣きやんで女子高生は次の駅で降りていきました。
    何となく日本の将来に安心した瞬間でしたね・・。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    この間ありました

    しおりをつける
    blank
    るみ
     誰もがぐったり疲れた終電でのことです。
     私が降りる駅は終着駅なので、爆睡していたのですが、降りる駅の三つ手前で目が覚めました。
     向かいの座席には、初々しいスーツにひっつめ髪の女の子が疲れきった様子で眠ってました。
     電車が次の駅に入り、ドアが開いて、私はまだ後二つだな~と思っていたところ、向かいの彼女がはっ!と目を覚まして慌てて鞄を引っつかみ下車しました。
     が、彼女の座っていた座席の足元には定期入れが。
     私が動くよりも早く、彼女から少し離れていたところに座っていた中年の男性がぱっとそれを拾い、閉まりかけたドアからホームにいる彼女に放り投げました。
     彼女の体に当たって、定期入れを落としたことに気が付いた彼女が、閉まったドアの向こうで投球フォームのままの中年男性に何度もぺこぺこと頭を下げている姿を残して、電車が発車しました。
     わずか十数秒でしたが、疲れがふっとんだ出来事でした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出会った「良いマンガ」

    しおりをつける
    blank
    ごま
    私の周りの実話ではないのですが最近とても他人に薦めたくなる「マンガ」と出会いました。
    双葉社から出ている「大阪ハムレット」というコミック単行本です。「少年アシベ」や「ここだけのふたり」で有名な森下裕美さんのマンガです。

    私は森下さんのシュールな笑いが好きで単行本も全部持っていますがこの「大阪ハムレット」はそのシュールな笑いプラス「涙」でした。家族愛や純愛のストーリーがいくつかあります。
    久々に他人に薦められるマンガに出会い、この場をお借りして宣伝しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    出雲大社にて

    しおりをつける
    blank
    ゆうこ
    男関係で色々悩んでいて、疲れた気持ちを吹き飛ばそう!って思って一人旅に出雲大社まで行きました。
    朝早くに一人でぷらりと私が歩いていると見知らぬおじいちゃんが「シャッター押して貰えますか」と声をかけてきました。偶然にも同じ関西から来たとの事で意気投合して、そのまま少しだけ一緒に散策しながら色んなお話をしました。そしてさよならをする時におじいちゃんが私に優しい笑顔で「あなたに良縁がありますように」って言ってくれたんです。
    縁結びの神様の出雲大社で出会ったこのおじいちゃんが私にとって良縁だわ~出雲大社バンザイ!って気持ちでいっぱいでした。
    男関係でグチャグチャに悩んでた気持ちもおじいちゃんのおかげでスッキリする事が出来ました。

    おじいちゃん、本当にありがとうございました。
    とっても嬉しい笑顔と言葉でした。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    最近の話じゃないんですが

    しおりをつける
    blank
    あじフライ
    私がまだ両親と暮らしていたときのこと。両親が仲人になって結婚をまとめた遠縁のお嬢さんがいました。その方がめでたく最初の子供を出産され、その子が二歳ぐらいのとき家に遊びにこられました。家ではたまたま母がお赤飯を作っていたのでそれを真空パックにしてお土産がわりにあげたら、その方の小さな息子さんがお赤飯が大好物だったようでそれを食べたいとむずかりはじめました。でもその方が「うちへ持って帰ってお父さんといっしょに食べようね」といったらすぐに泣き止み、にっこりとわらいました。その様子で息子さんがお父さんのことが大好きということがよくわかり、親子三人幸せに暮らしている様子がこちらにも伝わってきました。

    その当時、家業がうまくいってなかったために家のなかが沈みがちだったのですが、あの日からしばらくは家中に微笑みが絶えませんでした。ちょっとしたことですが、今でもよく覚えています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    私の経験になりますが…

    しおりをつける
    blank
    woo
    以前会社にいた常務。
    些細なことに突然怒鳴りだしたり、
    自分のミスや迷惑かけててもなかなか頭を下げられないような、昔気質の頑固オヤジでした。

    常務への来客でコーヒーを出したあと。
    わざわざ私のデスクまで電話をかけてきて
    「さっきのコーヒーおいしかったよ、ありがとう」と。

    職場のひとに話したらみんな「えー!うそでしょ!」と。
    どうやら、この10年くらいの間でも
    うちの会社の人間で
    常務からそういう事を言われた人は
    他には誰もいなかったようです。

    それを知ったとき、とーっても嬉しかったです!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    最近じゃないけどいいですか?

    しおりをつける
    blank
    たー
    某プロバイダで入会受付の仕事をしていた時。
    70歳代の旦那様がインターネットをやりたいということで、申込書を送ってきました。
    色々不備があったのですが、丁寧にをモットーにしていたので細かく直していただきたい箇所を便箋に書き、「何か分からないことがありましたら『たー』宛てにお電話いただけますか?」と一言添えて返信しました。

    その方は無事に入会出来た後、私宛に「入会の際、こちらの不備にたいして大変ご丁寧にありがとうございました。とても感謝しています。」といったすごく丁寧で感動する手紙をくださいました。
    ヒイキにしたわけではないですが、受付した側としてもとってもうれしくて、今でも手紙はとってあります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    道の真中で・・・

    しおりをつける
    blank
    わか
    車が走行中にストンと止まりました・・・。ガス欠ではなく、タイミングベルトというものが切れてだそうです。これが高速だったらと思うとぞっとします。幸い、田舎道で後ろからの車もなく、友達と2人とりあえず、道路脇に車を動かそうとしましたが、私が運転席、友達が後ろから押しても動きません。そんな時、自転車で通りかかった高校生の男の子2人組みがすぐにとんできていっしょに押してくれました!とっても助かりました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    井の頭線で

    しおりをつける
    blank
    吉祥寺
    忙しくて寝不足が続き、電車で爆睡してしまったことがありました。
    ふと気づくと勤め帰りらしいスーツ姿の若い女性が、肩をたたいて「終点ですよ」と起こしてくれました。
    最後の一人になっていました。
    あのときの方、本当にありがとうございました。

    それから、横断歩道で待っている人がいる時、車が止まるのは日本では美談ですが、アメリカでは当たり前の普通の事でした。
    これにはとても感動しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    blank
    すきっぷ
    みなさまありがとうございます! 劇的な出来事でなくても、ほんのちょっとの善意や何気ない笑顔が「がんばるぞ」って思える元気をくれますよね。どれも読ませていただいてるとつい笑みがこぼれて元気になれます。

    のど飴さん
    私も親として、ものすごくわかります。気持ちがぱーっと明るくなりますよね。回復されてなによりです。私も、子どもにイライライしたときに、そのときの気持ちを忘れずにいたいです。

    電車女さん・るみさん
    電車というと殺伐としたイメージがついてまわりがちですが、こういうコミュニケーションやとっさの行為がぐるぐる回って増幅してくれたらいいなぁって感じました。自分もそんなことができる人でありたいです。。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です2

    しおりをつける
    blank
    すきっぷ
    ごまさん
    ご紹介、ありがとうございます。「少年アシベ」はよく読んでました。「大阪ハムレット」、ぜひ読んでみますね。いまから本屋さんに行ってきまーす。

    ゆうこさん
    私も出雲大社には何度か行きましたよ。そんなすてきな縁はありませんでしたが(汗)。旅先で出会った笑顔や優しさって、ものすごくうれしいですよね。

    あじフライさん
    あ~、いいですねぇ。そのご家族の幸福そうな様子が目に浮かぶようです。小さな子どもの笑顔から、そこまで感じ取られたあじフライさんもすてきです。

    心の栄養をたくさんいただいて、ものすごく元気になれました!
    ちょっとした事でけっこうです。引き続きお願いします!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    山口県の小郡というところで

    しおりをつける
    blank
    ぷにくら
    マウンテンバイクで自転車旅行していた時のこと。
    強い雨が降っていて全身泥だらけのありさまの上
    道がわからなくなり、通りすがりの傘をさしたおばさんを呼び止めて
    尋ねました。
    おばさんは親切に道を教えてくれ、最後に私の背中に向かって
    「気をつけて行きなさいよう!」
    と声をかけてくれました。

    それだけなんですが驚きましたねぇ。道聞かれたら
    教えるぐらいは私もしますけど、気をつけてね、と
    声かけるなんて今まで考えついたこともなかった。
    それ以来、もし誰かに道を聞かれたら、別れ際に
    「気をつけてね」と付け加えようと密かに心に決めてます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    バスの中で

    しおりをつける
    blank
    牛若
    バスの座席に座っていたら、おばちゃん2人が私の後ろの席に移動してきてペチャクチャとおしゃべりを始め、うるさいなぁ~と思いながらもうたた寝をしてしまいました。目が覚めた時、私が降りる停留場で、乗客が降りた後でドアが閉まる寸前でした。あわてて降りようとしている私の後ろで、おばちゃん2人が「降りまーす」「降りまーす」と私の為に黄色い声で叫んでくれました。おばちゃん達に一礼し、無事降りられました。あの時は、うれしかった~。人のやさしさっていいなぁと思いました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    電車の中で

    しおりをつける
    blank
    牛若
    妊婦さんが私の隣に立ってました。私の前の座席があいたので、「どうぞ、座って」って妊婦さんに席を勧めたら、「ありがとうございます」と座ってくれました。しばらくして、妊婦さんの隣の席があいて、妊婦さんは、ササっと横に移動し私の座るスペースをつくって「どうぞ」と言ってくれました。なんだかうれしかったなぁ。人っていいなぁ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      違う新聞ですが。。

      しおりをつける
      blank
      su
      毎日新聞の女の気持ち男の気持ちと言うどくしゃとうこうらんで、子供ができなかった奥さんにご主人が妻の日を作って感謝すると言うコラムがありました。大変心温まるコラムで、将来こういう思いやりがあふれる夫婦になりたいと思いました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      神戸にて1

      しおりをつける
      blank
      ラピスラズリ
      すきっぷさんの引き続き・・・というお言葉に甘えて書かせて頂きますね。今更ながらすみません。

      妹がしばらく住んでいた神戸を引き上げて他県へ戻るため、先日引越しを終えてアパートを引き払い、名残惜しい光景を目にしながら三宮に向かうバスの中での出来事。

      ・途中のバス停から乗ってこられた視覚障害の方の後方から、たまたまバス停で一緒になったと思われる若い(今時の関西風)お姉ちゃんが乗ってこられ『ステップあと一段上って終わり、そのまま前に行って、そこそこ、右、右・・・一番前の席が空いてる』と親切に教えてあげて、その方が『ありがとう、ありがとう』と言いながら無事座った事を確認してから、その女性も後ろの方へ移動していきました。

      ・その同じバスの中で、赤ちゃんを抱いたお母さんが折りたたんだベビーカーを持ちながら座席に座ってると目の前に立っていた方が、『ベビーカー私が持ってるから』と立ったまま持ってらっしゃいました。降りるときも周りの数名の方が『持って降りるよ』ととても親切に対応されていました。降りた後お母さんが『ありがとうございました』と深々とおじぎをされていました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      神戸にて2

      しおりをつける
      blank
      ラピスラズリ
      ・引越前日のバスの中でも、私が荷物を持って立っていると、すぐ側に座っていたおばちゃんが、『私の膝の上に荷物置いたらええわ』と親切に声をかけて頂いたり。

      たった数日間、よりによって神戸を去る日にこのような貴重な光景を目の当たりにできて、帰りの新幹線の中で、神戸の方々の人情深さ・温かさに感動して、妹と二人目頭が熱くなり涙流しながら『またいつでも来ようね』と、別れを惜しみながら街をあとにしました。何かと世知辛い世の中で、あまりの感動を伝えたくて書き込みさせて頂きました。あの光景を胸に刻んで、私も常に率先して声かけできる人間でありたいと思います。ありがとう・・・神戸の方々と街へ。
      トピ主さん、この場をお借りして長々とすみませんでした。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      親切のバトン。

      しおりをつける
      blank
      傘。
      雨の日の傘を持たずにバス停で待っていたら
      後ろに並んだおばさんが傘に入れてくれました。

      それから何年もして寒い雨の日
      駅に向かって歩いていると傘をささずに
      歩いている女性がいたので
      「駅までご一緒しませんか?」と声をかけました。
      彼女は会社で嫌なことがありかなり落ち込んでいたとのことで
      こちらが恐縮してしまうくらい感謝されました。

      自分が受けた親切を少しずつでも
      他の人に回していきたいと思いました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      少し前のことですが。

      しおりをつける
      blank
      みかん
      私も、見知らぬ方々の善意を受けました。
      人員整理でパートを辞めた日、帰り道、私物を入れた紙袋をぶら下げてボンヤリと歩いていました。
      駅の下り階段で誤って紙袋を落とし、中身をぶちまけてしまいました。
      慌てて拾っていたら、周りにいた人が大勢、一緒にしゃがんで拾ってくれました。
      割れたマグカップまで集めてくれました。
      その時は頭の中が真っ白で「すみません」「ありがとうございます」を繰り返すことしかできませんでしたが、
      電車に乗って、家に着くころ、ほんわか温かな気持ちになっていました。
      会社に切られて、かなり凹んでいたのですが、「悪いことばかりではないのだ~」と一発で立ち直ることができました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      愛地球博にて

      しおりをつける
      blank
      いなかっぺ
      昨年、やっと仕事で休みが取れて
      娘(4歳)が楽しみにしていた博覧会に行きました。

      会場は閉園になっても駅まではすごい混雑
      心無いおじさんやおばさんは
      平気で割り込みや人を押しのけたり
      信じられない事の連続でした
      それでも田舎者の私達親子は
      必至でその混雑に耐えていました。

      そんな混雑の中、
      娘が押しつぶされそうになった姿を見ていたのか
      近くにいた若いカップルが
      (普段だと声をかけることすら躊躇ってしまいそうな
       都会の派手な印象の二人でした)
      「大丈夫ですか?」と声をかけてくださり
      さらには駅の階段やホームなど
      混雑の特にひどい場所では
      二人で娘を囲うように挟んでくださり
      人込みで押しつぶされそうになるのを守って下さいました。

      私自身、外見で人を判断してしまった事への
      恥ずかしさはもちろんですが、
      本当に感謝でいっぱいの気持ちでした

      最後の別れ際にちゃんとお礼も言えず
      車内で眠る娘を抱えて会釈するのが精一杯

      今でもあのカップルの顔はしっかり覚えています
      この場をかりて本当にありがとうございました

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      3人ずれた

      しおりをつける
      blank
      いちご
      そんなに混んでいない電車の中です。私の向かいの7人がけに、2つめと6つめが空いてました。そこに2人組が乗ってきました。
      一人が、2つめに座り、もうひとりはその人の前に立っていたのですが、それをみて5つめに座ってた人が6つめにずれました。すると、その隣の2人も横にずれて、3つめが空くことになったので、そこに立っていた人が座りました。3~5はみんな一人で乗っていたようでしたが、すばらしい連携プレイだなと前で見ていて感心してしまいました

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0