詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    しました、されました。こんなプロポーズ

    お気に入り追加
    レス60
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    大手小町編集部
    話題
    『聞かせて!小町』にたくさんの貴重なご投稿をお寄せいただき、ありがとうございます。

     第8回目のテーマは
    「しました、されました。こんなプロポーズ」です。

     指輪とともに「僕と結婚してください」子どものころから夢見たプロポーズ。ストレートに言うにはそれなりに勇気が必要そうだけど、実際のところはどうなの?

     そこで今回は、みなさんが経験したプロポーズの言葉やシチュエーションを募集します。

     女性から男性へというケースも珍しくないはず。「君を一生大切にする」っていったのに、実際は?という体験もぜひ。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数60

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  60
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    結構ストレート

    しおりをつける
    blank
    こおもて
    知り合って3ヶ月くらいで、彼の友人(♂)と一緒に彼の下宿に行って飲み、そのまま泊まり込んだ。先に寝た友人の横で、彼が「君が欲しい」とえらく真剣な顔でプロポーズ。もともと結婚願望ゼロの26の私は、ええっとびっくりしてのけぞった。その夜はそのまま何もなかったが、数日後結婚しようと電報を送った。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    どっちもどっち

    しおりをつける
    blank
    シュワー
    優柔不断な私。
    結婚もあれこれ理由をつけて、逃げまくっていました。

    30にもなって、決断力がない私。
    お見合いで付き合っていた彼が言ってくれました。

    「多分、貴方は僕以上の人を探していると思うけど、周囲を見て下さい。私以上はいません」

    オオーと内心驚きましたが、平静を装い私は言いました。

    「貴方はお目が高い。私以上は日本全国を探しても中々いないと思うわよ」

    どっちもどっちなので、未だに続いています。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    誠実さ。

    しおりをつける
    blank
    パート主婦
    「とりあえず、結婚してみませんか?僕が先に死んでも、あなたがその後生活するだけの物は残しますから。苦労はさせませんから。」

    と15歳年上の主人から、2年半前に。
    そんな事どうでも良かったけど、そう言ってくれた気持が嬉しくてに結婚。今は一緒に苦労してます。シアワセですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あやふやなんですが・・

    しおりをつける
    blank
    フラウ
    夫からは、はっきりとプロポーズの言葉はもらってないんですが、
    「君の為に、朝食をずっと作ってあげたい。」って言われたのが、プロポーズにあたるかな~?と思ってます。
    なにしろ朝が弱いので、独身時代、朝食はほとんど食べてなかった私ですが、夫の言葉通り結婚後は彼が毎日作ってくれ、美味しい朝食ライフをおくってます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    義父からプロポーズ

    しおりをつける
    blank
    あわてん坊
    彼が義父(彼の父)に、「結婚しようかと思ってる」と言ったら、早とちりの義父がすっ飛んできて、「どうぞよろしく」とうちの親に頭を下げて、うちの親も「はい」と。
    本人同士はまだ何も話してなかったんですけど。
    ちなみに、指輪と共にプロポーズってドラマじゃ定番だけど、本当にあるんですか?
    たいてい、プロポーズしてから一緒に買いに行って、結納の日に渡すのが多いように思うんですが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    沈黙のプロポーズ

    しおりをつける
    blank
    みぞれ
    付き合ってた彼氏との子供を妊娠していることがわかり、二人で病院に行きました。「おめでたです」と言われ、あまりに突然だったことや、私の家庭の事情などから結婚は難しいと思っていたこともあり、私は病院の待合室で青ざめながら「産まない選択」のことばかり考えていました。その時、付き添いで隣にいた彼が、「産んで生活のすべてが変るのはお前の方だから、最終的な判断は任せるしかない。でも、どうして産まないことばかり考えるの?二人でこの子の親になる選択はまるでないの?」と聞かれました。私はとっさに「それって結婚するってことだよ」と言うと、彼が真顔でじっと私の目を見つめました。
    この沈黙と、その前の言葉が、実質的にプロポーズでした。
    今は元気な息子を二人で育てています。幸せです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こういうことをするのなら……

    しおりをつける
    blank
    呑気男
    「……私をまず妊娠させてください」
    海外に定住している自分。顔見知りでしかなかった日本女性とメールのやり取りだけで一年が過ぎ、総計108通になったところで一時帰国。滞日中に幾度もデートはしたけれど<そういうこと>はないまま離日。4ヶ月後、今度は彼女が僕の住む国にやって来た。
    <そういうこと>になりつつあった初めての夜。彼女が僕の目をまっすぐ見上げ、タイトルから続く言葉を口にした。――結婚の意思表示にこういう言い方もあったのか!と度肝を抜かれながらも愉快になって、真剣に、大切に、僕らはその夜を共に過ごした。
    1年を経ずして僕らは男の子の親となり、まもなく次男も授かった。
    しかし! 子どもたちの世話に追われて睡眠時間もままならない昨今の家内殿。「えーっ?! わたし、そんなこと言ってないでしょ。作らないでよ~~」と、仰る。
    あれは僕の空耳だった? 空耳だったにしては<子どもたち>という現実が今、目の前にあるのだけれど。……
    まぁ、子どもたちは文句なしに楽しいし、空耳だったとしても、まっ、いいか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    しましょうか?ではなくて。。。

    しおりをつける
    blank
    おかきょん
    居酒屋のカウンターでプロポーズされた私。「結婚しましょうか?」「はい。。。」と答えたとたんに目の前の酒瓶が目に入った。それまで2人の世界だったんですね。
    でも神妙だったのはそこまで。酔っ払いだった私は「しましょうか?じゃなくて、して下さいでしょー」と言い、もう一度「して下さい」と言わせたのでした。主人が懐深い人でよかったです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    されました。

    しおりをつける
    blank
    LA子
    一日デートをした後ホテルに戻り、何気にラジオを聴いていると、ラジオから素敵な曲が流れてきました。その曲の後、DJが「今日はスペシャルゲストに来てもらいました。」

    「こんにちわー」とラジオに出てきたのが私の彼。目の前の彼はニコニコ。

    どうなってるの?と思ってる間に、ラジオの中の彼は、今日は重大な日であること、彼女にプロポーズすることを述べ、「LA子(私)、結婚してくれる?」と言ったのです。目の前の彼は私の前に片ひざをつき、パカっと指輪の箱を開き、そこには大きな大きなダイアモンドの指輪。

    驚きとうれしさと恥ずかしさでいっぱいでした。(ラジオはLA中に流されてたので)「次の曲の間、考えて答えをちょうだい。」

    その曲はとっても素敵な曲で、私達の結婚式でも流してもらいました。

    ちなみにこの数日前に、やけに一人でどこかに行けとうるさかったけれど、どうやらその日にラジオ取りをしたそうです(笑)。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    妻妾同居の家庭

    しおりをつける
    blank
    吉子
     数年前の体験です。当時、付き合っていた彼の自宅を初めて訪問したとき、初対面の彼の母が言いました。
    「この子(彼)の父親との結婚と同時に、父の彼女と3人で暮らしていた。近所の人たちも知っていた」と。
     世間知らずの私は、それがよいとか、よくないとか、というよりも、「へぇー、小説のような世界も現実にあるんだー」と思いましたが、発言は抑えていました。
     そのときの彼の様子は下を向いて、はずかしいことのように身体を萎縮させていました。しかし、昔のできごとだし、両親のことだし、終わっていれば、私が感想を述べることはないので、何も言いませんでした。
     その数ヵ月後、いきなり彼から結婚の話がでました。突然で、驚きました。その内容は「僕は吉子と結婚してあげる。でもその前に他の女の子とも付き合うし、結婚後もそうする」私「…」  子は親の背を見て育つのですねぇ

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    灯台もと暗し?

    しおりをつける
    blank
    ぽー
    6年間友人だった彼に「いい加減付き合おう」と言われ「あなたと結婚したい!って
    思う位にならないと、付き合うことはない」と断ったところ、「じゃぁ結婚しよう」と言われました。
    今までの彼の言動を思い返すと、私の理想の旦那像にピッタリ。
    結婚願望ゼロだったのに、4ヵ月後に結婚しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    最初のデートで

    しおりをつける
    blank
    猫草
    あるサークルで一緒でした。複数では何回か飲みにいったりしていました。

    仲間の何人かに「彼は君のこと好きだよ」と言われてから意識し、まあ、つきあってみてもいいか・・なんて思っていましたら、案の定デートの誘いが。

    軽く食事をするくらいと思いレストランへ。

    と、いきなり

    「真剣に結婚したいと思っている」って・・ハアアッ!?

    なんでも、最初に私を見た時から結婚しようと思っていたとか・・でも、こんな私に対してなぜ?最初に見た時からって鳥のひなの刷り込みじゃあるまいし!

    と思いましたが、それからほどなくして婚約(彼の真剣さに負けた?それとも私も結構その気だったか・・)

    でも、やはり心の準備もなにもできておらず、一年以上待たせてゴールインしました。

    そして24年。紆余曲折ありましたが、まあまあ仲良くやっています。何回聞いても「だって最初に見たときに・・」
    と言うから、そうなんでしょう。

    結構、旦那の方は結婚後「えっ!?」というようなこと、あったみたいですが。

    そんなインスピレーションで決めるからいけないのさっ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    十人十色

    しおりをつける
    blank
    がすぱーる
    いままでに数人の方からプロポーズされ、様々な内容の中から、印象に残っているのを挙げると…

    1)階段下から、上にいる私を見上げて、彼は両手を広げて片足をつき、「結婚して、私のプリンセスになってください」と演劇舞台さながらのシチュエーションでした。
    2)歌の旨い友人らを雇って、臨時コーラス部隊を作り、バックコーラスが流れる中で、彼が「一緒になって欲しい」と告白
    3)片膝をついて、指輪の箱を両手に持ち、「親友の貴方と付き合うことが出来、今これからの人生を一緒に歩んで生きたいと思う。僕と、共に過ごしてくれませんか?」(台詞曖昧です)

    それぞれ、心のこもった告白で、感動しました。どんな形であれ、男性にとっては、一世一代のものですよね。
    最後のが、今の旦那で、彼は当時の事を「とにかく緊張した!」と言ってます。お互い、感激して涙を流したのが良い思い出です。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    あのころはよかったな~

    しおりをつける
    blank
    4月の花嫁
    デート帰りに何だかそわそわしてるな~と思ったら
    いきなりリングケースを「はい」と渡され
    「俺と結婚してくれる?」
    びっくりしたのは○ィファニーのリングだったこと。
    ブランドに興味がなく、いつもジーンズにシャツ姿の彼がおずおずと○ィファニーに入っていったのかと…
    そのことに感激し涙しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    結婚式当日に・・・

    しおりをつける
    blank
    かっちゃまん
    付き合って7年目、同棲5年目を迎える少し前に結婚しました。
    好きあっているのに、こんだけ長くだらだらするのも如何なものか、年貢の納め時だと私から「そろそろ結婚しようよ」と言いました。
    煮え切らない返事が数ヶ月続いたので「25まで(理由付けとして)に結婚しないのなら今すぐ別れたい」と押し迫ったところ、「(結婚しようという言葉に)うん」と言っただけでした・・・。
    それでも、結納で結納という儀式の中で贈り物とし指輪やパソコンや結納金を頂いた事に「プロポーズ無かったのはちょいと悲しいが、きちんとけじめをつけて色々考え行動してくれてるから良しとしよう」と思っていました。
    それから迎えた結婚式当日・・・。
    父が私を彼に託した時、普段涙を見せない彼から思いがけない一言。
    涙を少し溜めながら「生涯を掛けて大切にします」と。
    思わずうれし泣きしてしまいました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      イルカ

      しおりをつける
      blank
      付き合いだして3年半で結婚を申し込まれました。
      「一生一緒にいよう」と指輪を渡されて。
      でも、その指輪はダイヤなどの宝石ではありません。


      付き合い初めてまだ手も繋がなかった時期に水族館へ行きました。そこで今の夫に300円のイルカの指輪を買ってもらいました。おもちゃの指輪だけど18歳の純粋な私は凄く嬉しくて何度も「ありがとう」を言った記憶があります。そしてプロポーズの時に貰った指輪も同じイルカの指輪。夫は1人で当時行った水族館へ行って同じものを探して渡してくれました。あの時300円の指輪で大喜びしていた私が可愛かったからと・・・。
      ああ、懐かしいなあ。あの水族館まだあるかなあ・・。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      じゃあ、結婚しよっか

      しおりをつける
      blank
      確か、そんな言葉だった気がします。

      結婚するんだろうなァ、とお互いになんとなく感じて、付き合って3年。タイミングだと思います。春に入籍して、秋に式予定です。

      おととしは仕事をやめて自分の将来設計を考えていたため、結婚は断っていました。
      が、何とか去年あたりから仕事のめどが立ち、自分にも落ち着きが出て、彼の実家へも初めて行きました。
      初めて彼女を連れて帰省したと、彼の祖母母親は大慌て。その晩、結婚するの?と先に彼の母親に聞かれ、しどろもどろになり、彼に勇気を持って、次の日聞いた返事がこれでした。

      私の気持ちは無視ですか?と照れ隠しに、言った思い出が。
      彼の3度目の『結婚しよっか?』に初めて頷きました。(今まで冗談ぽかったので、嫌、と普通に言ってました)

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      とっても恥ずかしかったけど

      しおりをつける
      blank
      匿名
      列車の中で知り合った私達。付き合って5年目に一緒に
      行った旅行先の列車の中でプロポーズされました。
      私個人的には、まるでドラマのような出会い方と
      プロポーズで(えっ?そんな事ないですか?)一生に
      一度の素敵な想い出をもらいました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      絵に描いたような

      しおりをつける
      blank
      mimi
      二人で出かけた旅行先で、膝まづいて、指輪の箱をぱかっと開けて、結婚してください、っていう絵に描いたようなプロポーズをしてもらいました。

      まあその前に宝石店に何回か連れて行かれてたので、そろそろ来るな~と思ってましたが。彼がひとりで買いに来るつもりだとわかったので、私の好みはこういうの!とさんざん?さりげなく?アピールしておきました。

      旅行中、ずっと指輪の箱を荷物の中に入れて、潮時を見計らってくれてたみたいです。

      まあそれまでずいぶん待たされましたからね・・

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      300万円貯まったら

      しおりをつける
      blank
      秘密主義
      「300万円貯まったら結婚しよう」と、明るくプロポーズされました。

      あたしはそれくらいなら、すでに貯金してるよ。
      あんた、もってないの?
      と、心の中でつっこみを入れてしまいました。が、

      「がんばってお金貯めようね」と、つつましやかにOK。
      その後の一年は鬼のように貯金させました。

      今、手元に私名義の結婚前の貯金が500万円ほどあります。当然、主人には内緒です。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      はいは~い

      しおりをつける
      blank
      yui
      あわてん坊様

      >ちなみに、指輪と共にプロポーズってドラマじゃ定番だけど、本当にあるんですか?

      ありました!
      私はプロポーズと共に指輪もらいましたよ。
      もともと宝石に興味なかった為指輪はいらないと
      いっていたのですがプロポーズをするのに指輪がないと
      決まらないとプロポーズと一緒に渡されました。
      ドラマの定番のようですが実際やられると結構感動しますよん♪

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      婚約したばかり

      しおりをつける
      blank
      佐々木
      GW中に半年間遠距離で付き合った彼女と、お酒を飲んでいるとき、
      「お嫁さんにして」といわれました。
      「いいよ」と即答。

      「本当にいいの?」
      「本気で言っているんでしょ? ならいいよ。冗談で言っているのならダメ」
      「もちろん本気よ」
      「じゃあ、いいよ」

      お互いが如何にマッチしているかを知るのに、半年という時間は充分でした。

      彼女は跪いて「結婚して下さい」って言われるのが夢だったみたいですが、自分から言ってしまって残念がっていました。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      城址公園で

      しおりをつける
      blank
      今回は匿名で
      天気の良い昼下がり。
      とある古城の城址公園をブラブラと二人で散歩をし、小高い城壁の上の、石のベンチで休憩。
      「ちょっと横になりたいな」と彼がいい、じゃあ、と、ひざを貸してやり(…照れますな)
      ゴロリと彼がベンチに寝そべって…

      なんて気持ちの良い昼下がり…と、ボーっとしているときに、彼も「気持ちがいいね」と言い、「そうだねぇ」と私も返事。そのあとに。
      「結婚しよう」
      「結婚してください」
      「ずっと一緒にいたいね」
      そういう言葉だったと思いますが、私においては唐突で、驚きの方が大きすぎてすっかり思考停止。肝腎なプロポーズのフレーズをすっかり忘れてしまった。残念!!! 
      主人は怒って今更教えてくれません。

      私の方がまだまだ夢見がちで、結婚に現実味を持って考えきらないほど、当時精神的に未熟でした。「えーっ、急すぎるよ、どうして今?」すっかり及び腰、往生際の悪い私。決まんないなぁー

      主人においては一世一代の大仕事だっただけに、私の返事にはすっかり拍子抜けだったようです。夫ごめん。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      笑ってください!

      しおりをつける
      blank
      夢子
      プロ野球の某投手。

      先発マウンドに上がる直前に、首にかけたネックレスから指輪をはずし、
      「今日は、君のために完投するよ。おそろいのリング、受け取って……」

      無四球、完封で勝利~~~
      そして、めでたく結婚だぁ。

      という、夢を見ました。大好きな選手なのでうっとり。
      私と彼の年の差は18歳。ありえないですかね、やっぱり。

      おーっと、しまった、私にはダーリンがいたわ。
      ごめんね、○垣投手。プロポーズは、お断りします。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      うちのプロポーズ

      しおりをつける
      blank
      すずめ
      ドライブ中に将来の夢を聞かれたので
      「贅沢は言わないけど、どんな状況でも笑って暮らして居たい」
      と言ったら、
      「オレと一緒ならずっと笑顔で暮らせるよ」と。
      それが最初のプロポーズでした。
      その後は
      「今、オレをつかまえとかないと後悔するよ?」
      「結婚しよう。絶対大事にするから」
      と続き、私の父と会った時には、緊張したせいか、
       夫「お嬢さんと、結婚してください!!」
       父「いくらなんでも、私は娘と結婚はできんぞ?」
      家族中、大爆笑でした。

      時々泣いたり怒ったりしますが、
      常に守ってくれると言う安心感もあり、笑顔の多い生活です。
      今年結婚10周年。20周年目指して頑張るぞ!

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        私からプロポーズ、かな。

        しおりをつける
        blank
        ハッピー
        40にもなって(40だから?)どうしても、言葉にするのが苦手な彼。当然「スキ」とか「アイしてる」なんて言いません。

        そろそろかな、という時に「どうすんの~?結婚すんの~?」と言われ、プロポーズだけはきちんとして欲しかった私は正直ショックでした。

        後日、「言葉じゃないのはわかっている。でもお願い。「結婚しよう」って言ってください」と彼に泣きながら懇願。

        すると、手を取って「うん、○○ちゃん、結婚しよ。ね、結婚しよ。」と。

        名前を呼んでもらうことも手をつなぐこともほとんどなかったので、本当にうれしかったです。

        でも結局、これって私からプロポーズしたようなもんですよね。ま、それもいいかも。
        ちなみに指輪も結婚式もありません~。
        でも今新婚5ヶ月目、とってもとっても幸せです。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        お土産があります

        しおりをつける
        blank
        パコ
        といって、出てきたのが婚約指輪でした
        「お願いします」

        「こちらこそ」
        って感じでした。

        もし、ごめんなさいだったら、指輪どうするつもりだったのかしら(笑)

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        電話…1

        しおりをつける
        blank
        mayu
        みなさん、ロマンチックなプロポーズ本当にうらやましいです。

        私の場合は、まず大学時代に私が2ヶ月の夏休みまるまる実家へ帰省してたときに彼(現在の夫)からかかってきた電話の中で言われました。

        (当時携帯はまだ普及してなかったので家電でした。ポケベルからPHSへの移行期間の時でした。。)

        多分彼はさみしかったんでしょうね(笑)

        会話が途切れた時、『…結婚しよ』って言われました。

        私はなぜか当時、彼はいつか私を捨てるんだろう、いつかは別れるんだろう、と思ってまして、当然結婚なんて想像だにしてませんでしたから面食らいました。

        でももし本気じゃなくて冗談に近い軽いノリだとしたらこちらが本気にしたら重荷になるかなとも思い…。

        なので、すごく軽く『嬉しいな、いいよ~』と答えたら、『そんな考えずに返事していいの?』とビックリされ、(え、もしかして本気で言ったの?)と私の方こそビックリしてしまいました。

        それでちょっと焦りましたがいまさら軽いノリで答えたなんていえず、『嬉しかったんだ、だから即答しちゃった』と。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        そ、それでいつなんでしょう・・・?

        しおりをつける
        blank
        だるま
        付き合って6年。付き合い始めは彼のごり押し。付き合って間もないのに彼は、「結婚しよう」「一生添い遂げたいのはだるまだ」などと言いまくっていたくせに、付き合うにつれ私の本性を知り、幻滅したのか、段々甘い言葉もなくなっていた。

        付き合って4年目、お互い日本以外の国に住むことが決まり、超遠距離でフラストレーションが溜まった、2月のある日。些細なことから別れ話に発展。私は別れる覚悟ができて彼からのメール一切に返事をせず無視していたら、3月3日に突然宅配便で花束が届き、その後国際電話が。

        彼「今日は女の子のお祭りだ。一生大事にするから一緒にいよう」
        私「また口ばっかりなんでしょ(怒)」
        彼「まだ結婚はできないけど、必ず一緒になるから(彼はまだ留学中)」

        ・・・で、結局あれから2年が経ちましたが、まだ結婚の気配がありません。い、いつになるんすか。マジで。

        皆さんのような素敵なプロポーズじゃなくてごめんなさい。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×

        電話…2

        しおりをつける
        blank
        mayu
        その後、結婚の具体的な話しに発展するわけでもなく9年の歳月がたち…

        その間、お互い浮気するでもなく同棲するでもないあっさりと仲のよい私達の付き合い方は周囲に不思議がられてました。

        私はもう別に結婚しないならしないでいいやと思ってましたが、おととしの秋、突然mayuの両親に挨拶に行きたいからいつがいいかと聞かれ、私の気持ちをおいて結婚が現実的になっていきました。

        でも漠然と夢見てたシチュエーションでプロポーズをされたわけではなかったので、式の内容が本当に具体的になるまでは他人事のように思えてなりませんでした。

        そして式が近づくにつれて正式なプロポーズの言葉が無かったとチクチク言い続けましたが、かわされてました。

        そして式の前日の夜に携帯に電話が。

        『…結婚しよ』と。
        『なによー、いまさら。式、明日だし。もう義務感で言わなくてもいいよー』
        『結婚しよ』
        『…はい』
        『ありがとう』

        と2回目も電話でした。素敵なシチュエーションではなかったのが残念ですが…。しょうがないか~と思ってます。

        トピ内ID:

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        先頭へ 前へ
        1 30  /  60
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (0)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0