詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外在住、 父が亡くなった後の家族関係

    お気に入り追加
    レス23
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    ランチマザー
    話題
    海外在住、日本人で今年の4月で30年、アメリカ人の主人と3人の成人した子供の5人家族です。
    私の家族は、両親(2人とも84歳)と4歳違いのシングルマザーと19歳の甥っ子で東京在住です。
    父は過去約20年ほど色々な病気で、脊椎を痛めて手術したり脳卒中も3回、この5年間は杖を付いても5メートル位しか歩けず、それでも週に3回はデイサービス、時には泊まりがけで、老老介護でした。
    私も毎年1、2回は帰国していましたが、去年の8月にステージ4の大腸癌と診断。
    お医者様が言うには生存率3、4年、癌の進みは遅いだろうとの事でした。

    ですが、2018年12月28日 父は永眠しました。
    私も主人が12/20にERに運ばれたと職場から連絡があり、22日に冠動脈トリプルバイパス手術をして4日ICUにいました。
    こちらでは出産も3日目で退院というお国柄、主人も経過良好で12/31に退院しましたが実は2年前、丁度同じ時期に10日間肺炎で入院した事が有り、今回と重なって私の中でトラウマになっていたのですが母に電話すると、最初の言葉が、なんだ。もっと重症かと思ってた。でした。
    良かったねの一言も無く、それ以上にともかくこっちが落ち着くまで電話するなと言われました。

    お通夜にもお葬式にも行けず、せめて49日には行けたらとも思っていたのにそれも言えず。
    それでも2回ほど電話しましたが、こっちが今どんな状態になっているか分からないだろう、電話するなの繰り返し
    結局主人も6ヶ月の静養となりまだ1ヶ月半、49日も行けなかった折り母から電話で49日終わったからと。
    どこに父は眠っているんだろうとそれだけを聞くと、あんたはここにいなかったから伝える必要は無いと、それから司法書士から財産放棄の書類が届くからサインしてすぐ送り返せと言われました。

    長々と申し訳ありませんが、続きます。

    トピ内ID:1278477799

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 21 面白い
    • 160 びっくり
    • 43 涙ぽろり
    • 243 エール
    • 49 なるほど

    レス

    レス数23

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  23
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    続き前ですが

    しおりをつける
    🙂
    Panko
    遺産の放棄の言葉でもう察しました。
    お父様、それなりの遺産があったか、あなたに微々たる遺産を渡したくないか、その両方だと思います。
    帰って来られると厄介だから、法要の日も知らせず、そのままあなたに遺産を放棄させたいのでしょう。
    海外に住んで好き勝手してる娘に残す遺産はないと考えてるのかもしれませんね。
    普段から親子関係どうですか?
    シングルマザーの姉妹がいるならなおさらそちらに遺産を残したいはず。
    放棄はあなたの自由ですが、もうちょっと冷静に考えてみては?

    トピ内ID:1292383788

    ...本文を表示

    せめて

    しおりをつける
    🎂
    トムニャンクン
    ひとえに夫の病状次第ですが、

    夫は妻の父の死を聞いてどういう態度だったのでしょうか。
    自分は良いから葬儀に出ろという話はありませんでしたか。

    また、トピ主様は帰国できないとしても孫たる子供たちが母親の代理で
    参列することはできなかったのでしょうか。
    孫と祖父母の関係は疎遠だったのでしょうか。

    日本は冠婚葬祭を重視します。
    何となくトピ主様一家が冷たいような気がします。

    それを背景として実家と距離感があるなら、
    相続放棄を求められるのも致し方ないかと思います。

    トピ内ID:6680981195

    ...本文を表示

    女3人

    しおりをつける
    blank
    sara
    母親と2人姉妹の女3人ですよね。

    うちも父が他界して母と独身で実家暮らしの姉と、嫁いだ私という女3人です。

    父が居ることでなんとか保てていた状態も、女3人となると駄目なんですよ。

    独身で定職についていない姉は、父が残したお金を独占しようと躍起になっていますし、母も父という拠り所がなくなり、同居の姉のご機嫌を損ねたくない。
    結果、私がいつも貧乏くじばかり引かされ、仲間はずれ状態です。

    例外もあるのでしょうが、女だけになるとこんなものです。

    私も初めの数年は家族なんだから、皆が落ち着いた頃には元に戻れるなんて思っていましたが、そんなことはありませんでした。

    トピ主さんの所も海外住みで役に立たない娘にお金を渡したくない、さっさと縁を切ろうとご家族の気持ちが一致したんでしょう。

    トピ内ID:7093016921

    ...本文を表示

    トピ主です。

    しおりをつける
    🐱
    ランチマザー
    もう少し詳しく書かせて頂くと、長女、次女は大学生、長男は社会人です。
    去年の12月、長女がインフルエンザにかかり主人がERに行った12/20は、私も駆けつけたものの私自身の具合が悪く、私もインフルエンザと言われ翌日から高熱と咳で主人が退院する12/31まで病院に行く事をお医者様から禁じられておりました。
    次女は1月日から3月まで大学のカリキュラムでオランダで勉強する事になっていて12/26/18に向かいました。
    長女も他の州の大学に戻らなくてはならず、主人が退院するのを待って戻って行きました。
    ですので、病院通いは長男のみで、毎日仕事の後行っていました。
    主人が入院する前から長女のインフルエンザと、主人の入院後の私もインフルエンザにかかった事、すべて電話とLINEで伝え、母も妹も移ると困るし何よりも自分の体を直さないと旦那の面倒も見れないでしょう。とにかく今は自分の体の事だけ考えなさいと言われていました。

    ですので、今年に入ってからの母の態度にはびっくりで未だに同じ状態です。
    もっと重症かと思ったと言う母に、でも心臓を止めて胸の骨を開いて心臓の中にある管3本取り替えたんだよと説明しても聞く耳持たず。

    主人は昔で言う、我が家の大黒柱です。
    まさかこういう事になるとは思ってもみませんでした。なので主人が、咳をした、ハアとため息をついただけで私の方がドキドキしてしまい日本に帰国するのも、彼が自分で運転できる様になり、仕事に復帰出来る目処が着くまではと思っております。

    馬鹿な私は、お花やお香典も送る事も考えず長年父を看病して来た母に、そして何十回も仕事を休み両親を支えていた妹にも本当に申し訳無く思っています。
    遺産も妹にあげる事は昔から伝えてありました。ですので書類にサインするのも何の問題も有りません。
    時が経てば、以前の様な家族関係に戻れるのかもしれないですね。

    トピ内ID:1278477799

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    この一文を読んでビックリした!

    しおりをつける
    🙂
    薔薇子
    「馬鹿な私は花もお香典も送ることも考えず・・・。」
    ずっと読んでいて
    「そうかそうか。旦那さん大変だったんだね。
    インフル大変だったね。」と思っていましたが、
    ここでずっこけましたよ。

    何故母上が冷たくなったのか。
    通夜葬儀に駆けつけることができないのなら、
    せめて「気持ち」だけでも表せばよかったんですよ。

    それは「香典」です。
    それもこの場合は相場よりも多額の。
    誠意を見せるには、時間と労力をかけること。
    自分の時間と身体を使っての労働です。
    それができない状況なら、金銭しかない。

    あなたは確かに、旦那さんの病気インフルと、大変でしたが、
    たまたま海外と言う遠方で、
    自分の家の事だけ考えてきた。
    もし、ご実家が隣なら?
    お金が出せないなら、労働で実家を助けたでしょう。

    遠いなら遠いで、金銭を惜しまず出すしかないのです。

    それすらしていないのなら、
    母上の態度の急変もわかります。
    親の葬儀に来ない(孫が代理でも可能だったのに)
    香典も送ってこない。
    そのくせ「父はどこに眠っているのか?」頓珍漢な事を言う。
    他に言う事はないのか??と思うでしょう。

    お子さんの学業云々言っていますが、
    とんぼ返りで孫たちが葬式に行くこともできたはず。
    アメリカで州から州への移動って、距離的に日本へ行くのと同じ感覚では?
    1日2日学校休んでも罰は当たらないよね?

    あなたも49日迄待たず、
    体調戻ったら一度実家に行けばよかった。香典もって。
    遠いからってそれが免罪符になると思ってもらったら、
    困るってことではないかしら?
    遠くて何もできないなら、お金だけでも送るべき。

    トピ内ID:2035262354

    ...本文を表示

    仕方がないです

    しおりをつける
    🙂
    雨傘
    私の友達も同じ様な経験をしてきてます。
    どうしてもそちらでの生活がありますからね。
    残された方は自分たちだけが家族の面倒をみなくちゃと
    いう意識がぬぐえないんです。これはいくら弁解しても
    無駄みたいですよ。思い切ってそちらに渡った時から
    覚悟しておくべきというのは、後から分かる事ですよね。
    もう、主さまの居場所はそちらです。お父さまの事は
    祈る気持ち、悼む気持ちがあればどこででもいいと思います。
    相続放棄の手続きも結構大変みたいです。不動産とも
    なると特に。領事館に行かなければならないし、こちらだって
    大変な思いをして放棄してるのにって事を友人は言ってました。
    日本にいても親がいなくなれば実家はなくなります。
    私事ですが、高齢になったら私の身内は遠くから駆け付けて
    もらうつもりはありません。元気なうちに会っているのが
    大事な事だと思っています。その積み重ねをしているところ
    です。毎年お会いしてたのならその時の思い出を大切に
    して過ごされればいいんじゃないでしょうか。ご自分で築いた
    ご家族との間でやり繰りしながら毎年会いに行っていたことで
    悔いはないと思います。

    トピ内ID:1264280827

    ...本文を表示

    生死が関わると難しい

    しおりをつける
    🐷
    独り事務
    特定の誰かの死は二度とない事なので、
    その死に際しての不義理を取り返す事はとても難しい、
    およそ不可能と言っても差し支えないほどの事だと思います。

    海外生活の長いトピ主には理解できない事かもしれませんが、
    私の知る日本では、葬儀は駆けつけるものです。
    だから、トピ文にある内容が、まるで理解できません。

    夫は既に退院している。
    子は既に成人している。
    だったら、夫の事は子らに任せ、
    単身で実家に駆け付ける事は可能なのでは?
    それなのになぜ、未だに実家に駆け付けないのか。

    私が母や妹の立場なら、もういい、と思います。
    3ヶ月も経とうとしているのに、
    言い訳ばかり並べて線香ひとつ上げに来ないような人間は、
    家族では無いからです。

    時が経てば経つほどこの手の修復は難しくなるものですが、
    これからは実家の事に煩わされず、
    夫の静養に専念できると考えましょう。
    トピ主の家族は、夫と子らです。
    実家の事は、諦めましょう。
    父の死に、駆け付けたくもならない家なのですから。

    トピ内ID:5915354186

    ...本文を表示

    お気を落とさず お元気に!

    しおりをつける
    🙂
    老海外小町
    在外40年を過ぎた者です。私は昨年12月24日に母を亡くしました。諸状況の都合で 帰国することが出来ませんでした。又 私の主人は10年程前に 緊急で 心臓のトリプルポンタージュ手術をしましたし 昨年秋に 肺炎で入院したなど、トピ主様のご状況に近い体験をしましたので 共感レスを送らせて頂きます。
    ご主人様のご回復は順調ですか? 風邪などひいて 咳をすると 大変な事になりがちなので どうぞ ご用心なさって下さい。
    本題の お父上様のご逝去後のご実家とのギクシャクなやりとり、トピ主様には 愕然とされた事でしょう、お察しします。
    ただ ご主人様の手術やトピ主様ご自身のインフルエンザという辛い中とはいえ ご実家お父様のご逝去に もう少し 日本のご親族の方々に分かり易い哀悼の表明をなさったら良かったのではないか?お花もお香典もなしでは お母様には がっかりなさっても仕方ないと思います。
    トピ主様は相続放棄に同意することには問題ないと 書いていらっしゃるので 早々に 必要書類を日本へ送って それと同時に お母様と妹さんに 遠くにいて 何も出来なかった事のお詫び、これから 何か出来ることを考えたいし 言って欲しいと 心を込めてお伝えなさったら良いですよ。
    お母様にとっても 連れ合いを喪うショックは大変な事でしょう。思ってもいないキツイ表現を使ってしまうこともあるでしょう。少しずつ時間をかけて 穏やかな家族の関係が再構築出来ますようにお祈りしてます。
    私は来月に帰国して 母の納骨式を行います
    昨年夏の母の入院から ほぼ 毎日電話で 様子を聴いていたのと 9月には里帰りしたこと、同居している弟とも密に連絡していたので 母を看取ることは出来ませんでしたが
    菩提寺の和尚さんとの連絡や母の友人の方々にも私がお知らせしました。便利な世の中になりましたので 外国に住んでいても 出来る事がありますよ。

    トピ内ID:4312125164

    ...本文を表示

    お母様のお気持ちがとてもよく分かります

    しおりをつける
    blank
    まい
    お母様は、あなたにすぐに帰ってきてほしかったのですよ。
    父親が亡くなったのですよ。

    お母様は、あなたのご主人が生死をさまよっている状態だと思った。
    だから、仕方ないとあきらめた。
    でも、年末には退院できた。
    退院できたとは、命に関わらない状態まで回復したということ。
    なのに、あなたは帰ってこない。
    49日とか関係なく、すぐに帰ってきてほしかった。

    母親として、当然の思いですよ。

    ご主人のことは、息子さんに任せて、インフルエンザが回復した時点で、帰国するべきだったと思います。

    トピ文からは、夫を亡くしたお母様の悲しみへの思いやりを全く感じられません。
    言い訳ばかりです。

    今からでも、すぐにお母様の元に帰ってあげてほしいです。

    トピ内ID:8167353485

    ...本文を表示

    あ~、わかります

    しおりをつける
    blank
    在米20年越え
    日本の人はアメリカの医療事情なんてわかってませんから、退院したならもう大丈夫ってことでしょ、とか、そんな短期間の入院なら大したことなかったんでしょ、とか思っちゃうんですよね。

    アメリカは医療費がものすごく高いです。しかも保険会社は民間のものなので、保険会社はいかに出費を少なくするかということに躍起になっています。
    なので、日本では1ヶ月入院するような処置でも1週間とか、ひどい時は3日で退院、なんてことになるんです。

    それでも自腹の医療費は日本と二桁くらい違うんですけどね。

    心臓の手術した翌日に退院、なんていうのもよくある話だし、出産は日帰りの人もいます。

    まあ、トピ主母がそういうのを知らず、大したことないのに葬式に帰ってこなかった!と憤慨するのは仕方ないかもしれないですがね。

    それとお花とか香典も、こちらにいると日本の風習とか忘れてしまいますし、大変な時期だったトピ主さんが思い及ばなかったのもよくわかります。

    私も叔母が亡くなった時、一体何ができるのか全く分からず、在外の人が集まる日本の掲示板で「それなら四十九日に何か送ったら?」と言われて初めてそういうものがあったと思い出したくらいです。

    この先また仲良くなれるかは神のみぞ知るという感じですが、トピ主さんの家族は夫と子供達なんですから、そちらの方を大切に、これからも生きていったほうがいいと思います。

    トピ内ID:2751484507

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  23
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0