詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    茶道の先生に疑問

    お気に入り追加
    レス23
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    wannyan
    話題
    茶道のお稽古を始めて長い年月が経ちますが、大分前から疑問に思う事が増えてきました。

    お稽古の内容はほとんどが「お点前」です。
    お稽古なので、茶道の歴史や精神は自分で調べて勉強するものなのでしょうか? そういう事は教えてくれないので、自分で勉強しているのですが、それでもわからない事があれば質問するのですが「わからない」との返事だったり、逆に「そうだったの?」とか言われ、茶道はお点前だけでいいの?と疑問に思えてきました。

    それと、健康オタクでお稽古中もその話優先でお稽古は二の次になってきました。遠回しに話した事もあったのですが、やはり人は変えられない…で、お点前間違えた時、私から話して「そうだったの?」という感じです。

    そこをやめる決心はしているのですが、他もそうなのか気になります。
    お茶は好きなので続けたいのですが、こちらの地方は暗黙の了解で先生を変えることはできません。やめた後は個人で楽しむしかないのでしょうか?

    トピ内ID:6456767283

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 110 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 71 エール
    • 20 なるほど

    レス

    レス数23

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  23
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    残念ですね

    しおりをつける
    🐱
    Chi
    私もお茶を習っているのですが、先生との相性と言うのが有りますよね。私の先生は、知らないことは知らない、でも、後から調べて情報の訂正やら、修正などしてくれます。私自身調べることも沢山あります。健康の話するけど、気にならない程度です。先生自身が毎年京都に修行に行く、やる気満々な先生です。
    難しいのは、ちいさな町であれば、違う先生のところに移った場合、いろいろ言われるかもしれませんね。(口が悪い人は特に)でも、普通の感覚なら、あぁ、おやめになったのね、寂しいけど、ま、いいかで、終わりです。やめてすぐ違うクラスに行くのは、なにかいかにもなので、少し時間をおいて、じっくりさがしてみるとか。
    続けられるといいですね

    トピ内ID:2670275822

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    blank
    はな
    私はお茶を習った事がないので、お点前についてはわかりません。
    しかし人生経験上、少なくとも精神は自分で学びとるものだと思います。
    歴史も、自分で調べるものだと思いますよ。

    トピを読んでいて、お弟子さんというより生徒さんという感じだな、と思いました。

    トピ内ID:7102829115

    ...本文を表示

    そんな事はありません

    しおりをつける
    🐴
    不思議
    まず、茶道の歴史云々はお稽古中の雑談などの中で多少の話が出る事はありますが、お稽古としては教わらないと思います。知りたい事は自分で調べますが、質問をされて「わからない」でやり過ごす先生はどうかとも思います。
    個人的な感想としては、茶道の精神を敬い実践しているというよりもお金儲けの為に教室を開いているタイプの人なのではないでしょうか。

    私も以前茶道を習っていましたが、もし私が何か質問をして先生が即答できなかったとしても即座に自分でも調べられたり、若しくは次のお稽古までにきちんとした回答を用意して下さいました。
    弟子から尋ねられる事で自分の勉強にもなると仰って。

    茶道を習ってお稽古の中でやるのは殆どがお点前(亭主と客)だけだと思います。
    畳の歩き方、礼の仕方、お茶・お菓子の頂き方なども広く含まれます。

    単純に社交の場として通うなら諦めも付きますが、茶道をきちんと学びたいならその教室(先生)はふさわしくないかも知れませんね。
    他の先生につくことが出来ないなら、妥協して信頼できない先生の元に我慢して通うか、残念ながらきっぱり辞めるしかないんでしょうね。
    お気の毒です。

    トピ内ID:2360846799

    ...本文を表示

    師匠を替えれば良い

    しおりをつける
    🙂
    うどん
    江戸時代などは、束脩を持って師匠のところに弟子入りしたものですが、一方で「これは違う」と思ったら、弟子の方から師匠を見限って他の師匠に弟子入りする、ということはわりとよくあったといいます。

    現代でも同じで、というか現代の方がそういう傾向は強いと思うので、新しい支障を見つけて弟子入りしなおし、今の師匠はだんだんフェードアウトすればよいと思います。

    トピ内ID:8656877168

    ...本文を表示

    「道」と名の付くもの

    しおりをつける
    blank
    都市伝説
    茶道、華道、書道、柔道、合気道…

    およそ、「道」と名の付くものは型を覚え繰り返すことでその精神を学び自らを鍛え律していくものです。
    型が身につく過程で精神を学び、精神を学ぶから型が身につく。
    そして精神と型が身についてこそ、型から外れ、より精神性を求めることができる。
    そういうものです。

    >茶道の歴史や精神は自分で調べて勉強するものなのでしょうか?

    歴史は、本を読めばわかります。
    自分で調べれば簡単にわかることを、人に教えてもらいたい理由は何でしょう?

    精神は、師匠が自分の体得したことを伝えることは出来ますが、それはあくまでも師匠の体得した精神であって、弟子が体得するものはまた違います。

    そもそも、茶道の起こりは禅宗です。
    言葉に寄らず悟ることを目指す宗教です。
    ゆえに、先人が得た悟りは簡単に言葉にすることができず、先人の悟りを伝える言葉を理解するためにまた修業が必要になる。

    茶道の精神もこれと同じです。

    所作の一つ一つに理由はありますが、その理由を理解し所作を身につけなければ所作の一つ一つに宿る精神が理解できない。
    だから言葉にせず、お点前を繰り返すのです。

    まぁ、トピ主さんの師匠はそこまでの精神性を求めているわけではないようですが。
    おそらく嗜みとしてお茶を学ばれて、やはり嗜みとしてのお茶を教えていらっしゃるんでしょう。

    トピ内ID:0404631465

    ...本文を表示

    師匠は変えられなくても

    しおりをつける
    🙂
    いちおう皆伝
    >こちらの地方は暗黙の了解で先生を変えることはできません。
    というか、今はどの流派も社中の情報をデータベース化しているので、辞めた後しばらくしたら、トピ主がどこか他の社中に入門してないかを調べることができるのです。暗黙の了解って、新しいお師匠さんに古いお師匠さんから嫌味を言われないように、ということなのだと思います。だから、今の先生よりも年上の先生を探すのは一つの手だと思います。ベテランで年上の先生に嫌味は言いにくいでしょう。

    でも早い話、師匠は変えられなくても流派は変えられます。こだわりがないなら流派を変えてはいかがでしょうか。私だったらそうします。

    トピ内ID:0267357948

    ...本文を表示

    私の場合

    しおりをつける
    🙂
    古帛紗
    ひとつの流派で3人の先生に師事した経験があります。
    先生が変わったのは私自身の転居の為です。

    どの先生も、お稽古イコール「実技」と言いましょうか、お点前が中心の内容でした。
    その中で、雑談や補足のように、茶道に関するいろいろな知識や、主さんのおっしゃる歴史(というのがどういうものを指しているのか今いちイメージできないのですが…)などの話題が入ってくる感じ。
    でもあくまでお点前の稽古の中でのことです。
    別段「講義」としての時間を持つわけではなかったです。

    茶道の体系的な歴史や日本史との文化的かかわり、茶道哲学のようなものを知りたければ、大学や市民講座の「茶道史」的な講義を受けられてはいかがでしょうか。
    私の出身大学にもそのような講座がありました。
    学生以外でも、聴講生のような形で受講できる場合も多いはずです。
    ただしその場合、講師がお茶の先生とは限らないと思います。

    あと、私はまだそのレベルに達していないのでよく知らないのですけれども(流派によるかもしれませんが)、一定の段階以上の許状を取得した方だけが参加できる研修会というのが地区ごとに開催されており、そちらではもしかしたら主さんの求めておられるような内容の勉強ができるのかもしれません。
    または本部直営の茶道学校に入学するとか、そういう次元の話になってくるのかもしれません。

    トピ内ID:3250110401

    ...本文を表示

    皆様 ありがとうございます

    しおりをつける
    🐱
    wannyan
    トピ主です

    厳しいご指摘ありがとうございます。
    初めはお稽古だけのつもりで始めたのですが、そのうちに知りたい事も増え、自分で勉強するようになりましたが、分からない事も多いので質問すると、曖昧な返事だけですし、逆に「そうだったの?」などと言われるとこの世界ってお点前以外はすべて自分で解決しなければいけないのかと、自分の無力さに落ち込んでいました。
    愚痴のような内容を読んでいただき、指摘・助言していただきありがとうございます。
    今回はやめるという形ではなく、休ませてもらって少し考えてみることにしました。

    トピ内ID:8423585714

    ...本文を表示

    師範を持っていても、教える技量には個人差があります

    しおりをつける
    🛳
    クルーザー
    茶道に限らずですが。



    とてもまじめで熱心な先生であれば、膨大な資料や本を読んで勉強されています。
    お家元へのお稽古も欠かさず通われています。
    ですので茶道教室に通われている生徒さんがされる質問レベルであれば、ほぼ即答されるでしょう。

    なので、残念ながらトピ主の先生は・・・。

    という感じが否めません。


    各流派には本部があると思いますので、トピ主がお住まいの地域で茶道教室を開かれている先生を紹介していただいてはいかがでしょうか。

    そのときには、トピ主の希望をきちっと伝えるほうがいいと思います。

    トピ内ID:5487513584

    ...本文を表示

    教室を変える

    しおりをつける
    裏千家準教授
    なるべく家元に近い先生に入門することです。

    今の流儀だと難しいのであれば、お流儀も変えることです。

    お家元の内弟子先生に入門すれば、お点前以外も色々と教えていただけますよ。

    正座したまま先生のありがたい講義を、一時間きかせていただけたりします。

    大寄せ茶会では、早朝から会場に集合し、「お礼」を払って一日中水屋仕事もさせていただけます。

    今とは違うストレスが溜まるとは思いますが、トピ主さんには向いていると思いますね。

    トピ内ID:7297192517

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  23
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0