詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    吹奏楽へのトラウマ

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    ぺんたるぎん
    話題
    こんばんは。
    現在18歳、高校を卒業したばかりの女です。

    タイトルの通り、私は高校時代の部活であった吹奏楽にトラウマを感じています。後輩たちの演奏を動画で聴いたり、新生活へ向けて部屋の整理をするときに自分の演奏した曲の楽譜を見る機会があったりするのですが、その際に苦しかった部活動を思い出し泣いてしまいます。吹奏楽曲を聴くと、胸のあたりが苦しくなります。

    3月の下旬に「お別れ会」のような形で、夏のコンクールで演奏した曲の合奏があります。毎年行っており、我が部の伝統です。内輪ノリで軽い気持ちで演奏するものですが、いざ楽器の前に立つと、家でそうなるように、泣いてしまいそうな気がして怖いです。どうすれば良いかアドバイスをお願いします。

    高校時代、部活動にかなり苦しめられました。3年間必死で取り組んでも「良い音」が何なのかわかりませんでした。合奏中の先生の大きな声が怖かったです。実力がないのにパートリーダーになり、自分の未熟さに飽き飽きしました。

    朝練が暗黙の了解で、低血圧で朝の苦手な私にとって、しんどかったです。部活ノートの提出が義務付けられていましたが、自分の嫌なところばかり見えてネガティブな内容しか書かずに、先生に心配をかけてしまいました。楽器運搬のトラックのおじさんの態度が大きくストレスでした。

    部活が嫌で毎朝泣きながら自転車を漕ぎ学校に通っていました。期待と責任に応えられず、自殺する方法や、指を怪我する方法ばかり考えていました。
    「部活を辞める」という、単純なことさえ思い浮かばなかったくらい病んでしまい、視野が狭くなっていました。

    嫌なことばかりツラツラと書きましたが、部活動で出会った仲間はとても大好きです。お別れ会できちんと同級生や後輩に感謝の気持ちを伝えたいと思っています。
    最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

    トピ内ID:4232722152

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 26 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 59 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    3年間お疲れ様!

    しおりをつける
    blank
    黒猫
    そんなに辛い3年間をよく頑張りましたね!
    パートリーダーまで任されて、真面目な性格なのですね。

    ブラスバンド、特に大会を意識した部活は本来の目的を忘れられてしまいがちなので
    音楽を愛する私としてはとても残念に思います。
    楽器を見て楽譜を見て音楽を聴いて、つらい気持ちしかないなんて。

    でもね、それは貴方のせいではないですよ。
    今はそっとそこから離れましょう。
    なんならお別れ会で「私、音楽はもうやめたの。」って言っていいんですよ。
    (周りの反応を想像するとそれはめんどくさいので心の中で)

    音楽は逃げずにずっと貴方を待ってくれます。
    これから先の人生で、部活よりもっと大変だったり、逆にもっと嬉しく幸せだったりした時に
    あるいはなんでもないふとした時に、
    音楽は貴方に共鳴して、あらためて貴方の友達になります。

    ご自分を責めたりせず大切に扱ってください。
    新生活楽しみですね。

    トピ内ID:6346400916

    閉じる× 閉じる×

    泣いたっていいじゃない!

    しおりをつける
    blank
    obligation
    トピ主さんはご自身の気持ちなので
    吹奏楽にまつわる苦しさを思い出し
    ネガティブな気持ちから泣いてしまうことを知っていますが
    他人はそんなことは分からないし、知りません。
    お別れの会の演奏で泣いている奏者がいたら、たぶん普通は
    「みんなとのお別れが悲しくて、泣いているんだな・・
     さぞ充実した部活動を経験したんだろうな」と
    良い方向に勝手に理解してくれるんじゃないかと思いますが、
    どうでしょうか?
    いいじゃないですか、泣いちゃったって。
    みんな、楽しいだけの部活動じゃないんじゃないかなぁ。
    それにトピ主さんは、いろいろ悩み抜いても投げ出さなかったじゃないですか。
    それだけでも尊いことだと思いますよ。
    今はまだ卒業して間が無く苦しさが生々しく蘇るので辛いと思いますが
    懐かしさに変わる日もそう遠く無く来ると思いますし、
    また、この先の人生に於いて、何処へ行ってもどんな環境に有っても
    その経験は必ず生きて来るでしょう。
    「あの頃に比べれば、こんなのヘッチャラじゃ~ん!」と思えたら
    トピ主さんの経験は間違いなく糧になったということ。
    前途洋々のトピ主さんですから、あまり悲観せずに
    なんでも経験だ!と思う方が賢明だと思います。
    事実、経験者は強い。
    社会に出たら良く分かりますよ。

    トピ内ID:9020693221

    閉じる× 閉じる×

    パーカス6年

    しおりをつける
    🐱
    ちゃちゃまる
    中高の6年間を吹奏楽に費やして来ました。
    辛いと思う事はあまり無かったと思います。ただ、中学の時に1学年上の先輩方から度々学年全員が説教を受けるのが嫌でしたね。

    理由は今思えばくだらない。男子部員が1名もいないせいで2学年上の先輩方に申し訳ないだの、先輩とすれ違う時に挨拶や会釈が無いだのと部活内の雰囲気を下げる説教ばかりされました。

    1学年上の先輩方にバカにされない様に必死に練習して来ました。

    すっかり大人になりましたが今でも演奏会があれば聴きに行っています。友達とも吹奏楽の話で楽しんでいます。
    主さんにも辛い思い出だけでなく、吹奏楽を楽しんで欲しいです。
    演奏していて楽しかった曲ありませんでしたか?
    機会があればまた演奏したいと思っています。

    トピ内ID:1397224708

    閉じる× 閉じる×

    一言にトラウマといっても色々

    しおりをつける
    🍴
    pax
    トピ内容からでは十分に把握できないですが、あなたさまの吹奏楽の苦しさは、一言で言うと「重荷だった」ということでいいでしょうか?

    あなたさまはそれでも、本番に乗れて演奏できて、パートリーダもやって、と恵まれた方だとおもいますよ.

    下には下がいる.実際にあった例(私ことですみませんが)
    中、高、大、社会人初期に高明な師匠に指示し厳しいレッスンを受ける.毎日練習に没頭する.レッスンではそれなりに技術も身につき(ついたつもりだった?)オケの練習も懸命にする.
    けれど、本番はいつもエキストラが来て演奏自分の出番はない.あったとしてもアシスタントでしかも演奏させてもらえるのは最後のジャーンというところだけ.
    楽器を手にしてないときにはネガティヴな考えしか出ませんでしたが、いざ楽器を手にすると練習へと勇猛心が湧いてくる.至らなさを指摘してくれる師匠に指示すると今度はちっとも先へ進まない.音楽といえば楽しみの反面トラウマがあるにもかかわらず初老になっても稽古を続ける.

    トラウマといっても色々、お互い頑張りましょう!

    トピ内ID:9765564775

    閉じる× 閉じる×

    いっしょいっしょ

    しおりをつける
    🙂
    ミギー
    私の場合は中学でしたが。
    「いい」と言われている演奏のいったい何が「いい」のか、
    3年間やっても全然わかりませんでした。

    リズムがズレてればそりゃ気付く。
    音程がずれてりゃどっちが高いか低いかぐらいはわかる。その程度の音感はあるんです。
    頭だってたぶんそんなにバカじゃなかったはずです。
    だけど「それ、そんなに重要なことなのか?」っていう感覚がずーっとありました。
    極端な話、全国大会で優勝するような学校の「白鳥の湖」と
    自分の学校の「白鳥の湖」を比べりゃ、そりゃリズムもピッチも
    前者の方が正確なことぐらいは聞けばわかる。
    でも、私の感想はこうだったんです。
    「でも、どっちも【白鳥の湖】じゃん」
    思っても口に出せるわけがありません、そんなこと。

    これはそういうゲームなんだ、ひたすらリズムとピッチを合わせるゲームなんだ、って
    割り切れてしまえばそれはそれでよかったんでしょうけど、
    必死にやってる仲間たちに囲まれてそうするだけの度胸もなく。
    罪悪感と劣等感で押しつぶされそうな3年間だったなあ。

    あれから20年以上経ちましたけど、いまだにわからないです。
    あの頃いっしょにやってたみんなは、本当にわかってたのかなあ。
    ほんとに心の底から「いい演奏」とやらを希求していたのかなあ。
    実は雰囲気に呑まれてただけのやつ、けっこういたんじゃないかなあ。
    今となってはもうわかりません。

    演奏なんてね、サボっちゃえばいいですよ。
    もういい。トピ主さんは十分頑張った。誰が叱っても、私は許します。
    解消に役立つ方法じゃなくて申し訳ありませんが、
    ああ、やっぱりそういう人いたんだなあ、と思って
    ついつい出てきてしまいました。

    トピ内ID:0525280942

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0