詳細検索

    • ホーム
    • 子供
    • 小1。音読や読書って、本当に効果あるんでしょうか
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    小1。音読や読書って、本当に効果あるんでしょうか

    お気に入り追加
    レス71
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    こまママ
    子供
    現在小1(4月から小2)男児です
    幼稚園に入る前から言葉が遅く
    現在も、言葉の使い方が少しおかしかったりします
    (例「そのとき○○と言ったんだよ」を「そういうときは〇〇って。」みたいに言います)

    国語力を上げるには(国語力というか日本語力でしょうか)
    音読や読書が良いと言われているのは知ってます
    でもこれって万人にいえることなのでしょうか

    「音読や読書は効果がある」のアンチ意見を言いたいのではなく
    どうしたら息子に「効果のある音読や読書」をさせられるのか、
    本当に悩んでいます。
    例ですが
    1息子は音読でも「、。」の区別なく、頻繁に文章を続けて読みます。
    私も、ただ聞いてるだけでなく何度も注意しますが、その後3回分位は気を付けて読みますがその後は注意を忘れています
    かなり前から同じことの繰り返しです

    2文章に書かれている物語を読んで理解する、ではなく、ただ単に文章の文字列のみ読んでいる気がします。なので1行飛ばしても気付きません

    3本人が、「この物語、次はどんなふうになるんだろう?読みたい」と思わないと2と同じになるのではと思います。でも、興味ややる気は本人次第なのでアドバイスして沸いてくるものでもないように思います

    現在、我が息子は上に書いた「ただ文の文字のみ追って読んでるだけ」「読み聞かせをしてもただ聞いてるだけ」「読書させても文章を読んでるだけ」
    でお話が頭に入っていないように思います
    (なので「どんなおはなしだったの」という問いに何も答えられません。)
    本当に困り果てています。

    小1の最初の方にやった読解問題をもう一度やらせましたが、まったく同じ場所を同じように間違えていました。
    もう疲れました。
    コツコツやっていたらそのうち分かってくれる時期が来るのでしょうか。
    それともこのままでしょうか

    トピ内ID:2456822389

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 14 面白い
    • 180 びっくり
    • 10 涙ぽろり
    • 133 エール
    • 18 なるほど

    レス

    レス数71

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  71
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    見てるだけ?

    しおりをつける
    😝
    ぽんとと
    「小1の最初の方にやった読解問題をもう一度やらせましたが、まったく同じ場所を同じように間違えていました。」

    やりなさい、と言ってまだ小1の子に問題解かせて、その後に答えをチェックしてるのですか?

    それでは何も「覚えません」よ。

    きちんと「一緒に問題を解き、なぜそうなるのか、丁寧に分かるまで」教えてますか?

    「何度も注意」ではないんです。

    分かるように教えてあげて、一緒に学ぶ姿勢を見せるのです。

    「~のように見えます。」「気付きません。」とかの試験の監督官のように上から見下ろすような感じでは子供さんの学力・読解力は伸びません。

    まずは、一緒に例題を一つ一つ丁寧に解いていく、一緒に文章を読んでいく、という「寄り添う」姿勢が必要かと思います。

    トピ内ID:8288780303

    ...本文を表示

    懐かしい・・・

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    音読って、色々分かりますよ。
    上が娘で、下が息子です。
    娘のときは、スムーズな音読でした。息子は文字を追うのもおぼつかなくて、ぶつぶつに途切れる音読でした。私は、既に娘のときに聞いているので、教科書を見なくても「今、間違った」と分かります。そこで、息子には「宿題だから読めばいい」じゃなくて、どんなお話か分かるように音読するようにいい、一度、黙読してから、意味を理解したうえで音読するように言いました。
    それでもぶつぶつ途切れるようで・・・次に、教科書に、傍線を引いて、ここまでがひとつの言葉、と分かるように書き込みました。息子は、教科書に落書きしているようで嫌がりましたが「ママが先生に言っておくから大丈夫だ」と言い聞かせ、音読させました。読み方で、いろんなことがわかります。

    実は、妹が子育て先輩で、妹の場合は、逆でした。上の子がつっかえつっかえ読む子で、二番目はスムーズだったと。それを聞いていたから、音読は、いっぱい発見があると思っていました。

    音読の宿題はわが子の学校は3年生までですが、娘は一発OKばっかりでしたが、息子は3年生ぐらいでようやく一発OKになりましたね。

    低学年の教科書は、ひらがなが多く、改行も文節で、とは限らず、大人が読んでも読みにくいのです。単語の語彙力があれば読めますが、語彙力がないと改行で単語として認識しづらいです。特に改行で文節がまたがる場合は、傍線ひいて、息継ぎする場所に「<」などのマークを書いてあげると読みやすいかも。

    ほかの行に目がいく場合もあるので、例えば、しおりのように幅のある紙を1行分の幅で小窓を切り抜いた定規のようなものをあてて読むと分かり易い場合もあります。

    トピ内ID:4741931878

    ...本文を表示

    部活をやって礼儀が身につく、みたいな

    しおりをつける
    🐤
    500
    体育会系の部活をやって、礼儀や協調性が身につくというのと一緒で、不慣れな作業でも集中して続けることで効果が出るのでは。
    ちなみに、どんな話だった?という質問は、意外と答えるのに難しい場合があります。もし、テレビアニメや、戦隊もの番組を見ることができるなら、興味や関心があれば理解できるということでしょう。家では興味のある本やマンガを使うのでもいいかもしれませんね。

    トピ内ID:8076257183

    ...本文を表示

    読書好きですか?

    しおりをつける
    🙂
    あらら
    トピ主さん自身は読書好きですか?

    トピ主さんは黙々と読むタイプですか?

    「、。」の区別無く続けて読むのは、幼いころからの読み聞かせでトピ主の読み方に問題無かったですか?
    絵本を読んであげる時、ちゃんと「、。」を意識して読んでいましたか?

    ただ淡々と読むのではなく、抑揚をつけて読んだり読みながら子供に語り掛けたりしていましたか?
    「読み聞かせをしてもただ聞いてるだけ」は、トピ主が「ただ読んでるだけ」になっていませんでしたか?

    >コツコツやっていたらそのうち分かってくれる時期が来るのでしょうか。
    >それともこのままでしょうか

    そのうち分かってくれるかは子供によりますので分かりません。
    でも何も対策をしなければこのままかもしれません。
    プロに相談してお任せしたほうがいいのではないでしょうか。
    子供の資質にもよりますが先生にもよりますから。

    トピ内ID:1619916165

    ...本文を表示

    まずは楽しむことから初めてみたら?

    しおりをつける
    🙂
    楽しいさん
    私には子供がいないのでまったく無責任な発言だと思うのですが、まだお子さんは小1とのこと、もう少し勉強を楽しむところから始めるのはいかがでしょう。

    子供はいないのですが、若い頃に塾の先生と家庭教師をしておりました。それもあまりお勉強ができない子担当。その子たちをある程度できるようにした方法は、まず勉強は楽しい!と思わせたことです。

    テストも100点をとれるような問題をつくり、全部できた時は思いっきり褒めました。(ドラマ「みかづき」の吾郎先生みたいなタイプでした)みんな100点なんて取ったことないからそれはそれは嬉しそうだったな。まあ、担当が小学生だったのでこれが通用したんですが…。

    本を読むのだって句読点なんか今はどうでもいいじゃないですか。

    音読を続けることで口の動きがよくなり言葉を発することがスムーズになると思いますし、読書も今はただ読んでいるだけでも、読むという習慣をつることが大切で、いずれだんだんと内容を理解することできるようになります。

    おそらくトピ主さんは子供の頃からとても頭が良かったため今のお子さんがもどかしいのでしょう。

    私は子供の頃、脳の発達が早かっただけだと思いますが、頭がよく誰よりも早く色々なことができました。

    そして本を読むのが上手だったので、よく先生の代わりに教科書を読まされたものです。でも同級生は句読点で止めたり、強弱つけたりカッコ内は実際に話すようになんて読めてなかったです。ただ文字をずらずら読むだけでしたよ。内容も入ってなかったんじゃないかしら。

    そんな人達も大人になったら立派な人になりました。私はちょっと事務処理能力が早いだけのただの人です(笑)。

    お子さんはまだ小学1年。うまくできなことを注意するより、お母さんと一緒にお勉強をするということを楽しませ、褒めてあげたほうがいいのでは。

    それが将来につながると思います。

    トピ内ID:5604888864

    ...本文を表示

    注意しちゃダメ!どんどん、読み飛ばす

    しおりをつける
    Kitten
    間違っていても、気が付かなくっても、いいんです

    注意しちゃダメ
    注意されたら、楽しくないから

    楽しくないと、もっと読もうと言う意欲が育ちません
    (間違っていても、そのうち、自分でハッと気がつく時が来るから、大丈夫)



    展開がドキドキ面白い本を買って、どんどん読ませるのが一番です
    漫画でもいい
    漫画も語彙を増やし、状況を読み取る能力を育てるのに効果的と言う研究結果が出てるそうです
    (原本の研究は読んでませんが、聞きづてで知りました)



    とにかく、量を多く読ませれば読ませるほど
    読み取る力も、言葉の表現力も、上達します

    トピ内ID:3692256631

    ...本文を表示

    一番大切なのは、日常会話です。1

    しおりをつける
    blank
    パンチ
    子供の日本語力を「お勉強」で、何とかしようとするのは愚策です。

    母国語は、日常会話の中で覚えていくものであり、
    その辺りが怪しい子に、読書や音読を強要しても、勉強嫌いにさせるだけです。

    日々の会話の中で、怪しい日本語に気付いた時にどうしておられますか?
    母子の間なので、何が言いたいのか解ったとしても、そのまま放置せず
    正しい言葉で復唱してあげましょう。

    例えに書かれた
    「そういうときは〇〇って。」
    と言われたならば
    「あらそう。そのとき○○と言ったのね。」
    という風に、正しい日本語に直してお母様が復唱するのです。

    これをやると、どうしても
    「ほら、ちゃんと言い直しなさい!」
    って言いたくなってしまいますが、それは我慢して一日に1~2回に留め
    ひたすら、オウム返しに正しく復唱するのです。
    大好きなお母さんと、楽しくおしゃべりしている中で
    「てにをは」を含め、正しい文章を覚えて行くべきなのです。

    この段階を飛ばして、文章を読ませようとしても
    結局は文字を追っているだけになってしまいます。

    まずは、正しく話す事が出来る事を目指してください。
    読解力云々は、それからの事です。

    続きます。

    トピ内ID:3667042425

    ...本文を表示

    一番大切なのは、日常会話です。2

    しおりをつける
    blank
    パンチ
    >私も、ただ聞いてるだけでなく何度も注意しますが、その後3回分位は気を付けて読みますがその後は注意を忘れています

    これでは、お子さんにとってその時間は、難行苦行です。
    楽しい気持ちで、自然に覚える方が、はるかに効果的なのに。

    うちの子供も3歳頃まで文章を話さない子でした。
    二人きりだと、「あれ」とか「これ」とか「イヤ」等だけで
    事足りてしまうので、話す必要性を感じていなかったのかもしれませんが
    単語しか話さない子に向かって
    必ず正しい日本語で、聞き返すようにしていました。

    例えば、街のウィンド―でカレーを見つけて「カレー」と言ったなら
    「カレーが食べたいの? それとも、カレーが有るよって教えてくれたの?」
    という具合に。

    結果として、3歳のお誕生日を目前にして、突然話し始めた時には
    いきなりすごい文を話すようになっていました。
    「さっきすれ違った大きな犬の顔、ママ見た?」
    「明日は遠足だから、おやつを買いに行かなくちゃ」
    と、驚くほど正確に話すようになっていました。

    何事も「急がば回れ」です。

    トピ内ID:3667042425

    ...本文を表示

    悩んだらやってみる。

    しおりをつける
    🙂
    読書習慣
    効果があるかないか・・・結果は誰にもわからないです。
    ただ、子供の成長は待ってはくれません。
    だからこそ悩む時間がもったいない。
    二人の息子(大学生)と二人の姪っ子(大学生)の4人の結果ですが
    優秀に育ちましたよ。(国立大 中堅大以上難関大レベル)
    東大のように超難関大は無理でしたが。

    ちなみに、両親共に高卒で子供達の祖父母共に中卒の家系です。
    全員、フルタイムで仕事をしていますので限られた時間の中ですが。
    義姉も子供達が幼い頃から沢山の本を読んで聞かせていました。
    私も子供達には沢山の本を読んで聞かせました。
    結果、4人共 全員 本が大好きです。
    高校時代は4人共 模試の偏差値では国語が一番高い。
    (一人は全国 一桁の順位でした)
    だからといって文系に進んだのではなく大学は全員 理系です。
    要するに国語の読解力が理系科目にも効果があったということだと思います。
    ただ、読み取る力と書く力はちょっと違うような気がします。
    我が家の次男は文章を書くのは苦手ですね。(本人は否定しますが)
    長男は小説を書けるくらい書く力があります。

    音読や読書にもやり方があると思うのです。
    専門家の推進しているような本は個人的には好きではないです。
    良い本かもしれないけれど。。。
    主さんが書いている通り子供は文字を追うのが精一杯です。
    親から言われて義務感だけで読んでいる中で何度も注意される。
    これでは、逆に本が嫌いになるのでは?
    では、どうやったらいいか。。。
    子供の立場・目線に立てばわかると思います。
    音読や読書って奥が深いと思いますよ。
    1冊だけお薦めの本があります。
    島田ゆかさんの「バムとケロ」のシリーズです。
    園児向けかもしれませんが大人でも楽しめる本です。
    親子で沢山の発見をしてみて下さい。

    トピ内ID:0489336222

    ...本文を表示

    女優になって読み聞かせ

    しおりをつける
    🐤
    トール
    小学校1年生は、まだ経験が少ない時期です。
    文字は単なる記号でしかない。
    文字と体験がつながっていない。

    最初はトピ主が音読で読みましょう。
    抑揚をつけて、面白そうに興味を惹くように読む。
    内容に合せて楽しそう、悲しそう、怒っている顔をします。
    トピ主が面白そうに読むことで子どもは本に興味を持ちます。
    つまらなそうに読んだら、子どもはその本に興味を持てません。

    「楽しそうに笑う」と書いてあって文字ではピンと来なくても
    それを実際に表現することで意味が分かってきます。
    トピ主が登場人物になりきって演じながら読んでみてください。
    途中で巣に戻って大笑いしても構いません。

    本を読むことは楽しいんだ!と思えることが
    今の時期は大切です。

    本を読むことを強制されて、つまらない時間になると
    これから先、読書は避けるようになってしまいます。

    トピ主のお子さんは、どんなジャンルの本が好きですか?
    好きな本から始めるのも習慣が付きやすい入り口となります。
    お二人にとって楽しい読書タイムを過ごされますように。

    トピ内ID:5038693158

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  71
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0