詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 小麦粉と卵を混ぜた液体にパン粉をつけて揚げる人いますか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    小麦粉と卵を混ぜた液体にパン粉をつけて揚げる人いますか?

    お気に入り追加
    レス44
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    料理係
    話題
    トンカツなどの揚げ物を作るとき、私は最初に小麦粉と卵と水少量を混ぜ合わせ、それに肉などを絡ませてからパン粉をつけて揚げます。

    昔は「小麦粉→卵→パン粉」で作っていたのですが、この方法に変えてからは揚げ物がとても簡単になり、仕上がりも均等に綺麗に美味しくできあがっていると思います。

    美味しさを閉じ込めるという点でも同じですし、むしろ揚げてる時の衣の収まりがいいです。冷えてからも衣が剥がれることもなく、お弁当用に切るときも扱いやすく、サクサク感もあります。

    水を多めにするとパン粉が薄く付きますし、水を入れなければ衣が厚めになりパン粉も多めにつけられます。料理によって衣の状態を調整でき便利です。

    なぜいまだに多くのレシピでは「小麦粉→卵→パン粉」になっているのでしょうか?
    「小麦粉→卵→パン粉」のほうが良い理由があれば知りたいです。

    トピ内ID:1724522731

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 87 面白い
    • 28 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 118 エール
    • 64 なるほど

    レス

    レス数44

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  44
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    バイト先の食堂がそのやり方でした

    しおりをつける
    🙂
    むかしむかし
    まかないで食べたら普通においしかったです。
    食堂ではたぶん時短のためにそうしていたのだと思いますが、
    私もそれで「なーんだ、これでいいんじゃん」と思ったものです。

    >「小麦粉→卵→パン粉」のほうが良い理由があれば知りたいです。

    すみません、それはよくわかりません。
    なんとなくですが、無難だからかな? 適当な想像ですみません。

    トピ内ID:7287953095

    ...本文を表示

    良いのでは。

    しおりをつける
    blank
    調理師
    順序より 粉・卵・パン粉の状態が重要。昔と違い 卵の質が著しく低下している昨今ではトピさんの調理法で良いと思います。

    トピ内ID:8449689356

    ...本文を表示

    むしろ卵を使わない

    しおりをつける
    🐱
    ねここ
    小麦粉を水に溶いだものをつけてから、パン粉をつけて、揚げてます

    トピ内ID:9240220586

    ...本文を表示

    私も‥…

    しおりをつける
    🎁
    Bitter
    中・高の頃、面倒でそうしてました。。
    要領悪く、手がベタベタ~で。。

    小麦粉で、『肉の旨味を閉じ込める』とか?

    イカのリングフライは、小麦粉を、しっかり付けないと油ハネる。

    トピ内ID:2005843750

    ...本文を表示

    小麦粉→小麦粉入り卵液→パン粉

    しおりをつける
    blank
    還暦過ぎ
    私はタイトルの通りです
    衣が剥がれにいと感じてこのようにしていますが
    小麦粉必要ないのですかね~?

    小麦粉を素材につけるときは、ポリ袋に小麦粉を入れて、肉なりエビなり素材を少しずつ入れ
    ポリ袋に空気を入れてクルクルととじ振ります。
    うっすらと小麦粉が付くので、それを小麦粉入り卵液につけて、パン粉を付けます

    >「小麦粉→卵→パン粉」のほうが良い理由があれば知りたいです。

    すみません、この理由はよくわからないのです 汗

    トピ内ID:0304530122

    ...本文を表示

    バッター液

    しおりをつける
    🙂
    ピッチャー
    トピ主さんが言う「小麦粉と卵と水少量を混ぜ合わせ」たものには
    「バッター液」という名前がありますよ。

    トピ内ID:5485293508

    ...本文を表示

    やりますよ

    しおりをつける
    blank
    だだちゃ豆
    この揚げ衣液を「バッター液」といいます。お肉屋さんやお総菜屋さんなどでよく使われています。ちゃんとした手法ですよ。
    私は一人暮らしのため、一度に作る量は卵1個使い切るほどでもないので、バッター液に卵さえ使わなかったり。小麦粉+水か牛乳に、マヨネーズを足して使うことが多いです。
    バッター液を使うとしっかり衣がつきますから、パンクを防ぎ均一な揚げ色になります。厚い衣で包むことで、中の水分が外に出ないので、衣のサクサク感も続きます。中がジューシーに仕上げがるので、エビフライとかカキフライとか、火が通り過ぎたら台無し!な魚介類を家で手軽に美味しく揚げるのに向いていると感じます。
    デメリットは、メリットと表裏一体ですが、衣が厚くなることです。トピ主さんおっしゃるように液を緩めにすれば衣も薄くなりますが、あまり濃度が薄いと、バッター液のメリットを発揮できません。衣を薄くパリッと仕上げたいなら、やはり「小麦粉→卵→パン粉」に軍配が上がるでしょう。
    フレンチレストランでいただくような、驚くほど薄く均一でカリッと揚がった黄金色のパン粉に包まれたコートレット…などは、バッター液を使ったレシピでは難しいのではないでしょうか。

    トピ内ID:5056373901

    ...本文を表示

    卵がもったいない

    しおりをつける
    🙂
    あらら
    小麦粉→卵→パン粉になっている理由は誰でも同じようにパン粉をつけられる簡単な方法だからではないでしょうか。
    それかただの習慣。

    私は小麦粉と水を混ぜた物にパン粉をつけます。
    これだと小麦粉と水の量のバランスが重要で慣れるまではパン粉の付き方に差が出ます。
    慣れてしまえば簡単です。

    トピの「小麦粉・卵・水」なら卵はいらないなと思いました。

    トピ内ID:0288965605

    ...本文を表示

    水溶き天ぷら粉→パン粉

    しおりをつける
    blank
    私は天ぷら粉を水で溶いて材料につけてからパン粉をまぶしています。
    大阪の串揚げ方式(たぶん)

    昔は真面目に小麦粉→卵→パン粉でしたが、卵がまだらにしかつかないのでパン粉がうまくつかず衣がぐちゃぐちゃになってしまいました。(実際は卵水の方が良さそうです)
    溶き天ぷら粉→パン粉方式にしてからストレスなく揚げ物ができるのでカツやフライを買わずに済むようになりました。

    でもなんでレシピは3段階なんでしょうね?

    トピ内ID:5052496245

    ...本文を表示

    25年ほど前

    しおりをつける
    🙂
    mam
    某クッキングスクール講師がそのやり方で調理をされたので質問したところ「同じできあがりよ」との事なので試しました。
    うん。確かに。汚れ物が少ないのはさらに良し。

    近頃の気づき。コーンスターチ+小麦粉+水(少な目)でフライ衣は出来るし、さらににパン粉でカツもできますねん。試してみて!

    トピ内ID:7913791127

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  44
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0