詳細検索

    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親よりも親らしいご近所。良い?まずい?

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    シルバーキャット
    子供
    夫が病気のため私が働いており、小学5年生の息子が一人います。学童保育が3年生までしかなくて困っていましたが、Aさんが子どもを見てくださることになりとても助かっています。子供同士が兄弟のように仲良くなり、夏休みなどの長期休みも一日中Aさんの子供さんと遊んでいます。
    最近たまたま子どもの作文を見たら、「家族で連休に遊園地へ行って楽しかったこと」について書かれていました。遊園地にはAさんの家族と一緒に私の息子も連れて行ってもらっていました。
    今現在、闘病中の夫の世話や仕事でどうしても息子と過ごす時間が少ししか作れません。息子にとってはAさんのほうが家族に思えるのかも・・と思いました。この状態というのは、すごくまずいようにも思えますが、預けないで留守番させるのも良くない気がします。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    愛情表現が大事

    しおりをつける
    blank
    ペロ
    家事・育児・介護・仕事ですか・・・すごく頑張っておられますね。お疲れ様です。

    父親が病気で、母親が働いている・・・小学5年生なら、あなたが頑張っていること、状況的に仕方ないことは、わかってると思います。

    ただ理解できるのと、寂しさは別です。

    接する時間が少ないと、お互いの気持ちがわからなくなります。
    >息子にとってはAさんのほうが家族に思えるのかも・・
    同じように息子さんも、トピ主さんの気持ちがわからないんじゃないでしょうか?
    もしトピ主さんから愛情表現が特になければ、やっぱり寂しい、放ったらかしにされてる、自分は愛されてるんだろうか。と思う気がします。

    短い時間でも、しっかり愛情表現すれば大丈夫だと思います。
    手紙や交換日記はどうでしょう?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    Aさんに相談してみたら?

    しおりをつける
    blank
    メルロ
    そんなにかわいがってくださるAさんは親切な人のように思われるので、彼女に貴女の不安を相談してみたらどうでしょうか?
    もし息子さんが本当に貴女のありがたみをわかってないようなら、「病気のお父さんを助けて皆のために一生懸命に頑張ってくれてるお母さん」のことを自然に子どもにわからせるように配慮してくださるのではと思います。
    例えば息子さんがすごくいい成績を取って大喜びでAさんに報告した時、普通なら「まあ、よかったわねえ!」と大喜びして終わる所、ひとこと、「仕事から帰って来てこの成績を見たお母さんもきっと喜ぶわあ!」みたいに付け加えるとか。こういうことで常に貴女のことも意識するようになると思う。

    ただ小5なら本当は貴女のありがたみもちゃんとわかっていると思います。その上で、身近な心のやすらぎとしてAさん一家のことも頼っているのではと思う。
    多分、心配しなくてもだいじょうぶと思いますよ。貴女はきっとお疲れなんだと思う。だからそんな不安をふと抱いてしまうのでは?
    ご主人が早くよくなられますように。貴女も身体に気をつけて・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    Aさんに相談してみたら? 2

    しおりをつける
    blank
    メルロ
    息子さんの方にも、貴女が息子に関心がなく放置しているわけではないことをきちんとわかってもらう努力をしていたらだいじょうぶと思う。
    もし「言わなくてもわかってるだろう」と思って何も言わなかったら、子どもは勝手に「お母さんは僕のことをあまり好きじゃないから一緒にいてくれないんだ、お父さんのことばっかり」と誤解してしまうかもしれないけど、お父さんが病気で看病もあること、お母さんが皆のために働かないといけないこと、貴方ともっと時間を過ごしたいのにそうできなくてお母さんも寂しいこと、貴方が寂しい思いをしていたら申し訳ないといつも心を痛めていること、でもやさしいAさん一家がいてくださるので本当にうれしく感謝、安心していることなどなど・・・。子どもに折りに触れて自然に話してみれば?(押し付けがましく負担にならないように、しつこくならないように自然に)

    貴女が息子がAさんになつき過ぎている?と気にしてることは子どもには気づかせないように。本当はAさん達と遊びたいのに子どもが貴女に遠慮して自分を抑えるのはかわいそうだしよくない。本当の母親は貴女なのを彼もわかっているよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    親は親、他人は他人

    しおりをつける
    blank
    共稼ぎ留守番っ子
    肝心なときに相談に乗ってくれたり、心配してくれれば「親は親」です。
    お子さんの些細なサインに気が付くように、心配りをしていれば何の問題もないと思いますよ。

    Aさんにはきちんと感謝の気持ちなど、気配りされてますか?お子さんの様子なども伺ってますか?

    お互いの関係が良好なら、あまり気にする事もないと思います。

    親には言いにくいけれど、他人に話しやすい相談事も今後増えるでしょうから、そういうときにAさんから教えてもらえたりすると、親としては安心できるのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    預かってくださってる方

    しおりをつける
    blank
    おにさん
    預かってくださってる方いい方ですね。

    トピ主さんのご帰宅は何時ですか?

    私が子どもの頃両親が共働きで、母は6時半まで仕事でしたが帰ってくるまで私と弟だけで家にいました。

    弟が保育園年長の時、4年生だった私が保育園のお迎えもしてました。

    息子さん一人だと寂しくないかなどまた心配もあるでしょうが誰かが来ても絶対ドアはあけない、火は触らないなど約束させれば5年生なら大丈夫じゃないですか?

    ただ、長期のお休み中も毎日、遊びにもよく連れて行ってもらってる今となってはいきなり一人で留守番させるのも難しいかも、その家と自分の家とのギャップで苦しむかもしれませんね。

    そこらへんは息子さんによ~く説明してわかってもらうか今まで通り預かってくださる方のご厚意に甘えさせていただくかですね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    息子さんより貴方が・・・

    しおりをつける
    blank
    依存はダメよ
    息子さん小学5年生なんですよね。
    お友達とずっと一緒のようですが、お友達のご家族は迷惑に思ってないのでしょうか?
    例え迷惑に思っていても、ハッキリ言う方はいないと思いますが。。。

    預けないで留守番させるのも良くないような気がすると書かれていますが、何が良くないのでしょうか?
    5年生なら家事はこなせますよね?
    最低 掃除と洗濯くらいは。
    余裕があればお米を砥いだり、味噌汁の準備をしたり、くらいはできると思います。
    塾や習い事はされていないのでしょうか?

    最後に、息子さんが友達の家族にべったりなのがマズイというよりは、トピ主さん自身が精神的にあちらの家族に依存しているのがマズイと思います。
    もっと自分の息子を鍛えて良いのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    5年生なら・・・

    しおりをつける
    blank
    母子子
    5年生なら、一人でお留守番も大丈夫なのでは?
    と思いますが。。。。
    相手の方の善意に甘える・甘えているつもりはなくても
    1日中お邪魔していたりしていると、相手の方にも
    生活があるでしょうし。
    トピ主さんのその恐縮している気持ちは
    相手の方に伝わっているんでしょうか?
    ご主人の病気の事やご自身の仕事の事でいっぱいいっぱいなのかもしれませんが、
    お子さんにも家の状況をきちんと話をして
    遊びに行っても5時までに帰るなどのルールを決めて
    みてはどうですか??

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    良かったですね

    しおりをつける
    blank
    max
    親切な方が近所にいて。「地域で子育て」が難しくなっている昨今、大変いい話で他人事ながら嬉しくなりました。今はご主人の看病に専念されるのが一番です。お子さんもトピ主さんの大変さをきっと理解できますよ。心配しなくても大丈夫です。「他人にも優しくしなくては」という良い経験にもなると思います。優しくされた子は優しい子になりますよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    お子様が不憫です

    しおりをつける
    blank
    もも
    お子様が小学校5年生だと多感な時期にさしかかっていると思います。 作文には自分の家族と遊園地にいけたらよかったのになという彼のSOSのサインが出ているのだと思います。 それとAさんに子供を全面的に見てもらうなんて甘えすぎのような気がします。 自分の子供です、ご主人の介護にも一緒に連れて行くとか(もう小さい子供でないので病室で騒ぐようなこともしないでしょうから)やはり母ががんばっている姿を見せるのも大事ではないでしょうか? トピさんは今看護と仕事で大変でしょうが、お子様はもっと大変な思いをしているのではと察します。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    息子さんは胸を痛めています

    しおりをつける
    blank
    モネ
    家族で出掛けることが出来ないのに、楽しかったことを作文に書かなくてはならない。
    息子さんは辛い気持ちで書いたはずです。

    Aさん一家と行った遊園地。本当の家族と行った事にしたかったんですよ。
    あれが本当のお父さんお母さんとだったらどんなに楽しかっただろうか。
    そう思って嘘の作文を書いたのです。家族の思い出に変えたかったのです。

    もしくは、あまりにAさん家に預けられるので「僕はいらないんだ」
    「Aさん家の子になれって思われてるんだ」と悲しんでいる可能性もあります。
    無理をしてAさん一家を家族と思おうとしているのかも。

    もう小学5年生。人に預けなくても大丈夫な年齢です。日に何度か様子を見てもらうくらいで十分。

    それから旦那さんは何処にいるのですか?家?病院?
    息子さんがお父さんに会っていますか?息子さんにお手伝いさせてはどうですか?
    お母さんと一緒にお父さんのお世話。カタチは違えどこれだって家族の団欒ですよ。

    息子さんひとりを蚊帳の外に置かないで下さい。
    悲しくて寂しくて…心が張り裂けそうなくらい苦しんでますよ。気付いてあげて。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    子供心

    しおりをつける
    blank
    OZ
    学校の作文って時には残酷なお題がありますね。
    私の家はいろいろゴタゴタがあったから「私の家族」とか「夏休みの思い出」とか書けるわけも無く、友達から聞く話を参考に、ありきたりな事を創作して提出していました。(一度ありのままを書いたら、ヘビーすぎたのかそういう事を書くんじゃないと先生に却下されましたし)

    息子さんも作文に困って、つい創作したんじゃないですか?
    みんな家族とどこへ行ったとか、そんな話の中、家族とどこへも行っていないというのはちょっぴり寂しくあり、悔しくもあり、Aさん一家と行ったことを家族と行ったことにした息子さんの気持ちが分かるような気がします。
    たぶん息子さんは寂しいのだと思いますが、しかし 家の事もよく分かっているんじゃないでしょうか?

    今ままでどおりAさんには助けてもらえる範囲で助けてもらっていいと思います。そして息子さんにも助けてもらっては如何ですか?
    お風呂の掃除などちょっとしたお手伝いをお願いして、頼りにしてるよって言ってあげれば、ボクはお母さんを助けているんだ!家族の一員なんだ!という認識と前向きな気持ちになるかもしれません。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    Aさんってすごい

    しおりをつける
    blank
    ぱっぽ
    Aさんがトピさんと息子さんにしてくださることって本当にすごいと思います。毎日子どもを預かって親が帰るまで見てるってはんぱな気持ちじゃできないと思います。身内の子どもでさえ大変でストレス感じると思うのに。真の親は親だから愛せるけれど他人がかけてくれる愛情はその人自身がものすごい広い心と慈愛の気持ちがないとできないことだと思います。私なら家族以外に触れすぎるという心配よりも小さい頃から他人の心からの愛情にも触れることができた幸運を教えると思います。Aさん一家がしてくれたことはだれもができるありふれたことではないのでそれを折りにふれて息子さんと話し合ったらどうでしょうか。息子さんが大きくなったときAさん一家から受けた広い大きな愛をだれかにバトンタッチしてあげられるように話して欲しいと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ちょっと似てるかな?

    しおりをつける
    blank
    りかこ
    私の両親は共働きでサービス業をしていたので、夏休みなどの長期休暇は親戚の家に預けられていました。
    叔父、叔母、従兄弟達と遊園地に行ったり海に行ったり、中学生くらいまでは、毎年その親戚の家族と長期休暇を過ごしていました。
    とっても楽しかったし、今でもその親戚は家族のように大切です。
    でも、両親とは違う。
    やっぱり両親が一番大好きでした。
    親子の絆って、結構強いものですよ。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0