詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    要求してしまうのはナゼ??

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    海南
    恋愛
    恋人or旦那にいろいろと要求してしまうことって、ありますよね。かくゆう私も恋人に対してそうです。もっとしっかりしてくれたらetc。

    しみじみ考えました。なぜそう思うのか、そういうオマエはどうなのか、人に要求するほど立派な人物なのか、自分だってゼンゼンなってないじゃないか。

    自分に自信がないから、人に要求するのだと、ハッと気づきました。自分がしっかりしてないから、相手にしっかりしてほしい。自分がしっかりしていれば、違いは個性になるはず。そのうえで求め合い、補い合うのが健全な人間関係じゃないかと気づいたんです。

    くすぶるような不満も自分で作っていて、心が温まるような幸せも自分で作っている。何かの本に書いてありました。「究極的には外界の要因はあなたの心を変える力はない。すべてを変える力はあなた自身がもっている」と。

    そんなことに気づいたとき、人生の真理を発見!とコーフンして、誰かとシェアしたくて思わず投稿してしまいましたが、書いてしまえば、何てことはない至極当たり前のことでした。

    ほとんどツブヤキに近いトピック、読んで頂き、ありがとうございました!

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    同感

    しおりをつける
    blank
    ななえ
    自分に都合良く振舞ってくれるよう人に要求するのは、依存であり甘えですよ。
    家族であれ恋人であれ自分以外の人は、自分のために生きてくれる訳じゃないですからね。

    自分がしっかりできないから旦那にしっかりして欲しい、なんて完全に甘えですね。
    あと「自分でしっかりやっていこう」という自立心のなさの表れでもあります。

    自分に無いものを相手に求めて結婚した私の両親が、その典型でした。
    母は何でも、父に頼りっぱなし。
    父はそんな母を、絶対に自分から離れていかないだろうと軽く見て、依存の果てに激しい暴力まで振るいました。
    それでも母は、経済的にも精神的にも父に依存していたため、別れようとしませんでした。

    自分の中に葛藤が無く、精神の安定している人は、人に要求などしません。
    言い換えれば、人に要求ばかりする人は「自分の人生に不満だらけの人」なのであり、要求しない人は自分の人生に納得して、自分と折り合いを付けて生きているのです。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    激しく同意、です

    しおりをつける
    blank
    れもん湯
    本当にそうだと思います!

    そうはっきり気付いて、結局自分が幸せになるんですよね。おまけで相手も幸せにできて、その幸せが自分に還ってくる。自分に還ってこなくても、きっと誰かにお裾分けされているに違いない。だからやっぱり幸せ。

    今日、成功の究極の方法は「感謝」と「与える勇気」という話を聞きました。本当にそうだなあと思います。両方、自分から発信するものですよね。

    最近、小町で本当に前向きなトピを見かけることが多くなり感謝・感謝です。トピ主様の素敵なツブヤキ、投稿して下さってありがとうございます!私もツブヤキお送りしますね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    不幸も幸福も自家製造

    しおりをつける
    blank
    元根クラ
    そうですよね、自分の心のコントロール次第で、
    いっくらでも幸福になれますよね。
    シンプルなことなのに・・・なかなか実践は難しい。

    発想の転換で悩みが晴れたとき、
    脳内分泌物が出回り、
    交感神経?の調子も良くなって
    化粧のノリも便通も良くなるのを体験しました。
    抱えてる問題は変化してないのに、
    考え方のコツ次第でハッピー気分になれるんですね。

    恋愛に関しては与えられる事ばかり気にしてたのが
    与えるヨロコビに目覚めてからうまくいきだしました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「理性」に関する誤解

    しおりをつける
    blank
    ニコラス
    世界的ベストセラーとなった「7つの習慣」という
    本の中に、「人間は、刺激に対する反応の仕方を
    自分の意思で選ぶことができる、唯一の動物である」
    といったことが書かれていました。

    著者によれば、自分を棚に上げて相手に不満をぶつける
    といった行為は、自分の中の負の感情にただ反応して
    いるだけの、動物的な行為だそうです。

    自分と他人の幸福を同時に実現できるような人物は、
    外からの刺激を理性をもって受け止め、自分の反応を
    意識的に選択できるんだとか。

    今のトピ主さんの状態、まさにこれですよね。

    普段「理性」というと、どこか冷たく、血が通っていない
    かのような印象を受けます。「理性なんかより感情の方が
    ずっと大切」みたいな言い方をされることが多いです。

    でも本当は、理性的に行動できる人の方が、自分と相手、
    双方の感情に対して、敏感で繊細な感覚を持っているの
    かもしれませんね。

    また新しい「学び」があったら、聞かせて下さい。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0