詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親を安心させたくない心理

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ひとえ
    ひと
    読んでいただきありがとうございます。50代前半の働く主婦です。

    両親は共に80代。お陰様で特に病気を患っているわけでもなく元気にしておりますが、私の子ども達である彼らの孫が小さかったころに比べれば、随分と衰えてきました。昼寝の時間が長かったり、散歩をあまりしなくなったり、耳がとおいに加えて、一回で話を理解できなかったり、大事には至らないものの、たまに転んだり・・・と、子どもとして心配だったり、寂しかったりする気持ちがあります。

    私なりの経験で「親は子どもが立派に成長すると安心したように人生を終えていくものだ」という原則を勝手に信じています。

    現に、身近な友人が40代になって、めでたく結婚したり、仕事仲間が管理職についたりすると、間もなくまるで安心したかのように、お元気であったお母様や、お父様がお亡くなりになったりしています。

    そのこともあって、私も子ども達の良い話は、両親にたくさんするのですが、自分自身の職場の昇進の話などはしないようにしてきました。

    しかし、先日、母が、「お父さんがあなたが上に上がれないことをすごく心配している」と聞いて、思わず(すでに、父の言う地位には昇進しているから大丈夫だ)ということを伝えてしまいました。

    母は私の肩を叩いて、「良かったね~!」と嬉しそうにして喜んでいました。おそらく父にもすぐに話したと思います。

    でも帰宅して、(親を安心させてしまったから、不幸が起こるのではないか・・・)と後悔の気持ちが湧いてきました。

    こんな親を安心させたくない心理をわかる方いますでしょうか。私の原則にあてはまらない例は多くありますか?

    おかしな話ですが私自身が心配になってきました。

    どなたかお考えや参考例をいただければ、ありがたいです。

    トピ内ID:1602594975

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 24 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    昔の4コマ漫画を思い出しました

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    昔の4コマ漫画を思い出しました。

    都会のサラリーマンが、「長生きする方法」のセミナーを聞きに行きました。

    セミナーの講師が「長生きするには、生きがいが必要」と話しました。

    すると、そのサラリーマンは田舎の高齢の両親宛に「カネオクレ」と電報を打ちます。

    電報を受け取ったおじいさんは、怒って、農作業中のおばあさんに向かって、「ばあさんや、まだまだ死ねんぞ」と言っておりました。

    こういう意味ではトピ主さんの考えは間違ってはいないと思います。

    だからといって、間違って?喜ばせたら「不幸が起こる」わけでもないと思います。

    要は、本人が「生きがい」を持つことができるかどうかが、問題なのです。

    子供が育って幸せになったからと言って、親は常にその先を心配するものです。

    子供が親を完全に安心させることは不可能です。

    もしも子供の心配があまりないのなら、子供以外の「生きがい」を見つけてもらえれば良いのです。

    トピ内ID:0481513097

    閉じる× 閉じる×

    ひとえに寿命の問題だと思います

    しおりをつける
    🐧
    絹子
    安心されて亡くなれるものなら、幸せな一生です。

    父93歳の場合は、友達も誰もいなくなり、苦しまずに死ねるものならと言いながら、死の恐怖と戦いながら、家族よりも自分のことばかりで、大騒ぎしています。
    多分、脳のほうも老化してきて、あまりいろいろ考えることもしていない気がします。

    いい人に限って早く亡くなるという、嫌われ者世にはばかる、ということは、昔からあったようです。

    いくら、人生100年時代といっても、お金に余裕がないと、いろいろ大変です。

    子供が親を安心させようと、させなかろうと、結果は同じだと思います。

    本人の気持ちですし、子供がいるいないも何の関係もないと思います。

    普通に老いて行って、楽にあの世に行けることができればいいと私は思います。

    苦しい老々生活はつらすぎますし、子供に迷惑をかけたくないは、親誰もが思うことだと思います。

    トピ内ID:8181726221

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんが勝手にジンクスとしてしまった。

    しおりをつける
    💤
    まあね。
    >身近な友人が40代になって、めでたく結婚したり、仕事仲間が管理職についたりすると、間もなくまるで安心したかのように、お元気であったお母様や、お父様がお亡くなりになったりしています。

    40代や管理職になる年齢となると親御さんもそれなりの年齢ですしね。
    安心したから亡くなったと言うよりやはり年齢、または偶然かな?。
    子供が親不孝な事や心配ごとばかりする子の親は逆に長生きなのか?と言えばそうでもなかったり。逆に寿命縮めさせたりしてね。

    思うに親としてみたら結婚したから安心、管理職になったら安心と言う事も無く、自分の方が子供より先に亡くなるとはいえ、子供の寿命の最後まで不安を作って心配し「死んでられない」と考える悲しき性でもありますね。

    私の場合は母は健在ですが父は亡くなっております。
    病気で亡くなりましたが、最後まで父には安心どころか色々心配かけていた様子です。

    トピ主さんの原則に当てはまらない親御さん沢山いると思います。
    何れにしても順番から行って親が先に亡くなってしまうもので、考えると不安にはなりますが、何時までも長生きはして欲しいですね。

    トピ内ID:5987404482

    閉じる× 閉じる×

    ええ?

    しおりをつける
    そうなんだ
    心理、ですか。うーん。
    親を安心させたら悪いことが起こる気がするってどんだけ思いあがった考え方なんだろうなあという気はします。
    そんな力、あなたにないって。

    いやいや、そういうんじゃないのよって言いたいかもしれませんが、そのくらいの捉え方してもいいのでは。

    物事、なるようになる。なるようにしかならない。
    親御さんの立場にたって考えてみたら。
    子供の良い話はいつだって嬉しいし、安心する気持ちを持たせるのは何よりの親孝行じゃないのかな。

    どこかでこじらせちゃった変な思い込みだと思います、あなたの。
    なおせたらいいですね。

    トピ内ID:2561332833

    閉じる× 閉じる×

    遅かれ早かれ死ぬのに

    しおりをつける
    blank
    レンのん
    生きていくには多少のストレスがあったほうがいいし

    心配の種があるくらいが生きがいにもなるでしょう

    だからと言って、わざわざ心配させる必要もないだろうに
    親に構ってもらいたいのでしょうか?

    正直申しますと
    自分だけがかわいいのだなと思いました

    親もですが、私自身もいずれ死にます
    その時がいつ来るかはわかりませんが、確実にきます

    もうそろそろ、心構えは必要ではないでしょうか?

    トピ内ID:0324431535

    閉じる× 閉じる×

    レス

    しおりをつける
    blank
    ふね
    経営者だったら、息子に継がせて会社大きくして、それから自分は会長職で悠々と長生きしてらっしゃる方、たくさん居ますよ。
    そもそも、息子が頑張らないと、ずっと親の代からあれこれ言われますからね。
    世の中サラリーマンが多いから、慎ましい方が多いのかもしれませんが、バリバリ自力でやってきた人達は、自分の人生をずっと生き続けますね。

    トピ内ID:9443522595

    閉じる× 閉じる×

    思い込みの激しい人だな…

    しおりをつける
    🐱
    neko
    思い込みの激しい人だな…という印象です。

    私の母は「年寄りの預貯金の話を聞けば早死にする」という考えでした。
    基本は主様と同じで、持っているお金の遺産分配等の話を実子にしたら
    思い残すことはないと安心してあの世に行ってしまうと。

    いつも「私は母親(私の祖母)がその話をしだしたら、話を逸らして
    聞かないようにしている。だから母親は長生きしているんだ。
    あなたもそうしなさい」と。

    でも母は祖母が90代で亡くなった時に祖母の預貯金がもっと有る筈だ、
    他のきょうだい達が盗ったに違いないと疑っていましたね。

    疑うならどうして生きている祖母に聞いておかなかったのか、と呆れました。

    母は自分の老後には預貯金の話は一切しない、聞いても言わない人でしたから
    母の持論で言うととても長生きするはずでしたが、70代で亡くなりました。

    ちなみに父も10年以上前に亡くなっています。
    父は私に「お前の事だけが心配だ」と言いながら亡くなりましたけど…。

    だから自分の考えた原則を信じる人は、「思い込みの激しい人だな」と。
    そんなのたまたま、でしょ?

    父方の祖母は一代で事業に成功した伯父に面倒を看てもらいながら、
    悠々自適に90代まで生きました。
    いつも元気で口が達者で頭もしっかりしていたので
    風邪をこじらせなきゃ100歳まで生きたと思います。

    たまたま、そういう寿命だっただけの話です。

    トピ内ID:4870712300

    閉じる× 閉じる×

    皆さまありがとうございました

    しおりをつける
    🙂
    ひとえ
    たくさんレスをいただきありがとうございました。

    皆さんがおっしゃっている通り、私の原則は、強い思い込みで、こんな風に信じ込んでいる人はいないみたいですね。

    寿命ですね。親が亡くなることが怖くて、一人よがりな考えをしていました。

    生きているうちに、安心させるほうが親孝行ですね。私自身もいい歳なのに、未熟な考えでした。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:1602594975

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0