詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    強い言葉が気にかかる(駄)

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    冷茶
    ヘルス
    最近、強い調子の言葉が安易に使われ過ぎている気がして、そのつど違和感を覚えてしまいます。
    たとえば、映画の感想で「号泣した」という人がいますが、実際に映画館で大泣きしている人を見たことはありません。よく話を聞いてみると、涙がうっすらと滲んだだけだったりします。
    また、「激怒」「爆笑」なども、そんな大げさなものじゃなくてもよく使われている気がします。

    そのまま聞き流せば良いのですが、強い調子の言葉であるだけに、引っかかりを感じてしまいます。
    これが時代の流れなんでしょうが、刺激の強い言葉が溢れすぎて気になってしまいます。
    こんな事を考えるのは私だけでしょうか。どこかに同じ思いの人はいませんか。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    あります、あります

    しおりをつける
    blank
    ハンフリー
    新聞の見出しなどを見ていると
    「号泣!」と書いてありますが、実際その番組を
    見ると、全く号泣してなかったり。

    号泣の意味がわかってるのか?と尋ねたいですね。

    マスコミ関係のものがほとんどのような気がします

    最近の若者の言葉は・・と言う前に
    彼らこそ、言葉を正しく使うべきですね。
    (視聴率や雑誌等の購買数をあげるためでしょうが)

    私も常々、そのような事を思っていました。

    同じような仲間がいらっしゃって嬉しいです。

    彼らは、若者の言葉の乱れには厳しいんですけどね。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    気にしない

    しおりをつける
    blank
    まるこ
    時代の流れではないと思いますよ。
    マスコミの勝手な印象操作では?
    ご自分の周りで「号泣しちゃって」とか、「激怒したよ」なんて言ってる人がいますか?
    私の周りにはいません。
    私がその手の言葉を聞くのは、テレビや雑誌や広告くらいですね。
    いつの時代にもマスメディアが売り出した流行語?なるものは存在します。
    いちいち踊らされる必要はありません。
    気にしない事が一番では?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    気になる。

    しおりをつける
    blank
    ルミナス
    芸能人の恋愛と言うといつも「熱愛」。芸能人の恋愛はそんなにアツく燃えているのだろうか。フツーの人となんら変わりは無いのではないかと思うのだが。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    少し違いますが…

    しおりをつける
    blank
    ダイナ
    私は「奇跡」が嫌いです。
    これは奇跡という言葉が嫌いじゃなくて、
    TVなどですぐに「奇跡!!」などというテロップが流れることが嫌いなのです。
    奇跡ってそんなに簡単に起きるものじゃないと思うんです。ただの偶然ですよね
    最近のバラエティってよく使いますよね

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    必死

    しおりをつける
    blank
    ぱる
    そうですよね、わかります。
    私の一例ですが、普段「必死」という言葉は使わないように気をつけています。
    だって本当に死を覚悟する程のことなんて一生のうち何回あるのでしょうか?
    大したことがないような事例でも「必死で頑張りました」なんて気安く言う人が
    非常に多いですが、言葉本来の意味をよく考えてほしいと思います。
    本当にご自分の生命を賭けたのでしょうか?
    死を覚悟したのでしょうか?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかります

    しおりをつける
    blank
    タンパク
    「号泣」、私も以前から気になっていました!

    ちょっと横かもしれませんが、
    「感動」も安易に使われてるようで、個人的には「なんだかな~」という感じです。
    「感動をください」とか「感動を与えられるような~をしたい」とか。。。
    「感動」って、事前にもらうのを期待したり、与えようという意志があるものじゃないと思うんです。
    そういう邪念(?)がある時点で、真の感動からは遠ざかるんじゃないかと。
    何かのイベントなりで、始まる前から「感動しよう」と身構えてるのって本末転倒って気がします。
    「元気が出るパワー」とか言うのだったらわかるんですけどね。同義語なんでしょうか?

    「号泣」も「熱愛」も「感動」も、安易に使われると本来の意味が安っぽくなって寂しいですね。
    大袈裟に表現して視聴者を惹きつけたいマスコミのせいだと思いますが、そのうちさらに「大~」ってつけないと物足りなくなってくるのでは?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます(トピ主です)

    しおりをつける
    blank
    冷茶
    お答えいただいた方々、ありがとうございました。
    私がこのような強い調子の言葉を目に(耳に)するのは、新聞の見出しやテレビなどのマスコミもあるのですが、職場の同僚だったり、電車に乗り合わせた高校生の会話だったりします。
    たしかに、私自身は使わないので気にしなければ良いのですが、でも、やっぱり、引っかかってしまいます。
    こういうふうに感じるのが私だけでは無いのが分かって、少しすっきりしました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    「全米が泣いた!」

    しおりをつける
    blank
    あんこ
    どんなマイナーな映画でも、いやマイナーなほどこういう宣伝文句使いますよね…やっぱり消費者の購買意欲をそそるための戦略なんでしょうね。

    私や友達はこれを逆手に取って遊んでいます。なんかの映画の話になったときに「全米が泣いた?」「泣いた泣いた」とか 笑

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    わかります~

    しおりをつける
    blank
    ゆきんこ
    私の友達でもいます。
    表現がオーバーというか、話をちょっと大袈裟にしたがる子。
    私の友達が良く使う言葉は『ブチ切れた』です。
    ちょっとした会社でのいざこざなのに、「私それでブチ切れてさ~」って言います。
    本当はちょっとムカッてきた程度のものだと思うんですが、何かにつけブチ切れたって言ってます。
    私的にはブチ切れるっていうのはそれこそちゃぶ台をひっくり返すくらいの(星 一徹?)感覚だと思うんですが、何なんでしょうかね。
    自分の話に注目してもらいたいのかもしれないですね~

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ここにも一人います

    しおりをつける
    blank
    同士よ!
    私もマスコミのしわざだと思います。
    「CMのあと、スタジオ騒然っ!!」
    「衝撃の事実が・・・」

    私が見た中では一度たりとも
    騒然だったり衝撃だったためしはありません。
    このえもいわれぬ不快感はなんでしょうね。
    頻繁に大風呂敷を広げられている感じでしょうか。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    それは・・・

    しおりをつける
    blank
    ケロケロン
    感受性の問題ではないでしょうか。

    発信する側がものすごく感受性に富んでいたら
    もう「号泣」だの「激怒」くらいの思いを感じて
    そういう表現になってしまうような気がします。

    製作側やマスコミの思惑でそういう表現を用いる
    こともままあると思いますが、

    トピ主さんと同じで、
    大げさに表現されて、それほどの感動?
    と思うこともしばしばあります。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ○○恐怖症

    しおりをつける
    blank
    ちょっとトピずれかな
    ごく最近になってよく聞くような気がするんですが、ちょっとしたことでも○○恐怖症って言いませんか?
    私なんかは、それはただの苦手っていうことでは??って思ってしまうんですが。
    これも気にしなきゃいいのか・・

    今日はテレビで女子高生が恋愛番組(だったかな?)で「私束縛恐怖症なの」って言ってました。

    流行言葉なのかな?

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ええっ!

    しおりをつける
    blank
    みー
    あちゃー、私結構使ってます。特に「号泣」はしょっちゅう。「昨日のTV見たー?○○が××したシーン、号泣だったよねー」
    はい、おっしゃる通り見た目は涙がにじんだ(うるっと来た)位です。でも心の中は「うわぁぁぁ!!」と「号泣」だったんですよー・・・って言い訳がましいですね。そっかー、そういうの気になる方って居るんですね。これからは気をつけようと思います。適正表現を心がけます。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    潜入!!

    しおりをつける
    blank
    ひっくり蛙
    「○○にレポーターが潜入!!」

    潜入=こっそり入りこむこと。

    カメラマン、照明、録音を引き連れて「私は今、○○に来ています!。ご覧ください!!、○○は~」
    とテンションあげて・・・

    潜入??、どこが??

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    強調しないと自分が埋もれてしまう

    しおりをつける
    blank
    すぱ
    という感覚があるんじゃないかと思います。

    学生の友達同士でも会社の同僚でも毎日あっているから、
    会話にマンネリ感がでてきたり、力関係というか物事をはっきり言うタイプと口下手なタイプの差がでてくる。
    そうなったとき、口下手なタイプの中に、
    自分の話を聞いてもらえないと自分の存在の危機感を感じる人もでてくる。
    ”もっと自己主張しなくちゃ。”
    口達者な人より語彙が少ないからメディアで使われる言葉を使ってみたり、
    意味を強調するための ”激・超”といった言葉を多用し追いつこうと必死になる。
    それによって場が盛り上がる効果が認められた場合はその言葉は始めに使った人だけでなくその集まりで、多用されのちに常用化する。
    そんな感じじゃないかと思います。
    環境の個性の一つでありそれ自体はいいことでも悪いことでもなく
    違和感を感じても感じなくてもおかしく無いと思います。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      テレビのあおり文句が気になります。

      しおりをつける
      blank
      「美女」も気になる
      号泣!激怒!熱愛!悲惨! etc
      ヘヴィな言葉のはずなのに、あまりに簡単に遣われるので、今ではずいぶん安っぽい言葉に聞こえます。
      言葉は、意味を良くわきまえて大事に遣いたいですね。

      トピズレですが
      私は映画を観てホントに号泣してしまうことがあるので、恥ずかしくて最近映画館に行ってません。
      文字通り「号泣」する人は、私のように映画館には行けないのかもしれません。

      トピ内ID:

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0