詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    死別

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    みい
    ひと
    母が50歳で亡くなりました。今年の1月のことです。

    難病でした。急激に悪化し、通院はしていましたが入院した頃には数ヶ月持たないと言われていました。集中治療室にいた為、面会時間も30分と限られており、仕事も無理を言って時短をお願いし毎日面会に行っていました。残りの時間を少しでも多く一緒にいたいと思ったからです。最後はまったく会話は出来ませんでした。
    なにもしてあげられない自分の無力さに悔しくて悲しくて泣いてばかりでした。

    そんな生活を5ヶ月過ごし、母が永眠しました。葬儀の間は周りに驚かれるくらい平常心でいられました。仕事でも心配されるのが申し訳なく、いつも笑顔でいました。

    ただ、一人でいるとやはり色々思い出しては涙が止まりません。だめだとわかってはいるのですが、後追いさえ考えてしまいます。

    母が亡くなった今、仕事と家事の両立の大変さを痛感し、なんでも相談して、休みの日にはランチなど行き友達のように仲良くしていた母がいないのがつらくて、かなしくて、そして人といる時は笑顔でいることに疲れてしまいました。

    20代半ばにもなって情けないのですが、こんな毎日でいつかは心から笑える日が来るのでしょうか。

    トピ内ID:4141252522

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 2 びっくり
    • 8 涙ぽろり
    • 124 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    あなたもお母さんも・・

    しおりをつける
    🙂
    コン
    >20代半ばにもなって情けないのですが

    いえいえ、とんでもない、あなたは、まだそのお年でお母さんを亡くされたんです。

    私の母は私が40代後半の時、70代後半で末期がんが原因でこの世を去りました。それに引き換え、あなたもお母さんもお若いんですもの、親も子も若い時に去られることほど、辛いことはありません。

    無理に明るい顔する必要などありませんよ。お母さんも天国であなたを見守っています。

    陰ながら応援しています。

    トピ内ID:7606095170

    閉じる× 閉じる×

    きっと時間が解決してくれます

    しおりをつける
    blank
    ちせ
    みいさん

    大変つらい思いをしましたね。
    何歳になっても親がなくなるはつらいものです。
    お母様もまだ若くして亡くなられ、あなたにとっては親友であり家族の母親を亡くしたことは心に穴が開いた状態でしょう。
    いまはつらく辛くて仕方ないでしょう。
    いっぱい泣いていいんです。

    お母様が闘病中に何もできなかったと書かれていましたがそんなことはありません。
    あなたがそばにいてくれてだけでお母さんには十分伝わっています。

    だから、今はつらくてもあなたの心の中にお母様は生きていきます。

    ご自分を大切に、そしてあなたが幸せになることをお母様は望んでいますよ。

    トピ内ID:7764121729

    閉じる× 閉じる×

    大丈夫、心から笑える日は来ます。

    しおりをつける
    🙂
    アメジスト
    みいさん、
    まだお母様が亡くなられて4ヶ月、辛いのは当たり前です。
    私も昨年、母を亡くしました。
    もういい年なのに、今もあなたと似たような状態です。
    あなたはまだ20代半ば、全然情けなくなんてありません。
    どうか自分を責めたり、否定したりしないでくださいね。
    私も母とすごく近かったので、お気持ちは痛いくらい分かります。
    会ってお話したいくらいです。

    多分、悲しい気持ちや喪失感は消えないと思います。
    それでもいつか必ず、心から笑える日も来ると思います。
    もう少ししたらきっと、ちょっと笑えることもあると思います。

    だからお互い無理しないで、一日一日ゆっくりと
    朝起きて、仕事や家事をして、ちゃんと休息も取って
    泣きたい時には泣いて、ちゃんと食べて眠って、暮らしていきましょう。
    段々、それが日常になります。
    少し落ち着いたら、好きなこともやってみようかなと思えます。

    辛いけど、でももう母は病気で痛い思いをしていないし、
    私は天国か極楽かどこかで母が穏やかに過ごしていると
    勝手に信じています。
    早く母の元に行きたい気持ちもあるけれど、でも自殺をすると会えないらしいので、
    自殺はしません。私が死んだら、きっと母が迎えに来てくれて会えると
    これも勝手に信じているので、今は死も怖くありません。
    寿命が尽きるまで、生きようかなと思っています。

    みいさん、こんな風に思ったらダメだとか、
    こうしなきゃダメだとか思わないで、
    ご自分の気持ちに正直に過ごしてくださいね。
    でもあまりにもネガティブになりそうになったら、
    できるだけお日様を浴びたり、綺麗な自然に触れて、
    気持ちを平らかにしてもらえたらいいなと思います。
    仕事と家事の両立、大変ですよね。家事を手抜きしちゃいましょう。
    いつも笑顔じゃなくていいです。
    今日がみいさんにとっていい日でありますように。

    トピ内ID:7223937418

    閉じる× 閉じる×

    取り繕う必要などないだろう

    しおりをつける
    🙂
    常在戦場
    ありのままの自分でいることだ。
    人はいずれいつかは死ぬ。
    だから今死ぬことなどないのだ。
    若い時に相次いで両親を亡くした。
    特に親父には妻も子供も見せることはできなかった。
    どこかで見ているのでは?と思うが。
    今の生き様、心配かけてはいないと自負しているが、
    心底笑えて生きていないことに、
    何やってんだ、
    と親父から笑われたくはないものだ。

    トピ内ID:0615772971

    閉じる× 閉じる×

    とても分かります

    しおりをつける
    🙂
    もも
    みいさん、こんばんは。
    20代半ばのももと申します。
    わたしも昨年9月にガンで母を亡くしました。病気がわかってから1年です。見つかった時はすでに末期で治る見込みはなく、それをわたしたち子供には教えてくれておらず、亡くなる10日前に余命数週間と告知され、そこで末期であったことを初めて知りました。

    わたしは元々仕事の関係でうつ病を患っており、現在も通院しながら仕事をしています。
    周りに迷惑をかけたくなく仕事場ではいつも以上に笑い、てきぱきとこなし、帰ったら落ち込むという生活を送っています。
    どこに行っても何をしても母のことが頭から離れず、お母さん苦しい思いしたのに自分だけ楽しんでいいのかな、お母さんもっと生きたかっただろうなと罪悪感や後悔に襲われます。
    周りの人にお母さんの分も幸せになるんだよと言われますが、お母さんが居ない世界で生き続けること自体が不幸だと思ってしまいます。いつまでお母さんの居ない世界で生きていかなきゃいけないのか。
    こんな気持ち同世代の友達には話せないですよね。わたしは、あなたにはお母さん居るからわたしの気持ちなんて理解できるわけないと思って友達に相談するのはためらってしまいます。

    支離滅裂な文章で申し訳ないです。同じようなことを感じている人間が居るよということを伝えたかったのです。少しでもみいさんの心が軽くなったら幸いです。

    トピ内ID:9821173787

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0