詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    親から教わったことは何ですか

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    Spiegelei
    ひと
    私の両親は仕事をしていて全然口うるさくはありませんでした。それは私がきちんとした子供だったからではありません。人見知りの強い子供でした。
    親は子供の教育や躾けに関してもさしたる情熱もなかったようで、勉強の何を習った訳でもないですし「人に挨拶をきちんとしなさい」などの生活態度の注意をされた記憶も皆無です。

    しかし自分が親になってみてわかったのは、子供を常識のある大人に成長させる為に親は当然子供にあれこれ言う事。私も自分の子供には悪い所をあらためるまで言い続けるつもりですし、経験から得た助言もその都度しています。

    だからこそこうやって大人になって振り返ってみると何故私の親は何も言わなかったのかとても不思議なのです。両親ともそういうタイプの人だったとしか言いようがないのですが。けれど自分が人生で困った時に支えになる言葉の一つでも欲しかったなと純粋に思います。

    というわけで他の方が聞いてきた親御さんからの教えや助言を是非伺ってみたいのです。特に言葉はなかったけれど、親の真面目に働いて生きてきた背中を見ていたことが彼らの教えなのかもしれないのですが。

    トピ内ID:6915283027

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 7 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 12 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    私も特にありません

    しおりをつける
    🙂
    美紗子
    世代によると思いますが、

    私は60代後半ですが、私も親からこれと言って教わったことはないですね。

    当時は、貧しくて私に構っている余裕はなかったのだと思います。

    躾や勉強は学校任せだったように思います。

    ですから厳しい先生方が多かったように思います。

    だからなのか解りませんが、今日のような悲惨な事件や事故は少なかった

    ように思います。

    因みに、当時の高校進学率は65%位でした。

    私は中二位から進学を意識したのですが、何とか進学できました。

    トピ内ID:7923043112

    閉じる× 閉じる×

    何度も思い出すのは

    しおりをつける
    blank
    これも親の教え?
    眠れなくても目を瞑っているだけで身体は休まるのだからそうしなさい。

    トピ内ID:7752103819

    閉じる× 閉じる×

    迷子の達人

    しおりをつける
    💡
    フ号
    親に対して格別の思い入れがあるわけでなし。
    親の教え、親からの躾だけを頼りに渡っていけるほど世の中は単純ではないし、人生も短くはない。

    親に限らず、誰かが言っていたことが、何年、何十年経ってから「ああ、あの時のあの人の話は、このことだったんだな・・・」と繋がることもありますし、周囲の人達からなにかしら影響を受けているにしても、物事の捉え方、考え方は本人次第ではないでしょうか。

    「なにを教えたわけでもないのに、そういこともちゃんとできるようになってたんだね」と、親に言われたことはありました。

    私は子供の頃、いつもの生活圏から出て、ちょっとかわったところに連れていかれると、すぐ親とはぐれて迷子になる困った子でした。
    そのため、親がしつこく自分の名前と住所と親の名前をいえるように仕込んだので、半世紀近く前に住んでいた所番地がいまだに言えます。

    迷子になったら、親を探して動きまわらず、その場で親が戻ってくるのを待ちましょう。
    捨てられたのでなければ、親は子供が側にいないことに気づいたら、必ずこれまで通ってきたところを探しに戻ってきます。(親の教えではなく経験則)

    いまとなっては、私がいないことにしばらく気づかない親にも、いろいろ問題があったような気もするんですけど。

    トピ内ID:1664696129

    閉じる× 閉じる×

    見返りを期待せずに奉仕すること

    しおりをつける
    blank
    私の両親はお人好しで、自分のことを差し置いても他人のために尽くす人たちでした。親戚のことなどほんとうに親身になっていろいろやってあげていましたが、相手からはほとんど返ってきませんでした。両親も期待していたわけではなかったと思いますが。

    両親の生き方を見てきた私は、親戚や他人にやってあげる時は、見返りを期待しないようにしています。自己犠牲の精神で尽くしてくれるのは親のみです。兄弟だって持ちつ持たれつ。ましてや親戚や他人なんか・・。

    誰も何もやってはくれない←こう思って生きていると、ほんとうに時々、心優しい人達の思いやりや親切に救われることがあります。

    私は子供たちを相手に教える仕事をして、老人ホームでボランティアをやっていますが、子供とお年寄りは別格です。無償の気持ちで接することができます。

    トピ内ID:8187486866

    閉じる× 閉じる×

    たいして無いよ

    しおりをつける
    🙂
    とも
    肘をついて食べるなとかそういうレベルのことくらいしか記憶にないや。
    生きる指針的なものは皆無だし、助言なんてものもなかった。
    普通の家庭なんてそんなもんじゃない?ご立派な教えなんてないない。

    トピ内ID:7459574093

    閉じる× 閉じる×

    親のようにはならないこと

    しおりをつける
    🙂
    ロミオ
    うちの親は「今」がすべてで先のことまで考えて行動しなかったです。
    金銭的に備えを怠っていたとかそういう話じゃなく、
    相続だとか土地の権利ってところですね。

    両親ともに公務員で行政職に就いているにも関わらず、
    子や孫の代にまで影響するようなことを平然と先送りにしてきました。

    今、私が苦労しています。
    自分達だけで解決する問題ならそれはいいんですが、
    親戚まで影響することを先送りにしてきた両親。

    それ以外は良い親なんですけどね。
    後の影響の大きさを考えると、自分は「親のようにはならない」って
    思うようにしています。決め切れるものはすぐに決めること。
    先送りにはしない。それが親を見ての教えられた(自分が知った)ことですね。

    トピ内ID:3998290983

    閉じる× 閉じる×

    あれこれ教わりましたが

    しおりをつける
    blank
    けるん
    間違ったことも強要されたし、特に良い助言はないです。

    例えば、嘘をついてはいけないと親はうるさかったですが、自分達が子供に嘘をついたりもするし、こういう言動不一致する人だと、そりゃ子供にも尊敬されないなーっと学んでしまいました。

    部屋をキレイにしなさいとか、好き嫌いはダメとかも言われましたが、親が掃除はしないし、専業主婦なのにゴロゴロしている人で、好き嫌いもしています。これだと説得力ないです。

    相性の問題もあるでしょうが、口うるさく改めるまで言うと逆効果になることもあるので、ご注意下さい。自主性を育てるのも大事ですよ。親が挨拶重視だと、挨拶しない文化の人を軽蔑したり、自分が正しいって価値観の人になって多様性とか慣用性がない子になる危険もあると思います。

    挨拶が上手でも、意地悪で嫌な人もいるし、挨拶しなくても性格の良い人もたくさんいます。私は挨拶で人の中身を決め付けない方がいいって教えます。親が子供に教えれることは意外と少ないので、謙虚になることも大事だし、何を大事にするかは子供が自分で掴むものではないですか?

    トピ内ID:5422147346

    閉じる× 閉じる×

    希望をくれたのは学校の先生でした

    しおりをつける
    🐱
    ねこ
    私の両親は兄に比べて私ができが悪いと思っていたらしく、
    子供時代あまり未来に希望が持てるような事は言ってもらえませんでした。
    でも学校の先生が私の能力を認めてくれて、そこからグングン伸びました。

    親が子供の師である必要はなく、
    自分なりに愛してあげて、困った時に助けてあげれば、
    あとは子供がいろんな人と出会って、自分の人生を築いていくのだと思います。
    親の反対を押し切って人生を切り開くくらいで丁度良いのだと思います。

    トピ内ID:0538387664

    閉じる× 閉じる×

    大したことではありませんが

    しおりをつける
    🐱
    マザーオレンジ
    人の家を訪ねて、上がらないけどちょっと待たされるような時に
    家の中が見えない位置に、一歩よけて待っていなさいと言われました。
    ハンコやお返しを家人が取りに入って「ちょっと待ってて」 という状況の時、その数分を無人のお宅の中をジーッと見ているのではなく
    戸口から一歩よけて待っていると言うことです。
    母も他界し、私も50を過ぎましたが 未だにそうしないではいられず、一歩見えないところで待ってしまいます。

    トピ内ID:1065723844

    閉じる× 閉じる×

    なんだかいいトピですね

    しおりをつける
    🐱
    ねぎこ
    勉強は直に自分の糧になる→もう少し勉強しとけはよかった
    挨拶をしっかりする、謝ることができる大人になれ
    箸はきれいにもてるように
    これくらいですかね
    あ、ひとのおうちに入るときはお邪魔します、しましたでなくこんにちは、さようならにしろというのは印象的でした

    トピ内ID:0841122898

    閉じる× 閉じる×

    母は80過ぎても美女

    しおりをつける
    🙂
    母は美女
    「女は美しくないと意味がない」→ブスは価値ナシ
    「ただ綺麗なだけではダメ。勉強もできないと」
    「その上家事も出来る女子力も必要」
    母はそう信じていた。

    それは母の偏った女性観だと思うけど、
    母自身はそれが実現できていたから、自分の娘にも当然できると思っていた。
    何とか低空飛行で「課題」はクリアした。

    「化粧を落とした顔を夫に見せるな」
    →母は父と結婚後父より早く起きて化粧。父が寝てから化粧を落としたと。
    でもそのせいで母はゆとりが無く、ピリピリ笑顔が無い妻だったと思う。
    化粧よりも笑顔の方を父は欲しかったのでは?結果夫婦不仲離婚へ。

    「外出しない日でも必ず化粧」→80過ぎた今でも母はそうしていて立派
    私は元から家にいる日は化粧無し。
    はじめは「だらしない!」と怒られていたけど。

    ファッションセンス。和装のたしなみ。→これは一朝一夕では身につくものではない。
    既製品があまりない時代、母は娘の服はすべて手作り。
    服が出来上がっていく様子を横で見るのが楽しかった。
    よそ行きでは、私は母の選んだ帽子を必ず被っていた。
    今でも帽子を取り入れる装いはやっているかな。
    母のセンスの良さを受け継ぎ、私もちょっとしたオシャレ番長に。

    「人が嫌がる仕事を率先してしなさい。」→トイレ掃除、雑用など。
    職場でもそうしているけど、今は人を使う側なので、
    雑用していると周りが慌てて取り上げに来る。
    私も60前になるから、ちょっとは、偉そうにしないといけないみたい。

    トピ内ID:8917117429

    閉じる× 閉じる×

    それは・・・

    しおりをつける
    🙂
    くま
    学校で一人でいる事が多かった事に対し、「喋らないと口臭がキツイからたまには窓から深呼吸しなさい。」と教えられた事しか思い出せません(汗)

    それって、周りに迷惑をかけない&自分も嫌な思いをしないと言う、「思いやり」のことだと解釈してます。また私が一人でいる事を責めもせず、受け入れる訳でもない「自己責任」を伝えたかったものとも。

    教え方が分からなかったんでしょうね。

    そう確かに、して貰った経験がないと、自分の子供を言い聞かせる時、?マークが常に付いて回ります。

    トピ内ID:5437206603

    閉じる× 閉じる×

    挨拶をする事や、人として大切な事を教えて頂いた。

    しおりをつける
    🙂
    tomo
    私は小さい時に自分の事が苦手で友達にちょっかいを出してしまうような子供でした。そして普通に歩く事が出来なかったので、リハビリや、人に対しての考え方、特に善悪の判断を厳しく教えて頂きました。
    親でも目上と思っていましたから、だから私は、特に母は今70代ですが、両親に対して未だに頭が上がりません。それだけ尊敬出来る両親に育てて頂いた事が 私は全て感謝に思えます。

    トピ内ID:4069920228

    閉じる× 閉じる×

    母は80過ぎても美女2

    しおりをつける
    🙂
    母は美女
    私はあまり覚えがないのだけど・・・。
    10歳下の妹がある時言った事がある。

    「小さい時から、座った時に少しでも股を開いて座ったら、
    膝をピシャリ!と叩かれた。
    『みっともない!』って。」
    「今の女性はスカート履いていて電車に乗っていても、
    股をドーンと広げて座る。
    確かに姿形はよろしくないなあと思うけど、
    何も膝を叩かなくても良かったと思うわ。
    確かに女子高生など、制服姿でスカートの股を広げて座っている。
    クラスの記念写真でもそう。
    女性が股を広げずに座るのは、自分の縄張りを少しでも小さくすることで、
    男性と男性が主に前に出る社会に対して「従順、おとなしい印象」を与えるためだという事は、
    ジェンダーで学んで理解しています。
    だからスカート履いていても、股を広げて座れる社会は
    それだけ女性の地位が向上した証だと感じるのですが。

    膝を叩かれて、股を閉じ続けた私たち・・。
    今でも電車の中では居眠りは出来ないし
    (女が人前で寝るなど、だらしない!→母の教え。)
    パンツを履いていても股は広げられません・・・。
    座席にも小さくなって座ります。

    ごみの捨て方一つ「人様からどう見られるか」基準の母。
    そこまで人は見てないよ!と思うのだけど。
    今でも母は「全人類が私に注目している」と思っている。
    だから他人をあまり信用しないし、心も開かない。
    減点法で物事を考えるから、人に腹を立てて疲れ切っている。
    損な生き方だな。楽しくないだろうな・・・。
    そう思える。
    母は反面教師です。

    トピ内ID:8917117429

    閉じる× 閉じる×

    父から(ピンチに陥っている時)

    しおりをつける
    🙂
    りりかな
    「山より大きい獅子は出えへん」

    と時々、言われました。

    トピ内ID:8943910974

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      惜しみない愛情と見守り

      しおりをつける
      blank
      奈緒
      親を失ったからこそ改めて身に染みて感じることがあります。
      生前の親の言動行動を思い起こす度に、
      本当に惜しみない愛情で常に見守ってくれていた事、
      言い表せないくらい温かい感情が湧いてきて、
      その感情に寄って今もまだ見守られている感覚になります。

      私も自分の子供達に同じようにいつか感じてもらえたら、
      そう思って子育てしているような気がします。
      子育ては辛い事も多いけれど、それが心の支えです。

      トピ内ID:0198962556

      閉じる× 閉じる×

      亡父の教え

      しおりをつける
      しなの
      酒飲みで亭主関白で、時折どうしようもない男だな…と、子どもだった私にも思わせたことがある父でしたが、人生訓はなかなか素敵なものをたくさん聞かせてくれた気がしています。

      その中で、私が結婚して妻となり母となった間、ずっと心にあったもの。
      『稼いだお金を残す術』
      有難い教えだったと、感謝しています。

      たくさん稼いでも全て使い果たしていたら何も残らない。
      また、少ない稼ぎでもたとえ1万円でも残していけば、余裕を手に入れられる。

      生活をセコセコせず、それでも「貯蓄」というものを意識すること。

      亡父に教えてもらったこと、いまも有難く実践しています。

      トピ内ID:2558264003

      閉じる× 閉じる×

      特にない

      しおりをつける
      🙂
      親離れ
      親からの教えや助言はないです。暴言と反面教師になる言動は多かったですが。
      今自分も年をとって、親が子育てをするのは大変だな、とか親も人の子だからと割り切れますが、家を出るまでなんて悪魔のような親かと思っていました。

      親の子なので、性格の悪さはしっかり遺伝子で引き継いでいるので、そうならないように苦労しています。子供は作りませんでした。きっと同じように暴力をふるったり暴言を吐く親になると思ったので。

      トピ主さんは何も言われなくてもまっすぐ育たれたのですね。うらやましいです。

      トピ内ID:5910191653

      閉じる× 閉じる×

      あまりないけれど、感謝はしてます

      しおりをつける
      43歳
      幸いにも小さい頃に周りの人間に恵まれたので、他人に譲ることや、思い遣りを持って接するなどは友人の振舞いを見て学びました。
      毎日、外で遊んだり習い事で忙しくしていたので、家で親とじっくり過ごした記憶があまりありません。

      それでもたまに留守番を頼まれた時に、家の中を片付けておいたり、見つけた小銭を親に渡したりすると、
      「さすが、〇〇ちゃん。正直だ、いい子だ!」と大袈裟に褒められたのは記憶に残っています。
      こういう記憶が、確実にその後の生真面目な人格成形に大きく影響しています。

      二十歳を越してから人間関係で躓いたときに、母親に愚痴ると「負けて勝つって方法もあるのよ~」と言われ目から鱗だったこともよく覚えています。

      両親は二十歳で結婚して、自分たちが大人になる前に親になってしまったと常々言っています。
      確かに家族としては今も未完成な形態で、色々と問題もあるんですけど、
      自分が大人になって諸々の事情が分かってくると、自分ら子供にそれをさとらせることなく日常を過ごさせてくれたのはありがたかったと思います。

      トピ内ID:5907650241

      閉じる× 閉じる×

      食育ということ

      しおりをつける
      🙂
      ころころ
      私の親は今でいう所謂「毒親」で、私が幼少の頃に両親離婚→母親は水商売→再婚→50代半ばの娘を未だに支配という経路をたどっています。

      私も親になって、子供も結婚する歳ですが、母親の言うことはほとんどは間違っていたり偏っていたり、まともなことは何一つなかったので、子供心には自分の意思を強くもって、価値判断力とか審美眼を磨く努力をしていました。

      たった一つ、小料理屋を経営していた母親が私に無言で伝えたことは「旬の素材で作る料理のおいしさ」ということだったように思います。
      全てが間違った方向にいっていた母が唯一、活きの良い魚や旬の季節野菜をふんだんに使った料理は子供の好き嫌いをなくすということ。
      食が身体を作り、心を作り、家族をつなげるということ。
      それだけはあんな酷い母でも手を抜かなかったことでした。

      私の子供たちは皆、自然にですがきちんと料理を作り、外食よりも家の食事が一番という感覚を持っています。
      これは一日やそこらでは出来ない親子関係なんですよ。

      トピ内ID:6575154189

      閉じる× 閉じる×

      自分で考え自分で判断し、その責任を取る

      しおりをつける
      🙂
      Heather
      相談はたくさんしなさい。
      でも自分で考えて最後は自分で決めなさい。
      そしてその責任は自分で取りなさい。

      本当に幼いころから、拙いなりに自分で考えて自分で判断することを日々実践するような育て方をされました。

      「こうしろ」という押し付けはしない父でした。

      代わりに、
      「たとえばこういう場合はどうする?」
      「そうしたらどういうことが起こると思う?」
      「相手はどう感じると思う? そしてどう反応すると思う?」
      「もし〇〇が××だったらどう?」
      「決める前に他に考慮すべきことは?」
      「例えば△△に一番影響を与えるのは何だと思う?」
      など、考えさせるための質問は投げてくれました。

      「正解は無い、最善の判断があるのみ」という主旨のことも言ってました。

      とても感謝しています。

      幼い頃からの課題の掘り下げと小さい決断の積み重ねが無ければ、今の立場で、短時間で多くの要素を考慮して決断する責務を負えるようになっていなかったと思います。


      最近気付いたのは、質問の投げかけ方などの父親のやり方が、トップクラスのMBAスクール教授の講座運営にそっくりだということ。
      ただの冴えないおじさんだと思ってたんですが、父の元で過ごした時間は何物にも代えがたい財産です。

      トピ内ID:1123118305

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0