詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    発表会のトホホな失敗・・・

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    Puppy
    話題
    先日は初めてのエレクトーン発表会でした。
    (結婚してから習い始めました)。

    緊張して指や足が震えながら、ところどころ ミスり
    ながらも何とか弾き終え、いざ歩き出してお辞儀を・・という時に 慣れない高いヒールのせいか
    ガタッとつまづき、こけそうになりました。

     アチャ~! と思いましたが客席からはクスッと笑い声が。 (応援に来ていた家族からも笑われました)。 せっかく演奏は大失敗はせずに どうにか弾けたのに どうも悔しい思いでいっぱいです・・・。
     同じような皆さんのトホホな体験談(発表会やプレゼンなどの席で) 聞かせてください。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    ピアノの発表会

    しおりをつける
    blank
    小心者は辛いよ
    はるか昔のことですが、ピアノの発表会がありました。まだ幼かったので、一人ではなく先生との連弾でした。私の番がまわってきたので、係りの人(よく覚えてないのですが)に行きなさいとステージに出され、ピアノの前に座りました。が、先生が来ないんです!シーンとした雰囲気におされて私は一人で弾き始めてしまいました。でも先生のパートで止まっちゃうんですよね~。で、またシ~ン。そして子供ながらに考えたんでしょう。また最初の場面から弾き始めたんです。幸いその途中で先生が慌てて来てくださり、無事曲は進みましたが、現れなかったら壊れたレコードのように延々とリピートし続けていたと思います(笑) 
    私は無事終わったことにホッとしていたのを覚えていますが、母親は怒ってましたっけ。「吃驚したでしょう。怖かったね」等言われた気がするんですが、当の私は何も考えていませんでした。頭が真っ白になる、というのを体験した始めての発表会でした。今思うと、あれは見ていた親の方がいたたまれなかったかもなぁ…

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    もっとがんばりましょう

    しおりをつける
    blank
    膝下スカート
    発表会というか、中学生の頃の文化祭の時の話です。出し物に演劇をしたのですが、私は「生徒の一人」役でした。

    舞台の上に椅子を並べて、教室のシーン。熱い意見を述べる友達を、真剣な面持ちで見つめる私たち・・。いい場面です。
    その椅子に座っているシーンで、私の太ももが下(観客)からずーっと丸見えだったらしい。(あとで聞いた)制服のスカートをお尻の下にしかず、うっかり、ふわっと広げて座ってしまったから。
    ああああぁぁぁ・・・お見せできるような美しい太ももならまだしも!汚点です。

    あと、子供の頃の、ピアノ教室のクリスマス会。集まったお母様方の前で皆独奏するのですが、ある年怠けていて全然練習が足りず、ほんっとーに、つっかえつっかえ弾いたことがありました。そんなヤツは私だけ。母よ、恥をかかせた私を許したまえ。アーメン。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    懐かしい~

    しおりをつける
    blank
    まめ
    すっごい懐かしい思い出です。
    小学校3年生位だと思いますが、ピアノの発表会にて。
    緊張しておりました。
    間違ったらどうしよう。

    みんな私を見てる・・・。
    なんて思ってたら2曲演奏する順番が・・・逆!!
    子犬のワルツ、懐かしのケンタッキー?(ケンタッキーのCMの曲)
    どうして引きずってるかというと、レコードです。

    自分の演奏したレコードの注文が有り、買ったんですよね~。
    しっかりタイトルと演奏曲の順番が違うんです。
    レコード?昔のCDみないな物ですよ(笑)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    弁論大会

    しおりをつける
    blank
    ワイン好き
    中学の時の弁論大会。ちょっと自信があったんですが、いざ本番となると緊張で頭が真っ白に。
    で、最初の3ページをしゃべったところでいきなり最終ページへワープしてしまいました。全部で10ページ以上の原稿があったのに(笑)。
    終了後の先生達の感想は「内容は良かったが、いかんせん短すぎる」でした(笑)。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    その昔…

    しおりをつける
    blank
    赤面
    あります、あります、そういう失敗!

    私のピアノの発表会。
    もう高校生だったし、発表会は長年の毎年の行事だったのに、どういうわけかえらく緊張して、曲の途中でぽっかり記憶がぶっ飛んでしまいました。もちろん、音は鳴り止み、手は止まり…
    沈黙の中から聞こえてくるのは、あちこちの「クックッ…」という笑い声。最前列で躍り上がって笑っている幼なじみ数名がいましたっけ。数分後、呆れ果てた先生が楽譜を持ってきてくれ、なんとか治まりましたが、発表会終了後は肩を抱いて慰めていただきました(私はもうケロッとしてたんですけどね)。

    弟は小学校時代のピアノの発表会で、右手は1オクターブ上、左手は1オクターブ下というすごい演奏を披露しました。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ピアノの発表会で

    しおりをつける
    blank
    金太郎
    小学4年位だったでしょうか。
    祖母にベルベット生地のロングスカートを買ってもらい、妹と連弾・1人で演奏、の2曲を弾きました。
    連弾は無事終了。1人演奏で悪夢が・・・

    曲が変調する箇所が苦手でいつも間違えていた私。また、その箇所から新ページとなる楽譜でだったので、どうしてもそこで手が止まってしまっていた。

    案の定、本番でもそこから先が「真っ白」に。
    最初から弾き始める私。そして止まる。
    何回繰り返したでしょうか。舞台そでにいる先生が「金太郎ちゃん、もういいわ。戻ってらっしゃい。」
    その声を聞いて私は余計パニックに。

    その後も何度か繰り返し、ポンと曲が変調できて、そのまま弾き終えました。
    家族も「頭真っ白になった」そうです。。。
    そして、私はピアノのレッスンを辞めました。。。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    忘れられない・・・

    しおりをつける
    blank
    とほほ
    あれは小学校6年生の謝恩会。
    クラスで歌を歌うことになり、その伴奏を頼まれてしまいました。断れない性格なのです。ご想像通り、練習不足で途中でとちりました。それから最後まで片手で弾いた恥さらしです。あれから人前でピアノは弾いてません。
    トラウマでしょう。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ほんの一部

    しおりをつける
    blank
    失敗はつきもの
    発表会で譜面にして7ページ程の本格的クラシックピアノ曲(しかも有名)を弾きましたが、2ページ目に入った直後、突然止まって弾けなくなってしまいました。あちゃ~。

    凍りつく観客席に向かって「弾きなおします」と頭を下げて、始めから本当に弾きなおしました・・・今度は弾ききりましたけどね・・・

    ちなみに30代後半でピアノ歴20年以上あるんですけど、やっちゃうときはやっちゃうんです。

    そういえばピアノの某グレード試験(受験資格18歳以上だったかな?)で、どうしてもバッハのインベンションが弾けなくて試験監督に「もう結構です」と演奏中止を言い放たれていた人が沢山(100人中3~4人)いましたよ

    あと某グレード試験で、インベンションの△番と▲番が課題曲だったそうですが、知り合いは「▲番弾いてください」と指示を受け、どちらが▲番が覚えていなくて、えいやっと△番を弾き始めてしまったそうです。
    曲が終わる頃に「自分が全く逆の曲を弾いていた」ことにやっと気付いたそうです。
    試験官は苦笑いしてたそうですが合格したそうです

    まだまだあるけど、この辺で・・・

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ピアノの発表会で・・

    しおりをつける
    blank
    めろんぱい
    中学生の時です。リハーサルはなく、いきなりの
    ピアノの発表会でした。
     ピアノの前に座ったとたん、”ド” の位置が分からなくなってしまったのです!

    家のアップライトピアノは 真ん中に鍵穴があり、
    それを目印にしていましたが グランドピアノは初めてで鍵穴なんてなく、面食らってしまいました。
     おまけに弾いている自分の手が 鏡みたいに写り、
    (鍵盤のところです)ますます緊張し、ふと気が付くと 1オクターブ下で弾いていました・・・。
     でも後で家族に聞くと ”なんか暗い感じの曲だなぁ~と思ったけど 気が付かなかった”ということです・・・。
     

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    ミサでの演奏

    しおりをつける
    blank
    そそん
    在米中です。カソリックの教会のミサのサービスで演奏してくれと頼まれそこのピアノを無償で借りて練習していた手前断りきれずに承諾。でもプログラムに名前と曲名が印刷され一時間のミサのサービスが始まって10分あたりでアナウンスとともに400人の聴衆の前で演奏を開始、というお膳立てはド素人の私には余りに荷が重過ぎました。

    案の定目を瞑って弾けてもおかしくない曲を選曲したのに(リハは万端だった)先ず1ページ目終わりあたりの
    伴奏のアルペジオを大きく外し、その後中間部で頭が真っ白に。
    止まるわけにいかずそのまま真っ白になったオクターブのメロディーを探すも出てくるのは違う音。
    その間5小節以上ずっと伴奏のみ。そしてリカバリもむなしくまた同じようなミス。
    結局2回のリピート部分を3回サービスしてしまいました。

    悪夢は更に続き2回目のサービス。アルペジオのミスタッチはするわ、真っ白になった伴奏の記憶を
    補う為にとても気持ちの悪い音で作曲し切のいいところで次のフレーズに飛ぶもメロの和音を
    派手にミスタッチ。最後のページの部分は思いっきり綺麗に弾けましたが余りにも遅すぎ。
    トラウマです(号泣)

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    恥を回避した記憶ならある

    しおりをつける
    blank
    当時高校2年生
    従姉の披露宴の余興でピアノを弾いてほしいと頼まれましたが断って正解!
    長年習っている割には練習しない子ちゃんで、ロクに弾けるわけがなかったんです。なのに親はすっかりその気で私もなんとなーく、引き受けてしまいそうでした。
    おそらく、引き受けていたら練習はするもののすぐに飽きて、曲の難易度を下げ、招待客には親族の子供(しかも高校生)のつまらないピアノ曲を聞かせ、恥をさらすところでした。危ない危ない。小学生ならまだしもね。。。
    安請け合いという言葉、この時に覚えました、。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    日本舞踊の発表会で

    しおりをつける
    blank
    じょど子
    幼い頃、祖母の趣味で日本舞踊を習わされてました。
    「お染久松」だったかな?
    お染役で一幕ぶん踊ったのですが、本番当日は白塗り化粧&重たい鬘。
    小学校低学年で初めての鬘経験、よろよろふらふら。
    しかもお稽古では頭に被った手ぬぐいを自らパラリととれるのですが、本番では鬘が重いので黒子さんが手伝ってくれる算段になってました。いままで見たこともなかった黒子さんにビックリしてしまい、本番中に関わらず黒子さんに視線が集中、演技はその間ずっとお留守。
    きっと、お相手の久松役そっちのけで黒子にべったりのお染だったでしょう。
    「なんで皆クスクス笑ってるの?ワタシ真剣に踊ってるのに。」
    と当時の私は『?』マークでした

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    発表会ではないのですが・・・

    しおりをつける
    blank
    alegrita
    本人はま~ったく覚えていないのに、周辺の大人(うちの親世代)はよ~く覚えている失敗は、保育園の運動会。リレーの時、バトンを受け取った私は、なんと!逆走したそうなんです。走ってくる方を向いていて受け取り、そのまま向きを変えず走ってしまったと思うのですが・・・その後、気付いて正しい方向に向かって走り、結局1位になったらしいけど。中・高で、陸上選手として結構いいところまでいってた当時、近所のおばちゃんたちはいつも「alegritaちゃんは昔から足速かったよね~。保育園のリレーで逆走したけど、最後には抜いたもんね~」と褒めて(?)くれました。
    おばちゃんたち、お願いだからもうそろそろ忘れてちょうだい!

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    嗚呼 なぜ??

    しおりをつける
    blank
    雨だれ
    私もやってしまいました。練習では完全に弾けていたのに本番のピアノだとタッチが違うので拍子抜けして演奏が少しづつ崩れていくのです。
    フラットの多い曲は崩れやすいですね。シャープが多いほうがまだまともに弾けています。
    なんだかなー。あんなに練習したのに。と思うと本当に涙が出てきます。
    舞台で堂々と弾ききる子供の演奏とか聴いていると
    「一体私とこの人達のなにが違うんだ!」と思います。
    発表会がトラウマになってレッスンを辞めてしまったという書き込みもありましたが、その気持ち今の私にはすごくよくわかります。
    発表会にはもう出ないかもしれませんが、ピアノは好きでいようと思います。
    こういう状況を克服した方からのアドバイスなどいただきたいです。
    ピアノの先生はもともとタレントのある人なんでこういう状況の切りぬけ方を教えるのは出来ないんで。

    トピ内ID:

    閉じる× 閉じる×

    アドバイスではないのですが、雨だれさんへ

    しおりをつける
    🐤
    りとち
    好きで一生懸命したのに、っていう気持ち、わかります。
    いつも練習しているピアノと違うと、特に本番の神経を使う時は、精神的に良くないですよね。

    私は小学校、中学校の時は堂々とミスなしで演奏できる子供でした。
    でも、今は友達の前で弾くのにも手が震えるし怖いです。
    あの時はなんでああやってできたんだろうと今でも思うのですが、きっと若さ故ですね。
    また堂々と演奏できるようになりたいです。

    数年前にピアノを習っていた先生がこんな話をしてくれました。
    その先生は日本でも有名な大学でピアノを勉強して、海外のコンクールでも優勝した事があるそうなのですが、それでも、先生は「ピアニストとして活動していた時は、本番が近くなると、本番の演奏中何もかも忘れてしまうという悪夢を見て汗だくで起きるということがよくあったんですよ」と話してくれました。
    いつもちょっと厳しくクールな感じの先生だったので、それを知って驚きでした。
    同時にちょっとほっとしました。
    自分だけじゃなくて、こんなに立派に弾ける人でも同じ事で悩むんだぁって思って。

    お互い頑張りましょう!

    トピ内ID:5154742006

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      転んだ落ちた壊れた

      しおりをつける
      😢
      匿名女性
      子供の頃のこと。
      ヴァイオリンの発表会で、登場時に転んだ。
      ピアノと違って手に持ってますから、当然
      落として調子がおかしくなった。

      短大時代。
      チアだったんですが。
      競技会のとき、リフト失敗。
      見事に落ちた。
      あの衣装ですから見せパンとはいえ
      まるみえ。

      フリーター時代。
      アマチュアバンドやってまして。
      ライブハウスのステージ、といっても
      30センチ程度高いだけだったので
      暗くなったら境目がわからず
      転落(というほど高くないが)。
      機材が故障した。

      ふっ… ロクな人生じゃなかったな。

      トピ内ID:8854233913

      閉じる× 閉じる×

      発表会のCDは二度と聴かない

      しおりをつける
      blank
      桃太郎
      ありますよ~
      声楽を習っているのですが、数年前の発表会でやらかしました。
      本番前に発声練習をして高音もバッチリ、ドイツ語の歌詞もしっかり頭に入れました。
      いざ本番になりましたが、その10分位前に楽屋で練習していた高音が出ないのです。
      急にカゼひいちゃったのかと思うくらい。
      声が裏返ってヨーデルみたいな声が出てくるし。
      出番が終わってやっと生きた心地がしました。

      後日発表会のCDが出来たのですが、自分のところは消去したいくらいでした。

      トピ内ID:3103384252

      閉じる× 閉じる×

      山ほどあります・・・

      しおりをつける
      blank
      ゆぅ
      20年以上前のヴァイオリンの発表会、ステージに立った途端に弾く曲をド忘れ。
      思わず当時熱中していたドラクエのテーマソングを即興で演奏。
      終了後に先生にお説教くらいました。
      その数年後、今度はピアノの発表会、曲の出だしを思い出せず、今度はドラクエ3のテーマソングをメドレーで即興。
      終了後、先生に呆れられました。
      翌年、発表会の曲をクラシックではなく交響曲ファイナルファンタジーにしました(笑)
      15年前、演劇部の発表会で根性の悪いかぐや姫役で、キセルをふかす場面で間違えて息を吐いてしまって先端に詰めてた火の模型を吹き飛ばし。
      10年前には所属していた劇団のミュージカルでジャンプ→着地の際に失敗してヒールを折ってすっ飛ばし。

      そして昨年、懲りずに続けているピアノの発表会で弾き始めた曲がなぜか途中から違う局に・・・結局、なんか適当にいろいろ混ざったものを弾いたため、先生に20年前のことまで持ち出してお説教されました。

      さて、この調子で秋のコンクールは大丈夫なんだろうか・・・・・・

      トピ内ID:1057698359

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (0)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0