詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    愛猫の不調を見逃してしまいました

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    後悔しかない
    話題
    まだたった2歳8か月のかわいいかわいい子を、私のせいで死なせてしまいました
    もともと好き嫌いがはっきりしている子でしたが、ここのところ昨日はパクパク食べていたフードを今日は見向きもしない、フードを変えると1回目はパクパク、次からはそっぽ向くという状態が続き、徐々に痩せていっていました
    それなのに「食べないからだよ~好き嫌いはダメよ~」なんて言って、のんきにちゅ~るをあげていました(ちゅ~るにだけは飛びついてニャーニャーと催促していました)
    ところが先週末に大好きだったちゅ~るにも見向きもしなくなり、その夜中に黄色い液をもどし、次の日にすぐに動物病院へ連れて行ったのですが、「だいぶ弱っている、入院させましょう」となり、二日後に「もうダメだからすぐに迎えに来るように」と言われました
    自宅に連れて帰ってほんの数時間であっけなく逝ってしまいました
    私がもっと早くに病院に連れて行っていれば
    ごめん、ごめん、ごめん、ごめん
    こんなバカなお母さんで本当にごめんなさい
    せめて1週間前に戻れたら、きっとあなたはまだまだ生きられたはず
    おにいちゃんと家の中を駆け回っていたはず
    ごめん、ごめん、ごめん、ごめん、ごめん
    肩に乗って私の左耳のあたりに頭をゴツンとしてくれるのが大好きでした
    取り返しのつかないことをしてしまいました

    トピ内ID:6848845806

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 14 びっくり
    • 82 涙ぽろり
    • 123 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    心中お察しします。

    しおりをつける
    blank
    菖蒲
    私も去年、似たような症状に愛猫がなってしまい、病院へ駆け込んだことがあります。
    私の場合、幸いと言うか、年齢的に症状に堪えうる体力がありましたから大事には至らずに済みましたが。
    そんな経験がありますから、トピ主様のお気持ちは痛いほど分かるつもりです。

    ですが、散々、ご自分を責められたのでしょう。
    ですから、ご自分を許して差し上げてくださいませんか?
    今頃、虹の橋のふもとのニャンコちゃんが心配していますよ。
    それに、トピ主様のもとですごせた日々はニャンコちゃんにとって、幸せいっぱいだったはずですし、トピ主様も幸せでしたよね?
    今まではごめんなさいでも、これからはニャンコちゃんに話しかけるならありがとうと言ってください。

    私からも、ニャンコちゃんのことを可愛がってくださって、ありがとうございます。

    トピ内ID:4043874706

    閉じる× 閉じる×

    同じような経験があります。

    しおりをつける
    🙂
    あじさい犬
    私の場合は14歳の愛犬でしたが、同じような経験があります。
    正直、今も乗り越えられず苦しいです。
    辛うじて行き着いた考えは、「あの時に私がこうしてさえいたら……」という考え方は傲慢なのだということです。
    しょせん人間は完璧ではありません。
    その時のあなた(私)は、病状を見抜く能力が無かったのです。
    そして、それと同時に、亡くなった子を世界で一番愛していたのもあなただと思います。
    世界中の誰よりも、その子の健康を願って注力していたのもあなたですよね?
    どんなに愛していても、人間である以上ミスは犯します。
    あなたは、常にあなたのベストを尽くしてその子を愛し守ろうとしていたのだと思います。手を抜いたわけではない。
    もしも他のおうちで飼われていたら長生きできたかも……と思うかもしれませんが、世の中に完璧な人間がいないのと同じように、「もしも」はありません。あるのは、あなたとその子が巡りあった現実だけです。
    今天国にいるトピ主さんの猫ちゃん、もう一度おうちを選んでいいよ、誰のところに行きたい?と神様が聞いたとしたら、トピ主さんのところと答えるのではないですか? もう一度、肩に乗ってゴツンとしたいと言うのではないですか?
    もう一度、同じママのところに行きたいと……。
    それが、全ての答えだと思います。

    すべて私が苦しんだ末の答えなので、トンチンカンだったらごめんなさい。
    いつかあの子の元に行った時には、今度こそ完璧なお母さんになりたいと私は思ってます。

    トピ内ID:5082082594

    閉じる× 閉じる×

    哀しまないで

    しおりをつける
    🐱
    maasa
    大好きな愛猫さん・・・
    そんなに哀しんでいたら逆に可哀想です。
    飼い主が自分のせいで泣いていたら 悔やんでいたら心配しますよ。
    その子のお兄さんも飼い主さんのそんな状態を見ていたら辛くなると思います。
    あの時~していたら
    ~行動していたら
    悔やまれる気持ちもわかります。
    だけど今いるお兄さんの気持ちも考えて一日一日大切に過ごしてください。
    亡くなった猫ちゃんの為にも。

    トピ内ID:7320219823

    閉じる× 閉じる×

    うちは5才のネコでした

    しおりをつける
    🙂
    キャベツ
    私も同じです。
    ネコ好きの方から非難されそうで怖いのですが。
    度々尿路結石になる子で、
    それまで何度か病院に連れていっていました。
    丁度自分の転職と重なり、家族が世話をしてくれていましたが、手遅れで亡くなってしまいました。
    その半月前くらいに、今は落ち着いてるけど、一度病院に行っとこうか?ってネコに話しかけたら、こちらの顔をじっと見つめていました。
    結局行かなかったんですが、今思えば、えっ、病院に行けるの?って顔だったような気がしてなりません。
    もう一年以上経ちますが、今も涙が出ます。
    でも時々夢に出てきてくれるんです。
    ゴロゴロ言って。
    都合のいい解釈でしょうが、怒ってないのねっておもいます。

    トピ内ID:1062977700

    閉じる× 閉じる×

    一緒に泣きたいです

    しおりをつける
    🐱
    こみかん
    トピ主さま、お気持ちよくよくわかります。

    私も昨秋、次男猫を病気で亡くしました。
    もっと自分が気を付けていれば、といまだに思わない日はありません。

    四匹兄弟で道に落ちていた小さな子猫を拾って、大事に大事に育てました。
    同じ親から生まれても、柄も性格も四者四様です。
    自分の忙しさに紛れて、注意が足りなくて、次男を死なせてしまって、、、
    毎日、三匹の子たちに、次男君の分まで長生きしてねって言っています。
    毎日、次男猫には、ごめんねとありがとうを言っています。
    いつかまた人生を終えたとき、先に逝った子たちと会えると信じています。

    可愛いにゃんこちゃんを笑顔で思い出せますよう、
    トピ主さまに、お心安らかな日が来ますように。
    心からお祈り申し上げます。

    トピ内ID:8824558156

    閉じる× 閉じる×

    人に言えないですよね

    しおりをつける
    😒
    わんちゃん
    2歳8ヶ月ですか。人には言わない方がいいと思う。あなたの人格を疑われますよ。

    気になったのが

    >おにいちゃんと家の中を駆け回っていたはず

    私は子供がいないからわからないのですが、どうしても自分の子供を絡ませようとするところ。
    結局子供のおかざり、という感じが透けて見えます。
    こういうところの積み重ねなのかなと思ったりします。

    かわいそうな猫ちゃんでしたね。生まれ持った弱さもあったのでしょう。
    あなただけのせいではないでしょう。

    トピ内ID:7534304421

    閉じる× 閉じる×

    お辛い経験ですね……

    しおりをつける
    😢
    トチトチ
    トピ主さん、その後お気持ち少しは落ち着かれましたでしょうか?

    心温まるレスに混じって、最期の一文以外、全く同意しかねる、それこそ人格を疑うようなレスがありましたが、あまり気にされないで下さいね。
    ここは、自由な発言が許されているようなので、様々な意見があるのは、仕方ないですから……

    さて、愛する猫が短命だったこと、自身を責めるお気持ち良く分かります……
    ましてや、予兆があったのですから、飼い主の立場として、悔やんでも悔やみきれない事と思います。

    わたしも先月末、かけがえのない猫を、5歳で亡くしました。
    もともと、獣医さんから、寿命は全うできないと宣告されていましたが、治療方針の選択には、自責と後悔の念でいっぱいです。

    でも、今は、こういう風に思うよう努力しています。

    あの時、判断を誤ったかもしれない。でも、あの時のわたしは、そう判断を下したのだ。その判断が、あの時のわたしのベストだったのだ……と。

    どんなに悔やんでも、あの仔が亡くなった現実は変わらない。
    自責や後悔や懺悔は、あの仔の成仏を妨げる。

    だから、判断の正誤云々ではなく、過去の判断を受け入れよう……と。

    そして、あの仔の、持って生まれた寿命だったのだ……と。

    もちろん、まだまだ、涙が出ます……

    長くはなかった愛猫との思い出を、笑顔で思い出せるよう、お互いしっかり生きていきましょう。

    トピ内ID:8090676170

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0