詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 光源氏の気持ちが痛いほどわかってしまった・・・
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    光源氏の気持ちが痛いほどわかってしまった・・・

    お気に入り追加
    レス22
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    エディ
    話題
    一昨年、可愛がっていたペットの犬を病で失ったエディと申します。
    母、私、妹の三人家族なのですが、もともと犬を二匹飼っていたのですが、私に特に懐いていたハルを失い、残されたナツが一人ぼっちになる度に啼いていたらしく、ナツのためにもう一匹飼おうかという話があがってました。
    試しに数か月前に保護犬譲渡会に行ったところ、ハルと同じ犬種の子がいて、その子がハルによく似ていたのです。
    捨て犬で保護されて苦労したという話に母や妹もすっかり同情し、我が家で一生大事に育ててあげようということになったまでは良かったのですが、最近問題がでてきました。
    その子、アキは基本的に良い子で、すぐに家族になれました。ナツとも仲良くしており、おかげでナツが寂しさのあまり留守中に啼いたり歩きまわる行動もなくなりました。
    私自身もアキのことを愛しているのですが、保護犬の中でアキに決めた理由がハルに顔が似てたからということもあり、どうしても溺愛してたハルの面影を重ねてしまいます。
    時々、間違えてアキをハルと呼んでしまったり、つい「ハルが戻ってきたくれたみたい」と言ってしまいます。
    先日、「アキ、まだハルになりきれてないな」と呟いたら、母や妹に「アキはアキ、ハルの代わりじゃないのに失礼」「アキ自身を愛してない」と責められました。
    母や妹の言い分は正論だと思います。
    アキのことも可愛いのは確かなんです。でも、どうしてもハルを忘れられないんです。
    以前は、「顔が似てるってだけで藤壺の身代りにするために紫の上を誘拐して藤壺そっくりに育つように教育した光源氏って最低だな」と思っていたのに、最近は「気持ちわかるわ」と思うくらいです
    「犬だから紫の上みたいに傷つくこともないから、そこまで神経質になることもないだろう」という気持ちすらふつふつと湧いてきてます
    やっぱりダメですか?

    トピ内ID:0074225539

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 320 面白い
    • 254 びっくり
    • 21 涙ぽろり
    • 39 エール
    • 20 なるほど

    レス

    レス数22

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  22
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    思うままに

    しおりをつける
    🐤
    柑橘系
    今は思うままでいいと思う。
    確かにお母さんと妹さんのおっしゃることは正論ですね。
    でも物事って正論に心がついていかないこともありますから。

    犬は寛容ですよ。
    どんな愛され方をしても愛してくれるなら喜んでいるはず。
    あなたの気持ちが納得できる場所に落ち着くまで、しばらくはそのままの愛し方で問題ないと思います。

    トピ内ID:1819560411

    ...本文を表示

    寵愛

    しおりをつける
    🙂
    わんわん女御
    亡くなってしまったわんこさん、
    新しく迎えられたわんこさん、
    トピ主さんとご家族のわんこ愛が伝わって来ました。

    そして光源氏ですが。

    現代だと分かりにくい世界観、価値観かもしれませんが、
    源氏物語って本当に奥深いですよね。

    人間のどうしようもない心を沢山描いてると思います。
    倫理観だけでは語れない、人間の姿。
    そしてその行間の深い洞察。

    アキちゃんがその扉を開いてくれたなんて、
    アキちゃん凄いです。

    トピ主さんもたくさんのわんこ愛、
    いろんな形の愛情に浸ってみてください

    トピ内ID:9891195952

    ...本文を表示

    初めはそれでよし

    しおりをつける
    🙂
    ねこ山さん
    半年、一年と経つうちに、アキちゃんはアキちゃんとして可愛くなっていきますよ。

    比べてもいいです。
    無理して感情を矯正しようとしないでください。

    そのかわり渾身でアキちゃんを愛してあげてください。

    トピ内ID:2337316715

    ...本文を表示

    ダメなことはない

    しおりをつける
    blank
    土砂降り
    犬にはそういう複雑な事情は分からないし、
    保護されて、大事にされていたら問題ないでしょう。

    もし引き取っておいて、
    「やはりこの子は、ハルとは違う!」と邪険に扱うとかなら、
    そりゃダメですけどね。

    トピ内ID:4809393025

    ...本文を表示

    全然大丈夫。

    しおりをつける
    🙂
    猫飼いさん
    私も今まで猫は3代計5匹飼っています(最新3代目は2歳半です)。

    しかし今でも1代目の猫の事をそりゃあしょっちゅう思い出しています。
    3代目を見るたびに、です。

    1代目は小学生~大学生まで飼っていた初めての猫。
    3代目はもう50に手が届きそうなおばさんが飼ってるっていうのに
    やっぱ何かにつけ思い出すのは1代目なんです。

    よく皆さん仰るのは「猫(犬も?)は毛皮を着替えて戻ってきてくれる」って。
    主さんもアキちゃんの事をそう思ってもいいんじゃないかな?
    性格はやっぱり先代とは違うかもしれないけど
    やっぱりハルちゃんも忘れられたくはないと思うんですよ。

    無理して前の子を忘れる必要はないと思いますよ。
    私も絶対に忘れません。

    追加ですけど、ハル・ナツときたら次はやっぱりアキなのかな?って思ったら
    やっぱりアキちゃんなんですね!
    うちの従姉妹も全く同じ順序で同じ名前を付けていたので
    なんか親しみが沸きますな。

    皆可愛いうちの子ですよ!

    トピ内ID:0324828049

    ...本文を表示

    お母さん寄りの考えです

    しおりをつける
    🐱
    モノクロにゃんずの母
    私も5年前に愛猫を亡くしています。
    美しくて賢くて、ワガママでツンデレの甘えんぼう。
    溺愛していました。

    亡くなったあと、家族には「(余りに可愛かったので)同じ猫種の子をまた飼おう」という意見もありましたが、私は無理でした。
    そっくりなのにあの子じゃない。
    きっと泣きながら撫でてしまう事が何度もあるだろう。
    それは新しい子に失礼過ぎると思うからです。
    かと言って身がわりにして前の子と思い込む、と言うのは、自分は救われそうな気がしますが、前の子にも新しい子にも失礼だと感じます。

    今は縁あって、前の子とは全然違う、元野良2匹と暮らしています。
    それぞれ個性があって、とっても可愛いです。
    前の子がいない哀しみは無くなりはしないけど、別の幸せをくれています。

    名前を呼び間違える、と言うのはあってもいいと思います。
    同一視と言うより、前の子と同じ位可愛く思えてきている証拠ではないでしょうか。
    私も最近一度やってしまいました。
    家族はもうしょっちゅうやっちまっています。

    「前の子と似ていて可愛い」と言うのは分かりますが、「前の子のようになって欲しい」は、私は共感出来ません。

    トピ内ID:2940879053

    ...本文を表示

    うちも同じです!

    しおりをつける
    🙂
    ビビア
    今家で飼っている猫をウチに迎えた理由は、昔飼っていた猫にそっくりだったからです。
    私が子供の頃に拾った捨て猫。
    当時はまだ珍しい白っぽいベージュ色の茶トラのオス猫でした。

    数年前に猫の飼い主募集で見かけた今の猫。
    子供の頃に飼っていた猫と同じ、ベージュの茶トラのオス猫でした。
    目の色も顔の表情もそっくりだったので、即決しました。
    おまけに性格も同じで、すごいヤンチャ坊主です!
    私はあえてこの子には最初の子とは全く違う名付けをしました。
    でも、あまりにも容姿や性格が最初の子に似すぎていて、母も私もはじめの頃は名前を混同しちゃってましたね。

    それも今は昔の話です。
    現在は混同するようなことは一切なくなりました。
    今の子は今の子。
    以前飼っていた猫とはやはり別の子です。
    トピ主さんも、段々そういう風に思えてくるのではないでしょうか。

    トピ内ID:5396670628

    ...本文を表示

    ノラとクルツ

    しおりをつける
    blank
    torarato
    内田ひゃっけんの「ノラや」という
    私小説ご存知でしょうか?
    こちらは猫ですが。
    いなくなったノラの身代わりみたいに
    飼い始めた猫(クルツ)への気持ちの変化が、
    秀逸なお話。

    でも、光源氏でもいいと思いますよ、
    人間ならばちと問題ありですけど。
    願わくば、ノラや、のようには
    なってほしいけど。

    ワンたちへの愛は文面から伝わってきますよ。

    トピ内ID:5953115273

    ...本文を表示

    ちゃんと最後まで読もうね

    しおりをつける
    🙂
    panda
    光源氏を語りたいならそんな中途半端じゃなくて、最後まで読みましょうね。
    紫の上が亡くなられたとき、光源氏がどう感じたか・・・
    長い年月そばにいるって、どういうことか。

    人生って自分のものですよ。
    今の気持ちの良し悪しなんて関係ありません。

    トピ内ID:9741397944

    ...本文を表示

    おんなじです。

    しおりをつける
    🐱
    ねこですけど
    20年以上一緒にいたネコが召された時、二度とモフモフした生き物は飼わないと思ってました。

    でも、冬にぴったりとネコと寄り添う感覚がない寂しさに気づいたのが2年後ぐらい。
    ちょうど、亡くなった子にそっくりなネコが飼い主募集に出ていて、突然またネコを飼いたくなりました。
    結局、その「そっくりな子」ではなく
    保健所の「明日が命の期限」という「少し容貌が似ている」貫禄ある子に目をつけた夫と息子(偽善者2人組)が「こっちを助けよう」と言って申し込みました。

    やってきたのは生粋の野良猫。初めてネコに威嚇され、腫れ上がるほど引っかかれながらも、
    獣医師さんと看護師さんに対応のコツを教わりつつ
    根気強く世話していたら、2か月後突然恋に落ちたかのように私にゴロゴロなついてくるように…

    その後どんどん人間に慣れ、完全室内の生活にも慣れ
    家族に猫かわいがりされながら、仲良く暮らしていますが
    やはり前の子とは違う、って時々思ってます。

    手の平サイズから育てた前の子は間違いなく人間の言葉も全部理解してた「猫又」でしたが
    今の子は外で数年頑張って生きてきた元自由ネコ。(発症していませんがエイズ持ち)

    前の子に似た子を欲しがった時
    「絶対に比べるから全然違う子にしたら」と言われましたが
    比べないわけがないです。どんなに似てる子でも、全然似てない子でも。

    でも、今の子も可愛い。大好きでいとおしい存在なのは変わりません。
    エサや環境を見たら前の子より断然大事にされていますが、前の子も忘れられないです。
    (前は複数飼いだったので、エサも高級なのはたまに程度。
    今はエイズ持ちなのもあって1匹飼いで、文字通りの猫かわいがり。)

    私はアキちゃんも充分幸せだと思いますよ。
    そしてハルちゃんも忘れられないままでいいんじゃないかな、と思います。

    前の子を忘れられないですが、私は今の子との暮らしも幸せです。

    トピ内ID:6112355673

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  22
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0