詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 実際の話、公的年金にどのくらい依存してるのでしょうか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    実際の話、公的年金にどのくらい依存してるのでしょうか?

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    ウエストコースト
    話題
    あと5~6年でリタイアを予定しています。

    既に余裕のあるリタイア生活を送っていらっしゃる方に伺います。

    総支出のうち公的年金で賄える部分はどのくらいですか?ひと月単位では変動が大きいかもしれませんので、例えば一年間のパーセンテージで教えていただけると参考になります。

    例の「2000万円騒動」では月間総支出29万円、公的年金24万円で、約80%でした。月30万円足らずで暮らせるのか、と言う疑問はさておいて、パーセンテージがかなり高いのに驚きました。最近見た統計の所得代替率は、確か現状が60%ぐらいで、「100年安心」の将来のターゲットは50%ぐらいだったと記憶しています。

    現在の我が家の試算では、総支出(税・社会保障込み)の43%を公的年金で賄う予定です。

    トピ内ID:0554839406

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 35 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    100%超えです

    しおりをつける
    🙂
    50代
    正確に試算したわけではありませんが、100%超えは確実です。
    もちろんそんなに公的年金が多額なわけではなく、夫婦で月30万どころか24万も使わないからです。

    優雅なセカンドライフには興味ありません。
    ささやかな趣味を楽しみ、余力を社会や子供たちのために使い、健康的で静かな老後を過ごす予定です。
    それで十分幸せです。

    ちなみに公的年金だけでなく、個人年金や不労所得もありますし、貯金もありますので大抵のアクシデントには対応できると思います。

    誤解のないよう言い添えますが、我が家は現役時代も高額所得者ではありません。
    夫は地方公務員、妻は扶養内パート。
    ただ家のローンはなかったのでそれは大きいと思います。

    トピ内ID:8940394034

    ...本文を表示

    年金で生活できています

    しおりをつける
    🐱
    カズラハウス
    60歳で企業定年となり、その後70歳まで団体職員として勤務しました。
    現在、年金で生計を維持しています。特別費については、貯蓄を遣う計画です。

    幸い、私達の年代はある程度の年金が保証されています。
    報道などで、老後資金について議論が盛んになっていますが、
    お若い方が気が付いていないことがあります。

    それは、高齢になると意外に生活費を多く必要としないと言うことです。
    食事は、健康維持の為、また活動が少なくなりカロリー消費が下がります。
    と言う事は、摂取カロリーも下がると言う事です。

    衣料品も多くは要りません。住宅費も維持費程度なので
    はありませんか。残る課題は医療費ですが、国民皆保険
    のお蔭で、少額で済んでおります。

    趣味や旅行が一番の多額支出の方が多いのではないでしょうか。
    個人的には、海外旅行も興味が薄れ気味、外食も贅沢な話しですが、
    美味しいと感ずる事もありません。

    衣食住は、年齢と共に軽くなります。2000万円は年金を入れれば楽にクリアするのではありませんか。年金を別にすると言われると、そのお金は何に遣うのかなと思います。

    贅沢を言えば切りがありませんが、生活を楽しむ要素はお金だけではありません。
    日本の中に、お金以外で楽しめることが沢山あるのではありませんか。

    お金ばかりに執着しないで、それぞれが楽しい事を探してはと考えます。

    トピ内ID:2684439344

    ...本文を表示

    生活費と娯楽と介護は別予算

    しおりをつける
    blank
    匿名
    日々の生活費だけなら、80~100%の予定です。
    でも、実際リタイヤしてみて、そうはいかないと実感しています。
    時折壊れる家電や住宅、(車の地域なので)車、思わぬ冠婚葬祭。
    これらは、日常生活費では賄えません。つまり貯蓄は絶対に必要だと感じています。
    そして思わぬ医療費。
    健康が大切と言いますが、病気は選べません。思わぬところで飛んでいきます。
    年間予算の10%ほどは貯蓄を崩しています。

    そして娯楽。
    70代以降はともかく、60代は意外に元気です。
    夫はボランティアをしていますが、このボランティアでも交通費や経費は
    持ち出しです。また旅行が趣味なのですが、我慢するなんてとてもできませんので
    娯楽費は完全に貯蓄から。
    娯楽費は、年間予算の30%は使っています。

    そして介護。
    ぽっくり行きたいところですが、選べませんから。親族の場合年金以外に1000万ほど
    介護費用にかかったそうです。

    介護する親や親族がおらず、自身が(たまたま)健康で、しかも趣味が無ければ
    80%かなと思います。
    でも、何があっても困らないようにしたいので、今のところ50%予定です。

    老後の年金計画の落とし穴は、「日常生活費」では見えてこない臨時費用だと思います。

    トピ内ID:1488747081

    ...本文を表示

    全く期待していません

    しおりをつける
    😀
    自営業
    夫婦とも自営業なので、国民年金です。
    まだ支給年齢ではありませんが、70歳まで延ばしても年に7~80万円くらいのはずです。
    夫婦合わせても、到底食べて行ける金額にはなりません。

    私は親も自営だったので、年金に頼るという発想自体、家系的にありません。
    退職金もありませんから、自分で貯蓄は当然のことと思ってきました。

    納付した保険金額自体たいしたことないですから、不満もありません。
    制度維持のため、一応満額近く(一時海外居住)納付していますけどね。

    トピ内ID:9736783528

    ...本文を表示

    0%です

    しおりをつける
    😀
    あらべすく
    年金に依存している率は0%です。
    そもそも、年金にまるで期待せず、定年後の人生設計をしました。
    おかげで、金銭的な問題はゼロです。

    もちろん年金は65歳から貰っていますが、1円も使っていないなあ。
    銀行口座の残高が増えて行くだけです。

    生活費はデイトレで稼ぎ出しています。
    デイトレはお金になるし、頭の体操にぴったりで、良いです。

    トピ内ID:5746912126

    ...本文を表示

    約85.7%です。

    しおりをつける
    🙂
    Jubilado
    不足額14.3%は貯蓄の取り崩しです。80代後半まで食べて行けそうですが、介護に掛かる費用はありません。

    これからどうなるのでしょうか。真剣に考えると可笑しくなりそうです。

    トピ内ID:0971412094

    ...本文を表示

    こればっかりは!

    しおりをつける
    山歩き
     人それぞれだと思うね。年金額にもよるけど、慎ましく質素に暮らせば、支給される年金の範囲内で収めることができると思う。但し、贅沢はできないだろうね。例えば、国内外の旅行、ゴルフ、ミュージカル等の観劇・・・、人生を楽しむための出費、これらは支給される年金では賄えない。

     当方、遥か昔、還暦を過ぎで、平均より少しだけ厚生年金の支給額が多いけれど、基本的な衣食住(持ち家・ローンなし)は年金で、それ以外の費用は、株式他、預貯金から。それ以外で使う費用は、支給年金額より多い。残りの人生、寿命を考慮しつつ、連れ合いと相談しながら使っている。

     墓は用意した。車もあと数年で処分かな。葬式代、及び子供達への僅かなお金を残して、旅立つことができれば御の字。だけど想定外のことが起きた時は? あまり悲観的になってもいけないかな。

    トピ内ID:7363743757

    ...本文を表示

    親のケースですが、

    しおりをつける
    💍
    アップルティー
    元気な状態であれば、日常生活費は公的年金で十分に足りる状態のようです。
    持ち家で家賃なく、元気で自炊できれば、ふたりで月に20万ちょっとあれば足りるようです。
    (ただし、ホテルでのちょっとお高い外食費やオペラ鑑賞などの遊興費別。当然旅行代も別。)

    匿名さんもレスしてますが、この他に、娯楽費と介護費用ですね。
    そこは分けて考えるべきだと思います。

    お金持ちで旅行好きな人も込みの月平均額を見て、それに比べて足りない足りないと慌てるのはナンセンスだよね、とテレビや新聞を見ていて思いました。

    トピ内ID:4483043013

    ...本文を表示

    慎ましく生活すれば足りる

    しおりをつける
    🐶
    hati
    私は学生時代、家賃プラス4万円の生活費で暮らしていました。
    今大学生の3人の子どもたちにもそれぞれ4万円プラス家賃を仕送りしています。
    ちゃんと自炊して規則正しく生活していればそれで生きていくことはできるのです。
    遊びや旅行などの費用はアルバイトでまかなうように言っています。
    私は働きだしてからも薄給でしたので、家賃を引いた生活費は7万円弱でした。それでも学生時代よりは少し豊かになったので何の不満もありませんでした。学生時代からの習慣で贅沢はせずに生活していたからです。
    今は世帯収入は随分と増えましたが、子どもたちの学費や仕送り、自分たちの家賃や夫のお小遣いを差し引いて夫婦2人で10万円もかけずに生活しています。
    10万円と言っても料理が得意なので地元の旬の食材で美味しいごはんを作って食べていますし、たまに夫婦でランチもします。休日もお金のかからないお出かけをして楽しく暮らしています。夫婦2人で規則正しい生活をしていれば、光熱費もさほどかかりません。
    そもそも夫が激務で土日もほとんど仕事をしていますので旅行をする時間もありません。
    この調子を続ければ老後も年金だけで十分暮らしていけるでしょう。
    仕事がなくなり時間的余裕ができる分だけお金はかけずに心豊かに暮らせるだろうなと思っています。

    なのに老後に30万円の生活費が必要なんてとんでもない!
    学生や若い人たちが慎ましく暮らしているのに、老人がどんだけ贅沢するつもりなんだと思います。
    老後に贅沢をしたいならば、その分くらい自分で貯めておくなんて当たり前だと思います。
    貯金もせずに給料全部使ってしまうような生活をしていた人は質素堅実に生活すれば生きていけます。
    それなのに年金だけでは足りないとか、老後月30万円必要なんてニュースや意見を見る度にうんざりしてしまいます。

    トピ内ID:3601724045

    ...本文を表示

    実母ですが

    しおりをつける
    blank
    現役
    私は定年までまだ10年以上ありますので、身近な母の例で。
    父は数年前に亡くなったので、母が1人で持ち家で暮らしています。月の年金額は17~8万程度。それでも母は余る、と言います。
    体調の関係で長時間の外出ができないので、旅行せず。衣服も特にこだわらずでたまに通販で購入。靴下やカーディガン、パジャマなどは私が少し値の張るものを誕生日プレゼントしています。
    孫たちへの誕生日のお祝い、お年玉も万単位でくれるのですが、私たちきょうだいはそんなにたくさん送らなくても良い、と言っても、その分の蓄えはあると言って聞きません(苦笑)
    家のメンテナンスは幸か不幸か父が存命中に行ったので、固定資産税を払う程度。突然の出費で多いのは年齢的に仕方がないのでしょうが、お香典が多いようです。
    確かに介護、となったらこれまでのようにいかないと思いますが、父が亡くなった際に銀行関係のことは私がやりましたので、母の手元に残った資産は把握していますが、ほぼ安泰かと思っています。足りなければ、父の遺産分与から我々きょうだいが出しますし。
    とにかく戦前生まれの人は無駄なお金は使わないんだな、と感心しますし、ありがたいな、とも思います。

    私たち夫婦も幸い共稼ぎですし、あまり贅沢はしないつもりですので、きっと大丈夫かな、と思っています。2000万騒ぎ、昔から言われていたことですものね。ちょっとした贅沢は預金で賄う予定です。

    トピ内ID:4734911936

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  13
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0