詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    胸張って内定宣言

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💤
    がらぽん
    仕事
    地方都市の小さな会社に勤めています。 
    私はずっと事務職。
    社長がおおらかな人で、職場の雰囲気はとてもいいし
    社員は勤続が長いです。

    数年前 人手不足もあって、ひとりの女性が入社しました。
    当時22歳。

    とても明るく、指示を的確にこなし、とても前向きに仕事に向き合うお嬢さん。
    職場の雰囲気も明るくなりました。
    あっという間に人気者になりました。
    当時から同棲していたようで、1年ほど経って妊娠、そして結婚、出産。

    我々にはまるで娘が嫁ぎ、孫ができるような騒ぎでした。

    社長も彼女の為にと労務条件を色々と変更してきました。
    産後の職場復帰には、社内で大歓迎したものです。


    子供が出来れば、熱が出た、ケガをした等々で突発的な休みは増えます。
    私も子育てしてきたので、それは仕方のないことと思っています。
    社員も同様に好意的でした。
    それが彼女を増長させたのでしょうか。
    数年後
    突然 人事へ退職届が出されました。

    理由は、他社で内定をもらったから。

    私には悪びれることなく、胸を張って
    辞めます、内定もらったんで・・と。

    そこまで言われたら、引き止めることはできません。
    私は もう少し早く言ってほしかった・・と一言だけ言いました。

    彼女を一番面倒見ていたAさんには、辞める相談すらせず、
    辞めることも言わなかった、と最近聞きました。
    公私ともに仲良く付き合っていたのに・・。


    あれから3年。
    特に大きな問題もなく、日々が過ぎています。


    それにしても彼女が一体どんな神経を持っていた人なのか
    未だに不思議でなりません。
    私の中では、とても残念な人として記憶されています。


    近々新しい人が入ると発表されました。
    少なくとも、彼女のような人で無いことを祈るばかり。

    トピ内ID:1966579525

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 53 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 22 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    彼女にとっての労働条件の問題です

    しおりをつける
    🐷
    香苗
    彼女は、トピ主様を楽しませたり、感心させるために就労していたわけではありません。会社は、仲良しクラブではありません。

    残念な人扱いする理由はないですよ。

    彼女は、勤めてい居たころ、せいいっぱい頑張った。

    でも、彼女には生活の問題があり、より、労働条件が良い会社がみつかったのでしょう。

    それだけの話ですよ。

    トピ内ID:0319976215

    ...本文を表示

    それ、悪いことなんですか??

    しおりをつける
    😢
    かな
    全然わかりません。
    その子のしたこと、悪いことなんですか?
    産休や育休は今や法令上定めなければいけない制度だし、退職するのも彼女なりの考えや悩みがあった上でのことではないの?
    一番面倒を見ていたとかいう人になんの相談もなかったのは、相手に問題があったのかもしれないじゃないですか。
    会社が彼女の一生に責任を持つ訳では無いのに、何を望んでいるんですか?
    トピ文だけでは残念なのはトピ主かなという印象です。

    トピ内ID:9862837301

    ...本文を表示

    違反はないのでしょう?

    しおりをつける
    🐷
    圭太
    その女性は、何か重大な就労規則違反しましたか?

    してないのですよね?

    しっかりと仕事とはやっていたのですよね。

    経営者も納得の上で、労働環境を整えてきたのですよね?

    その女性のために整えた就労規則は、今後の社員のためにもなりますよね。

    トピ主さんがなぜ、怒るのか理解できませんね。

    トピ内ID:8701169946

    ...本文を表示

    上手く言えないけれど

    しおりをつける
    blank
    かげろう
    やはり彼女は公私の線引きがピシッと自分の中であったのでしょうね

    期間限定で職場とは波風立てず楽しく仕事する
    仲良くしていても自分の心うちまでは見せない

    アッサリとさようなら、でしょう

    人の情とかは考えないのでしょう

    どこも別に間違いは無いけれど、文句は無いけれど、うん、そんなものだったの?って肩すかしですよね

    分かります
    何だか「えっ?」って気持ちだよね

    トピ内ID:5226052960

    ...本文を表示

    会社ってそういうものです

    しおりをつける
    💡
    ナイス
    社員同士が仲がいいとか、先輩が後輩に親切にするのは、とても良いことですね。しかし、誰がどこの企業に勤めるのか、どのタイミングで転職するのか、ということとは、まったく別の次元の問題です。

    例えばですが、その女性社員が、辞めるまえに経営者と就業上のトラブルがあって、捨て台詞でも吐いて辞めていったのなら、あなたが人格を疑うのも少しは理解できますけど。

    でも、女性社員さんは、普通に働いていたわけで、出産後は、子供の教育費などのことを考えて、転職するなんてことは大いにあり得ることです。


    読んでみたところ、トピ主さん自体に、その女性に対する執着がある。「我々にはまるで娘が嫁ぎ、孫ができるような騒ぎでした」。その当時、それでよかったのですよ。でも、時は流れていて変化は当たり前。3年も前の話でしょう。3年まえのことを、そんなふうに、いまだに言ってる貴方が狭量です。

    結局、「可愛がってやったのに」というトピ主さんの執着心ですよ。職場で人が変わるなんてことは日常茶飯事です。

    トピ内ID:5828064361

    ...本文を表示

    普通の人

    しおりをつける
    関係ない
    どこに問題があるのか、教えてください。

    何が残念なのか、分かりません。
    引き止めることができなかった貴女の会社が問題ですよ。

    トピ内ID:8179817793

    ...本文を表示

    増長って…?

    しおりをつける
    😨
    りぼん
    就職して先輩方や経営者のお世話になればずっと退職してはいけないのですか?
    トピ主さんのお勤め先にはお礼奉公制度でもあるのでしょうか。

    彼女を可愛がっていたように書かれていますが、産休取らせてやったのに、突然の休みも容認してやったのに…との意識が滲み出ていますね。
    しかし産休や育休制度、子育て社員への配慮は会社としてしなければならないものですし、さまざまな事情により転職だってあることでしょう。

    『彼女を一番面倒見ていたAさんには、辞める相談すらせず、辞めることも言わなかった、と最近聞きました。公私ともに仲良く付き合っていたのに・・。』

    彼女だっていつまでも新人ではないのですから、Aさんが面倒みていたというのは既に過去のことだからではないですか?

    相談するなら夫でしょうし、人事に届けをしているのですから急に辞めると騒ぎ出した訳でもない。辞めたいがために嘘の理由を言う訳でもなく、ごく常識的だと思います。

    3年も経ってまだ彼女の神経を疑うというトピ主さんの神経の方を疑います。
    少なくとも「増長」なんてひどい中傷です。

    トピ内ID:0719306331

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0