詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    漫画探しています

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    ヒーロー
    話題
    40代前半 女性です。
    幼い頃 読んだ漫画を探しています。

    貧しい女の子がお屋敷に連れてこられ、綺麗なドレスやご馳走で楽しい日々を過ごします。
    ある日 開けてはいけないと言われていた隠し部屋のドアを開けると 中にはたくさんの美しい女の子たちが綺麗なドレスを着させられ 遺体となり吊るされています。
    主人公の女の子もそのために連れてこられた・・・というようなお話だったと思います。

    主人公の女の子は逃げたか助けられたかして助かった記憶があります。

    ベルサイユのばらのような美しい絵だったと思います。

    ご記憶のある方、教えて下さい。

    トピ内ID:6640207556

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 2 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 8 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    もしかしたら

    しおりをつける
    blank
    青空
    本当にベルサイユのばらかもしれません。
    本編の方ではなく番外編とか外伝みたいな感じで読み切り作品として何作か描かれています。
    具体的なストーリーは覚えていないので
    トピに書かれていたような場面はあったようななかったような
    という程度ですが
    ちょっとホラーよりのものがあったと思います。

    ベルサイユのばら 外伝 あらすじ
    とかで検索かけてみたら思い出されるかもしれません。

    トピ内ID:4153142932

    閉じる× 閉じる×

    黒衣の伯爵夫人?

    しおりをつける
    blank
    50女
    私も青空さんが書かれているベルサイユのばらの番外編(外伝)ではないかと思います。

    「黒衣の伯爵夫人」というタイトルで、エリザベート・バートリの逸話をモデルに描いたもの、と作者の池田理代子先生が何かの文章の中で書いていました。
    オスカルとアンドレ(まだ髪が長く目に怪我をしていない)がオスカルの長姉の嫁ぎ先に遊びに行った時のエピソードです。

    またはあしべゆうほ先生の「悪魔の花嫁」にありそうなお話でもありますね。
    あれは含まれるエピソードの数が多すぎて、私も今ぱっとそんな話があったかは思い出せないのですが…。

    トピ内ID:2349571254

    閉じる× 閉じる×

    ベルサイユのばらだとすれば

    しおりをつける
    blank
    ビンディ
    外伝の「黒衣の伯爵夫人」が近いです。
    通常版の10巻、文庫版の5巻、完全版の8巻に収録されています。電子書籍でも読めます。

    オスカルの一番上の姉が住むお城に、オスカル、アンドレ、ロザリーは出かけます。
    彼等を待っていたのは、姉オルタンス・ド・ラ・ローランシーと6歳の娘ル・ルー。そして人々を脅かしている吸血鬼の噂でした。
    オスカル、アンドレ、ロザリー、ル・ルー、ローランシー家の遠縁カロリーヌ公爵令嬢は、森で道に迷ってしまい、妖しい美貌の伯爵夫人と美青年の甥リオネルが住むモンテクレール城でもてなされます。

    美しい少女を集めていますが、遺体をどうしていたかは思い出せません。

    トピ内ID:6988292703

    閉じる× 閉じる×

    トピ主

    しおりをつける
    🙂
    ヒーロー
    青空様、50女様、ビンディ様、お忙しい中ご返信頂きありがとうございます。
    レスを頼りに探してみたいと思います。
    ありがとうございました。

    トピ内ID:6640207556

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    グリムかぺロー童話の青ひげ?

    しおりをつける
    🙂
    紅玉
    のストーリーに似ています。
    七人目の妻として伯爵だか領主だかと結婚した猟師の妹娘。
    ある日夫は出掛けるのですが鍵束を妻に渡し「退屈しのぎにどの部屋を見てもよいが塔のへや(いや地下室?)だけは見てはならない」と言われます。
    退屈と好奇心に負けて妻は…そこには歴代の妻たちが…!

    帰って来た夫にバレて殺されかけた時に塔の窓から猟師の兄に助けを求めて叫び、すんでの所で助かる話。
    いろんなマンガ家さんが描いているようです。

    ちなみに皆さんの挙げたベルサイユのばら外伝黒衣の伯爵夫人の本を持っています。
    鉄の処女に串刺しになるんですよ~、このシーンかな?

    参考までに。

    トピ内ID:3279454356

    閉じる× 閉じる×

    エリザベート・バートリーの伝記

    しおりをつける
    😠
    ベルサイユのバラか、
    美内すずえの『魔女メディア』もエリザベート・バートリーの話をベースにしていたように思います。
    手元にないので、はっきりわかりませんが、
    トピ主さんの書かれたストーリーは、
    エリザベート・バートリーの伝記をベースにしたものだと思います。

    トピ内ID:8245432124

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    ヒーロー
    まさに紅玉さんの教えていただいた本でした!
    長年探していたので、本当に嬉しいです。
    他の皆様もお忙しい中、ラスト頂き、ありがとうございました。
    これにてトピを閉じさせて頂きます。

    トピ内ID:6640207556

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]