詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    収入が多い人はお小遣い制は少ない?

    お気に入り追加
    レス46
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    takako
    恋愛
    20代女で、今年から弁護士20人くらいの法律事務所に勤めています。
    事務所の飲み会の際に家庭の話が出たときに、30代後半のパートナー弁護士の方に
    「先生のところはお小遣い制ですか?」と聞いたら、
    「うちの子はまだ幼稚園児なのでお小遣い制ではないですね」
    と言われたので、笑いながら「お子さんのことじゃなくて先生ですよ」と言いました。
    そしたら、先生は???私がお小遣い?どういうこと?という感じの反応で、
    少し沈黙のあと、「ああ、そういうことか、いや、もちろん違いますよ」と答えてくれました。
    その先生が、何人かの先生にお小遣い制かどうか聞いてましたが、皆さん、まさか、という感じで否定していました。

    当然皆さん高収入ですが、高収入だとお小遣い制ではないのでしょうか?
    それとも会社員と違って収入に変動があるから?
    でも収入が少なくて不安定なら仕方ないですが、
    年収何千万も稼いでいてそれだと奥さんは旦那さんが何にいくら使ってるか分からなくて不安にならないのでしょうか?
    私が奥さんだったら一応のお小遣いは決めておいて欲しいのですが、お金を稼ぐ人って縛られるのも嫌いなのでしょうかね。

    トピ内ID:1716043435

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 27 面白い
    • 180 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 4 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数46

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  46
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    そうですね

    しおりをつける
    南の匿名
    夫が比較的高収入で、給料以外のものも入りましたから、我が家もずっとお小遣い制ではなかったですね。

    私はボランティア的な仕事だったので、私自身の稼ぎはなかったため、夫から生活費や医療費など必要なものだけもらっていました。
    私が自由に遣える小遣いも毎月。

    だから、残りを夫がどう使っていたのか、いくらくらい小遣いにしていたのかも知りません。

    でも、結婚して40年以上経ちますが、お金でもめたことも、不審に感じたことも何もなかったですね。

    私自身、実家がそんな感じでした。
    専業主婦の母が父から生活費や必要な経費だけもらっていたのを知っていたから、
    そういうものだと思っていました。

    だから、学生時代に友達との話の中で、「お父さんが毎月お小遣いをもらっている」というのを知って、びっくりしたものです。

    だって、お父さんが自分で働いて稼いだものを自由に出来ず、お小遣いとしてもらってるなんて(それも足りないらしい)なんだか気の毒に思えましたしね。


    もう私どもの子供は結婚しましたが、息子の奥さんはフルタイムで働く人なので、二人分の給料を合わせて、その中からそれぞれのお小遣いを配分しているみたいです。

    だけど、今の時代それではなかなか十分ではないだろうから、我が家に遊びに来た時、ちょこっとお小遣いをあげます。
    もちろん、息子だけでなくお嫁さんにも平等にね。

    トピ内ID:9241643053

    ...本文を表示

    答えは自分で書いてる。

    しおりをつける
    🙂
    みみ
    何千万も稼いでいるにも関わらず、「旦那さん本人が」妻によって何にいくら使われているか分からないのは、もっと不安で理不尽ですよね。

    それに、立場のある人にはお金を使うべき時って、あります。
    部下達に気前よくおごったり。
    商機になりそうな場所に出かけていったり。
    その時に「今月小遣い厳しいから~」とためらう男では、お話になりません。
    追加で何か使うたびに妻に頭を下げさせられたり、「浪費じゃないのか」「浮気じゃないのか」とネチネチやられたらたまりません。

    家計の話になると必ず
    「夫にカネを握らせておくと浮気する」とかいう主張が出ますが
    妻の側が散財する話だって、枚挙にいとまがありません。
    弁護士なんてやっていれば「財産をめぐって骨肉の争い」なんて相談は日常茶飯事なことを知っていますから
    「奥さんに財布を預けて安心」なんて無邪気にはいられないでしょうしね。

    >何にいくら使ってるか分からなくて不安
    ならば夫婦がお互いの給料の額と使い道を公開しあえばいいのです。
    「お互いの稼ぎの中から、毎月いくらは貯蓄に回そう」
    と取り決めればいいのです。
    稼いでいない側の人間が家計を握る理由、稼いでいる側を小遣い制にする理由にはなりません。

    「私は家事をやっている」というご主張であれば、家計簿を夫に公開して毎月の生活費と家事貢献分の小遣いを、夫からもらえばいいのです。

    もちろん、稼いでいる側の人間が「家計の管理は面倒だから君に任せる」というタイプの人間ならそのようにすればいいですが、稼ぎのない側の人間が主張するのはおかしなことと気づかねばなりません。

    トピ内ID:9667988556

    ...本文を表示

    何故不安を感じるかでは?

    しおりをつける
    🙂
    おばさん
    家庭に必要な金額に色を付け、高額出費の際はご主人が出し、妻の使い道に何も言わない家庭なら、あなたの言う「不安」とやらは無いに等しいと思いますが?

    ご主人がお金を握ると直ぐに「浮気・不倫・ギャンブル」と言う方も居ますが、それは一部の男性であって、全てには当てはまらないでしょう
    一方、妻が家計を握ると「ブランド物・宝石」など買いあさるなど言われますがこれも一部でしょうね

    うちは主人が家計をしてます。給料じたい幾らか知りません。
    不労収入等合わせた年収は知ってます。高額年収者です
    妻の私、個人事業してます。管理は主人にお任せです

    基本的に家・子供にかかる費用は主人、その他は分かりません
    私は給料ありますし、食費・雑費貰ってますから

    使い道を知りたいなんて何故ですか?知った所で何もならないのに

    夫婦といえど隠し事はある物だし、プライベートももちろんある
    高額年収の方は出て行くお金、経費等もそれなりにありますからね
    いちいち、「何故料亭行ったの?」とか「何人で行ったの?」
    「後輩に奢るなんてしないで!」とか言うんですか?・・・・・

    使い道なんてお互いに価値観の問題も出てくる様なもめ事をわざわざ自分から聞いたりする行為がわかりませんね

    同じ職業なら口出しはあるのかも?しれませんが関係無いのに自分の価値観で攻めたりする事になりますよね?

    そもそも論になりますが「金銭的にだらしない・信用が無い」人に家計を任せたり・金銭を自由にしてりさせる夫婦は居ないと思いますよ

    トピ内ID:0596345899

    ...本文を表示

    互いに必要なだけ使う

    しおりをつける
    おっさん
    単に収入に余裕があり自制が効くなら上限を決めなくても良いというだけです。
    また、高学歴であれば伴侶も同じような階層であることが多いわけで
    互いに収入があればお小遣いにする理由すらないですよね。

    トピ内ID:1469258919

    ...本文を表示

    お小遣い制ではない人多いと思います

    しおりをつける
    🙂
    ルルド
    お小遣い制って、なんか夫が働いてるのに夫にお小遣い?って単純に変ですよね。
    そのことに気づかない人もいると思いますけど。

    稼ぐ人はお小遣い制の人ってあまりいないように思います。
    だいたいたくさん稼いでくるのに、「はい、お小遣い」なんて決められたら空しいですよ。
    もし、自分が稼ぐ男性の立場ならそう思いませんか?

    弁護士などではなくても、会社員でも稼ぐ会社員はお小遣い制少ないと思います。

    逆に言えば、お小遣い制ではないから夫はどんどん稼ぐんでは?とすら思ってます。
    お小遣い制で奥さんがご主人を絞めているような家庭って、出世もしなさそうですしね。

    それだけ、男性を信頼してないってことでもあるし、妻の支配欲で夫が小さくなるように思います。

    というわけで、稼ぐ人って、まず妻が夫に対してお小遣い制にしてないと思います。

    だからと言って、夫がむやみにお金を使うわけでもないでしょう。

    夫婦の信頼関係と、夫を立てるという意味で、お小遣い制ではないことのメリットは大きいと思います。

    トピ内ID:2124002623

    ...本文を表示

    弁護士さん・・・

    しおりをつける
    砂肝
    歳の割に少ないお給料の夫がいます。
    当然お小遣い制です。
    いい大人ですから、別に小遣い制が好きなわけじゃありません。
    でも会社員なので月々の賃金には限りがあり、夫が自由に使える額も決めざるを得ません。だから小遣い制なんですよ。

    子供が小学生のとき、役員で違う学年の子のお母さんと知り合いました。
    ご主人は勤務する弁護士さんで、案の定お金の使い方や金額が会社員家庭のそれと全然違いました。
    私は6年生の母なので、一年限りの仲とわかっていたから何でも話してくれて。
    方針で小学校は公立に通わせていました。

    弁護士先生が小遣い制なんかしないと思いますよ。
    収入の変動といっても、低いときのそれさえべらぼうに高いだろうし。

    トピ内ID:5082614613

    ...本文を表示

    好きなだけ使っているみたい

    しおりをつける
    🙂
    昔少女
    前提として、それなりに収入いいです
    夫が稼いだお金は全部夫のモノなので
    そこからお小遣いをあげるという感覚には当然なりませんね

    奥さんが収入を全部コントロールしている家庭の感覚なんでしょうね

    私もコントロールしようと思えばできますが、そんなことはしません
    私は商売人の娘だったからでしょうか、月に決まった額をやりくりする会社員の家庭に育たなかったからかもしれませんが
    いい年した男性がお小遣いをもらうという感覚がちっちゃいなぁと感じてしまうので
    夫はのびのび放し飼いです
    すくすく育って、よく出世しています

    トピ内ID:3843487765

    ...本文を表示

    ずっとお小遣い制です

    しおりをつける
    🙂
    シリコンバレー
    会社員ですが年収はそこそこ高額です。でも、ずっと妻に全額使えるようにして、私はお小遣い制で、月収の2パーセントくらいですが十分です(笑)。
    意味の無い事に時間やお金使わないので十分です。数年ごとに買う自家用車でも月収の2割以下です。
    昔からお小遣いですけど、何も問題ないです。

    トピ内ID:1014033095

    ...本文を表示

    ないない

    しおりをつける
    blank
    夫の月収は150~200万円ですが(サラリーマンではありません)
    私には、夫をお小遣い制にする発想がありません。
    そもそも夫の収入に私が口を出すことはしません。

    食費・生活費に妻のお小遣いを足して充分な額を毎月受け取り、
    あとは夫の自由です。
    収入の大半が貯金に回っていることは知っています。
    それで充分です。

    トピ内ID:4026573012

    ...本文を表示

    成功している男性はお金の管理もキッチリ

    しおりをつける
    🐱
    ねこ
    お金を稼いでいる男性が、全額を妻に渡して自分はお小遣いをもらう、というのは少数派だと思います。
    むしろ、生活費とお小遣いを妻に渡して残りは投資や貯蓄、そして自分の趣味などに使う方が多いのではないでしょうか。

    トピ内ID:7965131928

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  46
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0