詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    辛さの終わりがみえません。

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    りんご
    仕事
    相談失礼します。
    私は今年から地元を離れ、看護師として関東で働き始めました。仕事は覚えることも多く、先輩も言い方のきつい人がおり、正直しんどいです。今日まで何度ももう地元に帰りたいと泣きました。地元に大学時代からの彼氏がおり、いつでも帰ってきなと一緒に住んで結婚しようと言ってくれます。ただ、彼も同じ社会人1年目で養うまでの経済力はありません。そして、そうすると私も1年目で仕事を辞めなければいけなくなります。けれど、もう辞めて地元で転職しようかなとも思ってしまいます。社会人1年目も遠距離も本当につらいです。同じような経験をした方は、どうやって乗り越えてこられたのでしょうか?
    どうしても、自分だけが辛いと思ってしまい、この辛さの終わりが見えません。もう仕事を辞めて家族と彼氏のいる地元に帰りたいです。そして、こんなことを思ってしまう自分が弱く感じてそれもまた辛いです。

    トピ内ID:5728451259

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 25 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 25 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    どこに行っても同じです

    しおりをつける
    🐤
    カスタネット
    どこの職場に言っても、キツイ方、合わない方は、居ます。
    今は、教わる身ですし、仕事として、お金を頂いて居る以上、我慢は仕方のない事です。
    それを踏まえた上で、地元なら頑張れる、と言うのであれば、戻る選択もありますが、職歴上は、マイナスですので、良く考えてから決断を。。

    トピ内ID:7573488971

    閉じる× 閉じる×

    看護師の仕事はどこでも同じ

    しおりをつける
    blank
    かな
    看護師の仕事の辛さ、大変さはどこでも同じです。新人ならなおさらです。

    何故、地元を離れたんですか? しかも、彼氏と遠距離恋愛になってまでして。
    なにか看護師としての目的があったからではないんですか?
    それがもうどうでもいいなら退職して戻るのもありです。

    看護師なら、経験が浅くてもどこでも再就職できるでしょう。
    けれど、あなたの職歴で採用してくれるところは、「それなり」のところだと覚悟した方がいいですよ。
    待遇が悪い・ブラック・今以上に癖のあるきつい人がいる可能性は限りなく高く、故に退職者が相次ぐ(だからこそ、転職壁のある人でも採用するしかない)、教育制度のあってないようなもの、等々は覚悟しておいた方がいいでしょう。

    最善は今の勤務先で最低3年は働き(できれば5年)、それから先を考えることです。
    最低3年の経験があれば、転職先もそこそこ選べますし、不本意な看護師人生を歩まずに済むでしょう。

    看護師になって1年半で心身とも病み退職、その後も「それなり」のところでしか働けず、不本意な看護師人生を歩んでいる先輩からの忠告です。

    トピ内ID:5691436750

    閉じる× 閉じる×

    地元に帰って仕事を探しましょう

    しおりをつける
    🐱
    ねこ
    地元にはご家族と、結婚しようと言ってくれている彼がいるのですよね?
    関東に残らなければならない理由はありません。
    地元に帰って仕事を探しましょう。
    結婚したいと言ってくれる彼がいるのは幸せな事です。
    そんな彼とお幸せに。

    トピ内ID:5595361315

    閉じる× 閉じる×

    そのための結婚という大義名分が!

    しおりをつける
    💤
    ネコ
    あまりに辛いなら辞めていいと思います。
    幸い結婚の話があるなら、それを大義名分として、地元で探せばいいです。ずっと働かないというのではないんでしょ?逆に地元で、彼のそばだと辛さも耐えられるかもですよ?

    1年目で辞めるデメリットもあるでしょうが、結婚のために辞める人はたくさんいますし、地元で探せばいいじゃないですか。看護師さんなら仕事はいくらでもあると思いますから、気にせず地元で心機一転また頑張ればいいだけです。なんと言っても資格があるのは強いですよ。

    ひとつの仕事をずっと定年まで続けるのも素晴らしいですが、毎日泣いて、辛いのを定年まで我慢して続けるのって何の意味があるんですか?心を病んでまで仕事する意味なんかないです、たまたま今いる所が合わなかっただけ。きっとあなたに合う職場があります。そこで頑張りましょ。

    トピ内ID:8277900577

    閉じる× 閉じる×

    看護師一年目が一番つらかった

    しおりをつける
    こんな私も17年
    私も看護師です。 私にとって一年目は一番辛い時期でした。

    学校の実習も大変だったので、早く卒業したい!とさえ思っていました。 ところが実際に看護師として働くことは実習の何倍も厳しかったと実感したものです。 学生の時は同期や先生がついていると思うと心のどこかで安心して頼っていたことに気が付きました。当然ですが独り立ちしてみると自分でなんでも判断しなければいけないし、フォローしてくれる先生もいない。 学校で学ぶことはほんの基礎。 知らなかったことや実際の職場で覚えることはたくさんあり、現場で他の看護師たちと一緒に働いていても、気持ちは独りぼっち、みたいな孤独感と不安で押しつぶされそうな毎日でした。 仕事に行くのが恐怖で泣いたこともありました…。

    でも、一年を過ぎた頃から少しずつ楽になってきました。 だんだんと仕事の手順や効率も覚え、「こういう事態が発生したら次はこう」という動きもだんだんと読めるようになってきて、楽しくなってきたんです。

    どんな仕事でもそうですが、一歩ずつ、慣れていくしかないですよね。慣れるためにはとにかく経験を積むしかない。

    トピ主さんの場合は、心の支えとなってくれる彼氏が遠距離で、更につらい気持ちに拍車をかけているかと思います。 でもね、たとえ彼が近くにいてくれたとしても、この辛さは自分で乗り越えていかなければならないんですよ。 私は夫と生活していても、そう思いましたもの。 むしろ、顔も知らない現役の看護師さんのブログをネットで読むことの方が支えになりました(笑)。 同じ辛さを乗り越えた人がいるんだーっていうことが励みになりました。

    だから、頑張って! 地元に戻るにしても、せめて一年頑張って経験を積んでからの方が後々楽だと思いますよ。 今が踏ん張り時です。

    トピ内ID:4229026779

    閉じる× 閉じる×

    今が一番辛い時

    しおりをつける
    🙂
    かんごし20年
    わかります。もう20年以上も前の話ですので主さんの状況とは違い、参考にはならないかもですが。
    私も地元離れ関東の病院で働いてました。覚えも悪く失敗の連続で先輩も怖い人が多く、孤独感と辛さばかりの毎日。看護師という仕事自体向いてないのかなと思うくらいとことん落ち込みました。
    先輩が「メモを取らないから忘れてミスするのよ。」と指摘され、とことんメモを取り「することリスト」を忘れないように気をつけていった結果、ミスがかなり減り少しずつ先輩方ともコミュニケーションがとれ、翌年1月には同期初でリーダー業務を任されるように。多分同僚、先輩は誰もが信じられないくらい成長できたと思います。

    多分今が一番辛い時期なのかな、と。

    当時私も遠距離で彼氏がいました。当然地元に戻って彼氏と、、。なんて思いも何度もよぎりました。しかし私の場合は自信が徐々につき仕事が楽しくなり、彼氏と別れる結果になりました。それはとても辛い出来事でしたが、仕事というものや同期とご飯食べたり、一人で好きな時間を楽しんだりなどが当時の私を支えてくれた気がします。

    地元に戻り彼氏と結婚するのももちろん
    ありだと思います。
    ただどこに行っても判をついたように嫌な人はついてまわります。仕事もそうです。今が一番辛く踏ん張り時なのかもしれないです。

    何を仕事に求めるか、ですかね。
    看護師という仕事は幸い求人が多い分野です。彼氏と結婚され、ご家庭を築かれるのなら夜勤はせずに家庭優先にできる職場も探せばあると思います。

    どのような決断にも覚悟を持って臨めば後悔ない選択は出来るのでないでしょうか。

    トピ内ID:7109469204

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]