詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    懐かしのカミナリ親父(駄)

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    東雲
    話題
    子どものころはわりと自由に遊んでました。

    昭和40年ごろの話です。
    一軒家が立ち並ぶ、といっても、おのおのの家は平屋で小さくて、塀もなくて、子どもは私道も他人の家の庭も、我が物顔でうろうろしていた時代です。

    蛙を見つけて、追いかけて、いつの間にか、ひとさまのお庭にいることもしばしば。

    大きな栗の木がある家では、近くに「実を取るのはいいけど、とげでケガしないように気をつけてね」と張り紙があったりしました。

    道端にミョウガが生えていて、採り放題だったりもしました。

    入って良いところも、いけないところも、子どもたちはおかまいなし。

    異年齢の集団で、6年生を頭に、5年生が2人、4年生が2人、3年生が2人、2年生が1人、1年生が2人といった構成でした。

    10人もぞろぞろ動いていれば、いくら子どもでも目立ちます。
    (本人たちは意識してませんでしたが)

    「探険だあ!」とリーダーが雄叫びを上げると、お墓の門を乗り越えて入っていきます。
    墓石を叩きながら「この家は○○んち」と裏などを読みながら進んでいました。

    「こらあ! 悪ガキども! 何、罰あたりなことしとるんじゃー!」
    庭仕事用の箒を逆さまに持った老人が、こちらにめがけて走ってきます。

    子どもたちは蜘蛛の子を散らしたように逃げます。

    足を引きずっているので(後で聞いたのですが傷痍軍人だったそうです)、素早い子どもに付いてこられません。

    捕まったら酷い目に遭うと思って、必死で逃げました。

    いや、逃がしてやるつもりだから、遠くから威嚇の声を上げてたんだなと、恥ずかしながら57歳にもなって気がつきました。子どもたちが逃げられるように、決して追いつけない遠くから叱ってくれてたんだと。

    いろんな人に助けられたなと思います。

    懐かしく思い出される、叱ってくれた大人。
    お心あたりはありませんか?
    思い出を語りましょう。

    トピ内ID:5036956861

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 1 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 12 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    いましたね

    しおりをつける
    通りすがり
    子供が嫌いな老夫婦もいましたし、子供が悪いこと、危険なことをしていたら
    容赦なくげんこつをくれるオジサンたち。

    オジサンに叱られ 家に帰るとそのことを話したら両親にも叱られたものです。
    菓子折りもって 頭下げに行ったこともありましたっけ。

    私も同じ年代だけれど 塀より生け垣が多い地域で他人のお庭に入ることができましたが、親にすごく叱られましたよ。

    石亀を日光浴させていたら逃げられて泣きました。
    生け垣の隙間から逃げたようです。
    一か月後 明らかにうちの石亀より大きい亀がうちの庭に入ってきました。
    父は うちの石亀だと言ってきかず、マジックで甲羅の隅にうちの名前を書きました。
    子供心に 「うちのカメはもっと小さかった・・この亀じゃない」と思ったものです。

    子供は他人の庭に入ってはダメだったけれど 一軒先のコリーが毎日遊びに来てました。(もちろん生け垣の秘密の通路を使って)

    ロウ石で道路に線路を描いては近所のオジサンにすぐ消せ!とバケツと雑巾もたされて みんなで消したり、バケツ無で花火やって叱られたり(火事にならなくてよかった)周囲の大人がちゃんと大人だった時代ですね。

    トピ内ID:2212444220

    閉じる× 閉じる×

    大らかだった昭和

    しおりをつける
    🙂
    50代
    都市の下町で育ちました。
    空襲で焼け野原になった区域なので家は戦後建った木造やモルタル造り。
    建ぺい率など無視して土地一杯に家が建っていたので、ぎっしり建てこんで隣の生活音など丸聞こえ。
    それでも家と家との隙間には狭い通路があって、小学生が走り回るにはもってこいでした。
    少々の塀(当時は板塀とかトタン)なら乗り越えてしまって、よそのお宅の裏庭に入ってしまったり、トタンで手を切って血を垂らしながら家まで走って帰ったり。

    当時の大人は他家の子供でもお構いなしに怒鳴りつけるか、我が家の庭を知らない子供が走り抜けて行っても気にしないかどちらかでした。
    それで大人同士の軋轢に発展することもなかったと思います。

    夏の夕方など子供たちは皆道路で遊んでいました。
    キャッチボールなんかもお構いなしにやってたし、バドミントンとかローラースケートとか。
    チョークで道路にお絵かきも普通にありました。
    叱られたことはなかったなあ。
    雨が降れば消えるでしょ、てなもんでした。

    夏の夜はみんな開けっ放しなのでよその家の様子がよくわかりました。
    ステテコはいたお父さんがビール飲みながらプロ野球見てたり。
    今みたいに深夜まで残業なんてあまりなかったと思います。

    トピ内ID:6898798681

    閉じる× 閉じる×

    反応遅くなってすみません。

    しおりをつける
    blank
    東雲
    レス、ポチ、ありがとうございます。

    >通りすがりさん

    げ、げんこつ……。
    手厳しいですね。
    生け垣はなぜか低いところが一部開いてたりしますよね。
    ロウ石って消えるんですか。
    雨が流すまで待つしかないと思ってました。

    周囲の大人がきちんと子どもを叱ってくれる時代でしたね。

    >50代さん

    トタンで手を切って……。
    ありました。そういうことー。
    私は板に釘を刺したまま放置されていたところを走り抜けて、足に釘が刺さったことがあります。
    あのときは病院に駆け込みましたー。

    朝は早かったと思いますが、夜も早かったですよね。
    夕方6時くらいにはお父さんたちは飲み始めていたと思います。

    トピ内ID:5036956861

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    カミナリおやじいいですね!

    しおりをつける
    🙂
    ばあばの知恵
    懐かしい昭和のお話に食いつきます。
    私は戦中派なので、昭和20~30年代に小学生でした。
    下町育ちなので、とにかく子供で溢れてました。
    兄弟も多くてドタバタでした。
    私はおとなしい方でしたが、活発な友人に誘われて
    「墓飛び」・・・墓の塀に登って走り回る。
    「ミカン泥棒」・・・よその家のミカンを取って食べる。
    「映画館にタダで入る」・・・知らない人の後ろに付いて映画館へ入る。
    「紙芝居をタダで見る」・・・お菓子を買わないと見れないんですが、遠くからタダで見る子も居ましたよ。
    見つかってコラーッ!!と怒鳴られた思い出もいっぱいあります。

    「道路で遊ぶ」・・・車がそれほど走って無かったので、ケンパタ、縄跳び、毬付き、羽根つき、メンコ、コマ回し、缶蹴り、ゴム飛び、色んな遊びをやってました。おおらかでしたね~!!

    父も恐かったです。公園で野球してる子供の球が私の顔に当たった時には、
    血相を変えて「コラ~ッ!!怪我したらどうするんだ!!」と怒鳴ってました。私がお年頃になった時、帰宅が夜9時頃になると、玄関の前に恐い顔して仁王立ちしてました。何も言わないけど、恐かったです。

    トピ内ID:2761921526

    閉じる× 閉じる×

    レス・ポチありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    東雲
    >ばあばの知恵さん

    下町にはミカンの木があったんですね。
    道路も遊び場でしたよね。
    門限が夜9時!
    無言の門番は怖いですー。

    トピ内ID:5036956861

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]