詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ガンを本人に隠して良いの?

    お気に入り追加
    レス73
    (トピ主15
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ねぎ
    ひと
    親戚のガンが判明しました。
    97歳の上にステージ4のため、本人には告知せずに療養していく(?)ということになっているようです。

    私はこのことについてほぼ発言権はなく、
    内容も本人の子供(70代)から簡単に聞いただけなので、
    治療の方針がよくわかりませんが、本人に言わないということは、
    手術や抗がん剤という治療せずに対処療法的に痛みを和らげたり進行を遅らせたりするということか?と思っています。

    ここで疑問なのですが、
    診断の結果を本人に伝えないというのは、許されることなのでしょうか?

    私だったら病状を家族にだけ話されるなんて許せないし、寿命までの覚悟や治療の選択ができないなんて人権侵害だと思います。

    本人への伝達が困難であるならまだしも、専門的な難しい話はともかくとして分かりやすい言葉で説明さえしてくれれば充分に理解、判断ができる状態なのです。

    また、こういうケースはどういった状況で起きるのですか?
    病院に子供と一緒に行って、二人で話を聞いてくるというならわかりますが、
    本人が知らないということは子供だけこっそり医師に呼ばれていますよね?
    そんなことをして良いのですか。
    もしくは本人があらかじめ、「私じゃわからない、もしくは聞きたくないから子供だけに話してくれ」とでも言ったのでしょうか。

    部分的にでもいいのでコメントや体験談を下さい。
    医師や家族の対応に疑問を感じている上に、
    これから私がどう本人に接したら良いのかもわかりません。
    泣いてしまいそうです。

    トピ内ID:6938656440

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 532 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 27 エール
    • 14 なるほど

    レス

    レス数73

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (15)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    30件ずつ表示

    気持は分かるけど

    しおりをつける
    🙂
    とも
    96歳でしょ?治療するには体力が足りないから手術も抗ガン治療も体がもたないでしょ、無理よ

    若いなら本人に告知して前向きに治療するって方向もあるだろうけど、ご高齢ならその親族のやり方が一番だと思う
    とにかく苦しまないように、痛みのないように、対処療法てのが本人にとて幸せなんじゃなかろうか

    ちなみにうちの89歳の祖父は数ヶ月前にガンで他界しました
    やはりステージ4の膵臓癌で、本人に告知はしたものの気持ちがすっかり折れてしまってかえって死期が早まったように思え、告知したことを後悔してる
    こういうパターンもあるから一概に告知することがいいとはいえないな、難しい問題だよね

    トピ内ID:6883444031

    閉じる× 閉じる×

    ともさん

    しおりをつける
    blank
    ねぎ
    励みになる内容のレスありがとうございます。

    私がガンについていまひとつ理解していないため、
    無理ったって自分でどちらにするか決めたいのでは…?と望みを持ってしまいました。
    手術も抗ガン治療もあり得ないのであれば、少しは納得できます。

    そして、「何か隠しているのでは?」「何か深刻な病気なのでは?」と不安に思うくらいなら告知が良いと思ったのですが、気落ちというパターンもあるのですね。
    家族を信用していない私とは違って、彼女は自分の子供を信頼していると思うので、
    この方針については従おうと思います。

    となると問題は私の接し方だけです。
    嘘をつくのも苦手な上、会っていなくても涙が止まりません。
    私と会えば本人を不安にさせてしまいそうです。
    みなさんどうしているのでしょうか。

    子供(70代)に至っては本人と一緒に暮らしているのですが、
    涙を見せないなんてことが可能なのでしょうか。

    トピ内ID:6938656440

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    97歳だから

    しおりをつける
    🐱
    もうすぐアラカン
    癌というのは他の病気とは違って自分自身の細胞が変異してそれが異常に増殖したものが一定以上になって正常な組織細胞が壊されていくものです。

    なので、実はがん細胞と言うのは常に一定数体の中で作られています。
    ただし、それを退治するシステムが常に働いていて一定以下に抑えているという事です。

    何が言いたいかと言うと、長生きをするとその癌を退治する機能も衰える。
    でも、がん細胞が増える勢いも若いころに比べると衰える。

    どっちがより衰えるかの状態なんです。

    97歳ならおそらく体の負担になるような治療もしないでしょうし、様子を見ながらという事になるでしょう

    もっと若い人なら体に負担になる、例えば手術とか、副作用の強い薬とかを使う事になるので本人に内緒でというわけには今時行きません

    が、こんなことを言うのは不謹慎ですが、癌になったといっても97歳ならがんで亡くなるとは限らないんです

    ですが、癌という言葉を聞いただけでトピ主さん自身もショックを受けてますよね。
    だとしたら、本人にそのことを告げると精神的にショックを受けてより病状が悪化してしまうかもしれません。
    ちなみに私の祖母もがんと宣告されましたが、実際には別の病気で医師にかかった時についでのように癌もありますが、特に問題にはならないと思います。と癌の治療はしませんでしたよ。亡くなった時の原因も別の病気でした。

    >これから私がどう本人に接したら良いのかもわかりません。
    >泣いてしまいそうです

    ちなみに癌を退治する細胞は別名笑う細胞とも言われていて、本人が楽しく笑うと本当により活性化するんですよ
    あなたがその方の事を本気で心配しているなら、ご本人が楽しい気分で過ごせるようにすることです
    泣くという行為はあなたの気分を納めるだけにすぎませんよ

    トピ内ID:6715103646

    閉じる× 閉じる×

    97歳なら…

    しおりをつける
    🙂
    おばちゃんパート
    ご本人の体調がよくわからないので、見当違いかもしれませんが、97歳ならいつお迎えが来てもおかしくないと悟っているのではないでしょうか?

    その落ち着いている状態を告知をすることで悩ませるなら、言わない方がいいでしょう。ご家族が決めた事にあなたが口を出すのはどうかと思います。

    主さんも子供じゃないんだから、その方の前で泣くのを我慢するくらい頑張ってくださいよ。

    トピ内ID:0990270774

    閉じる× 閉じる×

    私の母の場合

    しおりをつける
    🐤
    NeKo
    私の母は75歳の時、肺がんの末期で余命1ヶ月から3ヶ月と担当医に言われました。
    娘である私だけが担当医に呼ばれ、診察室で二人だけの状態でした。
    この時、担当医から本人に告知するかどうか、相談されました。
    私は治療の為、告知を選びましたが、余命のことや末期のことは、担当医も看護師も私も告げませんでした。
    母は今まで疑問に思っていた身体の調子が悪い原因が分かった為、安心した顔をし、私は、その様子を見て非常にびっくりしました。
    母は肺がんの告知をすんなり受け入れたのです。
    身体が衰弱していた為、無理な治療はしませんでしたが、3ヶ月後に亡くなりました。
    私の母の場合は告知をして良かったと思っています。
    でもトピ主さんのご親戚の場合は97歳とご高齢ですから、難しい問題ですね。

    トピ内ID:7834045824

    閉じる× 閉じる×

    穏やかな最期を・・・

    しおりをつける
    blank
    BB
    私の母は84歳でステージ2でした
    手術だけが可能な治療と言われました。
    化学療法、放射線治療、体に負担がかかりすぎてしない方が良いと
    手術も年齢的にぎりぎりで、どうしますかと聞かれました。
    治療に選択肢があったので、本人が決めて手術となりました。
    その後再発した時に、分子標的薬を一年ほど飲みましたが、その効き目も怪しくなり
    それを辞めてはどうかという医師の言葉で、生きる意欲を失い、鬱になりそのまま旅立ちました

    癌は今は治らない病気ではなくなりましたが
    昔は死に至る病気で、故に告知をしないこともあったと思います。

    97歳はもう老衰で亡くなってもおかしくないご年齢です。
    死への覚悟はある程度出来ているでしょうが
    治療の目途のない告知は、本人の生きる意欲を削ぐこともあるので、
    ご家族は心穏やかな最期を迎えさせてあげたいという判断なのだと思います。
    癌による痛みなどがあった場合のみ、緩和ケアーを望まれたのではないですか?

    どんな状態でも長く生きてほしいと思うのは、残された人が傲慢です。

    >泣いてしまいそうです。

    泣いちゃダメでしょ
    思い出をいっぱい作って
    一分でも長く笑っていられるようにしなきゃね。

    トピ内ID:9549533839

    閉じる× 閉じる×

    診察前に

    しおりをつける
    blank
    るっか
    あくまで私が受けた大病院の乳がん検診でしたが
    病院での診察前にアンケート用紙のようなものを出されて書き込むところに

    癌だった場合
    ・癌告知を本人にして欲しいか否か
    ・余命告知を本人にして欲しいか否か

    みたいな欄がありました

    なのでもしかして 主さんの親戚も診察前に その問診があったかもしれませんよ?
    そして本人へはせず家族のみにして欲しいという回答をしてれば 病院側はそういった動きになって当然です

    トピ内ID:4401150440

    閉じる× 閉じる×

    うーん

    しおりをつける
    blank
    ねこ
    まずあなたの年齢と本人との関係性を書きましょうね。
    あなたがそこまで泣く理由もわかりません。

    終末期医療に10年以上携わっていますが
    97歳なら告知も治療もしない(緩和ケアのみ)だと思いますよ。
    心身共にダメージを与えても良い事はありません。
    子もケアスタッフも穏やかに過ごしてほしいという願いではないでしょうか。

    本人だっていつお迎えが来てもおかしくないと思っているだろうし
    子も当然覚悟しているはずだし
    積極的な治療に堪えられる体力がないし
    書いている人がいますが治りません。

    痛みを除去しながら自宅で子と暮らしているんですよね。
    理想的じゃないですか。恵まれた体制だと思いますよ。
    あなた(会いに来れる親戚)もいるわけだし。

    本人の希望を叶えながら、無理のない日々を過ごしてほしいです。
    それとなく親戚・知人関係者を自宅に招待してもいいですね。

    トピ内ID:1821242283

    閉じる× 閉じる×

    それが普通ではないですか?

    しおりをつける
    blank
    うーん
    97歳なら、老衰でも大往生です。

    夫の母が86歳のときに罹患し6年の闘病の末亡くなりましたが、
    そのときは告知し抗がん剤治療を受けていました。

    でも主治医は「高齢なのでガンで逝くか寿命で逝くかどっちかわかりません」と言ってたので、ご親戚の場合もそうだと思います。

    どなたかも書いていますが、
    泣いたりせず平常心で、できるだけ笑える毎日を過ごされることが一番です。
    トピ主さんはがんセンターなどの専門病院に行ったことはありませんか?
    姑の見舞いをしたとき、ふと周りを見たら全員姑より若い患者さんばかりです。
    中には小児がんの子がいて、本当に心が痛みました。
    そういう現実があることを併せて知って自分の中で納得してください。

    トピ内ID:5306699106

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    ねぎ
    もうすぐアラカンさん。
    読みながら思いましだが、
    97歳ならばこちらの方はとっくに覚悟しておかなければならなかったですし、
    なんだかガンという言葉にも過剰反応してしまったようですね。
    まだ判明から日が経っていないので少し落ち着こうと思います。
    ご丁寧な説明ありがとうございました。
    今は、教えて頂いた「笑う細胞」にすがりたい気持ちでいっぱいです。
    貢献できるように努力します。

    おばちゃんパートさん
    確かに取り乱しているのは私だけで、本人の方が落ち着いているかも知れないですね。口を出すつもりはありません。
    ちなみに子供の頃は全然泣かない子でしたが、大人になってからの方が涙腺は緩んでおります。

    Nekoさん
    告知をめぐる経緯を教えて下さりありがとうございます。
    原因が分かって安心、という点は私が元々イメージしていた通りでしたが、
    伝え方や情報の伏せ方などが、功を奏したようで良かったですね。
    本人の考えや家族の思いがなんとなくですがイメージできたので、
    より実情に詳しい子供の判断に沿いたい気持ちになりました。
    (私の涙腺的にそれが実行可能かどうかは別ですが)

    トピ内ID:6938656440

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    どう生きるか

    しおりをつける
    う~ん
    40代で2度目のがんと戦っている者です。

    現在ではガンであっても本人に告知するケースが多いようですが
    97歳でステージ4ならば告知しないという選択をするのも無理ないと思います。

    手術に耐えられる体力があるか、手術後体力回復までにどれだけかかるか。
    そもそもステージ4でしたら(部位にもよりますが)
    手術してもガンを取りきれないので手術を行わず
    余生を大切に過ごす選択をされる患者・ご家族・医師が多いかと。

    抗癌剤は『ガンを弱らせる事ができるかもしれない、
    でも他の健康な細胞を傷つける』薬です。
    効き目がある確率が高い抗癌剤で治療しますが確実ではないのです。
    私は2度抗癌剤治療を行っていますが体中が痛くて動けなくなったり
    体が弱って他の病気にかかりやすくなったりしました。

    告知されるだけでショックで鬱になる事もあると聞きます。
    そのガンになられた方の性格と病状・年齢を考え悩んだ結果
    少なくとも今の時点では告知しない事を選ばれたのだと思います。

    ガンはなった本人も大変ですが周りの人も心身ともに大変です。
    できれば普通に明るく接し、ご家族の力になって欲しいと思いますが
    泣いてしまうようでしたら負担にならないよう遠くで見守る方が良いかと。

    トピ内ID:1876108402

    閉じる× 閉じる×

    各家庭の方針

    しおりをつける
    😭
    もみぃ
    あなたが面倒見て 病院介護 付き添いする訳じゃないから
    口出しは不要かと。

    言うべきか 言わないべきかは
    そこの実子が、親の性格 、年齢や総合的に判断して
    それがベストだと信じて選んだ道なのでは?
    それなりに葛藤はあるだろうし
    何がベストなのか 間違いなのかは
    わからない。

    ガンで死亡よりも、精神的な落ち込みの方が
    気力を奪って免疫力落ちて 肺炎等で亡くなる可能性だってある
    どんな結果になったとしても
    介護してる人を 何もしない外野が責めるのは
    残酷なことだと思いますよ。

    あなた自身が、ガンなど隠されるのが嫌なら
    前もって元気なうちから
    自分は、ちゃんと告知されたい
    どんな辛い状況でも 自分で向き合いたい
    と周りに告げておくことです。

    ガン告知だけじゃなく
    延命措置についての有無や
    自分の葬儀 墓についても

    残った人が苦労しないよう
    簡素な葬儀を希望と伝え、エンディングノートを用意しておく
    べきじゃないのかなと。

    治療や介護に関しても 経済的な問題もあると思う。
    本人にお金がないのに、子供の援助をアテにして
    子供の犠牲の元生きながらえる真似はしたくないなら
    保険適用外の過度な治療は望まないとか
    延命措置はしないとか
    自分が元気なうちに 自分の意思を示して置けば良いのでは?

    トピ内ID:3324667410

    閉じる× 閉じる×

    えっとね。

    しおりをつける
    😑
    ドッペルゲンガー
    現役の癌患者です。

    何をそう興奮されてるのか、さっぱり解りませんが。

    97歳。ステージ4。
    どう考えても終末医療でしょ。
    治る見込みの無い高齢の患者には余計な事を聞かせずに、穏やかな終末を迎えさせて上げようと言う考えは至極当然かと。

    治る為の手立てを何か…などと考えてましたか?抗癌剤治療だの放射線治療だの。

    あり得ん事です。
    貴女、抗癌剤治療の苦しさを知らんでしょ?
    また、まともな医師なら97歳に受けさせませんよ(笑)

    私の父は36年前、食道癌で亡くなりました。
    最後は人工呼吸器と色々な管に繋がれて、話す事も出来ず自分の意志で呼吸する事すら叶わず…。

    苦しそうな父に、呼吸器外して貰おうねと言うと、父は瞑った眼から涙を流して必死に頷きましたよ。母と二人でドクターにお願いして、外して貰いました。

    人工呼吸器を外した瞬間に安心した顔を見せた父は、ふぅっと一息吐いて亡くなりました。
    穏やかな顔でしたよ。

    末期癌患者の最期は壮絶です。
    どうか穏やかな終末を過ごさせて上げて下さい。
    他に貴方がたに出来る事はありません。

    トピ内ID:2938589750

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    ねぎ
    BBさん

    84歳でもぎりぎりだったのですね、
    選択肢がある段階で告知したのも分かりますし、
    「辞めてはどうか」という言葉に対する悲しみも必然ですね。難しい問題ですね。
    投稿したあとで少し検索しましたが、確かに今と昔でずいぶん常識が違うようですね。
    単に考え方が変化したのかと思っていましたが、その背景に治療技術もあるのですね。
    泣いちゃダメですか(笑)そうですよね。頑張ります。

    るっかさん

    なるほど。そういう流れがあって告知しないという結果になるんですね。
    腑に落ちました。ありがとうございます。

    ねこさん

    本人は祖母で、私は34歳です。理解できないのはおそらく私の涙腺の緩さについてであって、肉親を失う悲しみに特別なものはないです。
    おっしゃる通り、子供が健在な上に仲良く一緒に暮らしていて、今回の告知についての判断も理解と愛情に基づいたものだと思うのでとても恵まれています。
    会いに行っていいものかどうか悩んでいましたが、子供(70代)を通して遊びに来てね、と言われました。涙でこのチャンスをふいにしないよう、頑張ります。

    うーんさん

    大往生ですよね。そうですよね。
    姑さんの事例を教えて下さってありがとうございます。
    永遠に生きられる訳でもなし、むしろこんなに長く元気でいてくれてありがとう、と思ってはいるのですが、未練があり過ぎて困ってしまいます。
    がんセンターに行ったことはありません。
    が、助言頂いた通り飲み込めるように考えてみます。
    たしかに…不幸と思っては罰が当たりますね。
    今回のことを不幸だと思った自覚はないのですが、
    人はいつかは死んでしまう、といった事実から目を背け続けた結果なのでしょうか。

    トピ内ID:6938656440

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    blank
    ねぎ
    う~んさん

    治療中の立場からのご意見ありがとうございます。
    治療が順調に行くことを祈っています。
    抗がん剤についても手術についてもおぼろげな知識しかなかったので、
    詳しく説明して下さってありがとうございます。
    告知をめぐってのぼんやりとしたイメージが、想像ではありますがだいぶはっきりとして来ました。
    見守り方についてはおっしゃる通り力になれるよう、そして負担にならないよう、
    自分の力量を考えつつ検討してみます。とても会いたいのですが。

    もみぃさん

    すみません説明の仕方が悪かったです。
    家族の決定に不満があるとか口出しをしたいということではなく、
    どんな状況や考えがあってそこへ至ったのか、
    私のガンについての知識や当事者からの話が不足していたため他の人の話を聞きたかったのです。
    当事者へ立ち入ったことを聞けばそれこそ口出しになってしまうので。
    私は彼らを信頼していますが、だからこそどう考えたのか疑問に思いました。そして今まで頂いたレスでだいぶ想像できるようになりました。
    経済的な問題もあるのですね。

    トピ内ID:6938656440

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(15件)全て見る

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      私の経験からすると

      しおりをつける
      blank
      tarooo
      同居家族だった両親を二人ともがんで亡くしました。

      トピ主の主張もわからないではないです。
      が、患者を看病し看取った経験から申し上げると、闘病生活の中で一番厄介だったのがトピ主のような人でした。
      患者の面倒を見るわけでなし、選択に責任を取るわけでなし、そもそも選択権すらないのに、熱い正義感からあるべき論を振りかざす人が。

      とっても有難かったのは、時々お見舞いに来て患者と明るく会話をし、家族に対しても心配りをしてくれる人たちでしたね。

      トピ内ID:4070310248

      閉じる× 閉じる×

      本人次第だとは思いますけど

      しおりをつける
      🙂
      ひまわり
      50代です。父と祖父がガンで亡くなりました。

      昔は、ガンの告知ってしないほうが多かったはずです。
      だって、昔は治療法もなくて治る見込みの少ない病でしたから。
      ガンの告知=死の宣告
      となって、精神的ショックのほうが大きいんですよ。
      知りたくない って人もいますしね。

      お医者さんにしても、本人に告知の前に
      家族に相談して、本人の意思や性格を考えてから…
      じゃないですか?

      父は気が弱いので、告知したくなかったんですけど、
      検査で本人がわかったもので…

      本人も死にたくないから治療を続けたがりましたが、
      お医者さんが匙をなげて、ホスピスをすすめられて。

      その後の荒れようはひどいものでしたよ。
      「ガンに殺されるくらいなら自分で死ぬ」
      って、道路に飛び出したり。

      トピ主さんって、年齢の割に幼い気がします。
      「許せない」「納得いかない」って他人を非難する前に
      「なぜそうするのか」って、理由をまず自分で想像してみましょう。
      気持ちを考えながらね。

      トピ内ID:3334866357

      閉じる× 閉じる×

      年齢を考えて

      しおりをつける
      😠
      オジサン
      今回の件がトピ主さんの親御さんであれば、トピ主さんの好きにすればいいと思います。
      しかし、97歳というご高齢。かつ、同居している訳でもない、介護をしている訳でもないのであれば、同居のご家族の判断を尊重してもいいのではないでしょうか?医師から告知があって、それを伝えるか否かについてはご家族の中でも葛藤があったかと思います。その上での告知しないという判断なのですから、それを言葉は適当でないかも知れませんが外野のトピ主さんが人権侵害だのなんだのとわめきたてるのは、同居されているご家族の心を乱す行為以外の何者でもないと思います。
      トピ主さんの年齢は判りませんが、もう少し思慮があってもいいのではないかと思います。
      実父を癌で亡くしましたが、年齢と治療のバランスを考え2回目の積極的治療を断念し、緩和ケアに移行した際に何も知らない親戚からゴチャゴチャ言われて非常に腹立たしい思いをしたことを思いだしました。後は見送るしか手立てのない状態のご家族のことを思えば、
      >そんなことをして良いのですか。
      >医師や家族の対応に疑問を感じている上に、
       これから私がどう本人に接したら良いのかもわかりません。
      などという暴言を吐くことはできないと思います。

      トピ内ID:4078953033

      閉じる× 閉じる×

      当事者ではないので難しいですが

      しおりをつける
      🙂
      まわる
      私ならどんなに高齢でも病名を知りたいし、知った上で何をするか自分で決めたいですが(がんを抱えたまま特に治療しないことで寿命を全うするという「天寿がん」という考え方もあるので、100歳近い年齢であれば私は無治療を選ぶと思いますけれども)、でもいろいろな考え方があるでしょうし、ご本人の性格や今までの生き方なども絡むかもしれませんし、一概に答えは出せないと思います。

      トピ主さんは、今の疑問を、ご家族などと話し合ったことがありますか?
      まず家族内で議論してみて、さらに可能であれば主治医の先生や看護師さんとの面談を申し込んでみてはと思います。

      トピ内ID:9338397010

      閉じる× 閉じる×

      不思議

      しおりをつける
      がる~ぼ
      高齢者に子供時代囲まれたせいか、初めに葬儀経験見たのは祖父で幼稚園時代。人間の死を最後は子供ながらショッキングありました。いくつか自身も病罹患して、今は50だが私世代も重い病やガンで亡くなりました。くだけた書き方だが、むしろ叔父様の大往生を送る側の、心の準備しておくことも大事じゃないかな。答えならなくてすいません。

      トピ内ID:7957819036

      閉じる× 閉じる×

      トピ主さん、落ち着いて

      しおりをつける
      🙂
      ポパイ
      トピ主さんにどうしても伝えたいことがあります。

      まずは体験談。
      母をガンで亡くしました。
      病院にかかったのが65くらいでした。

      主治医から母にガンは宣告されましたが、余命は私だけが聞きました。
      おそらくは、やはり母の年齢ご理由だと思います。
      ※乳ガンが皮膚まで現れていたのでガンじたいは隠す意味がなかった

      ちょうど判断が分かれるあたりかなと推測しますが、治療には体力も気力もお金もかかる、定年前後の年となると気力体力は低下、収入は年金や子世帯次第。

      自力でできること、判断材料の自由度といいますか。

      私(45)もガンも余命も宣告されたいですが、それは私が独り者なので時間もお金も自分で決められる、むしろ決めるしかないからです。

      ところで、私はとても気になることがあります。

      許せない、人権侵害ーー言葉がきつく感じますが、ふだんからそうですか?

      ガンということに強く反応して興奮状態に感じます。

      考えてみてほしいのですが、ガンは時代とともに増えている病気なのはご存知ですか?
      またその理由は?

      ガンはいわば長寿のさだめです。
      もちろん若い人でもなる病気ですが、年を重ねればある程度はやむをえない病気でもあります。

      97歳となると、ガンは特別な病気というより元気で長生きした証ともいえます。

      そうわかってはいてもいざ宣告されれば家族はショックですし、トピ主が泣きたくなる気持ちもよくわかります。

      ただ、97歳の方に対して宣告だの治療だのは、かえって酷にも思えます。

      いまのあなたはご本人を前にガンだという悲壮感、場合によっては親族への反発に見えかねない態度をしてしまいそうです。

      年をとってガタがきたくらいに言い聞かせておくほうがよいです。

      いや冷静だとおっしゃるかもしれませんが、ガンと聞いてまったく感情が動かない人なんていません。

      悔いのないようおすごしください。

      トピ内ID:4861412982

      閉じる× 閉じる×

      年齢にもよるのでは?

      しおりをつける
      blank
      甘栗
      97歳と言う年齢も考慮してではないのでしょうか?

      自分が癌だと知れば誰でも少なからずショックを受けると思います。
      私なら97歳の高齢の方にショックを与える必要は無いと考えます。
      治療があるでしょうから自身が何かしらの病気である事は分かるかも知れませんが、大した事ない病気と思って心穏やかに過ごせていた方が良いと思うのですが。

      数年前に私の親類が90歳近くで癌になったのですが、やはり家族は告知しませんでした。
      残念ながら短期間で亡くなりましたが、お見舞いに行った際、本人は病院にいる間「退院したらお祝いしなくちゃねー」と穏やかでした。
      知らないまま逝けて良かったのかな、と思っています。

      トピ内ID:8076266318

      閉じる× 閉じる×

      友人の話ですが

      しおりをつける
      blank
      たこ兄弟の母
      友人の姑が70歳代でガンになりました。

      もともと小柄だったのですが、歳とともに食が細くなり
      さらに病気のせいでさらにやせ細っていたので
      医師が入院させて食事をコントロールし
      体重を増やしてから手術をし、成功しました。

      しかし数年後に再発。

      医師は入院時に「今回は手術せず、抗がん剤治療します」と、言いますが
      本人は手術を熱望したそうです。

      実は事前に家族のみに説明があり
      「体力的に、手術に耐えられる状態じゃない」
      と、はっきり言われていたため、家族が説得。

      最終的には本人は了承しましたが、落胆はすごかったそうです。

      帰宅後、知人夫婦は「明日は好きなもの買ってお見舞いに行こう」と、
      話していたのですが、深夜に病院から「危篤」という連絡があり
      そのまま帰らぬ人になったそうです。

      精神的ダメージが大きくて死期を早めたのです。

      今でこそガンは怖い病気ではありませんが
      高齢の方々にとっては、今でもガン=死なのでしょう。

      他の方も言っていますが、96歳では手術も抗がん剤も負担が多すぎて
      治療の選択もなにもないです。

      穏やかな余生を過ごすなら、告知も不要でしょう。

      96歳なら、とっくに寿命の覚悟はできています。

      覚悟ができていないのは主さんでは?

      トピ内ID:3274310023

      閉じる× 閉じる×

      余命宣告は私はいえませんでした

      しおりをつける
      😭
      かなみ
      私25、母49の時でした。
      前の年に乳ガン発覚、乳房切除→半年後に肝臓から全身に転移発覚

      余命宣告は一人で聞きました。
      一人で聞いた後は辛くてでも、まだ笑顔ではなしかける母にはとても言えなかった。

      さらに入院して見舞いに行く度に、先生から聞かされる余命時間が短くなる。

      母とは余命宣告いわれたら教てねとがんになるずっと前に約束してました。
      でも入院して亡くなるまで1ヶ月。
      本当に時間が早くて、
      私は言えなかった。


      生きて退院してと希望を話す母にあとどのくらいしか生きられないとはどうしても言えませんでした。
      絶望の中より笑顔でいかせたかった。

      未だに言ったほうが良かったのか、言わずにいたのが正解なのかはわかりません。

      トピ内ID:3941639792

      閉じる× 閉じる×

      私の場合

      しおりをつける
      blank
      秋晴れ
      両親をガンで見送りました。

      1.父の場合
        病名が確定した時点では告知してもらいました。
        ただし転移、再発して先が見えた段階では主治医と相談の上
        余命のことは言わずに緩和ケアへ移行しました。
      2.母の場合
        非常に予後の悪いガンだったのと、
        性格上告知すればパニックになるのが予想されたので告知はせず在宅で
        緩和ケアを実施しました。

      告知といっても一律に全部を患者本人に告げるのではなく

      本人の年齢、性格、ガンの性質、ステージ、予想される予後等で色んなパターンがあります。

      順番から言えばいずれトピ主さんはご両親をガンで見送る場面が出るかもしれません。

      その時トピ主さんは当事者として告知や治療方針の決定などに関わる必要が出るかもしれません。

      泣いてばかりはいられません。

      その時のためにもこの際もう少しガンのことを勉強しましょう。 

      日本人の2人に1人はがんになる時代ですから。

      トピ内ID:5646094882

      閉じる× 閉じる×

      家族・友人・人間関係ランキング

        その他も見る その他も見る

        老衰で亡くなる方にガンは多いですよ。

        しおりをつける
        🛳
        gura
        でも、老人だからガンが進行しないんですよね~。
        ガンで死ぬ前に、老衰が先にきちゃうのよ。

        ガン宣告に意味がないから、しないだけだと思うよ。


        ガンだからいつでもどこでも誰でも、わーぎゃーって言わないとダメってことないみたいよ。

        トピ内ID:6283417614

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        ドッペルゲンガーさん

        興奮した覚えはないのですが、気に障った部分があるならすみません。
        抗がん剤治療に限ったことではなく、他人の苦しみは分かりません。だから聞いているんです。
        お父様と最後に意思の疎通ができて良かったですね。自分のことを想ってくれる家族に見守られて。

        taroooさん

        本人や身近な人たちがどういう実情を抱えてその選択をしたのかを知りたかっただけで、あるべき論を振りかざしたつもりはないですが、そういう人がいるのですね。
        お見舞いに行って明るく会話をし…というように私もなりたいのですが、できるかどうか。

        ひまわりさん

        なるほど。今は「告知する」というのが主流だと思っていたのですが、やはり年齢や病状によっては、昔と同じくただ患者に絶望を与えるだけなんですね。
        おっしゃる通り、他人を非難するのではなく「なぜそうするのか」を想像した上で確認のために皆様にお聞きしたのですけれど…。

        オジサンさん

        ちょっと話がごっちゃになっています。書き方が悪かったでしょうか。
        人権侵害だとかそんなことをして良いのかというのは家族や医師に向けた言葉ではなく、別の状況だったらの話です。
        口出しをするなんて毛の先ほども考えていませんが、家族がどんな状況でどんな思いでその選択をしたのか、部外者は想像することすらしてはいけないのでしょうか。
        オジサンはきっと過去に嫌な思いをされたので、それを私が彷彿とさせてしまったんですね。すみません。
        でも、家族に直接立ち入ったことを聞けないので、やっぱりここで聞いてみて良かったです。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        まわるさん

        打つ手がない以上は告知しない・されたくないという意見が多い中で、やはりそういう方もいるのですね。「天寿がん」という言葉は初めて聞きました。これからよく調べてみようと思いますが、なんだか気持ちの救いになりそうな気がします。ありがとうございます。
        家族…!確かに話し合えたら一番いいですね。ただし家族の中にモンスターがいるためにそれが難しいのです。皆様のおかげでだいたい背景が分かって来たので、何かの折に家族の気持ちが聞けたらそれで満足です。

        がる~ぼさん

        いえいえ考えて下さってありがとうございます。
        私が受けているショックについて、私も今までの身近な人の死を思い返していました。身近な人の死は何度か経験があると思っていたのですが、ここまで近い人を亡くすのは生まれて初めてのようです。私が子供の頃に亡くなってしまった方よりも、長いあいだ心の拠り所となっていた分、子供の頃よりも大きな衝撃となってしまっています。
        とはいえ、乗り越えなくてはいけませんね。乗り越えなくては会いにもいけないですから。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        ポパイさん

        親身な助言ありがとうございます。
        体力、進行状況、本人の意向、家族との関係、経済状況など…
        だいぶ背景は理解できましたのでもう大丈夫です。
        言葉がきつい理由について考えましたが、
        「許せない」という言葉には、医師が家族にだけ病状(個人情報であり、弱みでもある)を話すという状況から、似たような場面がたくさん頭をよぎってしまったのです。おそらく、虐待や親戚内のいびりなど嫌な場面をたくさん見聞きしたせいだと思います。大げさな話になってしまいますが、誰かが倒れて病院に運ばれる→良かれと思って家族に連絡→実はDVがあって弱っているところをボコボコにされる、などのパターンを見てしまうと、なんの想像もなく家族に連絡する人にうんざりしてしまうのです。ガンに無知な私にうんざりした人がいるように、家庭問題に無知な人の行動は周りの人の神経を逆なでします。
        今回のケースには1ミリも当てはまらない話なので、想像が飛躍し過ぎましたね!
        言葉は確かにきつかったです。
        そして、人権という言葉はこういう問題には付き物ですので他意はありません。
        確かに怒りに任せて使うことも多いセリフかも知れませんね。一方では冷静に考える時に使う言葉でもあるので、そういうイメージがなかったのです。

        親族への反発はありませんが、問題は私の悲壮感ですね…。
        どうしましょう。
        ガンに対する過剰反応もあると思うのですが、相手が200歳でも泣きそうです。

        ネガティブな私は悔いだらけですが、
        相手に何をできるのか(お話とかお土産とか)、
        意見を聞いておきたいことはないか、
        考えては泣いております。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        甘栗さん

        97歳という年齢が私にとって未知数過ぎましたね。
        だいぶ落ち着いて来ました。
        ご親戚の穏やかな様子が羨ましいです。
        どうか私の悲壮感が本人に伝わらず、そのくらいの心境で居て欲しいなと思いました。
        経験談ありがとうございました。

        たこ兄弟の母さん

        詳しく書いてくださってありがとうございます。
        精神的ショックというパターンは本当に多そうですね。
        治したい、治療法を自分で選択したい、という意思が強いほど、
        「治りません」と宣告されたときのショックは大きいように感じました。
        治療の選択があるのでは?というより、何か重大な病気なのでは?無理に笑顔で取り繕っているのでは?という不安がないのかなと思ったのですが・・・
        覚悟があるならそんな不安も小さいかも知れませんね。
        私の方は覚悟していたつもりだったのですが、いざ直面したらダメでした。
        高齢の方にとっては今でもガン=死というのにとても納得しました。

        かなみさん

        辛い経験を話して下さってありがとうございます。
        余命宣告を一人で聞き、直後に笑顔で接するなんて…。
        教えてと言われていたって言える状況ではなかったなんて…。
        どんな心中だったのか想像するだけで痛いです。
        言う・言わないの正解は本当にわからないですが、悲しみを乗り越えて接したかなみさんが本当にすごい・・・。

        秋晴れさん

        経験談をありがとうございます。
        参考になりました。
        そうですね。今回は直面するのが初めてのことで、治療の方針や告知については対応を傍観する立場ですが、今後どこかで必ず絡んで来ますね。
        打つ手がある状況なのかどうか、本人の意思はどうか、全部話す(隠す)のではなく部分的にという選択もある…ということが分かりました。
        これを機に、というのはもちろんです。
        ガンに限らず死生観や家庭や今後のことを見直した方が良いようです。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        祖母がガン。手術せず。

        しおりをつける
        🐤
        タコ
        祖母は88歳でガンになり、余命3か月と言われました。
        心臓に負担がかかるため、手術はリスクあり。下手したら手術のさいに死亡かも。
        田舎在住のため大都市に行かないと手術はできない、誰も何ヵ月も付き添えない。
        年寄りだから進行も遅い。
        家族会議で、何もしないことになりました。

        結局、1年半生きました。
        そのうちの半分は、自宅で普通に三食とおやつ食べ、酒も飲み、普通の生活。
        あとの半分は、病院でした。

        決断は大変だったかもしれませんが、これで良かったと思います。

        トピ内ID:2483372843

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        guraさん

        短い言葉なのにとってもわかりやすいです(笑)
        老人はあまり進行しないということであれば、私のガンショックも少しは収まりそうです。助かります。
        ガンって判明した時もショックですが、進行・転移していくイメージの方が怖いのだと気が付きました。私にとっては。

        隠しているというより、伝えることにあまり意味がない。
        治療の選択肢がある訳でもないし、「ガン」で心が折れる人かもかも知れない。
        なるほど。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        少しは落ち着きましたか?

        しおりをつける
        blank
        秋雨
        皆さんが仰るとおり、97才という高齢で癌と戦うのは無謀です。
        戦う、というのは
        手術や抗がん剤等で癌細胞を消滅させることですが、これは貴方が想像する以上に肉体的負担が大きいのです。
        私の母は、手術自体は問題なかったのですが、抗がん剤の副作用で生死の境をさ迷い、本人も「こんなに辛いなら再発してもいいから治療を止めたい」と訴えたくらいでした。(当時70才)
        そういう現実と高齢であることを踏まえて、癌と戦わず共存しつつ、辛い症状がでたら緩和治療を行うのがベストだと思いますし、私の身内でも同じ判断をします。

        また、告知についてですが、本人に告知するのは
        告知する事で病気を受け入れ、治療について自分で考えられる人
        というのが基本ではないでしょうか。
        癌と告知されたが故に生きる希望を無くし、みるみる弱ってしまう人もいます。
        私は昔、そのようにして大切な友を失なった作家が、告知した医者に対し怒りをぶちまけた本を読み衝撃を受けたのです。
        手術したら逆に寿命を縮め兼ねない、加えてステージ4、という状況で告知に意味はあるのでしょうか。

        正直言って、97才という年齢は明日お迎えが来てもおかしくない年齢なんです。
        夜普通に寝て、朝目覚めないこともあります。
        癌でなくとも、その覚悟をしておかなくてはならない年齢です。
        人は必ず死にます。
        私もあなたも必ず死ぬんです。
        別れの悲しみは総ての人が経験する事だという事を考えてみてくださいね。

        トピ内ID:6068651761

        閉じる× 閉じる×

        私の知り合いのおばあちゃんも

        しおりをつける
        blank
        通りすがり
        大きなガンを持っていたけれど、ガンによる症状は一切なく、老衰で亡くなりました。
        95歳でした。

        その年齢ならば、ガン治療が寿命を縮めるのですよ。

        トピ内ID:8874947108

        閉じる× 閉じる×

        追記

        しおりをつける
        😨
        タコ
        あなたのレスに「ガンに対する過剰反応」とありましたが、ガンは、今は二人に一人がなる時代です。

        実際、私も40歳でガンに。
        もっと若い人もガンになる人がたくさんいます。
        あなたもガンになるかもしれません。

        そんなに悲壮感持たなくても大丈夫ですよ。
        検診は受けましょう。

        トピ内ID:2483372843

        閉じる× 閉じる×

        泣かないでね

        しおりをつける
        blank
        BB
        貴方が目の前で泣いてしまったら
        祖父さまはどうしたら良いの?

        34歳の息子と同じ年齢の貴女が、ずいぶんと幼く感じます。

        自分の感情だけではなく、周りの事をお考え下さい。
        貴方が泣くことで、誰が救われるのですか?

        泣くのは一人の時にしてくださいね。
        貴方が流す涙は・・・自分の為だけのものでしかないですよ。

        トピ内ID:3309467428

        閉じる× 閉じる×

        不思議2

        しおりをつける
        がる~ぼ
        返答拝見しました。こちらこそ生意気でした。とても丁寧でしっかりしてる。たぶん叔父様が大好きだったのねえ。気持ちばかり焦り走り散りばめは、皆さんもハラハラドキドキ(笑)人間は知らないこと多々ありカンペキでない。私も此処で他人の読み勉強なりました。最後に。泣きたい時は、泣いても構わないのだ。では。

        トピ内ID:7957819036

        閉じる× 閉じる×

        ケースバイケースでしょう。

        しおりをつける
        🐤
        朱鷺
        私の父は癌で60代で他界しました。本人には最後まで伝えませんでした。その理由は生前よく「癌になったらビルから飛び降りて死ぬ」と言っていたからです。

        身近にいる人が当人の普段からの言動で選ぶケースがあってもいいと思います。

        トピ内ID:7368610637

        閉じる× 閉じる×

        たぶん

        しおりをつける
        🙂
        なおみ
        親戚のおじいさまのためですよね。97歳ということなので、治療法がないのではありませんか?

        老人になると、がんの進行が若い人より遅いと聞いたことがあります。そして、歳が歳だけに、治療法がないのではないでしょうか? 手術や抗がん剤治療は、体力が必要だと思います。老人の場合、それに耐えうる体力が足りず、反対に体力を奪うことによって、命が短くなることが多いと聞きます。だから、とくに何もせず、痛みがあれば抑えるのにとどめるのでしょう。

        トピ主さんには残酷な言葉かもしれませんが、ある意味、老衰で死ぬのと変わりはないと思いますよ。あまり苦しまないで逝けるのではないでしょうか。きっとがんだと知らない人からすると、同じに見えるかもしれません。だから、トピ主さんも少しだけ意識を変えて、おじいさまは老衰でお迎えが来るのだと思われてはいかがでしょう? そして、それまでの時間を大切にしてくださいね。こんなに心配してくれる方に囲まれているのは、おじいさまはとても幸せな証拠だと思います。

        トピ内ID:9311096170

        閉じる× 閉じる×

        女性の平均寿命は87歳

        しおりをつける
        😢
        還暦男
        87歳以上元気に生きられれば大儲け。

        とは考えませんか??

        後は自然に生命を全うするだけだと思います。
        痛みや苦しみ無く、人生が全うできればありがたい事だと思います。

        トピ内ID:3763365851

        閉じる× 閉じる×

        高齢の方でも一個の人間です

        しおりをつける
        blank
        八尾の狐
        たとえ高齢でガンと闘う力がなくともその人はまだ一個の人間です。自分に何が起こっているかを知る権利があります。短い命と知れば今のうちにしておきたい事もあるかもしれません。

        それを周囲の人が勝手に判断をしてそんな大切な事を本人に知らせないなんて余りにも酷いです。私もガン患者ですがこの先自分がどうなろうと自分で自分の事はできる限り判断します。もちろん意識がなくなるなどと言う事も起こるでしょうが、その時に備えて今から医療関係に関する遺言も残してあります。

        トピ内ID:6427151886

        閉じる× 閉じる×

        いろんな思い。

        しおりをつける
        💄
        Bitter
        90歳近い親族だとある程度の心構えをするものです。
        「まあまあやりたい事は大方し、長生きしてこの歳まで愉しんでたのだから‥…出来れば苦しまないように…」と。
        本人は「ヤッパリ告知して貰い、せめて身の回りの整理を済ませて…挨拶したい人もいる~」など、心残りを想像します。
        「怖くて耐えられない」の人も。

        義母は高齢で、入院・手術の経験も無い。
        大っぴらなのに小心者で何かと「おお怖い~」が、口癖。
        昨夏の終わりから胃の調子が悪いと頻繁に置き薬を飲んだり処方して貰ったり。
        逆流性食道炎かな?と。
        クリニックでレントゲン「おそらく胃癌」の診察で大きな病院を勧められ(←気が弱く落ち込む性格なので『胃癌』の言葉はナシ。黒くモヤっとしてて~と。内緒にと、お願い)
        大きな病院で『検査入院』として連れて行き『MRI』など詳しく検査。
        疲れ、さらに気弱になってるのでそこでも医師に内緒にと頼み込む。
        連休・病院の都合により手術は半月以上先で、義母が精神的に参りそうだったので。。
        その間もうやむやにし『栄養を摂る』を目的に入院と皆で示し合わせ。
        大好きな歌手のDVD・クロスワード・編み物を持ち込んだり。
        親戚・知人などから病状が漏れないように『インフルエンザ』が流行ってるから病院で禁止されて~と止めたり。

        半月経ち数値も上がり、手術に耐えられる状態になり‥…
        『手術は本人へ告知承諾も必要』で、前々日に医師から説明して貰いました。

        後々に「全摘とは思わなかった~」と、本人。
        手術の間は皆でドキドキしながら無事を祈ったものです。

        トピ内ID:9840367816

        閉じる× 閉じる×

        わざわざ知らせることのメリットが無いからだと思います。

        しおりをつける
        🙂
        桐子
        90代では普通、ガンの進行はとても遅いですよね。
        また、人によるしガンの種類にもよりますが(前立腺ガンなどの場合は比較的手術しやすいですがそれでも90代だとそれもどうだか・・・)、手術や抗がん剤治療に耐えられる体力は無いでしょう。


        ここで、そのおじいちゃんに「あなたは〇〇ガンだと分かりました。あなたが若ければ手術や抗がん剤治療の選択もできますが、あなたはとても年を取っていて体力がないのでそれは困難です。どちにしても老い先短い命で、癌によって死ぬより先にお迎えが来る可能性も高いですし、ここは手術や苦しい抗がん剤治療などせずに、緩和療法を選択するのがどう考えてもベストですが、それでいいですか?」と、事実の告知と治療方針の確認をすることが、本人のためになりますか?


        老い先短い命で癌に殺されるより先にお迎えが来る可能性などは、そのままの言い方はしないにしても、実際そういうことなので、そういう意味合いのことは言う必要があるわけでしょう。

        癌=手術・抗がん剤と思う人が多いから(トピ主さんもそうだったでしょう)、その選択を却下する理由説明も必要で、あからさまに言うのは避けるとしても、結局「歳で体力なくて無理」といった意味あいのことは告げる必要があって・・・。

        それ言われて、本人は幸せなのでしょうか?



        >診断の結果を本人に伝えないというのは、許されることなのでしょうか?
        >私だったら病状を家族にだけ話されるなんて許せないし、寿命までの覚悟や治療の選択ができないなんて人権侵害だと思います。

        知識が無いことや、想像力が無いこと自体は仕方ないですが、「許せない」「人権侵害」などの言葉を軽々しく使って、ごくごくまっとうな選択をしている癌患者ご家族(それだって悲しみはあるし色々思い悩んだと思いますよ?人前でビービー泣かないだけで。)や医師を非難するのはどうかと思いますよ。

        トピ内ID:3847544986

        閉じる× 閉じる×

        センチメンタリズム

        しおりをつける
        blank
        ひな
        あなたがお世話もしてないのに、本人と接したら涙ぐんでしまう…なんて、傲慢にも程があります。
        今まで治療費も出していない、普段の世話も入院の世話もしていないのに、勝手に死ぬと想像し、自己憐憫のセンチメンタリズムで憤る。
        もう少し、他人の人生に謙虚になるべき。

        トピ内ID:3943007635

        閉じる× 閉じる×

        周囲の勝手な判断ではないよ

        しおりをつける
        blank
        大福
        言わないのが本人の為という英断です。実際言って動転して免疫力が落ちて死期が早まったりするケースがあります。

        うちの姑は90歳でも一人暮らしで気丈で矍鑠としていたので、
        自分がしこりを発見し自分1人で勝手に聞きに行き、紹介状を書いてもらって大きな病院に行ったので、告知の是非を問うまでもありませんでした。
        でも実際の治療に関しては夫や義姉が交代で付き添いになりました。
        高齢なのであまり強いクスリは使えない、ということを言われたそうです。
        97歳のご親戚はお一人暮らしが出来て、
        自分1人で検診に行ってるのですか?
        本人の自立度や性格にもよるしそれを周囲がどれだけ分かっているかが大事です。
        何でも言うのが知る権利の尊重ではないし、ガンになろうがなるまいが、
        その年齢ではもうとっくに心づもりが出来ていなければおかしいです。

        トピ内ID:1364210116

        閉じる× 閉じる×

        本人には酷な事もある

        しおりをつける
        🐱
        にゃあ
        今年、癌で夫を亡くししました。
        本人はまだ50代の若さでしたし、治療にも前向きで頑張っていました。
        入院する時に告知を希望するかしないか・・と記入欄があり、本人は
        希望するに丸をつけていました。

        しかし抗がん剤による身体へのダメージは激しいものがあり、どんどん
        体力は消耗していき、日に日に病状も悪化していきました。
        最後のほうは主治医から私だけ呼ばれてあと一ヶ月くらいと言われましたが
        私からの希望で本人には余命は宣告しないで欲しいとお願いしました。

        本人が全て知る事が本当に本人の為なのだろうか、知らないからこそ
        希望を持って生きられる事もあるのではないかと思います。

        お祖母様の年齢からしても、これから抗がん剤や手術を受けるには体力的に
        きついですし、医者も緩和ケアのみを推奨すると思います。
        告知については、年齢や環境その他によって、一概にはどっちがどうとか
        言えないものだと思います。
        これから出来る事は、周りの方が一日一日を幸せに生きられるように、心を
        配る事が一番いいのでは?と思います。

        トピ内ID:7826209904

        閉じる× 閉じる×

        できることを

        しおりをつける
        💤
        nemui
        親戚の97歳のガン患者さんにトピ主さんができることは何でしょうか?

        ガンの治療?
        痛みや苦しみの緩和?
        看護や介護?
        治療費の援助?
        身の回りの整理?

        いいえ、トピ主さんにできる唯一のことは、その方とご家族の気持ちを楽にしてあげることだけですよね

        そして上に列記したことを何もできない、何の責任もない人が「ガンの告知」という、場合によっては病状の悪化をもたらす重要な事柄について口をはさむことは許されません

        >私だったら病状を家族にだけ話されるなんて許せないし、寿命までの覚悟や治療の選択ができないなんて人権侵害だと思います

        そう、それはトピ主さんの場合のお話

        自分がそうだからと他の人に対しても当然そうあるべき、と主張するのはトピ主さんができる範囲を大きく逸脱しています

        泣いてしまいそうになるのも、「今生の別れ、自分だったらどんなに悲しく心残りか!」と胸に迫るからでしょう

        つまり、自分ができること、しなければいけないこともほったらかしで、自分本位なことをしているということです

        たいへんなときに、本人とご家族に迷惑をかけないようにしましょう

        トピ内ID:3088367823

        閉じる× 閉じる×

        あなたがどう思うかは自由ですけど

        しおりをつける
        🐤
        しー
        >私だったら病状を家族にだけ話されるなんて許せないし、寿命までの覚悟や治療の選択ができないなんて人権侵害だと思います。

        まだ若くて治療の選択や治る見込みがあるならまだしも、97歳と高齢な上にステージ4のガンを簡単に告知できるとは思えません。

        仮に告知して本人が積極的な治療を希望したらどうします?
        悲観して自殺したりうつ状態に陥ったらどうします?

        子どもですら70代の高齢で自分の健康もどうなるかわからないのに、さらに高齢の親の心配事増やして何のメリットがあるんですか?告知する意味ないでしょ?

        黙っていることが本人の幸せだと考えることはできませんか?

        人権侵害だと仰るなら、自分がガンや治る見込みのな病気になった時は告知するように今から家族に頼んでおけばいい話ですよ。

        親戚といっても別家族で他人です。
        外野があれこれ言う話じゃありませんよ。

        トピ内ID:1385529974

        閉じる× 閉じる×

        うーむ

        しおりをつける
        🙂
        まわる
        ここでは流れ上「言わない」ことを肯定するレスが多くなっていますが、がんという病気はまだ若い方の命を奪う可能性がある一方、治癒する方もいれば数十年単位の長い付き合いが続く方もいる病気ですよね。

        今や持病の一種というか、糖尿病とか透析が必要な方とかと同じ慢性病のひとつという認識なので、個人的には「告知」とか「宣告」とかという言葉はちょっと大げさに感じないでもありません。

        まして97歳ならがんでは亡くならない可能性もあり、対応も対症療法か緩和ケアが中心になるのなら、ある意味、持病がひとつ増えるだけ。更に、がんでなくてもご本人が命の終わりを意識する年齢かと思います。

        となれば、病名を隠すメリットはそんなにない気もするし、伝えてもそう深刻な事態にはならないのでは?という気もしますけれども…。

        何よりその方の人生終盤の貴重な数年間、病名にしろ隠し事や嘘があって本当に質のいい関係作りができるのか、深い話ができるのか、というところが気になります。治らなくても絶望にならない、言い換えると治るという偽の希望が意味をなさないくらいの年齢でもいらっしゃいますし。

        もちろん伝え方とかにもよりますし、ご本人のがんへのイメージがどんなものかというのもあり、一人ひとり適切な対応は異なると思います。ただ、ご家族が「伝えない」選択をした理由がご本人よりも自分自身のがんへの恐れや過剰な忌避によるものだとしたら、ご本人にとっては損かもしれません。

        まとまらない雑感、失礼しました。

        トピ内ID:9338397010

        閉じる× 閉じる×

        我が家の場合は…

        しおりをつける
        🐶
        ちい
        両親ともにガンで亡くなりました。

        父は60代前半で胃癌が判明しましたが、主治医は本人には「たちの悪い胃潰瘍、いっそのこと手術しちゃった方がいい」という説明をして、告知はせずに手術しました。無事に手術が終わってから、実はガンだったことを本人に伝えました。

        その後、80歳を過ぎてから膵臓癌になりました。この時は告知して手術をしましたが、手術の結果リンパ節に転移が見つかったことは本人にも母にも伝えず、詳しい状況は娘夫婦(私と夫)が、親のいないところで別途主治医から話を聞き、主治医と娘夫婦の合意のもとに両親にはその旨を伏せました。両親とも精神的にがっくり来ることが容易に予想され、治療の妨げになりかねなかったからです。

        その後半年もしないうちに亡くなってしまったのですが、主治医も娘夫婦も最後まで転移のことは両親には伝えませんでした。

        その後数年して、今度は母(当時70代半ば)が乳癌に。告知はしましたが、本人の希望もあり、手術などはしませんでした。

        時代の流れかなと思いますが、父が胃癌の手術をした30年前は告知しないことの方が多かったように感じますが、今は当時に比べれば告知することが増えたように感じます。

        告知されることで、体調不良の原因が分かって安心する人もいるだろうし、絶対に負けない!と気持ちを奮い立たせられる人もいるでしょう。しかし、中にはがっくり落ち込んだまま立ち直れなくなる人もいると思います。

        告知する方がいいのか、しない方がいいのか、本人の性格や状況などを見ながら、その人にとってのベストを探すしかないのかなと思っています。

        トピ内ID:6347499014

        閉じる× 閉じる×

        長寿癌とか天寿癌とかいう言い方ありますしね。

        しおりをつける
        💍
        アップルティー
        癌だからといって、必ずしも、大騒ぎする必要はないんですよね。

        まわるさんへ。
        レスしている人の多くは、「どんな場合でも、97歳の人へは癌の告知はすべきでない」という意見では、ないと思いますよ。

        トピ主さんが「本人に癌を隠して良いの?」「許されない」「人権侵害だ」といった感じでトピを立てているので、「いやいや、告知しないという選択は、有りですよ。なぜなら・・・」「もし〇〇なケースであれば告知は患者のためにならないですよ、なぜなら・・・」というレスになっているのだと思います。

        トピ主さんはレスを読んで、「癌=手術や放射線治療をしないと死んでしまう、ではないんだ」「97歳では癌の進行が遅いことが多いんだ」「放射線治療は体への負担だとても大きいんだ」と理解したようですけど、その90代後半の方も理解できるとは限らないですし。

        トピ主さんが、嘆き悲しむのをやめられるか分からないのと同じくらい、患者ご本人が「ガーン、ショック!」となってしまったら、おおきなデメリットですし。

        >となれば、病名を隠すメリットはそんなにない気もするし、伝えてもそう深刻な事態にはならないのでは?という気もしますけれども…。

        事実として、癌に罹ったことは大して深刻なことではなくても、患者さんの性格にもよりますが、自分は癌であると聞いた時点で患者さんがショックを受ける可能性が低くないのであれば(ショックを受ける可能性が低くないと医師や家族が判断したなら)、伝えるメリットがあまりないケースであれば、あえて伝えない、という選択でいいのではないかと。
        多分、家族が勝手に決めたのではなく、医師から色々聞き相談した上での判断でしょうから。

        トピ内ID:5165105698

        閉じる× 閉じる×

        97歳ってどんなだかわかるかな?

        しおりをつける
        🙂
        らら
        どんなにしっかりみえる97歳だってあまり理解力なんてないです。
        その年だと癌の進行と寿命どちらが早いかわかりません。
        結果は同じなのだったらあえて伝える必要ありますか?
        なぜあなたが息巻くのかよくわかりません。
        今のままの認知能力で97歳になるわけじゃないんですよ。
        いろんな老人をみてますが正しく理解できるのはしっかりされてる方で90代前半ぐらいまでです。
        本人がどうしても教えてくれというなら別ですがね。

        トピ内ID:2167952389

        閉じる× 閉じる×

        年代によって考え方も違うのです

        しおりをつける
        blank
        けるん
        私も大学生のときに、祖父が肺ガンになってしまいました。告知しないで肺炎ということにしていました。医師から告知するかどうか、配偶者である祖母に聞かれたそうです。祖母世代は、ガンは告知しないのが常識だった世代みたいで、即答で告知はしないことに決まりました。

        今の50代や60代くらいは、友達にもガンで手術した人もけっこういるし、今の90代とは意識が違うと思います。90代はガンは告知しないもの、そういう感覚で生きている人に、今の私達の感覚を押し付けるのも独りよがりではないでしょうか。

        身内が病気になるとショックです。涙が出そうになるのも分かります。でもこういうときに自分の感情に振り回されないように、できれば本人とそれを支えている家族を労わる気持ちをもてたらいいなって思います。支えよう、私も頑張ろうって思っていたら、私は涙は出ませんでした。なんか演技につられて、ただの肺炎なのかなって思っていましたが、病室を出た後はやはり泣いてしまいましたね。

        トピ内ID:4444498798

        閉じる× 閉じる×

        優しさとは何かという違い。

        しおりをつける
        😀
        山茶花
        あなたに小さな子供さんがいたとして、その子がもし末期の小児癌になったら告知しますか。そうですよね。告知しないのは人権侵害だというお考えだそうですが、そんな単純な話ではありません。判断力がない子供や超高齢者には特別な配慮が必要です。

        私は人権がどうこうよりも、本人の残りの日々を少しでも苦痛と不安を減らしてあげたい。そのためには、気休めだろうが嘘だろうが、楽観的な言葉で最期まで励まし続ける。それが、人としての優しさではないでしょうか。

        そんなに告知したければ本人の子供さんとなぜ議論しないのですか。たぶん子供さんは私と同じことを言うでしょうけれど。

        トピ内ID:9467272119

        閉じる× 閉じる×

        がんと伝えることに意味はないと思うけど

        しおりをつける
        blank
        うーん
         逆にお聞きしたいのですが、100歳近い人に「あなたはガンの末期です」って伝えるメリットってなんですか?

         そもそも、その年代になると認知症も年齢相応になっている場合も多いんですがね。むしろ、その年代はクリアな人のほうが少ないです。そういう人たちをいたずらに怯えさせ、不安にさせるには十分な言葉です。ただ、言ったところですぐ忘れてしまうけれど。あとは90歳を越えたガンは進行も遅いので、結局他の疾患や老衰でなくなる場合も多いんですがね…
         仮にクリアで勘のいい高齢者なら自分の体調変化で先が長くないことは悟るし、そうじゃなくても昨日までは元気にデイサービスに行っていたのに、朝になったら息をしていなかったということはよくある話ですね。

         うちの祖母も90代で亡くなりましたが、90代にもなったらいつお迎え来てもおかしくないと思って、後悔しないように楽しい思い出を作っておくものと考えていたので、仮にどんな亡くなり方をしても、ああ天寿をまっとうしたんだなくらいにしか思わなかったと…(うちは寝ているときに突然息をしなくなった)。そんなわけで、トピ主さんが泣くほどのことでもないとは思います。

        トピ内ID:5629489493

        閉じる× 閉じる×

        告知しない家族が何も感じないと思ってる?

        しおりをつける
        🙂
        ひまわり
        2度目の書き込みです。

        私は父に「告知するかしないか」悩まずに済んだけど、
        「告知するかしないか」周りはとっても悩むと思います。
        簡単に決めれるものじゃないと思います。

        告知したらしたで「知らせないほうがよかったかも」
        しなかったらしなかったで「知らせて心残りがないようにしたほうがよかったかも」
        って、ずっと心を痛めることだって少なくないと思います。

        ガンにしろほかの病気にしろ、
        治療方針については、普段から家族内では話してる か
        日ごろの言動を考えて判断するんじゃないでしょうか?

        ガンじゃなくても、
        延命治療をするかどうか
        胃ろうにするかどうか
        病院がいいか自宅がいいか
        そりゃ、悩むと思いますよ。

        私は、自分の病気は告知してほしいですが、
        その時にならないと本当に耐えれるかわかりません。

        >ガンって判明した時もショックですが、進行・転移していくイメージの方が怖いのだと気が付きました。私にとっては。

        痛いとか苦しいとかのほうが、怖いですけどね。
        私は。
        母も、「ガンになったら痛い治療はしたくない。どうせ年だし、人間らしく最期を過ごせるホスピスで」って言ってます。


        >「なぜそうするのか」を想像した上で

        そうですか?
        もう少しいろんな可能性を考えても悪くないと思いますよ。

        トピ内ID:3334866357

        閉じる× 閉じる×

        祖母102歳

        しおりをつける
        🙂
        まる子
        今年の春に102歳の祖母を自宅で看取りました。
        口腔ガンでした。癌とわかったのは昨年の秋。実子である私の母(78歳)孫の私(57歳)に、主治医からはお正月を迎えられないかも、と伝えられました。

        その5年ほど前に私の父(83歳)看取りましたが、父本人の希望もあり(←病院大好き)最期まで病院、沢山の管に繋がれ、その管を抜かないように両手を拘束されたまま病室のベッドで亡くなりました。私はその父の姿が忘れられず、祖母や母は自宅で看取ろうと心に決めていました。

        まだ先のある働き盛りの方や、幼いお子さんのある方などのケースと、102歳の祖母を同じ観点からは語れません。
        手術や放射線治療、抗がん剤を優先させるか、積極的治療は一切行わず痛みの緩和のみにするかは、本人のみならず、主治医と家族も一緒に考えることだと思います。

        最期まで祖母に直接癌のことや余命を伝えませんでしたが、十分本人はわかっていたと思います。
        「長生きし過ぎたわ~」とたびたび口にし、些細なことにも「ありがとう、ありがとう」と私の手を握って言っていました。
        住み慣れた自分の家で、いつもの自分の部屋で安心して逝きました。

        これでよかったのだと、今は心から思っています。

        トピ内ID:1633333279

        閉じる× 閉じる×

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        秋雨さん

        落ち着きました。たぶん。
        その本の内容はきっと衝撃でしょうね。

        通りすがりさん

        ありがとうございます。

        タコさん

        二人に一人がということはテレビCMにもなっているくらいですけれど、
        むしろ周りにガンの人が多かったせいでショックを受けているような気がします。
        40歳…。
        大騒ぎしてすみませんね、
        悲壮感はガンに対してではなく死そのものに対してなのでお気にされないで下さい。

        BBさん

        弱った人に追い打ちをかけるようですね。
        息子さんがもしも泣いた時には、思いやってあげて下さいね。

        がる~ぼさん

        本当ですね。勉強になりますね。
        泣いても構わないという説は最終手段で使わせて頂くかも知れません。
        ありがとうございました。

        朱鷺さん

        ずいぶんはっきりとおっしゃって居たのですね。
        お父様のケース教えて下さってありがとうございます。

        なおみさん

        老衰で死ぬのと変わりはない、というのは残酷というよりもむしろ救いです。
        必ずしもネガティブな気持ちではなく、「こんなに長く生きてくれてありがとう」、という気持ちもあるのですが、それはそれで涙が…。
        私以外にも孫やらひ孫やら、たくさんの人が訪れて幸せな境遇だと思います。
        お陰様で私も一度会いに行けたのですが、また会えるように時間を大切にしたいと思います。ありがとうございます。

        還暦男さん

        87歳以上で大儲け。もちろん思っています。
        しかも介護なしで自宅で元気で暮らしていたなんて、奇跡ですよね。
        この期に及んでは仕方のないことなのですが、今どんな痛みと不安を抱えているのかと思うと心がひりひりします。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        八尾の狐さん

        なかなかそういう意見が得られなかったのでもういらっしゃらないかもと思いましたが、貴重なご意見ありがとうございます。
        私が言いたかったのはまさにそのことで、選択の余地があるかどうかということよりも、自分に何が起きているのかという不安と、そうと分かれば今して置きたいことがないのか、ということについてでした。
        ただ、今回の場合は本人が死を悟っている様子が見られ、本人も家族に任せるという意向のようなので納得しております。
        自分の意向をはっきりさせておくというのは大切なことですね。

        Bitterさん

        とても詳細なお話ありがとうございます。
        周りの方の配慮が上手ですね。検査・入院については不安を軽減し、手術の直前には事実を伝えた訳ですね。今後の参考にさせて頂きます。
        祖母は身辺整理と挨拶を進めているので覚悟はしているようなのですが…。
        心の内は分かりませんね。
        悟っている気持ちとは別に、やはり「怖い」という感情もあるのではないでしょうか。その場合、できることはあるのでしょうか。
        会いに行って楽しく過ごせれば喜ぶようなのですが、
        「こんなに人が会いに来るということは。。。」と恐怖を感じているのではないかと思っています。

        桐子さん

        医師を非難したつもりはないのですが、伝わらなかったようですみません。

        >ごくごくまっとうな選択をしている癌患者ご家族(それだって悲しみはあるし色々思い悩んだと思いますよ?人前でビービー泣かないだけで。)

        その「色々」の中身を知りたかったのです。
        おかげで家族と会って話を聞くことができました。

        ひなさん

        お世話をしていないから泣いてはいけないというのはびっくりです。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        大福さん

        ここまででよく分かりました。
        ガンになろうがなるまいが、というのは本当にそうですね。
        姑さんのお話ありがとうございました。

        にゃあさん

        ご主人のお話ありがとうございます。
        本人が告知を希望していても、まだ治療の余地がある年齢であっても、
        一概には分からないものですね。

        辛かった体験を蒸し返すようで申し訳ないのですが、
        余命一か月と言われたその後は、やはりいつも通りに過ごすしかないのでしょうか。
        なるべく笑顔で?淡々と?
        本人が死の恐怖や絶望を感じている場合、寄り添うことはできるのでしょうか。

        nemuiさん

        おっしゃる通りで、自分の場合と今回の状況にかなりの隔たりがあるため、まず家族の気持ちを知ることが必要だと思ったのです。
        自分にできることは何にもないんだ、それこそ自分本位に、ただ会いたいから会いに行くだけだと思っています。(本人から会いに来て、とは言われましたが…)

        会いに行って私にできることは何ですか?

        私の元気な姿を見せること…?
        深刻そうな顔をせず安心させること…?
        本人が抱えている痛みや不安について話を聞くこと…?

        一応これらの事はしたつもりなのですが、他にあったら教えてください。
        また会いに行けるかも知れません。

        しーさん

        ありがとうございます。
        黙っていることが本人の幸せだと考えることはできます。
        今回のケースもそのようですね。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        まわるさん

        いいえ。話が驚くほどまとまっています。
        ありがとうございました。
        確かに、告知、という表現自体がガンを特別視している私の心理から出たかも知れません。
        持病がひとつ増えるだけという捉え方、そうですね。

        私も今は今後の関係性の方に関心が移っております。

        「ガン」という名前自体は伝えなくて良いし、不安だけを煽るような話もしなくて良いとは思うのですが、だとしたら現状とケアの内容をどのように説明するのか…。
        また、深刻そうにするのもNGですが、かと言って気休めを言われるのもどうなのか…。
        所詮一緒に暮らしていない部外者には、お見舞いに言って束の間の団欒をするしかできないのでしょうか。
        私ができるできないは置いておいて、
        配偶者や子供などもう少し近い存在の人には、深い話ってできるものなのでしょうか。

        ちいさん

        詳細で冷静なお話ありがとうございます。
        一概に決められないことなので、
        こういう場合には…、という形のお話がとっても助かります。
        そして、今回の場合には告知しないのがベターだという考えがより深まりました。
        今後本人の子供が病名を伏せた上でどのような話をしていくのかは分かりませんが、
        話して頂いた考え方を一説として頭の隅に置きながらケアに関わっていきたいと思います。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        アップルティーさん

        まわるさんの言うところの「流れ上」というのが、
        アップルティーさんのおっしゃっている事と同じ意味な気がします…。
        ともかく、私のトピの立て方がいい流れではなかったですね。
        でも、どんな言い方であれ色んなパターンの考え方を聞くことができました。

        確かに言うことのメリットが少ない今回の状況…
        ・治療法が選べる訳ではない、
        ・本人が『絶対に教えてくれ』という性格ではない、
        ・事実を知ることで安心が得られる訳ではない
        において、もしかしたら絶望を与えるというリスクを冒す意味はないというのが大筋の意見であり、今回の場合にも当てはまりそうですね。

        ららさん

        97歳ってどんなだか…さっぱりわかりません。
        たとえ同い年であっても認知能力は分かりません。
        ただ、告知をめぐる背景や考え方については分かってきました。

        けるんさん

        年代による差は大きいようですね。
        ガンに対するイメージも、告知についての常識も。
        演技につられるというのは精神状態を保つ上で良いことかも知れませんね。
        私も先日ようやく会えましたが、どうにか泣かずに済みました。
        家を出てから漏れ放題でしたが(笑)

        山茶花さん

        少しでも苦痛と不安を減らしてあげたい気持ちは同じなのですが、そのためには…というところが難解だったのです。告知をしたい訳ではありません。
        本人の子供とは、気軽に議論できないのです…。

        ・立ち入ったことは聞けない、
        ・ガンや本人の病状に関する無知、
        ・口出しはしたくない、
        ・私も本人の子供も落ち込んでいる

        先日やっと話をする機会があったのですが、やはりここで話を聞いておいてから行ったことで、少ない言葉でおよその話は理解することができました。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        ありがとうございます。

        しおりをつける
        blank
        ねぎ
        うーんさん

        ガンを伝えるメリットは、
        治療法について納得したい、
        事実を知りたい、
        不安を解消したい、
        などの本人の気持ちを満たすためです。

        それを大きく上回るほどのデメリットが存在することも分かりましたし、
        今回の件はこれで良いのですがね。

        そして、泣くということについてはかなり個人差があるのだと思います。
        確かに肉親が亡くなっても、涙は出ない人がいる(悲しんではいる)のは知っていますが…
        「泣くほどのこと」ってどの程度のことなのでしょうか。

        ひまわりさん

        告知しない家族が何も感じないと・・・思ってないですよ。
        想像のつかなかった色んな可能性についてはここで教えてもらっています。
        原因不明の痛みって怖いので、そういう人はひまわりさんのように告知がいいんじゃないかと思っていたのですが、状況によってですね。言い方もありますし。

        まる子さん

        102歳。すごい。
        詳細なエピソードありがとうございます。
        お父様についても、
        希望通り病院に入った訳ですし、管だらけで傍目には痛々しい状況であっても、
        できる限りのことはしてもらっているという安心感の中で引き取られたのではないか?と他人の勝手な想像では思ってしまいますが…。
        自宅で安心してというのは理想ですね。私も一緒に過ごしたいですが、本人の子供が同居しているのでお任せするしかないですね。

        トピ内ID:6938656440

        閉じる× 閉じる×
        トピ主のコメント(15件)全て見る

        それはトピ主さんの事情

        しおりをつける
        blank
        うーん
        >ガンを伝えるメリットは、
        治療法について納得したい、
        事実を知りたい、
        不安を解消したい、
        などの本人の気持ちを満たすためです

         違いますね。それはあくまでもトピ主さんの事情であり、価値観です。おそらくは祖母本人のそれとは大きく異なります。年齢や健康状態によっても価値観は変わっていきますし。トピ主さんにはそこが致命的に区別ができておられないです。トピ主さんのそれはいわゆる自己満足であり、相手の事情や価値観を無視したものですよ。

         トピ主さんは泣くことに関して個人差とおっしゃられた。その通りです。自分が何で泣くかも価値観のうち。私の言葉は押し付けと見えて、さぞ不愉快だったでしょう。でも、私の言葉は、トピ主さんが祖母にやっていることと本質は一緒です。
         私がトピ主さんに泣くなと価値観を押し付けることができないのと同じく、トピ主さんもまた祖母にがんと余命を伝えて、ご自分の価値観を押し付ける資格などないのです。

         たいていの「相手のためを思ってそうしている」というものは自分のため、自分が満足するためであることがほとんどです。そこら辺をきちんと意識されてないと、大事な人たちを自分の手で傷つけることがあると自覚されたほうがよいでしょうね。

        トピ内ID:5629489493

        閉じる× 閉じる×

        面倒を見てない人に限って色々言うよね

        しおりをつける
        blank
        うーん
         トピ主さんはその方の主たる身元引き受け人(またはキーパーソン)ではないですよね。たいていは、どれだけ自立度が高い人でも、90代なら誰かしらが見守りや世話をしています。なんだかんだいっても、キーパーソンが一番状況をわかってます。少なくとも現況をよく知りえないトピ主さんの判断より、キーパーソンの判断のほうがはるかに正しいでしょう。

         私の知る限り、面倒をよく見ていない家族に限って、色々言うものです。告知のこともそうですけど、日頃から面倒を見てない人ほど独善的かつ感情的になりやすいのが常です。

         少なくとも、トピ主さんは祖母に関して何も口を出す資格がないことは明白です。人手も金も祖母に提供していないなら、口など出す資格はないのです。
         せめて、祖母の前で暗い顔をしたり、泣いたりするのくらいは我慢したら?無力で使えないトピ主さんが祖母にできるのはその程度のことです。

        トピ内ID:5629489493

        閉じる× 閉じる×

        レスします

        しおりをつける
        blank
        BB
        >弱った人に追い打ちをかけるようですね。

        私がトピ主さんの事を幼いとレスしたことが、カチンときたのかもしれませんが
        「弱った人」は、貴方の祖母様であり
        身近でお世話をしている方々の方なのでは?
        勿論、トピ主さんも大切な祖母様の発病に心を痛めておられることはわかりますよ。
        でも
        貴方の流す涙でお祖母様は救われますか?
        可愛い孫を悲しませてしまうことに、心を痛めませんか?
        キーマンとなってお世話をしている人は、貴方の心の内(キーマンに対して批判的な)を知ったら、悲しみませんか?
        あれやこれや考えて、悩んだかもしれない結果に対して、
        何御責任も持たない貴方に責められているのですよ。

        自分の感情のままに涙を流すのは、幼子のようです。
        泣きたくても堪えなければならない場面ってあるでしょう?
        30も半ば、いい大人なのだから、感情のままに人を責めるのではなく
        大切な人たちのために、自分がどうしたらいいのかを考えられるようになりましょうね。

        私の息子も少し年下の娘も、母(彼らからは祖母)が亡くなった時には大粒の涙を流しましたが
        病床の母を見舞う時には、少しでも母が笑顔になれるように、楽しい話を聞かせていました。
        目に入れてもいたくない孫というのは本当にそうみたいで、来てくれるだけで嬉しそうでしたね。
        幼いころの思い出話は祖父母とのかけがえのない時間だったと思います。
        父も母も、孫たちには、ずいぶん楽しませてもらった・・・そんなことをよく言っていました。
        (小さなときは近居でしたから)

        トピ主さんにできるのは、キーマンたちを責める事でも、涙を流す事でもなく
        お祖母様との大切な思い出話などをしながら、お祖母様が幸せだった時間を共有することなのではないかと思います。

        トピ内ID:3309467428

        閉じる× 閉じる×

        そうだなぁ

        しおりをつける
        🙂
        はなこ
        母方の祖母の時(大腸がん末期)は、告知しませんでした。
        80代で、まだ手術する体力が有るので、祖母には「大腸ポリープが有るから、手術して取ろう」と伝えました。
        しかし、開けてみたら転移が見受けられ、そのまま閉じたようです。
        祖母には「ポリープは良性だった」と伝えたそうです。

        でも、祖母は、薄々知ってたんじゃないかと思いますね。
        直ぐに退院出来ませんでしたし、体調も良くなった訳でもないみたいだったから。
        祖母宅は、車で3時間の距離で、田舎。手術するなら大きな病院でと、私の実家のある市で手術しています。
        そのまま私の実家で療養となりましたが、再入院。病院で亡くなっています。
        祖母からすれば、何故自宅に帰れないのか?という疑問が有った筈です。

        私の実家でも、病院でも「家に帰りたい」と言い続けていた祖母ですが、母や叔母達に病名の事を聞く事はなかったようです。
        しかし、せん妄が始まったり、頑固気質が強くなったりで、母達が付き添いで大変だったのも事実です。
        病院は付き添い不要の体制でしたが、祖母が一人になるのを心細がって、母は大部屋の床に寝袋で泊まってました。

        この頃には、私も飛行機の距離でしたが、最低でも月2は帰省して、実家の掃除や母の用事を済ませたり、私が病院に詰めて母が外出したりをやってました。
        祖母は、孫の私に我儘を言いませんでしたが、いつも「足がだるいからさすって」と頼まれました。
        思い出すと、今は涙がでますが、その時は、祖母や母達の気持ちだけ考えていたので、泣きたい気持ちとか一切なかったです。
        祖母が毎日頭を洗いたいのにと言えば、水なしで洗えるシャンプーを探してきたり、祖母が欲しいものを考えてました。自宅療養の時は、加湿器を買って届けたり。

        トピ主さんも気持ちの整理がついたら、看病する人達や当人にとって、何が良い事か考えて、サポートしてあげて下さい。

        トピ内ID:3669084021

        閉じる× 閉じる×

        ヤッパリ内緒で。

        しおりをつける
        🎁
        Bitter
        手術を終え90歳の誕生日を無事に迎え。

        転移もなくホッとしている義母。

        胃の全摘で食べる量も減り、吸収も悪いのでしょう。
        以前はLLサイズだったのに今はMサイズの服でもスカスカに、顔も痩せ…小さくなってしまった。

        いつも活動的、前向き、笑顔いっぱいで。

        もしこの先新たなガンが見つかっても云えないでしょうね。
        歳とともに気弱になり、友人も(亡くなり)少なくなり、体力も衰えを感じ、遠くの『コンサート』に出かけるのを辞め。
        近場のコンビニ・スーパー『DVD』を予約しの、買い物が唯一の楽しみ。

        検診がある度ヒヤヒヤ‥…。
        「あ~、良かった。今回も大丈夫だったわ~」と、義母。

        普段の生活を楽しんでる義母に云えないでしょうね。
        時折、淋しいナと、呟いてますし。
        きっと、落ち込み気力をなくします。
        『告知』は、余計な負担でしかないと思います
        『老衰』として逝かせてあげたいです。

        「夏のコンサートは暑くて諦めたケド、来春のコンサートは桜街道を通って行く楽しみがあるし~」と言えば、
        「お父さん(亡くなった義父)、まだまだお呼びでないから、大丈夫!だわ~」の、義母。

        トピ内ID:9840367816

        閉じる× 閉じる×

        主様は「受容の過程」にいるのでは?

        しおりをつける
        😨
        傍観してましたが…
        >デメリットが存在することも分かり
        >今回の件はこれで良いのですがね
        と仰る主様が何に対して憤り、何を納得できないと感じているのか、分かり兼ねています。
        (第3者の立場では後付けだと感じる)色々な理由を挙げていらっしゃいますが、本当は祖母の死が近づいた事に対する主様の不安・恐怖が強く、その気持ちの現れではないか?と思います。

        人が精神的ショックを受けた・悪い知らせを聞いた時、他に原因を探したり、怒りを感じるのは一般的な「受容の過程」です。
        もし興味があったら、受容の過程・プロセスについて一読をお勧めします。

        他の方への返信を引用し、申し訳ありませんが…
        >ガンを伝えるメリットは
        >治療法について納得したい
        >事実を知りたい、
        >不安を解消したい、
        >などの本人の気持ちを満たすため
        は、既にご指摘がある通り主様の主観・価値観だと思います。

        患者中心ケア=患者様のQOLを優先に考える医療機関では、患者様の知りたくない権利も保障します。
        まだ若い、小さなお子様がいらっしゃる方には検査を受け、最善を尽くす事をお勧めしますが、80代(後半)以上の方なら検査を受けるか否かも、本人やご家族の意思を尊重します。

        所謂「正常(値)」は健康成人の値を基に設定されていますので、高齢者は検査をすれば大抵何処かに「正常からの逸脱=異常」はあります。
        検査で「異常」を知っても
        本人が苦痛を感じているとは限らない=本人にとっての「正常」
        高齢者なら進行は極めて遅い
        不死の様な治療法はなく、年齢・基礎疾患・作用と副作用を比較し対症療法になる=結局「選べない」
        検査自体、乳幼児や高齢者の心身にとっては負担が大きい
        等の理由で【検査を受けない=精査なし】の選択・判断も有です。

        トピ内ID:2910480719

        閉じる× 閉じる×

        2度目です

        しおりをつける
        🙂
        ポパイ
        以前、治療方針への反発が身内に伝わるのではと指摘したところ、反発はないとのご返事でした。

        その後も気になって経過を見ていましたが、トピ主はなにも理解できていません。

        >少しでも苦痛と不安を減らしてあげたい気持ちは同じなのですが、そのためには…というところが難解だったのです。告知をしたい訳ではありません。
        本人の子供とは、気軽に議論できないのです…。

        これを読んで唖然としました。
        議論て…。
        いろいろ理解できたといいながらここでなお議論とは。

        私が母の看病をしていた頃に、ふだんはあまりつきあいがない親戚から治療方針に「議論」を求められたらジャマでしかなかったでしょう。

        言葉の選択ミスであって相談とかアドバイスのつもりかもしれませんが、それでも差し出がましいし、許せないなどと同様、言葉の選び方がきついです。

        ということは、それだけあなたがきつい性格か、ガンで興奮状態か、です。

        あなたは自覚している以上に闘病のご本人や家族を傷つける可能性があります。

        ぜったいに治療に関しては口を出してはいけません。
        考えるのも、もうよしましょう。

        なぜか身内が余命わずかとなるとテンションが上がる人がいます。

        いや、誰でも驚いたり落ち込んだりでそれじたいは正常な反応なんですが、その中でも「自分が主役」になってしまう人がいるんです。
        子どもが命の大切さを学ぶチャンス! とか、治療について本人の意思の尊重について真剣に考える私! とか。

        書いている方もありますが、直接は看病に関わらないか中心ではないくらいの人です。

        冷静なつもりでもそうではない。
        あなたは否定されるでしょうが、酔っぱらいが酔ってないというのと同じです。

        完全にガンのことは忘れて頭を冷やし、必ず誰かと一緒に「“ガンでなくただの”97歳のおじいちゃん(おばあちゃん?)」に会いに行きましょう。

        トピ内ID:4861412982

        閉じる× 閉じる×

        昔にがんのサバイバーさんや家族の人から言われたこと

        しおりをつける
        blank
        うーん
         以前、がんに関するサバイバーさんや家族をお招きした講習会の質疑応答で、「周囲が当事者と関わる上で持ち合わせなければいけない資質は何か」と聞いたことがあります。

         即答で、「想像力」と言われたことを思い出しました。相手の立場にたって物事を考えることをその場で述べておられました。時がたち、がんではないものの慢性的な疾患になり、すべてとは言いがたいですが、何となくそれがわかるようになりました。確かに、相手の立場にたって物事を考えられない人は、弱っているときに側に寄ってほしくはないものなのだと身をもって体感した次第です。

         加えて言うなら、この想像力は、自分の考えと他人の考えは違うと区別して考えられることが前提条件としてあると思います。

         そういった意味では、トピ主さんは今現在自分のことしか考えていないんです。自分と他人の価値観や考え方を区別できない人は、弱っている人の前にたったら害悪の存在ですらあります。正直、今のトピ主さんは、お見舞いに行くことすら迷惑になりかねません。

         10代ならば、経験不足故の若者に時々ある話ですみますが、20代以上なら人としてどうなの?という話になります。トピ主さんがここで言っていることはそういうレベルの話と認識されたほうがよいでしょう。

        トピ内ID:5629489493

        閉じる× 閉じる×

        誰が主役?

        しおりをつける
        🙂
        ご親戚の方の発病に心乱され悲しいとピ主さん。
        貴女の悲しみは、大好きなおじいちゃん(おばあちゃん?)が居なくなってしまうかもしれない、自分の為の物なのでしょう、
        返礼のレス(一部しか読んでないけど)読んでも、ご自分の気持ちが第一だとしか、伝わらないです。
        納得したて言いつつ、その実ちっとも納得してない。
        可哀想な自分
        である事から脱け出せないでいると、感じます。

        自分だったら…も、良いのだけど、97才の本人なら…
        傍で支える立場だったら…
        と、想像したらどうでしょう?

        トピ内ID:2084777158

        閉じる× 閉じる×

        お返事ありがとうございます。

        しおりをつける
        🙂
        桐子
        がん告知の是非については、理解されたようでよかったです。

        精神的にも、少し落ち着いてきましたか?

        トピ主さんは否定されるでしょうけれど、ポパイさんらの指摘、もっともだと思います。

        >非難したつもりはないのですが、

        とのことですが、一般的には、

        >診断の結果を本人に伝えないというのは、許されることなのでしょうか?
        >私だったら病状を家族にだけ話されるなんて許せないし、寿命までの覚悟や治療の選択ができないなんて人権侵害だと思います。

        これはものすごくきつい言葉での激しい非難です。

        「〇〇なんて許されるのでしょうか?」「私だったら許せない」「人権侵害」

        こんな言い方されて、「単なる質問」だと受け取る人いませんよ。
        誰がどう聞いたって、激しい非難の言葉でしょう。

        〇〇に、『幼児を虐待の末、死なせる』とか『あおり運転の上に、暴行を加える』が入るのなら、厳しい非難も納得いきますが、ごくごく普通のことしている人にたいして使う言葉じゃないですよ。
        まして癌患者のご家族やお医者さんに対して。

        トピ主さんは、『興奮して非の無い他人を激しく非難せずにいられない状態』か、そうでないなら『もともと他人に対しての思いやりや想像力に欠く言葉のきつい人』。

        多分、前者だとは思うんですけどね。

        おじいさまが癌だと知ってショックなのも悲しいのも分かりますが、落ち着きましょう。
        周囲の人を傷つけないために。

        若くて重病を患った本人が思わずそばにいる健康な人を八つ当たりで非難してしまう、などであればともかく、トピ主さんはいい歳した大人なのだし、また、トピ主さんが「人権侵害だ」「許されるのか」と責め立てている相手は癌患者ご家族で、トピ主さんよりもつらい状況の人なのだから。

        きつい言葉を文字にしたり、口に出して言う前に、それこそ「自分は本当にこんなこと言っていいのか?」を考えましょう。

        トピ内ID:3847544986

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        30件ずつ表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (15)

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る

          あなたも書いてみませんか?

          • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
          • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
          • 匿名で楽しめるので、特定されません
          [詳しいルールを確認する]
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0