詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    猫のいない生活が辛いです。

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐱
    たぬシャム
    話題
    50代バツイチ子なし独り暮らしをしています。
    去年14歳の愛猫を、今年18歳の愛猫の最期を看取りました。
    子供のように溺愛してましたのでショックでとても辛く今でも抜け殻状態です。
    まだあの子たちのことが頭から離れないのですが、今後新しい子も迎えたいという気持ちもあります。
    しかし、保護猫迎えるとしても条件が独り暮らしはNGも多いようですし、年齢のことを考えると悩みます。。。

    猫が飼えないとしたら、保護猫活動のボランティアに参加して猫とかかわることもできるのではないかと考え始めました。
    いまはフルタイムで仕事しており独り暮らしで経済的余裕はそれほどありませんが可能なものでしょうか?
    どういう活動をするのか、土日のみの参加可能なのか、自己負担の金額はどれくらいかかるのでしょうか。
    猫グッズはまだ片づけられずにありますので、預かりボランティアとかもできるのでしょうか。

    トピ内ID:2218997810

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 2 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 212 エール
    • 4 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  15
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    問いのお答えで無くてすみません。

    しおりをつける
    🙂
    さらしな
    まだ、50代なら、仔猫をお迎えになっても、大丈夫じゃないですか?

    20歳越えても、まだ70代ですよね。

    私は今、57歳で、20歳を越えた猫が2匹います。
    この子たちの世話が無くなったら、本当につらいと思います。

    もし、私が先に死んだときのために、何かあったときのもらい先を探しています。

    今は「飼い主が亡くなったときに引き取ることを条件」に猫を譲ってくれるところもあるそうですよ。

    私も、今の子たちが虹の橋を渡ったら、保護猫を譲ってもらいたいと思っています。
    動物病院に行けば「もらってください」と張り紙がしてあることもあります。

    あきらめずに飼い猫をお探しになってみてはいかがですか?

    トピ内ID:0829898315

    ...本文を表示

    まず、やってみましょう

    しおりをつける
    🙂
    江夏
    トピ主さま、まず、虹の橋にお引越しした猫ちゃんたちとトピ主さまにお悔やみ申し上げます。
    さぞかしお寂しいでしょう。

    私は地域猫ボランティアと、行政の登録動物愛護ボランティアをやっています。

    譲渡の条件に関しては、トピ主さまご懸念の点については、必ずしもしゃくし定規な「ねばならない」ものではありません。
    避妊去勢と室内飼いの徹底さえ守っていただければ、多少一般的な模範条件からはずれていてもOKになるケースは少なくないです。
    各行政の愛護センターやボランティア団体さんと、よく相談なさってみてください。

    また、ボランティア活動のお手伝いは、トピ主さんがあげておられたものすべてがあります。
    金銭的な自己負担分も、内容によってさまざまです。
    (私の知る限りでは、金銭身体ともに一番負担が大きいのは、乳飲み子さんの預かりかな?私の住んでいる地域では、ミルク代は全額負担+3時間おきの授乳+もろもろの世話、なので)
    最寄りの、あるいは、通いやすい場所の保護団体さんや、動物愛護センターにお問い合わせください。

    老婆心ながら最後に一言。
    いろいろな理由のために「動物ボランティアは失礼だ、傲慢だ!」というようなご意見を伺うことがありますが、ヘンな人・怖い人というのは、『あんまり』多くありません。
    もしそう感じる人や団体にあたってしまったら、たまたま、そのボラさんや団体さんがトピ主さんと合わないというだけなので、他の、よさそうなところにあたりましょう!

    トピ内ID:7484217493

    ...本文を表示

    預かりさんも出費があります

    しおりをつける
    🙂
    にゃんた
    預かりボランティアを、飼い猫の様に考えるのは辞めた方が良いと思います。
    保護した猫は、体調が万全とは言えなかったり人馴れさせたりと
    手の掛かることが多いです。つまり、出費も時間も必要です。

    シェルターを持っている団体や、保護猫カフェなどの裏方とか
    実際に猫と関われるかは分かりませんが、出来る事はあると思います。

    パソコンが得意だったら、HPの更新や保護猫たちのデータ管理だったりとか
    して欲しい団体もあると思いますよ。

    でも、どうしても猫と暮らしたいなら
    子猫や若い猫ではなく、シニア期に入るような猫なら
    譲渡条件がトピ主でもOKになるかもしれません。

    その内、トピ主を必要とする猫が現れるかも知れませんよ
    我が家には、捨て猫と思われる人馴れした押しかけ猫が現れました。
    問い合わせても、迷い猫などの届けもなく仕方なく保護
    その後、貰い手が見つかり手を離れましたが
    そういう事が、何度かありました。

    何か、猫に携われることか
    また暮らせるといいですね。

    トピ内ID:6026612368

    ...本文を表示

    猫ちゃんを迎えて欲しいなと

    しおりをつける
    🙂
    おはぎ
    ネットの募集は多数の応募で返事が大変だったり、トラブル防止の為にハードルを高くしているかもしれません。

    保護猫カフェ、ボランティア主宰の譲渡会、ペットショップや獣医さんの張り紙等で猫ちゃんとの出会いはあると思いますよ。

    各地のボランティアの方がインスタもされています。
    悲しいくらいに保護猫の投稿あります。

    トピ内ID:5529467322

    ...本文を表示

    レスありがとうございます。

    しおりをつける
    🐱
    たぬシャム
    さらしなさんレスありがとうございます。
    私は今年51歳になります。
    飼い主に何かあったら引き取ってくれるところもあるのですね。
    絶対に猫たちより先に死ねないし入院もできないと思っているので少し安心ですね。
    お世話になった動物病院へ余ってしまったラプロスや輸液点滴セットを他の闘病中猫ちゃんへ
    寄付しに行こうと思っているのですが、まだ辛くて足を運べないでいます。
    来週の四十九日過ぎ頃に行ってみようかな。。。

    トピ内ID:2218997810

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ボランティアのことはよくわからないのですが

    しおりをつける
    🙂
    ルリ子
    大人の猫ちゃんを譲ってもらうのはどうでしょうか?
    家の両親も猫のお世話をしていますが(私と同居ですが)父80歳、母74歳です。
    70代前半までなら大丈夫だと思いますよ。
    大人の猫ちゃんも飼い主探している子もいますしね。
    家は6匹いますが、全員保護猫です。
    5匹は子猫の時に保護しましたが、推定10歳になるオス猫の子はバリバリのノラ猫でした(喧嘩して血を流して帰ってきたり、ネズミのお土産を持って帰ってきたり)。
    その子は、家に通うこと数か月→家に泊まるようになり→家の外猫のようになり(毎日泊まるようになり、ゴミ捨てについてきたり、お迎えしてくれたり)→家に来るようになって3年半後、推定9歳半の時に家猫に。
    この子が一番甘えん坊で、膝に乗ってきたり、ピタッとくっついて座ってきたりして、とてもかわいいですよ(苦労している分有難く思ってくれているのかな?)
    他の子達は赤ちゃんの時は抱っこさせてくれたのに、今ではあまり抱っこもさせてくれないし、触ると怒る子もいます。
    大人の猫もこういう子もいますしね、
    良い出会いがあることをお祈りしています。

    トピ内ID:7565349561

    ...本文を表示

    あなたはベテランなのだから

    しおりをつける
    🙂
    インコし
    あなたは、まだ高齢ではないから猫を飼うことはいくらでも出来るでしょう。

    なにより、猫飼いのベテランで実績があるのだから、十分な資格があります。
    誰もあなたが猫を飼うべきではないなどと思わないでしょう。

    ぜひ猫を飼って楽しい人生を送ってください。

    トピ内ID:3120695745

    ...本文を表示

    お寂しいですね

    しおりをつける
    🙂
    ののの
    心中お察し致します。
    私も猫のいない生活は考えられません。
    すでに3匹看取りましたが
    「猫切れ」がないよう
    年の差を考えて、次々と保護猫を迎えております。
    10代の子は全てお迎えが来てしまったため
    今は7歳と推定3歳の子たちと暮らしています。

    さてお尋ねのボランティアの件ですが
    千差万別といったところです。
    大きなボランティア団体だと
    「週5回、朝から夕方まで」
    というところもあったり
    「登録して来られる時に」というところも。
    気になる団体さんに個別に問い合わせたほうが早いと思います。
    仕事の内容は、掃除や餌やり。
    まあ普通に考えられる猫のお世話です。
    あと、週末などの譲渡会のお手伝いとか。

    でも、他の方も言われていますが
    まだ50代なら新しい猫ちゃんを迎えられるのでは?
    十年以上飼われた実績もあるわけですし。
    一人暮らしで留守が多いと
    赤ちゃんを迎えるのは難しいでしょうが
    生後半年くらい経っているような子なら大丈夫でしょう。
    (うちも推定5ヶ月、1歳の子を引き取りました)
    いろいろ当たってみられては?

    トピ内ID:9185337881

    ...本文を表示

    最後のチャンスでは

    しおりをつける
    パパイヤ
    保護猫に拘らなくても
    子猫生まれたので譲ります(地方フリーペーパー)
    ペットショップの子猫でも

    今50台なら 20年で70才

    何かあるかは、誰にだってわからない
    若い子だって事故で明日死ぬとも限らないし
    50代で持病抱えて余命がわかってるなら無理だけど
    今なら、人生最後の猫を迎えて 一緒に生活することができる

    猫のいないせいかつより
    いる生活の方が、メンタル面でもあなたは強くなれるのでは?

    仕事が辛くても
    猫のために頑張ろうって気になるのでは?

    飼うなら、今が最後のチャンスだと思う

    60過ぎてからだと
    自分の寿命が先だと、残された老猫の引き取り手を考えると
    50代の今しか無いと思う。

    トピ内ID:4776724351

    ...本文を表示

    切なくなっちゃった・・・

    しおりをつける
    blank
    hana婆
    同じく子供のいない50代です。
    私たち世代は、色々先のことを考えて生きなければならないですね。
    自分の欲だけで行動できない。つい立ち止まって逡巡してしまいますね。

    主さん立派だな。保護猫を引き取りたくて、それさえも猫の行く末を思って
    躊躇してしまうなんて・・

    受け継いでくれる世代が下に居ないと(子供が居ないと)決断できないことが
    多くなりますね。
    でも、主さん50代だったら成猫を迎えれば全く問題ない気がしますよ。
    今の50代はまだまだ若い方ですよ!
    さらしな様が書かれているように、最悪次の方に託すことできるんじゃないかな?

    私も50代になってあちこち身体に不具合が出てきました。
    自信が無くなってきますけど、まだまだ生きるつもりですよ!!

    トピ内ID:2108684176

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  15
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0