詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    地元を離れたのにそこの地域活動へ?

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    あーさん
    話題
    年に数回ある地域活動。
    旦那の実家の地域は機械を使った草刈りだそうです。
    毎年、義父が行っていたのですが、体調が悪く今年から行けないそうで。
    今私たち家族は旦那の地元から40分離れたところに住んでます。
    旦那の兄も離れたところに住んでますが、近々実家に戻るようで住所も実家に置いています。

    義兄は仕事の関係で地域活動のある曜日はだいたいが仕事のようです。
    そのため、旦那が前の日から泊まりで地元の地域活動へ行ってしまいます。
    この感じだと毎年地域活動に行くのは旦那になりそうです。
    本人はなんとも思ってないようですが、数千円払えば参加はしなくていいそうです。
    これは私が短気なだけでしょうか?
    住所も置いてないとこへの地域活動へ行く必要があるのわかりません。

    ダラダラと失礼しました。
    分かりにくいと思いますが、助言してください。

    トピ内ID:5214966883

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 85 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 13 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  14
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    地域活動は、メインの目的ではないのでは。

    しおりをつける
    🎶
    コールドブラッド
    実家ということは、彼は幼少期をそこで暮らしていたわけでしょ?

    その地元で就職した、仲良しの幼馴染みや同級生が大勢いるのでは?

    泊まり込むのなら地域活動をする前夜に、彼らとの楽しい飲み会(ミニ同窓会)に彼は参加したいのでしょう。

    トピ内ID:4362871157

    ...本文を表示

    うちの夫も行ってました

    しおりをつける
    💤
    inakayome
    夫実家は、私たちの自宅から車で片道4時間の距離でした。

    その地域の作業は、GWなどの連休に予定されます。
    結婚した時から連休は当たり前のように義家に帰省していました。
    夫が地域作業に参加する目的もあったのですね。

    夫は母子家庭の長男です。
    義弟は同じように帰省していても参加したことはないです。

    そして現在は、その地域に姑と同居しています。
    もちろん地域のことは夫がやってます。

    地域の住人も、高齢化の一途です。
    誰かがその作業をしなければ、災害時に地域に大きな被害を及ぼすことに繋がるかも知れない。
    業者に頼めば、広範囲なので多額の費用が発生するでしょうし。
    その負担は、結局住人たちが負うことになりますよね。
    だから、みんな何とか参加しているのかな。。

    と、私自身が地域の中に入って感じました。

    とは言いながら、年に何回も休日を地域に取られることはモヤモヤしてます。

    トピ内ID:6509769891

    ...本文を表示

    住所置いてなくても実家だから

    しおりをつける
    🐶
    こおり山
    親が高齢や病気で通えるところなら、行く人が多いんじゃないですか。
    うちの方も高齢化と少子化でどんどんそうなってますよ。もちろんこられる距離の人だけですけど、私も母一人なので自治会の仕事を手伝ってます。不参加や脱退で居づらくなってもね。
    近くの方も、清掃行事のときは40キロ位離れたとこから息子さんが実家に帰りがてら参加しておられます。

    お金払えばパスできるっていいシステムじゃないですか。それなら、人数はいらないんじゃないかとも思うけど。

    トピ主さんはどちらも嫌なんですか?
    でも、あまり否定的に意見するのは感じ悪いと思いますよ。ご主人の実家の地域なんだから。

    トピ内ID:9759004765

    ...本文を表示

    すみません、地元では当たり前の風景で・・・

    しおりをつける
    😑
    田舎者
    遠方に働きに出て家族も持ち、親が老齢でずっと一人暮らしの家があります。
    でも、地域活動の日は帰省して参加しています。

    確かに、費用を出せば不参加が可能です。
    でも、「参加できる限りは参加する」という空気が、地面の奥深くから天高くまで、
    その地域全体に定着しています。

    トピ主さんは、都会よりの方でしょうか?
    納得行かない気持ちは分からなくはないです。
    しかし、義父さんも義兄さんもご主人も、その土地で生まれ育ったので、
    芯まで浸透している習慣を、簡単にはぬぐえないと思います。
    >本人はなんとも思ってない
    目の前で見るかのように想像できます。

    トピ主さんが短気とは思いませんが、諦めたほうが早い事例だと思われます。

    義兄さんにお子さんはみえませんか?
    世代交代するか、義兄さんが仕事を辞めるまでは、その状態は続くかもしれません。

    トピ内ID:4951349554

    ...本文を表示

    行くのがベストでは

    しおりをつける
    🙂
    もも
    「数千円払えば参加しなくてもいい」というのは、最初から「金か労力か」の二択があって、金が出せない、出したくない人が労力で支払う、という意味ではなく、「本来は全員が労力を提供してくれないと困る」のだが高齢化などで参加できない人が増え、「それなら代わりに親族に来てもらえ」と言っても親族がいない、居ても新幹線や飛行機で何時間の距離なら草刈りだけのために来てもらうわけには行かない、かと言って「じゃあ、そういう人は不参加でも仕方ない」とすれば、無理して参加してる、無理して親族に来てもらっている人と不公平になって不満も出る。

    だから「せめて誰も来れない人はお金でも払わないと」なっているだけで、「金さえ払えば済む」という訳でもないと思う。「草刈りなんて面倒、金さえ払えば行かなくていいんでしょ」という人が増えれば、草刈り作業が不可能になりかねないし。

    ということで、夫は「父親の肩身が狭くならぬように」と行ってあげているのでは。遠方ならともかく、40分なら毎日の通勤時間よりも短いぐらいの近さでは。

    義兄が近々実家に戻るなら、今後は義兄が何かと体調が悪い義父の助けを日々することになるのでは。
    夫にすれば「親の世話を兄にばかり押し付けるのも悪い、せめて年数回の草刈りぐらいは」という気持ちもあると思う。

    地元に帰れば旧友達と会う楽しみもあるのかもしれないし。

    いずれにせよ、夫が年数回、40分の距離の実家の草刈りに行くことがどれほど貴女の負担になっているのか?実際、労働するのは夫本人で貴女にしろと言っているわけでもないのだし。

    その間、夫が不在で一緒に過ごせないのが不満?
    でもそれぐらい我慢してあげれば?

    「夫に負担になって気の毒」と夫を気遣うならともかく、単に「夫が私でなく義実家に奉仕するのが面白くない」というだけの些か意地悪な印象を受けるのですがどうなのだろう。

    トピ内ID:1403070486

    ...本文を表示

    「ふるさと」に対する恩返し

    しおりをつける
    🙂
    tatta
    若い世代が都市部に集まり地域は高齢化、地域活動は停滞しています。
    税金も働く世代が多い都市部に集中して、地域は何をしようにも苦しい財政だと思います。
    伐採草刈り、防災、誰かがやらなくては故郷は荒れます。
    まったく過疎化してしまった限界集落もあります。
    でも、出身者皆で何とかしたいね!手伝ってね!というのが主旨だと思います。

    これは「ふるさと納税」の主旨と同じです。

    トピ内ID:2613112096

    ...本文を表示

    夫の活動ではない。

    しおりをつける
    🙂
    大盛無料
    夫の地域活動ではないのです。
    夫の親の地域活動です。

    ただ、夫の親がその活動が出来なくなったから、親の代わりに夫がしているだけです。

    そして、その活動があなたにとっては必要とは思えなくても、夫の親にとっては息子に代理をしてもらっても必要であり、夫も親の意向を汲んでいるだけです。

    要するに、簡単に言えば実家の手伝いをしているだけに過ぎません。

    結婚したら、住所を置いてなくなったら、実家や親の手伝いをしてはいけないのでしょうか。

    であるならば、あなたも自分の実家に出入りをしたり、親の手助けが出来ませんね。

    トピ内ID:5129314658

    ...本文を表示

    楽しいのかも?

    しおりをつける
    🙂
    しー
    >住所も置いてないとこへの地域活動へ行く必要があるのわかりません。

    そりゃあトピ主さん夫婦にはないでしょうね。
    ご主人はご実家の代表として出ているわけですから、トピ主さんたちの現住所は関係ありません。

    >この感じだと毎年地域活動に行くのは旦那になりそうです。

    毎年義父さんが行っていたのなら、来年は義父さんが行くのでは?
    1年も先のことを勝手に邪推して不機嫌を募らせてもいいことないですよ。

    ただ、ご主人が喜んで行くのだととしたら、ひょっとしたらその地域活動が息抜きなのかもしれません。
    幼馴染たちと会えるとか。
    趣味だと思って見守っては?

    トピ内ID:5605192961

    ...本文を表示

    出払い

    しおりをつける
    blank
    たろすけ
    夫の実家では、そんな言い方をします。
    高速で3時間、夫(長男)は帰りませんね。
    義父が、まだ、頑張れたり、それこそ、おカネで代わりができたり、世帯主が高齢の場合、〇歳以上だと免除されたり。
    だいぶ、義父の場合は免除が適用されるようになったようです。

    トピさんの場合、お義兄さんが住所を実家に移すようなので、その時点で、ご近所との関係を考えるのはお義兄さんだと思います。次は、お義兄さんとご主人との話です。
    今まで、お義父さんの代わりに、が、お義兄さんの代わりでもご主人が負担に思わないか、ということ。

    代が変わる、ということで、少し関係が変わると思いますよ。

    トピ内ID:1682739123

    ...本文を表示

    行かせてあげましょ

    しおりをつける
    🙂
    ゆず
    旦那さんが負担に思ってないなら気持ちよく行かせてあげては?
    もし嫌ならとっくにお金払って免除してもらってるでしょ

    お金では済ませたくない自分の地元への思い入れや
    旦那さんの親の気持ちがあってご主人は行こうと思ってるんでしょうし
    それで少しでも親孝行できて旦那さんも満足感が得られるなら
    それでいいのではありませんか?

    トピ主さんだって自分の実家のことで家を留守にしたい時に
    ご主人から「もう家を出た身なんだから君が行く必要はないだろ」と
    咎められたら悲しくありませんか?
    たとえ家を出た身でも大事な親とふるさとを軽視してほしくないって思いませんか?

    トピ主さんもついていかなくて済むだけいいじゃないですか
    短気というよりはもう少し広い心で義実家のことも受け入れてあげたらいいのになと思いました
    同居しなくて済んでて年に数回のことなのなら
    その日はトピ主さんもやりたいことして過ごせばいいんじゃないかな
    もし小さなお子さんがいらっしゃったりするならば
    育児などで大変かもしれませんが
    そんなにカリカリするほどの頻度でもなさそうだし
    お義父さん、お義母さんにもよろしくねーと笑顔で送り出してあげればいいと思います

    元々義兄さんは曜日が合わないとのことですが
    義兄が地元に戻られてからも義兄が近くにいるから問題ないよね
    って意識でいるのではなくやれることは協力していかないとね

    トピ内ID:9466109542

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  14
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0