詳細検索

    • ホーム
    • ひと
    • 生理的な嫌悪感は克服出来るものでしょうか
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    生理的な嫌悪感は克服出来るものでしょうか

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    らふぁ
    ひと
    夫は病気のため数年前に舌を半分切除する手術をしました。それ以来、食事の際に大きな咀嚼音が出るようになりました。
    食べる時には、口を開けて舌を意識して動かさないと咀嚼できないため、音を立てないように気をつけて食べるという事は出来ないそうです。

    病気の所為なので仕方のない事ですし、本人が一番困っているとは思うのですが、食事のたびに大きな音で咀嚼音がするのが身震いする程嫌でたまりません。自分の食事はさっさと終えられるくらいの量だけにして、キッチンを片付けるふりをして席を立つようにしていますが、音は聞こえてくるので、イヤホンをして音楽を聴いたりしています。咀嚼が不自由なため、一回の食事に1時間位かかり、その間ずっと咀嚼音が響いています。

    病気の治療が奏功し、また口から食べられるようになったのは本当にありがたい事です。本来優しい尊敬できる夫で、子育ての大事な時期でもあり、家族で楽しく食卓を囲んでコミュニケーションが取れたらと思いますが、咀嚼音がしてくると身震いがして酷い時には涙が出てしまい自分はどうしてもそこでニコニコしている事が出来ません。

    生きているだけで感謝しなければと考える一方で、一生こうなのかと思うと暗い気持ちになってしまいます。夫の咀嚼音に対する意識をなんとかして変える事はできないでしょうか。

    トピ内ID:7570451556

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 13 びっくり
    • 7 涙ぽろり
    • 36 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    考えてみました

    しおりをつける
    blank
    じゅん
    手術を乗り越えられ、経口での食事ができるようになられるまで、ご夫婦ともに大変なご苦労だったと思います。


    あなたの今の気持ちが整然と記されていて痛いほどに伝わってきました。きっと、誠実で優しい方なのだと思いました。


    どうすればいいのか難しいけれど私なりに考えてみました。


    担当の先生など、ご主人の病気の治療に携わった方に相談してみられるのはどうでしょうか?
    今のトピ主さんの抱えている気持ちをそのままに話してみたら、もしかしたらトピ主さんのようなケースをご存知かも知れないと思いました。
    そして、そういうケースで、それに対してご本人や配偶者・ご家族がどのように対処しておられるか、どのように気持ちを保っておられるのか、などの情報を得る事ができるかも知れません。

    また、同じような経験をしておられる方とお話ができる機会を作っていただけたり……そんな事も期待できる気がします。

    いずれにせよ、相談する事が何かののきっかけになるような気がします。



    それから……
    ご自分の気持ちを否定したり自分の意識をを変えようとし過ぎたりして、追い込まないで欲しいなと思いました。
    誰もが持つ気持ちだから仕方ないんだ、と、ご自分を許してあげたら、少し気が楽になって何かが変わるかも知れないな、とも思いました。


    お役に立てるかどうかもわからないのに長々とごめんなさい。
    何か突破口が見つかりますように……。祈っています。

    トピ内ID:8038171012

    ...本文を表示

    ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    らふぁ
    じゅんさん

    ご丁寧なレスを頂きありがとうございました。

    担当医や看護師さんに相談したことはありますが、医師は、ステージ4の進行がんであったのが、治療の甲斐あって今また自分で食事や発話が出来て復職も出来ている、その事以上を外科医/医療に求めないで欲しいという姿勢です。看護師さんも、もっと大変な方をたくさんみていらっしゃるので、ここまで回復されて本当に良かったですね!音はそのうち気にならなくなりますよ!とおっしゃいます。
    医療関係者の方々から見ればそれは当然そのように声かけされるだろうなと私も思います。

    また、患者会というものがあり、同じ病気の方やそのご家族と情報交換をする事が出来ます。私も夫と一緒に何度か出席した事があります。しかし同じ部位のがんでも、ステージ(病気の進行度)やがんの種類、微妙な位置や術式が違うと必ずしも同じ後遺症が現れる訳ではなく、また皆様ご病気そのものと闘っていらっしゃるので、咀嚼音といったいわば二次的な事柄については話題にする事が憚られる感じがありました。

    今まで孤独に心の中にモヤモヤを育てていましたが、じゅんさんのお言葉が優しく沁みました。見ず知らずの者に温かいお言葉を頂きありがとうございました。

    トピ内ID:7570451556

    ...本文を表示

    もしかすると、なんですが

    しおりをつける
    blank
    匿名
    ご夫婦で闘病を続けてそこまで回復されたことは本当にお疲れ様
    です。トピを読んで感じたこと(的はずれかもしれませんが)を
    率直に書きます。

    トピ主さんはご主人と同じくらい、いえそれ以上に大変な思いをして
    色々な面で支えてこられたのでしょうね。それなのにあまりご主人から
    感謝されていないとか周りから理解されていないとかそういった孤独感
    みたいなものを感じておられるのではないですか?

    そういう時って些細なことでも酷く気になったりイライラしたり、
    そしてそんな自分に嫌悪感感じて涙したりと情緒不安定になったり
    しますよね。
    もしそうなら主さんはメンタルケアが必要なのではないかと思いました。

    トピ内ID:5586682950

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0