詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人の枕言葉に出身校を入れる母

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    友達
    ひと
    私の母は、人の名前の上に出身校を入れて話します。

    例えば「●●高校のAさん」「〇〇大学のBさん」というように。
    母は70代。本人は無意識でしょうが、
    聞いていて、とても不快です。

    一度、それとなく注意しましたが、全く効果ありません。

    この世代の方は、そういう人多いのでしょうか。

    ちなみに父は違和感ないようで
    ふんふん、と聞いてます。

    私はいいのですが、娘と息子にそういう会話を聞かせたくなく
    実家から足が遠のいています。

    もっとはっきり言うべきでしょうか。
    でも、70代の人が変わるのかどうか。

    トピ内ID:6492476266

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 30 面白い
    • 27 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 112 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    最近は見ないけど、昔は確かにいた

    しおりをつける
    blank
    ででん
    いや、学歴だけを枕詞にしていた訳じゃないですけどね。
    地方にはよくあったのですけど、割と一族が近くに密集して住んでることがあったんです。
    もう山田さんだらけ、田中さんだらけの地域とかあったんです。

    ミカン農家の山田さん
    北高に行ってる山田さんちの長男
    中学の先生の田中さん
    南高に行ってる田中さんちの次男坊
    とかね。
    どの山田さんなのか田中さんなのか、言わないとわかんないから、聞かれる前に特定できるような枕詞を入れるんです。
    そういう枕詞を入れる習慣がある人同士は、その会話に疑問を持ちません。
    でも、その枕詞が学歴に限定されることは聞いたことがありません。

    トピ内ID:8404265260

    閉じる× 閉じる×

    よく知ってんなあ

    しおりをつける
    blank
    ローレライ
    お母さん、そんなんよく知ってますねえ。根掘り葉掘り聞き出してきてるならそっちの過程の方がイヤですね、想像するだに。
    ご近所さんの出身校なんてあたしゃ全然知りませんがな。
    私の70代の母も同じですよ、知らない。
    ウチの母の学歴知ってるご近所さんもいないと思う。

    学校名を枕詞にねえ…あー、「今奉職中の学校」なら「○○大のA先生」とか言いますがな。
    ウチの旦那は大学教員だから知り合い話は大学の先生についてが多いですが、
    現在明大教授のB先生を、出身が東大院だからと「東大のB先生」とは言わんよな、「明大のB先生」だよ東大じゃワケわからんなるがな。しかもB先生、博士号はアメリカのボストン大で取りました~とかいうことならどうなるんだ。大混乱だ。

    そういう知り合いの話をして、さて、何大の○○さんになるのか観察してみたらどうだろう。

    あーで、70代っても前半後半あるけど、もし70代後半なら後期高齢者な訳で、ウチの父母もそうなんだけど、言動はもう誰かが意見したからとかいうことでは変わらんと思うよー。
    まあ訳も分からず疎遠ってのも良くないからそれとなくじゃなくつなハッキリ言えばいいけど、それで改まるとか期待しない方がいいよ。

    トピ内ID:0859919882

    閉じる× 閉じる×

    義父がそうだ

    しおりをつける
    blank
    ころん
    90代の義父が、誰かの話をするときに大抵「この人は〇〇大を出てるんだ」とか「区長をやってたんだ」とか経歴をやたらとくっつけてきます。
    学歴とか役職とか大好きです。
    私は全然興味がないから頭に入ってこないし、そもそも知らない人の話なのでいつも聞き流してます。
    昔は高校・大学に行かなかった人も多かったから、学校を出てるというのがものすごいステータスだったんでしょうかね。
    今更治らないから放っておくしかないと思います。
    トピ主さんのお母さんの話しぶりを不快に思う人もいるかもしれませんが、そうだとしてもトピ主さんとは別人格、別の人間なので、お母さんが他人から嫌われても気にする必要ないと思います。

    トピ内ID:8239381260

    閉じる× 閉じる×

    単なる情報整理では?

    しおりをつける
    blank
    nana
    学校って、貴方の同級生の話ではないのですか?
    でも、侮蔑的に使っているわけで無し、内々の話ならそこまで
    目くじら立てなくてもいいと思うのですが。

    昔は結構良くありました、田舎なら尚更。
    学歴だけでなく、住んでる場所や、屋号、職業、住んでいる家の情報
    等々、ご近所づきあいも多く、覚える人も多い世代の暗記法です。

    長屋の梶さん、市役所の田中さん、○小学校の(先生の)田中さん、
    一本松の鈴木さん、A高校の坂田さん、土手上の高野さんなど
    整理しやすい情報と名前が一緒になって呼ばれていることが
    日常茶飯事です。
    出身校もそうですね、学歴を揶揄しているわけでなく、
    学歴の高い人と言う認識のただの情報整理上の話なのでしょう。
    逆に言うと、そういう情報無しでは個人を整理できないことも
    多いです。

    気になるのなら、どこの家の誰で、どういった関係なのか、
    どう呼べば良いのか、親御さんにその人の出身校以外での
    印象的な個人認識方法を与えてあげてください。
    ヨガ習っている○さんとか、どこにお嫁に行った×さんとか
    白い犬飼ってるの△さんとかね。

    トピ内ID:6338458346

    閉じる× 閉じる×

    変わらないと思います

    しおりをつける
    blank
    ワーママ
    もう、頭の体操だと思って好きにさせる年ですからね
    それとなく注意なんて通じるわけがないです

    はっきり言っても、すぐに元に戻ります


    話を聞いてあげる(ふり)をするのも介護

    お父様、多分聞いてませんよ
    家庭を円満にするために、聞き流す耳を持っているのが夫だと思います


    悪く言いすぎですが
    逆に言えば、だからこそお子さんを参加させればいいと思います
    反面教師として、こういう人もいるというのを
    知っていた方が対処のしようがあるから

    年寄というのは、古い価値観で生きていて
    変わるのは容易でないこと

    それが老いということだ

    トピ内ID:0547802368

    閉じる× 閉じる×

    すごい。

    しおりをつける
    blank
    匿名。
    70代で 話す人の出身校を覚えているんですね。いやーすごい 記憶力ですね。私なんて夕べ 何食べたっけなんてしょっちゅうです。その記憶力 どうすれば養えるんでしょうか?

    トピ内ID:8065353627

    閉じる× 閉じる×

    多いにある

    しおりをつける
    🐤
    その世代の女性は、あるある なんです。

    お稽古の先生は、お父さまがA病院経営のX大学英文科
    ご出身のお嬢さまって、一人一人呼ばれていました。

    そういうご令嬢の集まりにしたいらしい。初めての人は、やめてぇ~ です。ところが、慣れてきて笑顔。

    私も父の勤務先やら個人情報呼ばれて、ゲッソリ。

    キリのいいところでヤメました。

    その一人のお嬢さまもヤメたようで、街角で会って
    ほんとにイヤだったので、即ヤメたそう。

    麗さんも同じって、尋ねられ 同じ同じって言って
    二人で笑いました。

    トピ主さん、お母さんに『そんなこと言ったら、お里が知れるって言われたわよ。家族が恥をかくから、絶対に言わないで。 』
    くらい、言えませんか。

    お母さん、超名門女子大の英文科かフランス語科、ご卒業でしょうか。普通、聞いた人が仰ぎ見る、大学卒業でしたら
    育ちもわかります。


    キリのいいところでヤメました。

    トピ内ID:3488455033

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    友達
    あぁ、やっぱりその世代の方にはいらしゃるんですね。

    地方出身の母は、その地域では名の知れた大学卒。
    友人もそういう方が多く、中には有名な方もいらっしゃいます。
    交友関係も含めると
    ちょっとしたステイタスかもしれません。

    ただ、あくまで地元で。

    今は、東京に住んでおり
    その地方のことを話されてもピンときませんし
    なんだか、かえってそれが田舎っぽく感じます。

    母の話のほとんどは昔話。
    いつまでも、学生時代のことを話し続けます。
    うんざりです。

    もう、仕方ないのですね。
    あきらめます。

    トピ内ID:6492476266

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    聞いてあげてよ~

    しおりをつける
    🙂
    地方出身の70代の女性で大学卒。
    お母さまは、なかなかのお嬢さまですよ。
    その年代なら、中学を卒業して働く人もたくさん居ました。

    ●●高校。○○大学。
    これは、一番下の学校という蔑んだ意味じゃないですよね?
    単なる区別だと思います。

    学生の頃の話をするなら、●●高校の誰々~○○大学の誰々~の冠が付いても普通では。

    その頃の話をするのは、お母さまが一番輝いていたからでしょう。
    また、今もそこそこの幸せでなければ話さないと思います。
    昔は良かった…ばかりを話しても虚しいですもの。
    娘時代が辛いばかりなら、聞いても全く喋りませんし。
    立ち入り出来ない、触れちゃいけない、というくらいタブーになります。

    親の昔話。
    同じ事の繰り返しならば、いい加減ウンザリもするでしょうが…
    周りの年老いた娘達は、会話が出来なくなった時に思うのが、もっと親の若い頃の話を聞いとけば良かったな…です。

    機嫌良く喋っているなら、聞いてあげてよ~と思います。
    知らない話を聞くのって、そんなに面倒ですか?

    トピ内ID:4250379401

    閉じる× 閉じる×

    昔の人はありかも

    しおりをつける
    blank
    赤い羽
    昔は普通にいた気がする。


    最近サザエさん裏話という本を読みました。長谷川町子さんがサザエさんができるエピソードなどエッセイ漫画ですが、その中でも見事に学校やら肩書きを羅列されていいました。しかも嫌な感じでもなくごくごく自然なのがさすがという人柄なんでしょうかね。
    「姪はフタバ幼稚園を受験して入園」だの「この二人の姪は一人が上智の仏文科、もう一人はICUの学生になり」「妹の夫は東大出で新聞社の経済担当記者」さらには通ってる教会の司祭は東大の総長だのそのお知り合いの女性はご主人が日赤の社長に就任して多忙なのに必ず○○してくれて・・・などなどそこに肩書きいらないよね?という文章だらけでした。もう一冊読んだだけで彼女周辺の人々の学歴と職歴が頭にはいるというほどです。昔は個人情報などうるさくない時代だから書けたんだろうなあという感じです。

    昔の新聞の投書欄などにも孫と遊ぶ夫とかいう場面書くのにいちいち歯科医の夫が孫と遊んでいるのを見ながら・・・など書いていたり、息子は早稲田大学の学生ですが・・・など書いてるのもよくみました。今なら普通に息子は大学生ですで終わりかなでしょうね。

    トピ内ID:2111859774

    閉じる× 閉じる×

    母が入院しているのですが

    しおりをつける
    🐱
    さつまいも
    80代の母が長期入院しています。
    同じ部屋に、90代の女性も入院しています。

    この方、さっき食べたごはんのことは忘れてしまうのに、
    若いころのことはよく覚えていて…。
    また、寝たきりなんですけれど、話し出すと結構長いらしく。
    母に話して聞かせる話題の8割は、昔の自慢話なんだそうです。

    母は、へーとかほう、とか相槌を打つだけなんですけど。
    その中で、その方の出身校、ご主人の出身校なんかも
    何度も出るらしいです。

    つまり、何が言いたいかというと、話題に学歴や肩書を入れたがる人は、
    1)その経歴によほどの誇り(またはコンプレックス)があり
    2)一生それを言い続ける
    ということです。

    今食べてるごはんが、昼ごはんか夜ごはんかわからず、
    排泄もよそ様のお世話になる年になっても、人は変わりません。

    人生最終章に来ると、もはやどこの大学を出てるとか
    どんな家に住んでいたかなどは関係なくなり、
    医療者が注目するのはその人の病状だけなので、
    聞いているこちらが哀れさすら感じるのですが、
    その人にとっては、それがある種の生きた証なのでしょう。

    そして、そのように同じ病室の人にストレスを感じ、
    延々と私に愚痴る母の性格もまた、死ぬまで変わらないと思います。
    先人に学び、学歴ではなく自分がどう生きていくか、
    生きて来たかを軸に、人生を全うしなければと思っています。

    トピ内ID:6669659777

    閉じる× 閉じる×

    記憶の仕方です。

    しおりをつける
    🙂
    ひげ爺
    記憶の仕方です。それと同姓の方がいる場合に混同しない為です。「煙草屋さんの〇〇さん」と同じです。近所付き合いなどしていれば 有ります。遠方の方なら〇□市の〇〇さんとか…他意はありません。

    トピ内ID:5929241231

    閉じる× 閉じる×

    知り合いにいました

    しおりをつける
    🙂
    maimai
    中高一貫の女子校に娘が通っていた時のお母さん友達に同じ人がいました。当時はお互い40代でした。
    自分やご主人の知り合いの話をするとき「〇〇大学を出ているんだけど」とか「その人は高卒なんだけどご主人は〇〇大なの」と話の内容には全く必要でない学歴をいいます。
    その人にとって学歴が人の基準なんだなと思いました。たぶんそういう育て方をされたんでしょうね。ちなみにその人のご主人は東大です。

    トピ内ID:0902250857

    閉じる× 閉じる×

    ひょっしてお母さま高学歴の人ではありませんか?

    しおりをつける
    blank
    宵待ち草
    高校はその地方の名門高校(旧制中学からの伝統校)そして公立の短大か国立大もしくは中央の名の通った女子大へ進学した。そういう人は、それなりの男性と結婚していますので実に詳しく知っていますよね。他人の家のご主人や奥様その子弟の進学先を。
     大体が同級生もそれなりの男性と結婚しているので、自分の子供の代になっても子供同士高校が一緒の場合が多いらしいのでより詳しくなるのだそうです。
     某教授が社会学の講義で話していましたが高学歴の女性は高学歴の男性と結婚しがちなのだそうです。つまりエリート層は再生産されるのだそうです(このトピの本質はここだと思います)。
     昔も今も高学歴者はそれなりのエリート意識を持っているのだそうです。東京でも超上層の社会は地方と同じだそうですよ(教授談)。
     私も一度でいいからトピ主さんやトピ主お母さまの立場になりたかったです。本心では。
     残念ながら高校は二流にしか合格できませんでしたのでそれなりの人生を歩いています。このトピ上辺の社会ではなく人間社会の本質を衝いた良いトピですね。私は逆にトピ主お母さんの気持ちが理解できます。

    トピ内ID:3459566655

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    友達
    そうなんですよね・・。

    母にとって学歴がステイタス。
    その後、ずっと専業主婦だったのにかかわらず
    最終学歴で意識が止まってしまっているんです。

    パートでもいいので
    少し、外の世界を知ってほしかったなと思います。

    実は祖母もそういう人。

    認知症なのに、親族の最終学歴は忘れません。
    そして、それを励みに今を生きてるのです。

    私は、その母の希望にはそぐわず、
    駄目だと言われ続けてきました。

    私自身は駄目なんだと思い育ちましたが、
    社会に出てみると
    意外と大丈夫、誇れる学歴だということがわかり、
    本当にびっくりしました。

    トピ内ID:6492476266

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      夫の両親もそう!

      しおりをつける
      blank
      トン
      夫の両親もそうです。
      出身高校→大学→就職先まで全部言いますよ。その人が結婚すれば、奥さんは・・・・と奥さんの学歴も。
      私は、たいした学歴ではないですし、聞いていると不快。
      隣の家に夫の両親と同世代のご夫婦が住んでいますが、たまに立ち話するとやっぱり似たような感じです。

      70代くらいの人ってみんなこうなのかと思っていました。
      話している本人は気にならないんでしょうが、聞いてるほうは不快ですよね。

      トピ内ID:1108703548

      閉じる× 閉じる×

      いました、そういう人。

      しおりをつける
      🙂
      りんご
      仕事先でそういうおじさんがいました。
      誰がどこ大学出身とかいう話が大好きなようで、全然関係ない話でもやはり枕詞に大学名をもってきます。
      「〇〇大学と△△大学が議論しているな、どうしたんだ?」とか、「この書類のここ、修正してもらえる?☆☆大学だからお願い。」とか、ほんとに耳障りでした。
      その年代の方々は、大学を出るのはまだ特権階級的なところがあったと思いますので、それを分かっているご自分が高みに立って満足…という心理があるのかもしれません。

      お母様が変わるかどうかは分かりませんが、身内として恥ずかしいと思っていると理解してもらわないことには変わらない、と思います。一番いいのはご自身に恥ずかしいという気持ちを持ってもらうことですが。

      一回同ピ主さんが同じように枕詞につけて、徹底的に話をしてみたらいかがですか?うっとうしい気持ちを分かってくれるかも?それで我が意を得たりというように話がはずんでしまったら作戦変更ですが…。

      トピ内ID:1349703503

      閉じる× 閉じる×

      その年齢では、今更無理

      しおりをつける
      😒
      そうなのか
      今更無理。

      そういう場合は、こちらで変換させて言うと混ざる。

      「〇〇大学の〇さん」と言ったら「△団地の〇さんね」
      と、住んでいる土地へ変換して相手に返す。

      「△中の三角さん」とかの場合「それどこの中学?今そんな人いないけど、どこの三角さん。私は三角町の三角さんなら知っているけど。
      誰?」

      父親とも話し合い、「今はもう過去の学歴で、言われた方が嫌な思いをすることもあるので、言われたら誰?」と言って欲しい。

      トピ主さんの母親は、どこの中学出身ですか?
      (あえて大学出身でも大学を使わない)
      「〇〇中のお母さん」
      逆に言われて嫌に思わないか聞いてみるのは?

      トピ内ID:3420131386

      閉じる× 閉じる×

      そんなもの

      しおりをつける
      blank
      HT
      ですよ!私の母も。70代には大卒、高卒という差だけで人生が決まったらしいです。(苦笑)
      まぁ貴方も親ならそういう差を考えて子育てする事が大事ですね。

      トピ内ID:5190752327

      閉じる× 閉じる×

      夫もそうですよ

      しおりをつける
      🙂
      40代主婦
      両親も夫もそっくりです。私は特に違和感を感じません。
      むしろ名前だけ初めて聞いても、どういう関係がさっぱり分かりません。
      出身校と同じだったら学生時代の友人だと思うし、違った場合でも相手を見下したりした言い方じゃないでしょう?お互いの学歴を尊重してるから言うのだと思います。

      トピ内ID:3035352716

      閉じる× 閉じる×

      なかなか変わらないと思う

      しおりをつける
      blank
      にこ
      凝り固まった価値観は、なかなか変わらないでしょうね

      世代に関係なく、
      学歴にすがっている人、
      学歴にコンプレックスがある人、
      私こんな人と仲良しよ凄いでしょと言いたいタイプの人に、
      そういう人が多いですよね。

      トピ内ID:8011026784

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (2)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0