詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    • ホーム
    • 話題
    • 生活用手元資金はどのくらい備えていますか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    生活用手元資金はどのくらい備えていますか?

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主9
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    💔
    ブレイキングバット
    話題
    一人娘が半独立の勤労夫婦世帯。現金はほとんど遣いません。99%がクレジットカードとネットバンキングです。

    教科書どおり平常時の消費支出1.5か月分を実質金利ゼロの流動性の高い決済用預金口座に確保、家計簿に4週間先までの収入と支払が予定されています。

    で、これも教科書どおりに「生活防衛資金」として消費支出10か月分を引出しに3日~1週間かかるけど超高金利の複数の口座に入れ、年2回の休暇旅行とか屋根の葺替え、塀の換築、固定資産税納税、はたまた5~6年に一度の車の買替えなどの「イベント支出」に備えてます。

    老後・教育資金は全く別枠の株式と投信の積立投資です。

    問題はこの10か月分の「イベント資金」で、多過ぎるのではないかと言う印象です。大きな支出があるときは決済資金を遣り繰りし実際に手を付けるのは1か月分程度。車はそろそろ買替えですが、家の工事の予定は当分ないし、今の時期は手取りが多く大きな支出もないので残高がどんどん増えていきます。

    まあ預金はリスクなしで利息が付いていくのでよろしいのですが、何となく面白くありません。かと言って、昨今の不安定な株式市場に追加の資金を投げる気にもなれません。

    皆様のお宅ではどのような考え方で生活用手元資金を管理し、当分遣う予定のない余剰資金をどのように活かしていますか?個々の家庭独自の事情は承知の上で是非ヒントをいただきたいです。

    なお、保険のような金融商品や貴金属、仮想通貨には興味ありません。

    トピ内ID:4456268555

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 11 面白い
    • 41 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (9)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    凄いですね!

    しおりをつける
    🙂
    まるなり
    ほぉ~。トピ主さんは凄い。素直に尊敬します。
    私も株式にはこれ以上入れられません。
    夫の仕事上の都合で株が買えません。
    投信は好きになれないし。外貨もいくらかあります。
    うちは上の子が中学生になり、これから教育資金がかかるので
    投資より、現金で大学資金を用意しました。

    いいじゃないですか。これでもかと貯めれば。
    お金は腐りません。

    お孫さんの教育資金になるのを楽しみにとっておけばいいのです。

    それに、孫も何もなく喜んで来るのは小学生まで。
    中学生からは小遣いとか、旅行や食事、
    美術館や映画を見せてあげれば喜んで来ます。
    大金は要らないけど、ちょびちょび楽しめる位のお金があると
    孫ライフも楽しくなりますよ。

    うちの子は夫の親から一回遊びに行くたび三千円貰っています。
    しかし、部活の備品にあっという間に消えてしまいます。
    「一日使って、勉強も部活も何も出来ない。家に閉じこもって
     おじいちゃんの話を延々聞いて、本も読めない。
     勉強も遅れる。三千円なら、もう行きたくない」
    とごねるようになりました。お金のない祖父母なら
    私も子供を諭せます。子供もこんなことを言わないでしょう。
    そうじゃないので、私も「う~ん。そうだね~」
    と思わず同意してしまいました。

    お金も使いようですよね。
    トピ主さんは解っているので大丈夫。
    そのうち使いたくなる時が来ますよ。

    トピ内ID:1443921958

    閉じる× 閉じる×

    万全ですね

    しおりをつける
    🐤
    ひよこ
    うらやましいです。そんなに先のことまでお金を管理できていて。

    先に使うお金を積み立てる。
    そんな基本的なことが私にはできないんですね。

    お恥ずかしながら、車の購入や家のリフォームはローンです。
    教育資金は学資保険を500万積み立てていましたのでそこから何とか。
    手元に余剰資金はないです。

    ただ、投信は保持していまして、かなり利益をあげています。
    車検や旅行などのお金は投信から一部解約をして払っています。

    投信の分配金を全額受け取ると増えませんので、分配金の8割から9割くらいを解約しています。

    性格的に手元にお金があるとすぐ使ってしまうので、できるだけ手をつけられないように工夫しています。
    定期預金も満期まで待てずに使ってしまうどうしようもない性格なので、老後の貯金はほとんど個人年金にしています。

    10年以内に解約すると損をするので、何とか手をつけずにすんでいます。どうしても急にお金が必要なときがきても、保険のマイページから二日以内に借り入れすることができます。

    本当は、ブレイキングバットさんのように計画的にお金を用意するのが一番なんだとはわかっているのですが、できないので仕方ないですね。

    個人年金は興味がないようですが、私はいくつも入っています。途中で払い済にしても満期まで何十年も運用してくれるものもありますので、預金よりはるかに得だなあと思っています。

    トピ内ID:2736437238

    閉じる× 閉じる×

    遣わなきゃお金も腐りますよ

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    先週の日経平均終値を超える日数生きてますから人生あと3イニングぐらい。遣わなきゃ腐ります!

    >まるなりさん

    我々の親以上の世代は娘の幼児期以前に皆他界。娘は大学生ですから孫vs爺婆は当分先。私自身も爺婆に金をせびる・もらうは未経験で、親子の性格からして多分これからもないでしょう。

    大学院に行くらしい18歳の娘は妙に自尊・独立心旺盛で、今夏前の親子衝突で「出て行け!」と言ったらその晩家出し、今は通学しながらホテル受付アルバイトで食住完全自活しています。高校時代からのアパレル店員と饂飩屋の稼ぎで貯めていた金で14年落ちの高級車を買いましたが、保険の半額は負担してやっています。

    教育資金は、先頃の金融庁WGの「幻の報告書」に登場した金額程度は確保してあります。詳細は割愛しますが授業料や教科書などの「純学費」にしか使えず、娘が進学しないと腐ってしまいますが、孫以降にも持ち越せるのが救いです。

    改めて自己分析してみました。多分我が家の「金融閑散期」に退屈しているのでしょう。

    今夏は休暇旅行なしでしたが、毎年前半は冬の休暇旅行の精算から始まり、固定資産税・確定申告、年二回の持ち株購入、ガーデニング消費、ボーナスなど、結構大きな金の動きがあります。それが7~8月に手配した今冬旅行の航空券や宿泊などの支払を最後に、これも詳細割愛ですが幾つかのかなりの額の給与天引きが夏までに年間上限に達したので、手取り額が増えて余裕ができた代わりにあのスリリングな資金采配の緊張感がありません。

    そろそろ来春と来夏の旅行の計画を始めていますが、娘が家計から欠けた分の余裕を充てて回数を増やし、年間の旅行関係支出を現在の全消費支出の25%から33%程度に引き上げるつもりです。

    う~ん、余剰資金の使い(貯め)道からずれてきましたね。

    退屈はもう少し続きそうです。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    万全かどうか? さあ、どうでしょう?

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    死ぬときまでに上手く使い果たして尚且つ後始末のための費用を残せてたらよろしいですが…。一応、死後に残った資産の処分に関しても法的な対策は施してあります。

    >ひよこさん

    我が家の家計が落ち着いたのは、十数年前に遺産で住宅ローンを完済したころからです。

    夫は30年間で3回失職しています。2回目は一番辛かったですよ。乳飲み子抱えて半年間月7万円足らずの雇用保険だけが収入。その後半年間請負扱いの派遣。やっと見つけたフルタイムの仕事は前職の30%ダウン。ま、そんなことどうでもよいですね。

    でも、だからこそ不時への備えは常に意識です。しかし皮肉なもので、備えが整ったころには「次に失職したらそのままリタイアでもいっか」と。ま、人生そんなものです。

    投資商品論議が目的ではないので深入りはしませんが、年金保険の類の商品は興味ありません。理由は幾つかあります。、
    ・流動性が無いに等しい(短期間で解約は確定的損失)
    ・定額年金は返戻率が悪い(我が家の過去30年間の株・投信のリターンは平均9%/年)
    ・「何だかよく分からないけど毎月金が貰えるってさ」には興味なし

    生命保険は、夫の勤務先の会社負担団体保険を除いて5年前に全て解約しました。現在は自動車保険と火災・包括的賠償責任保険だけ。

    実は2年前に変額年金を少々買いました。保険機能は一切無しで出し入れ自由無制限の投信と同じ扱いです。保険会社の取分だけリターンが減りますが、他の節税枠を使い切ってましたので。しかし初年度に20%のリターンを見せて以来ぱっとしないので塩漬け状態です。

    おっと…。

    現在の懸念は、生活防衛資金の額とその運用方法です。皆様の参考になりそうなお話をお聞かせください。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    とりあえず心配はなくなりました

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    本日夫が失職し、「生活防衛資金」は文字通り夫が次の仕事を見つけるまでの生活を支える資金となりましたので、「生活費10か月分は多すぎるのではないか」の懸念は解消し、運用先も現在の高金利普通預金で据え置きです。

    解雇手当とか株式オプションの処分などで生活費半年分ぐらいの一時金が入ってくるので、こちらは別の高金利口座を開いて貯めておくことにします。

    今冬の東南アジア3週間旅行は、既に航空券や宿泊を購入済みのこともあり決行です。夫失職中の休暇旅行は17年ぶりです。

    しかしこれで、そろそろ計画を始めていた来春休みの一週間旅行は難しくなりました。

    来夏の欧州2週間旅行は何とか実行したいと思います。

    ホント、災難は忘れた頃にやって来ますね。

    妻の稼ぎ、雇用保険、年金などで生活費の半分ぐらいは賄えますが、やっぱり備えておいてよかったと思います。娘が「私小遣い要らないから」と言ってくれたのが嬉しかったです。

    あ、これで車の買い替えも延期です。あははは。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    逆境に強い方とお見受けしました

    しおりをつける
    🙂
    yoshiko
    ご主人の失職、大変でしたね。
    日頃準備されていた手元資金が役に立ち、良いといえば良いのですが、できれば手を付けないでおきたいものですよね。

    私の主人も結婚時に転職、その後2回転職をしました。
    もう60歳前ですので、もう転職はないと思いたいです。

    トピの文章からしっかり物事を考え、バリバリ行動をする方という印象をうけました。
    今回のご主人の件もきっと乗り越えていけるしその準備もしっかり行ってきたのでしょう。

    ただ、何というかトピをたてて意見を求めているのに、非常に意見を言いにくい雰囲気の文章を書かれています。

    ○○という方法がありますよ。

    という意見に

    ○○は私の中ではありえません。ピシャ!
    私の聞きたい意見は別です。  ピシャ!

    という印象を受けます。

    そうすると何か意見を言おうという気持ちが萎えてしまいます。

    もう少し柔らかい文章や言い方にされるともっと有意義な意見が聞けるかと思います。

    他人の話100のうち99自分が知っていることでも、知らない1を聞くことができるかもしれませんよ。

    トピ内ID:2736437238

    閉じる× 閉じる×

    ピシャ! ピシャ! ピシャ!

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    「シェルブールの…」より「雨に唄えば」の感じですね。あははは。

    >yoshikoさん
    見舞いのお言葉ありがとうございます。

    逆境だろうが何だろうが、ここでめそめそして見せても何も改善しません。我が家の就職状況に関わりなく明日はまた陽が昇り請求書は不断に届きます。

    今回の失職はもちろん痛手で、我が家の今後の生活設計にも影響は無くないと思いますが、乳飲み子と住宅ローンを抱えていた前回・前々回の失職時より家計状況は大幅に向上しているので、深刻度は遥かに小さいです。できるだけ早くできるだけ好い仕事を見つけて次の危機に備えるだけ。

    「最良を期待せよ。されど最悪に備えよ」が我が家のモットーです。

    別居の娘に連絡したら驚いた様子で、「私の小遣い要らないから(娘には月3万円の小遣いから娘の自動車保険の半額月割り分を引いた金額を渡してます)」と言ってくれました。「生活費30年分の貯えはあるから心配するな」と言ってやりましたが、前週までに新しい電話器購入とか娘のモール巡りの付合いとかが済んでいたのが、ある意味幸いでした。

    私の文章の書き方に不快を覚えられたようで心苦しく思います。曖昧な書き方で見当違いのコメントを戴くのは申し訳ないと言う思いでした。まあ私もそこそこの年月生きてきましたので多くの事柄に関して判断基準は確立している「つもり」なので、「年寄の頑固」と言うことでお目溢しください。

    引き続きご叱咤とご意見を戴ければ幸いです。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    雇用保険が給付されました

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    失職・申請からまる一ヵ月後。法定最高額らしいですが、前職所得からほぼ一桁落ち。しかも期限付きだと。

    それでも、先日固定資産税の分納が50万円ぐらいあって決済用講座残高が少々乏しくなってきていたので、気が楽になります。

    二週間後からの休暇旅行中のクレジットカード、固定資産税の次回分、所得税確定申告の追加納税など、次の支出のヤマが数ヵ月後に来ます。まあ、それらも入れて(老後資金とは別に)生活防衛資金が1年分超ありますから資金ショートの可能性は非常に低いですが、やはり失職は痛手です。そのころまでに夫が就職できるといいですね。

    最悪夫がそのままリタイアという道もありますが、計画ではあと6年働いて老後資金をもう33%増やすつもりだったので…。

    幸いだったのは、3~4年前から生活防衛資金としてリスクなし流動資産の充実を意識した資金管理をしてきたことでした。しかし、まさか実際に生活防衛資金を活用するようになるとは…。

    いや~、人生ヤマありタニありです。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    不動産賃貸業はいかが?

    しおりをつける
    🙂
    りんご
    トピを読んで、しっかりされているなと感心しました。
    私は30代後半で、子供が小学生と幼児の二人です。
    共働きで若干余裕があるせいか、金銭管理は適当で普通口座に
    適当に入れたままが多いですが、年収1年分を超えるぐらいになり、
    金融機関のキャンペーンを見かけると多少金利等がいいものに移す程度です。株は以前はやっていましたが、今はやっていません。
    他の金融商品も一切持っていません。
    ですが、来年から不動産賃貸業を始めます。
    物件は青田買いで随分前に新築マンションを契約済みで来春引渡しです。
    資金繰りは現金買いや不動産投資ローン等色々あります。
    実質利回りは3%で、年間収入は手残り100万以上の予定です。
    トピ主さんは資産が生活費30年分はおありとのこと、完済したマイホーム
    があること。日本政策金融公庫であれば、マイホームを抵当に入れて、
    低金利で貸してくれます。日本政策金融公庫は民間金融機関と違い、
    最初の諸費用が登記代ぐらいです。高額な保証料はありません。
    都心部、地方かでどういう物件を買うのがよいのかだいぶ変わってきますが、目利きをして物件を選びさえすれば堅実な方法です。
    マイホームを賃貸に出して、夫婦だけなら小さなマンションを買うのもありかもしれません。
    あとは、娘さんの部屋を活用して民泊なんていうのも。

    先日税務署主催の賃貸業で初めて確定申告をする人向けの説明会に行ったら、45-65歳ぐらいが中心でした。
    (75-80歳ぐらいのおじいちゃんも結構いたけど、本当に初めての人かは謎)

    トピ内ID:6328437553

    閉じる× 閉じる×

    不動産投資は性に合いません

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    一軒家を数軒所有・貸し出している友人が何人かいます。国外に賃貸不動産を所有している人もいます。

    我が家も、20年前の家を買い換え時に元の100平米程度の小さな区分所有を賃貸に出す選択肢もなくはありませんでした(実際、我々が買って住む前は賃貸されていた)が、当時の我が家の正味資産と金融資産残高は現在の1/15程度でしたから、持ち続けていたら相当キツかったと思います。

    30歳代で賃貸オーナは凄いですね。

    我が家が不動産投資を好まない最大の理由はリスクです。一度に何千万円も投資してそこから回収していく。投資を借金で賄えば、いわゆるレバレッジをかけるわけですね。

    入居率、劣悪入居者、補修、経年による劣化・価値(家賃)減少、自然災害…。不動産は切り売りできず取引には時間がかかりますから流動性がとても低い。30年以上前に3年ほど営んだ自営業にも懲りました。

    失敗しても挽回可能なりんごさんの年代で、資金に余裕があれば冒険して新しい分野の収入源確保のチョイスもあるかもしれませんが、「あと何年でリタイアしようか」の時点で、老後資金を取り崩したり借金して「不動産投資デビュー」は、例えば投資が10年で回収できる余程の蓋然性でもなければ、我が家の選択にはなりません。

    りんごさんの(実質)利回り3%って、3千万円の物件を月15万円で貸出しですか?常時満室・家賃永久据置きでも回収に33年以上かかるんですよね?

    そんな高リスク・低リターンより、超高金利銀行預金と過去30年間の平均リターンが年12%の株式・投信を続けるのが我が家にはふさわしい。

    また「ぴしゃ、ぴしゃ、ぴしゃ」ですね。あははは。

    あ、僭越ながら経験から忠告申し上げると、どんなに素晴らしい投資でも、それに全てを賭けるのは危険です。予期しない雨の日は来ます。不動産なら複数物件とか、有価証券も所有するとか、分散投資が肝心です。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    自動車が壊れました

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    妻のHVが走行中突然不調になり、幸い行きつけディーラの近くだったので割込みで見てもらったら、走行用電池交換で50万円の見積もり。

    14年半かけて殆ど月まで連れて行ってくれた車ですが、50万円かけて延命する選択はないので、半分泣く泣くその場で車選びを開始。

    「そろそろ買換え」の予定が失職中で延期されていたところの大金出費、しかも3週間の旅行出発二日前と言う状況ですが、半分動かない車を持ち帰って旅行後にまた下取りに持って出向くこともできず、車がなければたちまち生活に大きな支障が生じるので、胃に穴が開く思いで6時間かけて交渉と手続きを済ませて1台だけあった売れ残りの2019年型のPHV新車を乗って帰りました。

    生活防衛資金が400万円近く減りました。基礎生活費は雇用保険、妻の稼ぎ、年金、株式配当などで賄えていますが、ストレスが募ります。

    ある程度の予想があったとは言え、悪いときには悪いことが重なるものです。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    泣きっ面に蜂です

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    失職以来4ヶ月。夫の再就職はまだ決まりません。

    コロナショックで我が家の金融資産はこの3週間で7千万円近く減少しました。

    現金等価の生活防衛資金はまだ900万円ほどありますが、確定申告の所得税追納と固定資産税で200万円ほどの納税が目前です。

    雇用保険は受給していますがこれも限りがありますし、必要支出には遠く及びません。大口の株式配当とか予定外の補助金とかもありましたがだんだんネタ切れです。

    このまま失職状態が続けば、夏までには抜本的な生活の見直しが必要になりそうです。

    朗報と言うか怪我の功名と言うか追加損失の回避は、立ち消えになった春休みの国内旅行と夏の欧州旅行が、昨今の世界状況ではそれどころではなさそうなことです。

    昨年末に止むに止まれず買った車は一度もガソリンを入れてません。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る

    それはヤバいですよ

    しおりをつける
    🙂
    元金融屋
    車、乗らないとバッテリー上がりでまたまた不要な支出が増えますよ。

    資産の件ですが、私は根が怖がりなもので預金と貯蓄性保険のみです。
    半年前ならトピ主さんに笑われていたでしょうが、今はどうでしょうか?

    トピ内ID:4930533223

    閉じる× 閉じる×

    蜂はまだあります

    しおりをつける
    💔
    ブレイキングバット
    数ヶ月間微量の水漏れが絶えなかった製氷・冷水付冷蔵庫は、先日外付け逆浸透圧フィルタを交換したら今度は水が一切出なくなりました。フィルタからは水が出るので、冷蔵庫内部の問題だと思います。21年間使ってきましたが、今買い替えの余裕はありません。当分は倉庫から引っ張り出した製氷皿が復活です。

    これも数ヶ月間目立っていた二階のシャワー排水からの微量水漏れの方は、先週夫が修理し、昨日一階の天井の穴をふさいで修復完了しました。幸い、修復用シート数百円以外は手持ち材料で済みました。

    来月から妻の収入が15%減少することになりました。

    まさに「踏ん蹴り」状態です。

    昨年末購入した車はPHV(プラグイン・ハイブリッド)なので、5時間かけてフル充電すると50kmぐらいは完全に電気自動車として走り、ガソリンは不要です。購入目的だった夫の通勤は実現していませんが、短距離走行はそこそこしています。アクセサリ用電池(12V)は走行用電池と別ですが、「あがった」ところでまだ新品なのでジャンプしてちょいと走れば問題ありません。

    「預金」は名目価値が安定していて流動性が高いですが、長期間持っていてもほとんど増えません。「貯蓄性保険」は、例えば30年満期で増えるのは精々10~20%で最初の20年間は解約すると元本割れが約束されている商品がほとんどですから、我が家の投資スタイルには一致しません。

    コロナショックからの回復はよくわかりませんが、2001年のドットコムバブル崩壊と2008年のリーマン危機で30~40%の投資資産額減少を経験しており、いずれも2年ほどで完全回復していますので今回もそう期待するも、当時と比べて年齢的なことを含めて状況が違いますね。

    トピ内ID:4456268555

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(9件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (9)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0