詳細検索

    • ホーム
    • 恋愛
    • モラハラ夫からこどもを連れて、遠方の実家へ逃げたいです
    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    モラハラ夫からこどもを連れて、遠方の実家へ逃げたいです

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😭
    恋愛
    未就学児がいる専業主婦です。

    モラハラ夫からこどもを連れて、遠方の実家へ逃げたいです


    夫と義理両親からのモラハラに耐えられないので、実家(遠方です)に逃げたいです。

    なお、こどもの幼稚園入園時期が迫っており、このままだとますます逃げられなくなると思い、焦っています。

    置き手紙をして出ていくのは、親権が取れなくなるなど、まずいことになりますか?

    こどもを連れて出ていく事により、離婚の際に不利になりませんか?

    養育費や児童手当は諦めるべきですか?
    (夫が激昂するのが目に見えているので絶対払ってもらえないと思う)

    念の為、離婚届け不受理の手続きはしたほうが良いですか?

    調停を起こしたいですが、お互いの所在地が離れすぎているのでどうすれば良いのかわかりません。

    揉めるのは確実なので、別居先で弁護士に依頼すべきですか?

    いままで、何度も夫と話し合いをしようと試みましたが「お前が俺を怒らせるから悪いんだ!!」と、話し合いになりません。

    色々とネットで調べても、頭のなかが混乱して考えがまとまりません。

    市の無料法律相談も、混み合っていて予約が取れません。

    質問ばかりですが、どうすれば良いかわからず。
    みなさまのお知恵をお貸しください。

    トピ内ID:3796723088

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 18 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 44 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    経験者ですが

    しおりをつける
    blank
    sioko
    離婚調停をした経験があります。
    もし主さんに弁護士を頼む気持ちがあるなら、有料で弁護士さんに相談するのが一番です。
    調停は申し立てられた方(主さんが申し立てたならご主人)の住民票のあるところでやります。
    ただし居住地が離れているなら合意の上中間点でやるとか、主さんの方の地元でやってもらうとか手続きを踏めば変更できますが、そういうものを含めて弁護士さんに相談するのが一番です。

    これは素人の経験からのアドバイスですが
    1)離婚届不受理の申し立てをだしておく
    2)実家の近くで離婚が得意な弁護士の目当てをつけて置く(できれば帰省を兼ねて一度相談する)
    3)子どもを連れて実家に戻る…この場合、主さんが夫を悪意で遺棄したと向こうから言われる可能性があるので、モラハラの証拠を残しておく。親権は幼児なら基本的に母親がとれるが、子どもを置いていくと、主さんの場合「子どもの養育環境を大きく変えるのはよくない」「父親が子どもを育てられる家族と同居している」などで親権が父親に行く可能性がある。
    4)弁護士を立てて離婚調停を申し立てる。

    実際は弁護士さんに確認してください。私が調停したのは10年以上前なので父親の親権の取りやすさとか変わっているかもしれません。

    追加
    ・子どもを連れていくことで不利になるか…書いた通りです
    ・養育費…調停で決められますが夫が払わない場合、払わせるのは実際難しいです。なお調停中も生活費を夫に請求することができます。(私の弁護士さんのアドバイス)
    ・児童手当…子どもと主さんの住民票を移せばもらえると思う。
    ・調停の場所…書いた通り合意すれば変更できますが夫の合意が難しければどうすればいいのか弁護士さんに相談。それによっては主さんは実家に住んで、弁護士は夫の地元で頼み調停で必要な時に主さんが夫の実家のほうへ行くという手もあります。

    トピ内ID:1422848547

    ...本文を表示

    法テラスと

    しおりをつける
    🙂
    さくらんぼ
    DV相談ナビで検索するか、最寄りの警察や役所で、モラハラ被害者のサポート機関を探して下さい。

    母子を保護するシェルターや、就労支援など、サポートが色々有ります。
    説明が有ると思いますが、シェルターを利用する間は、親御さんとの連絡を絶つ必要が有ります。親御さんがシェルターの場所を教えてしまい、連れ戻されてしまうとか、有るからです。
    勿論、離婚の手続きが済んだら、親御さんと連絡も取れますし、実家に引っ越す事も出来るでしょう。

    お住まいの地域が分かりませんが、各自治体でDV相談窓口が有りますので、ネットに投稿出来るなら検索してみて下さい。

    モラハラは、精神的DVです。
    会話を録音するとか、日記をつけて置くとか、幾つか証拠を残す必要はあるでしょう。
    スマホでお子さんを録画したりしますよね?会話も録音してしまえば良いのです。

    どうか自由になれますように。

    トピ内ID:2868792465

    ...本文を表示

    水面下で準備し、準備が整うまで気づかれてはいけない

    しおりをつける
    🙂
    もも
    モラ夫との離婚経験者です。

    現段階の注意点は「準備が整うまで、離婚しようとしていることを気づかれないようにする。水面下で準備を行う」です。

    準備の内容は【「モラル・ハラスメント」のすべて 夫の支配から逃れるための実践ガイド(こころライブラリー)】という本が役立ちます。離婚方法や注意点が書かれています。

    ここからは、私の素人知識なので、上記の本や弁護士相談で確認してくださいね。

    子供→連れて行く。親権は同居実績がある方が取りやすく、トピ主さん一人で逃げ出すと、その後子供を取り戻すのは難しくなる。

    養育費→離婚調停、離婚裁判で取り決めるが、満額支払い続けてくれるかはご主人次第。

    児童手当→本来は、別居中は夫から婚姻費用に児童手当分プラスして送金、離婚後はトピ主さんが貰う。という流れ。弁護士を雇えば、離婚前の婚姻費用の交渉もしてくれるので、早く弁護士付けたほうが良い。

    離婚不受理届→一旦出したほうが良いかも。離婚届を出されると、お金の交渉が出来ないから。

    調停→この問題点は上記の本にも書かれている。
    調停は夫の地域で起こすことが基本。でないと夫に来てもらえない。
    夫の地域に残って調停し、離婚成立後に実家に帰ることが勧められている。仕事が休めるなら、調停のたび実家から夫の地域に通っても良いと思う。(月1回なので)

    弁護士→夫の地域で調停を起こすので、夫の地域で弁護士を頼んだほうが良い。実家地域で雇うと、調停のたびに弁護士の出張費や交通費がかかる。

    最後に、お金がないと良い条件で離婚しにくいです。
    低収入や無収入だと、生活費のために目先の小銭に飛びつき、交渉を終わらせてしまう。夫側の譲歩を引き出すまで、時間をかけて粘ることが出来ない。
    トピ主さんは専業主婦とのこと。まずは仕事復帰が先決です。

    トピ内ID:8428381232

    ...本文を表示

    2度目です。少し訂正。

    しおりをつける
    🙂
    もも
    児童手当ですが、地域によっては、siokoさまのおっしゃる通り別居すればトピ主さんが貰えたと思います。私のときは、私が貰うことが出来なかったので、1回目のレスで書いたような対処になりました。
    市役所等に確認してみてください。

    また、ご主人が怒ってしまって話し合いができないとの事。
    【離れたくても離れられないあの人からの「攻撃」がなくなる本】が参考になるかもしれません。
    モラ夫と仲良くなるのを諦め、モラ夫からの攻撃を最小限にすることを目的に書かれた本です。

    トピ内ID:8428381232

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0