詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    人間が語り手じゃないお話を探しています

    お気に入り追加
    レス25
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ドーナッツ
    話題
    映画「もしも建物が話せたら」を観ました。
    同じような世界観の映画やドラマ、本を教えていただけませんか?

    例えば、
    庭にあった若い苗木が、大きな木に成長する過程で、
    その木も、その場所で家族の成長を見守っていたとか、
    「大きなのっぽの古時計」みたいにおじいさんが生まれてから
    なくなるまでずっと休まず動いてましたとか。
    飼い犬とか飼い猫が主人公(人間)とつるんでるのとか。
    妖精なんかでもいいです。

    絵本「ちいさいおうち」みたいなのも好みです。
    「生理ちゃん」は観ようと思ってます。

    似たような作品があったらぜひ教えてください。
    よろしくお願いします。
    (あ、ホラー以外で! サスペンスは大丈夫です)

    トピ内ID:3857807594

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 3 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 0 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数25

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  25
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    誰でも知ってる

    しおりをつける
    blank
    匿名
    当たり前すぎるけど、『吾輩は猫である』

    その、『吾輩は猫である』のスピンオフのような作品で、半藤一利の『漱石先生がやって来た』というのもあります。

    トピ内ID:3052313834

    ...本文を表示

    物語じゃありませんが

    しおりをつける
    🙂
    ソバス
    お求めのものとは少し違うと思いますが,

    芥川龍之介「新緑の庭」

    はいかがですか?
    新緑の庭にある桜,椎などのごく短い対話です.全部で1頁足らず.詩の一種と言うべきでしょうか.非常に印象的な掌篇です.ネット上で全文が読めますので検索してい見てください.

    その最後の方の2行を引用します.

     苔 起きないこと?
     石 うんもう少し。

    トピ内ID:9271833847

    ...本文を表示

    もう一つ,これもちょっとずれますけど

    しおりをつける
    🙂
    ソバス
    少し前話題になった絵本:

    シルヴァースタイン『おおきな木』.

    語り手は木じゃなくて,姿を見せない作者(つまり,普通の物語形式)ですので,「人間が語り手じゃないお話」ではありませんが,

    >その木も、その場所で家族の成長を見守っていたとか、
    >「大きなのっぽの古時計」みたいにおじいさんが生まれてから
    >なくなるまでずっと休まず動いてました

    に近い感じの物語です.

    トピ内ID:9271833847

    ...本文を表示

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    🙂
    ドーナッツ
    >匿名さん

    名作ですね!自分では思いつきませんでした。
    久しぶりに読み返してみます。
    それに、漱石の他の作品も読みたくなりました。
    ありがとうございます。

    >ソバスさん

    芥川龍之介のこの作品は知りませんでした。
    早速読みました。
    こんなに短いのに景色が目に浮かびます。
    おおきな木もありがとうございます。
    切ないですね。キュンとしました。
    ありがとうございます。

    トピ内ID:3857807594

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    宮沢賢治

    しおりをつける
    🙂
    あき
    動物やら植物やら石やらの対話が多いかと。トピ主さんのご希望と合えばいいのですが。青空文庫で読めますよ。

    トピ内ID:4680722088

    ...本文を表示

    これは読まれましたでしょうか?

    しおりをつける
    🙂
    ティーナ59
    百万回生きた猫

    何度も生まれ変わってくる猫の話しです。
    生きるって何だろう?と考えさせられました。

    神との対話

    人生に絶望するような事が重なって起きた中年のアメリカ人が<神=超越した存在>からのインスピレーションを受けて対話した内容を書いた本で、今から20年ぐらい前のベストセラーにもなりました。

    神っていうと、キリストとか釈迦とか・・・そういう名前が付いた存在だと思われがちですが、この本の中の<神>とは内側にいる潜在意識的なものかな?

    どちらの本も、ベストセラーになるだけあって、とても興味深い内容です。動画サイトに作家さんの動画などもあります。本のタイトルで検索していただければ。

    トピ内ID:6546373462

    ...本文を表示

    宮部みゆきさんの作品で

    しおりをつける
    🐤
    サムデー
    愛犬の視点で描かれているものが数作
    財布が語る連作ものがありますよ

    トピ内ID:7233529319

    ...本文を表示

    ありがとうございます!

    しおりをつける
    🙂
    ドーナッツ
    >あきさん
    教えていただいた青空文庫の作品一覧見ただけでも
    まさに求めていたものの感じがします。
    ありがとうございます。一つずつじっくり読んでみます!

    >ティーナ59さん
    その2冊、タイトルだけ知っていて、
    どちらも読んだことありませんでした。
    でも説明していただけて、すごく惹かれます!
    早速検索して映画も見つけました。
    ありがとうございます。


    >サムデーさん
    宮部みゆきさん大好きです!ありがとうございます。
    財布目線も愛犬視点もワクワクします。
    多分、食事も忘れて読みふけりそうです。

    トピ内ID:3857807594

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    かたづの!

    しおりをつける
    🙂
    食塩
    中島京子「かたづの!」

    女城主が主人公の時代小説ですが、角が一本しかないカモシカが語り手です。

    ホラーではありませんが、かたづのが死んでからはファンタジー小説の趣きを帯びます。

    ファンタジーが苦手な方は読み切るのが難しいかもしれませんが、主人公の聡明さと度胸に感銘します。

    トピ内ID:1954274277

    ...本文を表示

    あずかりやさん

    しおりをつける
    🙂
    アンコール
    思い浮かんだのは「あずかりやさん」
    なんでも100円で預かる店主の話。
    人間以外のあれこれが語り手となり話が進みます。短編形式なのですが、語り手も毎回変わります。人間はたまにしか語りません。

    癒されるのでおすすめです

    トピ内ID:7077465912

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  25
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0