詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    留学して1年9か月。留学の悩み

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    sana
    ヘルス
    私は中学卒業後、高校受験をせずにオーストラリアの高校へ進学しました。

    学校には日本人が数人いて、同じ学年には3人いました。(今も仲いいです)留学し始めて1週間はホストファミリーの言うことも先生の言うことも私の学校でのバディーの言うことも全くわからなくて毎日泣いて、日本に帰りたいと言っていたのを覚えています。

    それから、あっという間に課題に追われ1年9か月があっという間に過ぎていきました。しかし、今の時期が一番課題に追われてて、課題がありすぎて何から手を付けていいのかすら考えるのが嫌になるぐらいストレスが溜まっています。英語もまだスラスラ話せる訳でもなく、100パーセント理解できるわけでもなく、、一つの課題に費やす時間が他の人より3倍ぐらいかかってます。

    課題だけに対してストレスが溜まっているわけではなくて友人関係にも悩みがあって、両方が同時に重なっているのでストレスに敏感になっています。その友達は、授業中など息抜きをするときははして遊んでいても課題の成績はいつもいいです。反対に、私は授業中は結構真面目に作業に取り組んでいるのにも関わらず、成績はいまいちです。どうして?なんで?って無意識に考えてしまい苦しんでいる自分がいます。

    留学をやめて日本に帰りたい訳ではないのですが、今だけ逃げたいと思ってしまいます。課題もこなし、他の英語の勉強も行い、進路のことも考えていては遊ぶ暇もなく、ストレスの発散できる場所があまりないです。最近は頭も体も疲れて何もしないで寝てしまう日も多くなりました。

    何か励ましの言葉、アドバイス、意見があればコメントよろしくお願いします。

    トピ内ID:3480121470

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 10 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 32 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    みんな通る道

    しおりをつける
    米東海岸
    頑張れと心から応援したいです。
    留学し卒業した先輩たちはみんなその道を通ってると言っていいと思いますよ。
    他者に誇れる(もちろん自分にも誇れる)学歴であればあるほどです。

    みんな卒業後はケロッとした顔をしていますし、日本に住む日本人からは「英語ができていいなあ」なんて羨ましがられる。
    へへへ、なんて笑いながら心の中では(どれだけ苦しい思いをして頑張ったと思ってるんだ)とつぶやいてるもんです。

    ただただガンバレ、誰もがしたくたってできることじゃないんだよ留学って、って言いたい。
    逃げれば死ぬまで後悔する。だから逃げない。
    応援しています。乗り越えましょう。

    トピ内ID:4211184822

    ...本文を表示

    応援してます!

    しおりをつける
    🙂
    在豪
    Sanaさん、若くして親元を離れて心細さもある中で頑張ってますね!キチンとした文章書かれてるし、とてもシッカリした印象ですよ!エッセイ上手かな~。

    私自身はこちらの高校は出ていないので、高校状況がよく分からなくてごめんなさい。ただエール送りたくて出てきてしまいました。

    周りには高校から留学~大学~永住してる人が何人もいるので当時の話を色々聞きますが、皆さん、今のSanaさんが言ってるようなことを思ってたようですよ。
    でも、若い頃から厳しい教育環境を耐え抜いてきただけあってさすが優秀だな~と思います。

    大学ではアサイメントの加点のポイントがリストで発表されたりしますが、高校ではないのでしょうかね?
    課題が何を学ばせるためのものか逆に考えて、それを満たしていくのが高得点につなげる方法かもしれませんね。
    先生や周りの大人にアドバイスもらってみてもいいかも?

    遊びたい盛りなのに面白い遊び場所は確かにないですよね(笑)
    言葉にハンデのある留学生には寝る間ももったいないほど時間が足りないのはよ~く分かります!が、抜けるところは抜かないと心を病んでしまいますよ。
    何か好きなこと、興味があることはありませんか?
    時間を決めてネットで日本のTV見るのでもいいし、スポーツでもいいし、適度にストレス発散してくださいね。

    今の苦労は必ず将来の糧になりますよ、頑張って~!!

    トピ内ID:6448797902

    ...本文を表示

    今が踏ん張り時です

    しおりをつける
    🙂
    チカ
    私も留学してました。同じオーストラリアです。欧米の学生は日本に比べると、課題が多く本当に忙しいです。その中で英語がネイティブではない、更に時間も労力も必要ですよね。思い出します。私も理解不足で課題内容間違えて提出したこともあり、物凄く焦った記憶があります。また一からやり直しましたしね。

    同じ日本人と比べたくなるのも分かりますが、それぞれ能力もやり方も違うから、比べるのは止めましょう。キツイ時期を乗り越えると必ずそれが良い思い出になりますし、将来頑張ったその時の自分に感謝する日が来ます。
    応援してます。

    トピ内ID:2539060076

    ...本文を表示

    自分をまず褒めてあげて

    しおりをつける
    blank
    はる
    一年9ヶ月頑張ってきた自分をまず褒めましょう!えらいです!凄いです!

    英語を学びながらの高校生活はものすごく大変だと思います。私も高校の時留学して、一年で帰る予定を変えて、結局卒業して、そのままその国の大学に行きました。

    私がとった作戦は、わからない事はとにかく友達や先生に聞きまくる。いろいろなグループに属して宿題(課題)を一緒に行う。はっきり言って、友達のを真似て自分の課題をやったことも大いにある。ホストファミリーにも私の課題を手伝ってもらったりして、とにかく1人で悩まないようにした。

    スポーツをやっていたので、その友達も宿題をよく助けてくれた。代わりに、算数は助けてあげた。

    息抜きはしなきゃダメです。どんなことが好きですか?好きなことを1日に1時間流行ってください。週末も遊ぶ時間を作ってね。

    成績が良くないって言ってるけれど、まあパスすればいいくらいの軽い気持ちではダメなのかしら?万が一の場合、大学に行くときは、とりあえずコミュニーティーカレッジに行ってから、4年生大学に編入してもいいのでは?

    本当によくやってますよ。

    トピ内ID:3557631102

    ...本文を表示

    ファイト!

    しおりをつける
    🙂
    りんご
    頑張っても頑張っても苦しいという事は、今、自分の能力以上に伸びようとしている時期だからですよ!ここを抜けるとグッと能力が上がっているはず。

    私も、これまでの人生で数度凄く苦しい時期がありました。本気の部活をやっていた引退直前、留学した初年度、そして大学院初年度、海外就職、海外移住時。
    つまり人生初めての大きな大きな課題と取り組む時ですね。乗り切ると出来る事の幅が確実に広がります。

    他人と比べず、あくまで自分のできる限りの労力を注ぐといいと思います。ただし、出来るものなら並行して評価や成果を必要としない息抜き的な活動なり趣味なりするといいと思います。日曜の朝は必ずマラソンするとか。
    そうやって、ギリギリの状態でも定期的に決めた時間を確保して脳を切り替える訓練は、将来的にとても役に立つ事と思います。

    そして、辛い時に異性に逃げないように気をつけてくださいね。同郷の友人は慰めになりますが、比較してしまうなら一旦距離を置いてみるのもありですよ。

    トピ内ID:5440764650

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0