詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    喧嘩の板挟みになりました

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    きのこ
    ひと
    中学生の女子です。いつも、私、A子、B子の3人で一緒にいます。 
    先週体育でバレーボールのサーブのテストがありました。A子もB子もバレーは苦手で練習の時からサーブは苦手だったそうです。
     テストの直前、A子とB子2人で「無理やわ。入らへん」「私も。」といった会話をしていましたが、テストの時はA子のサーブは成功し、B子は入りませんでした。それに対してB子は怒り、A子に「死ねばいいのに。」と言ってA子に軽くですがボールをぶつけ始めました。初めはA子も黙って耐えていたのですが、5回目当たりでとうとう爆発、強いボールをB子に一発投げ当て、怒鳴りあいました。
     それから1週間、グループの雰囲気は最悪です。2人とも仲直りをしたいそうですが、自分から謝るのは嫌だと…
    何か私にできることはあるでしょうか?それとも本人達に任せて第三者は余計なことをしない方が良いのでしょうか?

    トピ内ID:4098368630

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 7 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    それは

    しおりをつける
    🙂
    fuyuko
    けんかではなく、いじめになる行為だと思います。

    いきなり先生に話すというのは無理だと思うので、まずはA子とB子の二人に話してみてはいかがですか? 

    B子に対しては、「死ねばいいのに」というような暴言はいけないことと、ボールをぶるけるのは暴力になること、を。

    A子に対しては、いやなことがあったときに、むやみに我慢せず、いやなことはいやだと伝えること。また、それをせずに、ボールをぶつけるのはしてはいけないこと、を。

    そのうえで、二人が自分の悪かったところを謝るよう言いましょう。そして、今度また同じようなことがあったら、先生に伝えることも考えると宣言しておくのです。

    いじめは加害者はもちろんのこと、傍観者にもなるべきではありません。それは、トピ主さんも聞いたことがあると思います。トピ主さんがここで知らんぷりをしたら、トピ主さんはいじめの傍観者になってしまうかもしれません。

    トピ内ID:3033440431

    ...本文を表示

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    きのこ
    2人に話をしました。
    A子は謝ったのですが、B子は「私は悪くないから。」と謝らす、それに対してA子の怒りも再加熱。話をしてから2日ほどは状態の変化はなかったのですが、最近少しずつ2人の間に会話が見られるようになりました。まだまだぎこちなさはありますが、時間と共に解消されるレベルだとおもいます。
     貴重なお言葉、お時間、ありがとうございました。おかげさまでクラス替えまでの残り数ヶ月、3人で楽しくすごせそうです。
     

    トピ内ID:4098368630

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0