詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • マディソン郡の橋:夫になぜ返事をしなかったのか?(閑)
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    マディソン郡の橋:夫になぜ返事をしなかったのか?(閑)

    お気に入り追加
    レス21
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ソバス
    話題
    こんにちは.いつも私の暇な疑問にお付き合いくださり,ありがとうございます.

    さて,今回は(笑),『マディソン郡の橋』.映画が少し前にTV放送され,前から気になっていたことを思い出しました.皆様のお考えをお聞かせください.

     臨終が近づいた夫(リチャード)がフランチェスカに「フランチェスカ,おまえにも自分の夢があったことはわかっている.わたしがそれを与えられなかったのが残念だ」という場面があります.映画では夫は続けて「愛している」というのですが,それに対し,フランチェスカは夫の手を握りしめ,頬を寄せてキスしますが,言葉では答えません.小説でも,感動したとは回想しているけど,どう答えたか,あるいは,答えなかったかは明示されていなません.

    さて,映画のこの場面,フランチェスカも「私も愛している」と返事しそうな流れなのに,そう言わなかったのは,

    1) 言わなくても分かっている.ずっと夫のそばに留まったのだから・・・.

    2) 夫を大切には思っているが,ロバート(あの写真家)を愛したようには愛してはいないので,「愛している」とは言えなかった.

    3) その他(たとえば,映画や小説に描かれていないときに「愛している」と伝えていたに違いない,など)

    のいずれでしょうか.また,臨終の夫はどちらの意味に受け取ったでしょうか.皆さんの受け取り方をお聞かせください.

    なお,この場面は,映画では,開始後2時間あたり,小説(松村潔訳,文春, 1993)ではp.190付近にあります.

    トピ内ID:5615180410

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 74 面白い
    • 17 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 8 エール
    • 23 なるほど

    レス

    レス数21

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  21
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    それが映画の醍醐味でしょ

    しおりをつける
    🐶
    メリル
    それは自分がどうとらえるかという、映画の醍醐味です。
    自分の中で映画を完結させるのに重要な仕事です。
    3を選びますが、理由を書くのは無粋な気がして、やめておきます。

    トピ内ID:8216457035

    ...本文を表示

    言わないのが、しっくりくる

    しおりをつける
    🙂
    いじめじゃない
    だいぶ前に見ました。
    同じ立場となった今、また見たいなと思いますね。

    不倫はダメですが、淡い気持ちくらいはもったっていい、そんなこともあると思うきっかけになりました。

    既婚の知り合いが、この映画が1番好きだと言っていた時は苦笑いしましたが笑

    さて、質問についてですが、あの場面で愛していると言ってしまうと、おこがましいと思う人もいそうですよね。

    言わないけど、動作で愛しく思っていることは伝わります。愛しさの理由は男女の愛じゃないかもしれませんが、同志として、家族として人間愛はあること、それで充分なのかなと思います。

    1と2の間くらいでしょうか。
    あえて言わないことが、しっくりきている気がします。

    トピ内ID:5901718625

    ...本文を表示

    自分は

    しおりをつける
    チョコ味
    夫を愛しているけど、他の男性も愛したことがある以上、言ってはいけないような気がして言えなかったのかな、と感じました。
    愛しているとここで言える資格なんて自分にはないと思ったというか。

    番号でいったら1番だけどそれだけじゃないって感じ。2番ではないと思います。3番もちょっとわかんないな。
    あくまで主観。

    トピ内ID:2765419296

    ...本文を表示

    言葉よりも重いものがある

    しおりをつける
    😨
    きんぴらごぼう
    I love you, too. と、言葉にするのは簡単かもしれません。 でも、言葉よりも重く、深く、思いを伝えるものもあります。 私は、フランチェスカが手を握り、夫の頬にキスをしたことは、言葉では伝えきれない、溢れる思いがそこに表れているいるように思えます。

    写真家との行きずりの恋は確かに本物だった。 でも、長年培ってきた夫との間には、別の「愛」があったと思うんです。子供を育て、平凡ながらも築いてきた家族愛。 写真家とのかなわなかった恋を心に秘めながらも、生涯を共にしてきた夫に対する感謝の気持ちと愛情、それと同時に後ろめたさのようなものもあったかもしれません。 

    夫の最後の言葉、「おまえにも自分の夢があったことはわかっている.わたしがそれを与えられなかったのが残念だ」 妻が他の男性に密かに心を寄せていたこと、もしかしたら夫は感づいていつつも容認していたのかもしれない。 異国からはるばる来た妻に、平凡な暮らししか与えてあげることができなかった、最後まで口には出さなかったけど、夫には夫なりに抱いていた苦悩や思いもあったのだと、妻もその時に知った。 さまざまな溢れる感情があの場面で描かれていたように思います。 それはただ一言の台詞では表しきれない。 むしろ、台詞がない方が、想いや感情が伝わり、観ている私達の感性に響く。 

    トピ主さんの挙げた選択肢の中から選ぶなら、3かな。 夫への愛情表現はあった普段からあったかと。 でも、夫の最期の場面では、普段から口にしている、I love you, too. で表すには到底できない、深い愛と感情があったのだと。

    トピ内ID:4941917820

    ...本文を表示

    やはり言葉にしないことに重みを感じますね

    しおりをつける
    卑弥呼
    他の方も書いていらっしゃるように、鑑賞者のイマジネーションに解釈を委ねているのが、映画の醍醐味といえるのではないでしょうか?

    言葉に出して言ってしまうより、無言でのジェスチャーによほど奥深いものが感じられます。

    日本文学でも、はっきり結末を書かないで、読者の想像力に委ねられる場合がありますね。

    ソバス様が、このようなことに関心を持ち、考えていらっしゃることに何とも言えない生活の豊かさ、精神世界の豊かさを感じます。

    トピ内ID:9471346916

    ...本文を表示

    レスありがとうございます.

    しおりをつける
    🙂
    ソバス
    あの映画,雨の中の別れの場面 --- トラックのドアのノブに手を伸ばして,でもドアを開けて出て行かなかった --- には胸が締め付けられるような思いをしましたが,でも,一番深く心を動かされたのは,今回話題にしたリチャードとの場面です.でも,それがどういう感動なのかはっきり言葉でいえない.そこで,こんな問いを立ててみました.

    いただいたレスはいずれも,“1としても2としても,それからこぼれるものがある”ということだと思います.やっぱりそうですよね.フランチェスカの気持ち,リチャードの気持ち,二人の「さまざまな溢れる感情」が絡み合っていて,単純に割り切れない.

    でも,だからこそ,あの場面について,いろいろな感想の言葉を聞いてみたいと思っています.4人の方のそれぞれの言葉を聞き,あの場面の様々な思いに触れられたように感じます.引き続きよろしくお願いします.

    トピ内ID:5615180410

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    こたえはないってやつ?

    しおりをつける
    😀
    けやん
    フランチェスカ自身複雑な気持ちになって答えが見出せなかったのかな‥
    夫のところに留まったのは正しかったのか‥

    私も鑑賞した時、「何も言わないのね。」と思いました。このトピで色々な感想を読むと深いですね。

    私の印象に残ったシーンはフランチェスカが子どものようにバカ笑いするシーンです。心の底から楽しそうで、大股開いて笑ってるのに綺麗で見惚れてしまいました。

    トピ内ID:2142516523

    ...本文を表示

    ロバートを愛しているから

    しおりをつける
    🙂
    ロバート♪
    私がこの映画で記憶に残っているのは、フランチェスカとロバートのシーンばかりです。
    リチャードは田舎の朴訥としたおじさんというだけです。
    リチャードの臨終のシーンは記憶にも残っていません。
    そういえばそんなシーンもあったような気がする程度です。笑
    フランチェスカがトラックから飛び降りなかったのは、子供が二人いたから踏みとどまったのでしょう。
    フランチェスカが本当に愛していたのは結局ロバートでした♪
    子供二人が、マディソン郡の橋からフランチェスカの遺灰を撒いてくれたところがジーンときました。
    登場人物が、全員優しくて素敵ないい映画でした♪

    トピ内ID:2259919253

    ...本文を表示

    映画館で大泣きしました

    しおりをつける
    blank
    ごうきゅう
    懐かしいですね。
    色々おぼろげですが、ロバートのところへ飛び出さなかったところは
    大泣きしました。

    私の解釈は
    「ああ、この人わかってたんだなぁ…
    でも私だって本当は自由になれたはず、夢をかなえられたはず。
    心の底から愛し恋い焦がれた人との人生を選べたはず。
    けれどそうせずにあなたのそばにいることを選んだのは自分。
    一緒に生活して人生を共にすると決意したのはあなた。
    私が一生下ろせない重荷とともに生きていたことを知って
    あなたも重荷を背負っていたのね……」

    とかなんとかぐるぐる考えて、あまりにも複雑で
    単純な言葉では返せなかったのではないかと。
    もうちょっと短くすると
    「愛したのはロバート、でも人生を共にと選んだのはあなた。
    私はあなたを選んだのよ」って感じかな。

    夫も意外と色々思い悩んでいたんですね。
    そう見えない感じの男性だったけど。
    それを知った時になんだか切なかったですね。

    トピ内ID:4731999197

    ...本文を表示

    うーん

    しおりをつける
    🐶
    メリル
    ロバートを愛しているからじゃないでしょうか?
    一緒に散骨して欲しいほど狂おしくいとおしい彼が胸の中にいるのに、死に行く人に嘘は付けないって思ったんじゃないでしょうか?

    フランチェスカのキスは感謝と情と夫の愛情へのお礼。
    でもフランチェスカの心はロバートの所にある。

    臨終のご主人はキスの返事を受け取りました。
    それで良し。
    夫婦で長く一緒に暮らせばいろんな愛ってあると思います。
    「情」というか、空気のような安心感のある存在。そのキスを受け止めたのだからそれで充分だと思った。

    私はロバートの所へ行かなかったフランチェスカがとても愛おしいです。

    トピ内ID:8724861924

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  21
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0